Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/23
Update

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。

『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。

その人物の名はハリー・ディーン・スタントン。彼の最後の主演作『ラッキー』は、2018年3月17日(土)公開!


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

1.映画『ラッキー』の作品情報


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ジョン・キャロル・リンチ

【キャスト】
ハリー・ディーン・スタントンデビッド・リンチ、ロン・リビングストン、エド・ベグリー・Jr.、トム・スケリット、ジェームズ・ダーレン、バリー・シャバカ・ヘンリー、ベス・グラント、ヒューゴ・アームストロング

【作品概要】
『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作品。

2.映画『ラッキー』のあらすじ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まします。

そしてコーヒーを飲みタバコをふかします。

その後、いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごします。

そんな毎日の中で、ふと人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始めます。

子どもの頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、戦禍で微笑んだ日本人の少女…。

小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく…。

3.映画『ラッキー』の感想と評価


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない――
全ての者に訪れる「死」――
90 歳の気難しい現実主義者ラッキーのたどり着いた、ある答え。

本作『ラッキー』は、名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、すべての人に訪れる人生の終わりについて描いた初監督作品。

現実主義で一匹狼、少し偏屈なラッキーという主人公のキャラクターデザインには、ハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて、当て書きで脚本を作成

そこで物語に登場するエピソードはハリーの体験に基づくものだそうです。

また、ラッキーの友人役には実際に深い親交のある名匠デヴィッド・リンチ監督が出演しています。

長きに渡り友人関係の彼らの“素”のやり取りを感させる場面は要注目です!

今回、配給をおこなうアップリンクがポスターなどのビジュアルに使用したデザインに映画ファンならピンときませんか?

ハリーがトラヴィス・ヘンダーソン役を演じた、1984年の『パリ、テキサス』にオマージュを捧げたものです。

青い空に少し遠くを見るようなスタントンの表情が印象的ですよね。

まとめ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の出演作品『ラッキー』は、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開されます。

ハリーに馴染みの映画ファンは追悼鑑賞をお忘れなく!

そして本作でハリーを初めて知るあなたは、ぜひ、ぜひご鑑賞を。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『エジソンズ・ゲーム』ネタバレ感想と考察評価。電流戦争を起こしたエジソンと実業家ウェスティングハウスの激しいビジネス闘争

エジソンvsウェスティングハウス。電気産業の裏で繰り広げられる熾烈な闘い 電気による新時代の誕生と共に天才発明家とカリスマ実業家の間で繰り広げられた「電流戦争」を描いた、映画『エジソンズ・ゲーム』。本 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グランブルー|あらすじ結末感想と評価考察。完全版により“海とイルカに魅了”された《2人のフリーダイバー》の友情と競合

海とイルカに魅了された男の友情と宿命 『ニキータ』(1990)、『レオン』(1995)のリュック・ベッソン監督の出世作となった、『グレート・ブルー』(1988)。 海とイルカに魅了された2人のフリーダ …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ考察で映画『82年生まれ、キム・ジヨン』と小説の違いをラスト結末の終わり方まで比較!

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』あらすじとキャスト紹介。公開する劇場情報も

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映。 また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。 本作は第21回上海国 …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリミナル・タウン』あらすじと感想レビュー【クロエ・モレッツ&アンセル・エルゴート共演】

映画『クリミナル・タウン』は、8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。 『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『彼女が目覚めるその日まで』のクロエ・グレース・モレッツが共演した …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学