Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/23
Update

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。

『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。

その人物の名はハリー・ディーン・スタントン。彼の最後の主演作『ラッキー』は、2018年3月17日(土)公開!


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

スポンサーリンク

1.映画『ラッキー』の作品情報


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ジョン・キャロル・リンチ

【キャスト】
ハリー・ディーン・スタントンデビッド・リンチ、ロン・リビングストン、エド・ベグリー・Jr.、トム・スケリット、ジェームズ・ダーレン、バリー・シャバカ・ヘンリー、ベス・グラント、ヒューゴ・アームストロング

【作品概要】
『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作品。

2.映画『ラッキー』のあらすじ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まします。

そしてコーヒーを飲みタバコをふかします。

その後、いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごします。

そんな毎日の中で、ふと人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始めます。

子どもの頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、戦禍で微笑んだ日本人の少女…。

小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく…。

スポンサーリンク

3.映画『ラッキー』の感想と評価


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない――
全ての者に訪れる「死」――
90 歳の気難しい現実主義者ラッキーのたどり着いた、ある答え。

本作『ラッキー』は、名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、すべての人に訪れる人生の終わりについて描いた初監督作品。

現実主義で一匹狼、少し偏屈なラッキーという主人公のキャラクターデザインには、ハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて、当て書きで脚本を作成

そこで物語に登場するエピソードはハリーの体験に基づくものだそうです。

また、ラッキーの友人役には実際に深い親交のある名匠デヴィッド・リンチ監督が出演しています。

長きに渡り友人関係の彼らの“素”のやり取りを感させる場面は要注目です!

今回、配給をおこなうアップリンクがポスターなどのビジュアルに使用したデザインに映画ファンならピンときませんか?

ハリーがトラヴィス・ヘンダーソン役を演じた、1984年の『パリ、テキサス』にオマージュを捧げたものです。

青い空に少し遠くを見るようなスタントンの表情が印象的ですよね。

まとめ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の出演作品『ラッキー』は、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開されます。

ハリーに馴染みの映画ファンは追悼鑑賞をお忘れなく!

そして本作でハリーを初めて知るあなたは、ぜひ、ぜひご鑑賞を。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ|あらすじと感想。

家具デザイナーとしても活躍した建築家アイリーン・グレイの波乱万丈の生涯と、設計を手がけた建築群が世界文化遺産登録された近代建築の巨匠ル・コルビュジエとの確執を描いた映画『ル・コルビュジエとアイリーン …

ヒューマンドラマ映画

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

台湾の名匠エドワード・ヤンの代表作にして映画史上に残る傑作『牯嶺街少年殺人事件』をご紹介します。日本では92年に劇場公開され、ソフト化もされましたが、その後、複雑な権利関係のため、長らく劇場公開もソフ …

ヒューマンドラマ映画

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ここは退屈迎えに来て』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

圧倒的共感を呼んだ山内マリコの傑作小説が、名監督&新世代豪華キャストにより待望の映画化! 夢とあこがれの青春時代とその後も続く人生を描いた『ここは退屈迎えてに来て』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ネタバレ感想レビュー。映画化が繰り返されてなお、新たな解釈に挑む

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「戦争と平和」と並び称される名著「アンナ・カレーニナ」をベースに映画化。 カレン・シャフナザーロフ監督が、20世紀前半に活躍したグィッケーンチィ・ヴェレサーエフの日露 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP