Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/23
Update

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。

『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。

その人物の名はハリー・ディーン・スタントン。彼の最後の主演作『ラッキー』は、2018年3月17日(土)公開!


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

スポンサーリンク

1.映画『ラッキー』の作品情報


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ジョン・キャロル・リンチ

【キャスト】
ハリー・ディーン・スタントンデビッド・リンチ、ロン・リビングストン、エド・ベグリー・Jr.、トム・スケリット、ジェームズ・ダーレン、バリー・シャバカ・ヘンリー、ベス・グラント、ヒューゴ・アームストロング

【作品概要】
『パリ、テキサス』『レポマン』『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作品。

2.映画『ラッキー』のあらすじ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まします。

そしてコーヒーを飲みタバコをふかします。

その後、いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごします。

そんな毎日の中で、ふと人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始めます。

子どもの頃怖かった暗闇、去っていったペットの亀、戦禍で微笑んだ日本人の少女…。

小さな街の人々との交流の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく…。

スポンサーリンク

3.映画『ラッキー』の感想と評価


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない――
全ての者に訪れる「死」――
90 歳の気難しい現実主義者ラッキーのたどり着いた、ある答え。

本作『ラッキー』は、名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、すべての人に訪れる人生の終わりについて描いた初監督作品。

現実主義で一匹狼、少し偏屈なラッキーという主人公のキャラクターデザインには、ハリー・ディーン・スタントンの人生になぞらえて、当て書きで脚本を作成

そこで物語に登場するエピソードはハリーの体験に基づくものだそうです。

また、ラッキーの友人役には実際に深い親交のある名匠デヴィッド・リンチ監督が出演しています。

長きに渡り友人関係の彼らの“素”のやり取りを感させる場面は要注目です!

今回、配給をおこなうアップリンクがポスターなどのビジュアルに使用したデザインに映画ファンならピンときませんか?

ハリーがトラヴィス・ヘンダーソン役を演じた、1984年の『パリ、テキサス』にオマージュを捧げたものです。

青い空に少し遠くを見るようなスタントンの表情が印象的ですよね。

まとめ


(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の出演作品『ラッキー』は、2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開されます。

ハリーに馴染みの映画ファンは追悼鑑賞をお忘れなく!

そして本作でハリーを初めて知るあなたは、ぜひ、ぜひご鑑賞を。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『タレンタイム〜優しい歌』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する『タレンタイム〜優しい歌』は、稀にみる優しさと美しさを兼ねそなえた作品。 派手なハリウッド映画に疲れている映画通のあなたに、自信を持ってお薦めできる作品です。 2009年に他界されたヤス …

ヒューマンドラマ映画

カーリング女子映画『シムソンズ』あらすじとキャスト。12年ぶりリバイバル上映決定!

今から12年前、2006年カーリング女子日本代表チームの実話に基づいた映画『シムソンズ』は公開されました。 そして今、平昌オリンピックの女子カーリング日本代表チーム「LS北見」の銅メダル獲得の感動が覚 …

ヒューマンドラマ映画

映画『砂の器(1974)』動画無料配信はHulu。ネタバレ原作と脚本の違いは

原作は松本清張の同名小説です。1960年から読売新聞夕刊で連載された長編推理小説をベースに、公開当時に近い71年に時代設定を移して描いた感動巨編。 1974年公開された野村芳太郎監督の『砂の器』をご紹 …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじとキャスト。主演の真木よう子の演技力は?

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 2008年に初演された日本の新国立劇場と、韓国の芸術の殿堂によるコラボ舞台劇「焼肉ドラゴン」。劇作者の鄭義信が自らメガホンを取り映画化! …

ヒューマンドラマ映画

映画『純平、考え直せ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【野村周平×柳ゆり菜】

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。 今、注目の若手俳優野村周平を主演に、奥田英朗の著書を実写化。 眠らない街新宿歌舞伎町を舞台に、1組 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP