Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/12
Update

『ビーストストーカー/証人』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー!

  • Writer :
  • 山田苺

現在U-NEXTで特集を組まれているダンテ・ラム監督作品。

日本では最近になって監督作が劇場公開され、評価を得たことをきっかけに過去作も続々とDVDなどリリースされるようになりました。

そんなダンテ・ラム監督作とはいったいどんなものなのか?

今回は長らく日本ではCS放送でしか見ることの出来なかった作品で、12年度満を辞して劇場公開された『ビーストストーカー/証人』を紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ビーストストーカー/証人』の作品情報


(C)2008 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved.

【公開】
2012年

【原題】
Beast Stalker

【監督】
ダンテ・ラム

【キャスト】
ニコラス・ツェー、ニック・チョン、チャン・チンチュー、リウ・カイチー

【作品概要】

ベテラン刑事のトンが、偶然発見した逃走中の犯行車両に銃弾を撃ち込んだ際、たまたま乗り合わせていた少女を射殺したことで、心に深い傷を負います。

しかし、少女の母親で検事のコーが、その逃走者の事件を引き受けていたことをきっかけで、今度は双子のもう一人の娘リンが謎の男・ホンにさらわれてしまい、トンは再び少女を救うため立ち上がります。

ダンテ・ラム監督の王道ともいえる「主人公にこれ以上ない重い過去を背負わせる」ハードな展開を持ちながらも、テンポのよさから、どんどん目が離せなくなっていくクライムサスペンスです。

▼▼U-NEXTで 映画『ビーストストーカー/証人』はご覧いただけます。
>映画『ビーストストーカー/証人』を今すぐ無料で見る

2.映画『ビーストストーカー/証人』のあらすじとネタバレ


(C)2008 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved.

香港の繁華街で、刑事のトンは部下と張り込んでいた犯行現場で、いよいよ突入をします。

現場にガサ入れをすると裏口から逃げる犯人。待ち伏せしている新さんともう一人の部下ですが、部下の不手際から犯人に隙を作り、サン(新)は被弾してしまいます。

なんとか防弾チョッキを着ていたおかげで、無事だったサンですが、ミスをした部下にトンは叱咤します。

なだめるサンですが、そこへ警察の無線に別の事件で逃走中の車両がありと連絡が入ります。

そしてトンとサンの目の前に、無線で入った車両が現れ、2人は急遽尾行をします。

しかし犯人に勘付かれると激しいカーチェイスを繰り広げ、交差点で別の車と衝突しトンも新さんも大怪我を老います。

犯人の車は停まっていた別の車に追突し、廃車と化した車を捨て、追突した車を乗っ取り逃走を続けます。

かろうじてトンはその車両に向けて発砲しますが、このときトランクには取り残されていた少女がいました。

少女はトンの銃弾により、命を落としてしまいます。

3ヵ月後。検事であり、亡くなった少女の母でもあるコーが引き受ける事件の相談が行われます。

昨年、男が武装した仲間をつれて、死傷者を出す強盗事件を引き起こし、逮捕されます。

そして今年、その犯人が乗った護送車が、武装集団に襲撃され逃走をします。

トンが追ったのはこの犯人でしたが、射殺してしまった少女は事故扱いとなり、コーが引き受ける事件は強盗事件のみとなります。

こちらは犯人の血液が現場の証拠として残っているので、絶対に勝てる裁判でした。

一方のトンは心を病んでしまい、無気力な日々を送っています。

彼の日課は、死んでしまった娘とは別の双子の娘・リンと関わることでした。

リンもトンを慕っており、今度幼稚園で行われる料理の会を見に来て欲しいといわれます。

とある雑多な町で、ホンという男は女性を監禁していました。

彼女に食事を与えると、突然もがき苦しみ息絶えます。

女性の『処理』が終わると、ホンは依頼主の男から借金を差し引いた額の報酬を受け取ります。

ホンの視力は事故の後遺症で固めは失明し、もう片方も色が見分けれないほどに弱っていました。

中に入ってしまった破片を取り出さなければ両目とも失明は免れないにも関わらず、ホンは手術を受けようとはしません。

そんな彼に、依頼主からコーの娘・リンを誘拐監禁するよう指示が入ります。

トンはコーも参加しているリンの料理会に訪れます。

そこにはホンも潜伏しており、彼は隙をついてリンを誘拐しますが、偶然居合わせたトンが後を追います。

しかしトンは返り討ちにあい、ホンを逃がしてしまいます。

コーは激しく動揺しますが、トンは必ずリンを見つけると言います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ビーストストーカー/証人』ネタバレ・結末の記載がございます。『ビーストストーカー/証人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

リンをさっきまで女性が座っていた監禁用の椅子に座らせると、リンの持つ携帯にメールが入ります。

それは、コーの別れた夫からのメールで、彼はコーにリンに合わせるよう詰め寄ります。

彼女は誘拐されたことは伏せ、一方的に夫を突き放します。

電話が鳴りコーが出ると、犯人の血液証拠を処分しなければ娘の命はないと脅されます。

トンのほうは、3ヶ月前の事故以降、足が不自由になり、訓練場の管理を任されたサンの元を訪れます。

事情を聞くと、顔の効くサンはコーに来た電話の発信源をつきとめ、トンは使用された公衆電話付近のゴミ箱から、血眼になってICカードを見つけ出します。

そのICカードを持って向かった先は、最初のガサ入れでミスをして左遷された部下の元でした。

しかし、部下は協力するどころか、今まで自分に異常に厳しくしてきたトンを責め立てます。

トンは黙って彼の罵詈雑言を聞くと、部下は「従兄の自分に一言謝ってくれ」と言います。

トンの態度を見て、部下はICカードのデータを解析し、コーに送ったとされる動画ファイルをトンにも転送します。

それは監禁されているリンの姿でした。

ホンは買出しから戻る途中近隣の部屋に住む老婆から、早く下水道を直すように責められます。

無視して部屋に戻ると、そこには寝たきりのホンの妻がいました。

彼女は指先しか動かすことが出来ず、やり取りは携帯のメールを送るだけしか方法がありません。

ホンは彼女を救うために、汚い仕事も引き受けているのでした。

しかし先の老婆が、今度は警官を連れてホンの部屋に訪れます。

慌ててリンを別の部屋に隠してやり過ごそうとするも、リンは拘束を解いて、妻のいる部屋に逃げ込みます。

そこで妻が使う携帯でコーに電話をかけますが、ホンにばれてしまいます。

その時リンともみ合ったことで、妻が服用している薬の数々が床に散らばってしまいます。

同時に妻が発作を起こしてしまいますが、薬の色で見分けが付けれないホンは、リンに色を聞きながら、なんとか妻に薬を飲ませることが出来ました。

ホンは散らばった薬の色分けをリンにさせると、彼女が食べたいものを買いに行くと約束します。

リンの監禁動画に映りこんでいるネオンから、何とか部屋の場所を割り出せないかと、トンは捜索を続けます。

そこへサンが現れ、捜索続きのトンを労い、買出しに向かいます。

するとそこでサンは、リンへの食事を買いに来たホンを見つけ、トンに連絡を入れました。

大急ぎで駆けつけるも、寸でのところで感づかれたホンは町中を逃げ回り、トンの銃を奪おうとして発砲沙汰にまで繰り広げられます。

警官も交えての逃走劇でしたが、ホンは警備員の持つショットガンを奪って対抗。

しかしトンは拳銃を握ると、トラウマが蘇り、ホンを逃がしてしまいます。

さらにこの件で、コーが警察に通報したと誤解され、ホンにリンの手を切断してコーに送るよう電話がかかってきました。

このことでコーはトンに対して激怒しますが、トンはとうとうリンの居場所を突き止めることに成功します。

サンと共に部屋に乗り込むと、ホンは隠し通路からリンをつれて逃げていました。

しかし別の部屋にいたホンの妻と交換条件にしようと提案し、ひとまず妻を病院へ移送することになりました。

ところがホンは救急車の中に隠れており、車が走り出したところで乗っ取り、サンを車から突き落とします。

大怪我を追ったサンですが、救急車の中に発信機を置いてきたので、トンは単身追走します。

暗い工事現場に車を止め、身を隠すホンですが、直ぐにトンが追いつきます。

暗闇の中、ホンの奇襲を受けながらも、リンを助け出すことに成功したトンは、コーに張の証拠を処分しないよう電話を入れます。

まだ娘の無事が分からないコーですが、トンを信じて、彼女は裁判で証拠を提示します。

トンは、ホンを抑えるためにリンだけを先に出口に向かわせますが、失敗し、一人必死で逃げるリンは、大量の砂の下敷きになってしまいます。

トンは最後の力を振り絞って、ホンの頭部に瓦礫をぶつけます。

リンをなんとか砂の中から見つけ出すと、リンは息をしていませんでした。

コーは再び連絡を入れますが、繋がらないことで娘の死を覚悟します。

しかしリンは無事息を吹き返します。それと同時に、ホンも意識を取り戻しますが、彼は完全に視力を失っていました。

ひたすらトンを呼ぶホンは、彼に妻のところまで連れて行って欲しいと頼みます。

トンは彼の願いを聞きいえれると、彼は妻と共に病院へ搬送されます。

ホンと妻の後遺症は、トンが追跡した3ヶ月前のあの事件で、トンたちの車に追突したことでおきた事故が原因でした。

ホンもトンも、そのことは知りません。

スポンサーリンク

3.映画『ビーストストーカー/証人』の感想と評価


(C)2008 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved.

監督が得意とするこてこてな男の哀愁漂うストーリー展開がたまらない今作ですが、アクションはもちろん、テンポのいいストーリーの中に、芸の細かい演出が入っている点が非常に面白いです。

例えばホンの部屋に突入するときも、別に勢いに任せてドアを蹴破れば良いものの、経験豊富なサンが、そのまま突っ込んだら返り討ちに遭うことを、いちいち促すシーンがあったりします。

他にもホンとトンの追走劇でも、警官数人も同時に追いかけるという2対1の構図が出来上がったりと、リアリティ溢れる演出が冴え渡っています。

テンポが良すぎても、見終わった後に何も残らないことがありますが、ダンテ・ラム監督作は、「あのシーン地味に良かったなあ」と思い返すことが出来る、面白い監督さんだと思います。

ただあまりにリアリティを追求するあまり、ホンが頭を殴られるシーンは、真顔でぶっ倒れるので若干シュールです。

まとめ


(C)2008 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved.

軽快なテンポに反して、登場人物の抱える過去の重さがいい具合にコントラストになるのが、この監督の得意とする演出です。

ですがよく考えてみたら、一番大変だったのって、トンと一緒に追跡して事故して瀕死→足が不自由になり左遷→ホンに救急車から突き落とされ瀕死。

という流れを受けてしまったサンなのではと、考えずに入られません。

そもそも、さっきまで救急車に乗っていたサンに、「救急車を呼ぶから」と言うトンのシュールさたるやいなや。

それすらもハードな演出に変えるダンテ・ラム監督に、今後も目が離せません。

▼▼U-NEXTで 映画『ビーストストーカー/証人』はご覧いただけます。
>映画『ビーストストーカー/証人』を今すぐ無料で見る

映画『ビーストストーカー/証人』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アマンダと僕』ネタバレ感想と評価レビュー。ラストでテロによる喪失と向き合う少女の強さから学ぶ

消えない悲しみへの寄り添い方。 笑顔を取り戻す時まで。 パリに暮らす幸せな家族を襲った突然の事件。残された24歳のダヴィッドと、その姪のアマンダ、7歳。 大切な人を失った悲しみも癒されないうちに、厳し …

ヒューマンドラマ映画

『鳩の撃退法』映画化の原作あらすじネタバレと感想評価。小説のラスト結末の謎に見た藤原竜也の役柄解説も

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開 直木賞作家佐藤正午の小説『鳩の撃退法』を映画化した『鳩の撃退法』が、2021年8月27日(金)より公開されます。 藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『猫は逃げた』あらすじ感想と評価解説。今泉力哉×城定秀夫のL/R15で描く“夫婦とその恋人”が織り成す人間ドラマ

映画『猫は逃げた』は2022年3月18日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 映画『猫は逃げた』は、『街の上で』(2020)の今泉力哉による監督で、『アルプススタンドのはしの方』(2020)の …

ヒューマンドラマ映画

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth… 『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動ドラマ『LION ライオン 25年目のただいま』をご紹介します。 スポンサーリン …

ヒューマンドラマ映画

ハネケ映画『ハッピーエンド』あらすじとキャスト。公開日と上映館も

ミヒャエル・ハネケ監督の映画『ハッピーエンド』は、3月3日より角川シネマ有楽町ほか全国順次公開! 『白いリボン』『愛、アムール』と2作連続でカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高金賞)を受賞した奇才ミ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学