Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/22
Update

映画『ブルー・バイユー』あらすじ感想と評価解説。家族と一緒にいたいと願う韓国生まれの青年が陥る移民政策の落とし穴とは?

  • Writer :
  • 松平光冬

アメリカの移民政策で生じた“隙間”に落ちた青年の運命

映画『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーとなります。

本作は、移民政策の法律の隙間に突き落とされた韓国生まれの青年の家族と引き離されそうになる危機を描いたヒューマンドラマです。

監督・脚本・主演を務めるのは、韓国系アメリカ人のジャスティン・チョン。

養子としてアメリカに移住するも、書類不備により強制送還の危機に見舞われる韓国人青年を描くヒューマンドラマ『ブルー・バイユー』の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブルー・バイユー』の作品情報

(C)2021 Focus Features, LLC.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Blue Bayou

【監督・脚本・製作】
ジャスティン・チョン

【共同製作】
チャールズ・D・キング、キム・ロス、ポッピー・ハンクス

【製作総指揮】
ニック・メイヤー、ゼブ・フォアマン、エディ・ルービン

【撮影】
マシュー・チャン、アンテ・チェン

【キャスト】
ジャスティン・チョン、アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファン、シドニー・コワルスケ、ヴォンディ・カーティス=ホール、エモリー・コーエン

【作品概要】
養子としてアメリカにやってきた韓国生まれの青年が、移民政策の法律の隙間に突き落とされ、家族と引き離されそうになる危機を描いたヒューマンドラマ。

監督・脚本・主演を務めるのは、映画「トワイライト」シリーズ(2009~12)に出演し、監督としても数々の賞を受賞している韓国系アメリカ人のジャスティン・チョン。

共演は、『リリーのすべて』(2015)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、『マリッジ・ストーリー』(2019)のマーク・オブライエンほか。

第74回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品され、8分間に及ぶスタンディングオベーションで喝采を浴びました。

映画『ブルー・バイユー』のあらすじ


(C)2021 Focus Features, LLC.

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年アントニオは、シングルマザーのキャシーと結婚し、7歳の娘ジェシーと貧しいながらも仲睦まじく暮らしていました。

キャシーの妊娠により、タトゥーアーティストの仕事だけでは収入が足りないとして職を探すアントニオでしたが、アジア系であることと過去のバイク窃盗の前科がネックとなり、上手くいきません。

そんなある日、ちょっとしたいざこざからアントニオとキャシーがスーパーマーケット内で口論していると、そこへ警官でキャシーの前夫エースと相棒のデニーが介入し、アントニオを逮捕してしまいます。

キャシーが保釈金を払って留置場に迎えに行くも、アントニオは移民局へと引き渡されていました。それは彼自身も知る由もない、アメリカの移民政策で生じた法律の“すき間”があったのです…。

スポンサーリンク

映画『ブルー・バイユー』の感想と評価

(C)2021 Focus Features, LLC.

移民大国アメリカに潜む移民問題

世界最大の移民国であるアメリカは昨今、その移民事情で大きく揺れ動きました。言うまでもなくそれは、2016年からのドナルド・トランプ政権が発端です。

テロ対策の一環とする中東の国々などからの入国制限や不法移民の摘発など、その強固な政策が国内外で物議を醸したのは記憶に新しいところでしょう。

本作『ブルー・バイユー』も、そんな移民大国アメリカの知られざる問題を鋭く突いたヒューマンドラマとなっています。

本作の監督、脚本、主演は、「トワイライト」シリーズのジャスティン・チョン。

『リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン』(2014)で主演を務める一方、監督としても活躍するチョンは、数年前に読んだという国外退去処分を受けた韓国系アメリカ人の養子の記事をヒントに、自身も韓国系アメリカ人という出自を重ね、脚本を執筆しました。

(C)2021 Focus Features, LLC.

チョン演じるアントニオは、韓国で生まれるも家庭の事情で3歳でアメリカに養子に出されて育った青年。

シングルマザーのキャシーと結婚し、連れ子のジェシーと幸せに暮らしていたものの、アジア系であることと過去の前科がネックとなり、新たな職を見つけられません。

多民族国家ならではの差別、偏見に追い打ちをかけるように、警官であるキャシーの前夫エースにより不当逮捕されてしまったアントニオは、30年以上前の書類不備により、自分にアメリカの市民権がないことを初めて知ります。

突如として訪れた危機に直面するアントニオ、キャシー、そしてジェシーの姿をエモーショナルに描きます。

観る者の感情に訴えかける映像と楽曲

(C)2021 Focus Features, LLC.

チョン監督は、本作では1970年代の映画に多く見受けられた腹の底に響くようなリアリティと、観る者の感情に訴えかける映像を目指したと語ります。

撮影においては、通常の16ミリよりも画角が広いスーパー16ミリフィルムを使用することで、自然発生的で活き活きとした映像と、アントニオの心情を映し出すような映像を心がけたそう。

また、タイトルの「ブルー・バイユー」とは、1963年にロイ・オービソンが発表し、77年のリンダ・ロンシュタットのカバーバージョンがアメリカで大ヒットを記録したナンバーです。

この曲は、物語の舞台であるルイジアナ州を含む南部メキシコ湾岸一帯の地域バイユー・カントリーで生まれた者の故郷への思いを歌にしたもの。

本作では、辛いながらも家族で幸せに生きたいと願うアントニオの妻キャシーと、おぼろげな実母の記憶に揺れるアントニオそれぞれの思いがこもった曲となっており、キャシー役のアリシア・ヴィキャンデルによる熱唱シーンは、見どころ(聴きどころ)の一つです。

なお、スウェーデン人のヴィキャンデルが南部訛りのアメリカ人を演じるという点も、移民がテーマの本作において外せない要素となっています。

(C)2021 Focus Features, LLC.

まとめ

(C)2021 Focus Features, LLC.

難民として移住し、後に全米のドーナツビジネスで成功したカンボジア人を追ったドキュメンタリー『ドーナツキング』(2021)でも分かるように、かつてのアメリカは、生きていこうとする者への門戸を広く開放していました。

しかしながら、本作『ブルー・バイユー』プロデューサーのチャールズ・D・キングは警鐘を鳴らします。

「私たちは現在、アメリカの将来と自由のために戦っている。アメリカは人種のるつぼで、どんな生い立ちの人も温かく迎え入れてきた。でも現在のアメリカは、そうではなくなり始めている」

アントニオが直面する、移民政策の不備による国外退去の危機は、フィクションではなく現実に起こっているということに、驚きを隠せません。

移民として、アメリカ人として、そして家族を愛する者として生きていく――観る者の心を揺さぶる一作にご期待ください。

映画『ブルー・バイユー』は、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラー 最期の12日間』ネタバレ解説とあらすじ結末の感想考察。ラストに描く戦争の“気づけなかった真実”

全てを目撃した秘書がヒトラーの最期を語る実録ドラマ。 オリヴァー・ヒルシュビーゲルが監督を務めた、2004年製作のドイツの実録ドラマ映画『ヒトラー~最期の12日間~』。 迫りくるソ連軍の放火から逃れよ …

ヒューマンドラマ映画

映画アイ,トーニャの母親キャストで助演女優賞!アリソン・ジャネイ紹介【アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル】

第90回アカデミー賞助演女優賞受賞!アリソン・ジャネイの『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』。 トーニャ・ハーディングによるフィギュアスケート界を揺るがした史上最大のスキャンダル「ナンシー・ケリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『お茶漬の味』あらすじネタバレと感想。小津安二郎代表作で夫婦のすれ違いを描く

「夫婦とはお茶漬の味のようなものだ」 小津安二郎の1952年の作品『お茶漬の味』(1952)は、1951年の『麦秋』と1953年の『東京物語』の間の作品で、脚本の野田高梧とともに、小津の円熟味が増した …

ヒューマンドラマ映画

映画『チワワちゃん』感想と内容解説。門脇麦の演技力の評価は二宮健監督の信頼感を得ていた

今、最も注目の20代の演技派俳優たちが集結! 映画『チワワちゃん』は2019年1月18日(金) 全国ロードショー。 仲間チワワの東京湾バラバラ殺人事件での遺体発見をきっかけに、若者たちの揺れる思いを赤 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンドラーのリスト』ネタバレ感想考察と結末あらすじ。白黒映像×赤い服の意味も解説【実話を基に描くユダヤ人を救った男の物語】

ナチス・ホロコーストから1,100人以上のユダヤ人を救った実在の人物を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督感動の超大作! 第二次世界大戦下のナチスによるユダヤ人大量虐殺「ホロコースト」から1,100 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学