Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『家族のはなし』あらすじネタバレと感想。原作鉄拳のパラパラ漫画も楽しめるリンゴ農家のストーリーとは

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『家族のはなし』は、11月23日より全国公開!

『家族のはなし』の主人公である拓也に『悪人』や「銀魂」シリーズの岡田将生、彼と徐々に疎遠になってしまう両親に時任任三郎と財前直見。

そして、何かと拓也の世話を焼く幼なじみで、JAで働く明日香を成海璃子が演じています。

スポンサーリンク

映画『家族のはなし』の作品情報


(C)「家族のはなし」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作・アートディレクター 】
鉄拳

【監督】
山本剛義

【キャスト】
岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二、渡辺憲吉、財前直見、時任三郎

【作品概要】
鉄拳の同名パラパラ漫画を原作に映画化された親子の絆を描くヒューマンドラマ。

主人公の拓也役に岡田将生が演じ、拓也の両親役には時任三郎と財前直見。地元の幼なじみ明日香役は成海璃子。また鉄拳がアートディレクターとして参加しています。

京都国際映画祭2018でも上映されました。

映画『家族のはなし』のキャラクター&キャスト

小林拓也(岡田将生


(C)「家族のはなし」製作委員会
幼い頃はスポーツ万能で神童と呼ばれていたもののケガで挫折。東京で柴田・渡辺と趙未来戦士というバンドを結成していた。

明日香(成海璃子


(C)「家族のはなし」製作委員会

拓也の幼馴染で今でも拓也の実家と交流があるJA職員。

小林徹(時任任三郎)、その妻の愛子(財前直見


(C)「家族のはなし」製作委員会

拓也の父親・徹はリンゴ一筋のリンゴ農家、拓也の母親は大らかな性格の持ち主。

スポンサーリンク

映画『家族のはなし』のあらすじとネタバレ


(C)「家族のはなし」製作委員会

父親の徹が入院したという連絡を受けて、足が遠のいていた長野の実家に帰省した拓也。

彼を迎えに来たのは今は地元のJAで働く幼なじみの明日香でした。

明日香にあれこれ聞かれるうちにバンド活動をしていること、そして大学を親に内緒で辞めていたことを思わず漏らしてしまいます。

いざ実家につくと元気に農作業をしている徹と母の愛子の姿がありました。

父親の入院もただの検査入院で何の病気でもありませんでした。

拓也はあきれて帰ろうとしますが、帰る足もなく仕方なく実家に入ります。

実家の拓也の部屋には、かつて多くの大会で格としたトロフィーが飾られていました。

陸上選手として将来を嘱望されながらも、足のケガで夢を絶たれた拓也にとっては、苦い思い出のもとでしかありません。

陸上の夢野が絶たれた拓也は、そのご東京に出る口実として農学部を受験することを親に言い出して上京。

しかし、農業に気持ちが乗れないままでいる拓也は、偶然知り合ったバンド活動にのめり込みます。

拓也のバンド「超未来戦士」は、オーディションを勝ち進みメジャーデビューを勝ち取ります。

メジャー契約の条件には、学業から身を引くことが書かれていました。

親に内緒で大学を辞めた拓也、後ろめたさから仕送りは受け取っても、送られてきた実家のリンゴには手を付けず処分するようになっていました。

以下、『家族のはなし』ネタバレ・結末の記載がございます。『家族のはなし』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

華々しくオーディションを征した「超未来戦士」ですが、その後は順調とは言えませんでした。

なかなか締め切りを守れず、事務所からは、契約解除を言い渡されてしまいます。

大学を辞めたこと、バンド活動で苦境に建てっていることを言い出せない拓也にとって実家は、居心地の悪い場所でしかありませんでした。

母校のイベントで演奏を頼まれていた拓也ですが、肝心のバンドが解散することになり、それもできません。

明日香からは何の約束も果たせていないでいる拓也は責められます。

次に進むためにはバンド仲間に頭を下げて、学校でのイベントを最後のライブを披露した拓也。

帰り道、実家から間違えて持ち帰った箱には、拓也の今までの記録が詰まっていました。

陸上の大会で表彰台に立っている写真はもちろん、バンド活動に関する記事の切り抜きもありました。

退学通知も中にありました。親に学費を出してもらっていた拓也の退学は、当然実家にも伝わっていました。

それを知っていたうえで、拓也が言い出しさない限り徹と愛子は黙っていたのです。

いつの間にか交流が途絶えていた親子の心が通じ合った瞬間でした。

映画『家族のはなし』の感想と評価


(C)「家族のはなし」製作委員会

リンゴ台風の話

物語の回想シーンで描かれるのがいわゆる“リンゴ台風”の話

1991年9月の台風19号のことだと思われます。収穫期にもろに直撃して、甚大な被害を与えました。

これにより、台風シーズン前に収穫するという新しい農家の習慣が生まれたほどです。

今年2018年も台風の当たり年で、立て続けに台風の直撃を受けた農家は甚大な被害を受けました。

母方の実家が長野県ということもあって、映画内で起きる出来事は他人事とは思えません。

天災には叶わないと言いつつもやるせないものがあります

ベタだけどそれが今どきかえって新鮮な“家族”の話

今どき、珍しいぐらいストレートな家族譚です。

不器用な父親と、それに苛立ちながらもどこかで認めざる得ない一人息子。

スポーツで挫折して、更にバンド活動でも苦境に立つ拓也の姿は、ディフォルメされていますが、今の若者像にと言ってもいいでしょう。

核家族化が進んでいるというなかで、では、家族の間が密になっているのかというとそうでもない現在。

分かり易くシンプルな作りの80分の映画、お試しあれ

スポンサーリンク

まとめ


(C)「家族のはなし」製作委員会

お笑い芸人の鉄拳が信濃毎日新聞との企画でリンゴ農家をテーマにしたパラパラ漫画。

海外でも高い評価をうけ第17回アジア太平洋広告祭でフィルム部門・プレス部門の二冠に輝きました。

このパラパラ漫画を原作にして映画化企画が進行、原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加していて、劇中にも回想シーンと現在を繋ぐものとしてパラパラ漫画を提供しています。

映画『家族のはなし』は、11月23日より全国公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『もち』感想と評価レビュー。岩手県一関市の食文化として語り継がれる「餅」を暮らしとともに描く

親から子へ、祖父母から孫へ。 そして地域の人々に語り受け継がれる、のびーる食文化。 岩手県一関・平泉地域で、長く受け継がれてきた「もち」の食文化をテーマに、そこで生きる人々の暮らしや思いを丁寧に描いた …

ヒューマンドラマ映画

映画『復活の日』あらすじネタバレと感想考察。コロナウイルス感染拡大の“類似と差異”を解説

1980年公開の邦画『復活の日』は、“いま”こそ見るべき秀作 世界各地で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症“COVID-19”。 外出自粛要請や緊急事態宣言など、日本国内にも大きな影響が出ており、状 …

ヒューマンドラマ映画

映画『歓びのトスカーナ』感想レビューと評価。あらすじ紹介も

映画『歓びのトスカーナ』は2017年7月8日より、シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開。 実はこの映画は広く女性に見ていただきたい作品だなっというのが第一の感想! “人生は悲しくて、でも愛おしい”とい …

ヒューマンドラマ映画

映画『パピヨン』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。2017年リメイク版が名作オリジナルに挑む

映画『パピヨン』の日本公開は、2019年6月21日より全国ロードショー。 映画『パピヨン』は、アンリ・シャリエールの自伝小説『パピヨン』を『氷の季節』で知られるデンマーク人監督マイケル・ノアーが映画化 …

ヒューマンドラマ映画

映画ミッドウェイ2020キャスト|海外イケメン俳優の“男の色気”に注目、ルークエヴァンスやニックジョナスらに圧倒される!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学