Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

有村架純×坂口健太郎映画『劇場版 そして、生きる』感想ネタバレとあらすじ。ボランティアで出会った2人を演じる

  • Writer :
  • もりのちこ

生きることは簡単なことじゃない。
それでも生きる意味がある。


有村架純と坂口健太郎、W主演で放送されたWOWOWオリジナルドラマ「そして、生きる」の劇場版。

東日本大震災後のボランティアで出会った2人が、運命に翻弄されながらも困難を乗り越え、懸命に生き抜いていく物語。

岩手県と宮城県、東京、そしてフィリピンを舞台に、すれ違う2人のせつない恋を描いています。

神様はこうも2人を苦しめるのか。自分の存在の意味、生きる場所を求め続ける2人を引き裂く運命とは?『劇場版 そして、生きる』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『劇場版 そして、生きる』の作品情報


(C)2019 WOWOW
【日本公開】
2019年(日本)

【監督】
月川翔

【キャスト】
有村架純、坂口健太郎、知英、岡山天音、萩原聖人、光石研、南果歩

【作品概要】
WOWOWオリジナルドラマ「そして、生きる」の劇場版。東日本大震災後のボランティアで出会う2人の主人公に、有村架純と坂口健太郎が共演しています。

脚本はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でお馴染みの岡田惠和のオリジナルストーリーとなっています。

監督は映画『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』など、切ないラブストーリーを得意とする月川翔監督。テレビドラマでは放送されなかった未公開シーンも追加されています。

映画『劇場版 そして、生きる』のあらすじとネタバレ


(C)2019 WOWOW
2011年3月初旬、ここは岩手県盛岡市。生田瞳子はいつもの道を自転車に乗り、バイト先の喫茶店へ到着しました。

瞳子は、3歳の時に交通事故で両親を亡くし、盛岡で理髪店を営む伯父・生田和孝に育てられました。

大事に育てられた瞳子は、その可愛らしさから地元では劇団に所属しモデルとしても活躍しています。夢は、オーディションに合格し女優になること。そして、和孝を楽にしてあげることです。

2011年3月11日、明日は瞳子の東京でのオーディションの日です。盛岡の家を出ようとしたその時。

時刻は14:46。突然の大きな音と共に激しい揺れに襲われます。東日本大震災。地震により発生した巨大津波により、東北沿岸地域を中心に甚大な被害をもたらしました。

2011年9月。日本各地から東北へ集まったボランティアの中に、瞳子の姿もありました。瞳子は同じバイト先の友達、韓国人のハン・ユリを誘い宮城県気仙沼市にボランティアに訪れます。

そこで瞳子は、ボランティアの運営委員として東京から来ていた大学生・清水清隆と知り合います。

瞳子たちが配属されたボランティア先の気仙沼商店街は見るも無残な姿でした。瞳子は実家と同じ理髪店の泥出しをしています。洗っても洗ってもキリがない状態です。

経営者の坂本は、妻と娘を津波で亡くしていました。それでも明るく瞳子たちを迎えてくれる坂本。見つけた家族写真に、瞳子はたまらず涙を流します。

瞳子とハンは、気仙沼の商店街が復興するまでボランティアに通うことを決意。何度も通ううちに地元の人々やボランティア仲間との交流が深まっていきます。

気仙沼の商店街が仮説オープンを迎えます。瞳子たちのボランティア活動も一区切りとなりました。

ボランティア仲間として同じ目標に向かって力を合わせてきた瞳子と清隆も、お別れの時です。

瞳子と清隆は、同じ境遇で育っていました。清隆の父親の病死で、母が自殺。清隆は叔母の清水美恵子に育てられました。

自分は、いてもいなくても良い存在なのではないかと思ってきた清隆。ボランティアに参加したことで、「自分でも人の役に立てることがある」と感じることが出来ました。

自己満足のためにボランティアに参加したのは瞳子も同じでした。2人はどこか負い目を感じていたことを皆に打ち明けます。

それを聞いた気仙沼の坂本は、「それでも、来てくれてありがとう」と、2人に感謝の言葉を述べます。どんな理由であれ、生まれた絆が確かにありました。

2012年12月。瞳子の働く喫茶店に清隆がやって来ます。

清隆は、母親の期待通り、大手総合商社に就職が決まっていました。しかし自分の進みたい道とは違うと感じていた清隆は、内定式を抜け出して瞳子に会いに来ます。

清隆は瞳子へ自分の夢を語ります。「まずは、一番好きな人に話を聞いてもらいたかった」。瞳子へ告白する清隆。瞳子もまた、清隆のことが好きでした。

瞳子の東京でのオーディション合格を目指し、遠距離恋愛を始める2人。共に歩む将来への希望であふれていました。

以下、『劇場版 そして、生きる』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 そして、生きる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 WOWOW
いよいよ、瞳子のオーディションの日です。しかし、面接会場で具合を悪くする瞳子。気が付くと病院のベッドでした。

医者の話では、妊娠しているとのこと。呆然とホテルに戻る瞳子は、今まさに夢に向かって歩き出した清隆の将来を考え、自分ひとりで子供を産み育てる覚悟を決めます。

その日会う約束をすっぽかされた清隆は、瞳子の現状も知らず、振られたと思い込みます。それから、清隆はやりたかった仕事、国際開発コンサルタントとして赴任先のフィリピンへと旅立ちます。

2013年4月。フィリピンでは、子供たちの教育のために奮闘する清隆の姿がありました。いまでも瞳子のことを忘れられない清隆。

一方、瞳子はすっかりお腹が大きくなっていました。ある晴れた日、道を歩いていた瞳子は、突然のお腹の痛みに崩れ落ちます。

病院に運ばれた瞳子でしたが、お腹の中の赤ちゃんは流産していました。それを知った瞳子は、取り乱します。

その年の7月。フィリピンにいる清隆にもこの世の不幸が訪れていました。

清隆が面倒を見ていた少年が、テロ事件へ関与し、警官に射殺されてしまいます。爆発事件により清隆自身もひどい怪我を負いました。

2014年4月。東日本大震災から3年が経っていました。

瞳子のもとへ、世界各地を旅していた友達のハンから手紙が届きます。そこには、現在、清隆と一緒に暮らしていると書かれていました。

フィリピンでの事件から清隆は身も心もボロボロでした。そんな清隆の支えになったのが、偶然にも空港で再会したハンでした。

2人の近況にショックを隠し切れない瞳子でしたが、瞳子にもすべてを知ったうえで側にいてくれる久保真二という存在がいました。

瞳子の父・和孝は、癌で余命1年の宣告を受けていました。悲しみの中にいる瞳子を励まし、常に明るいムードメーカーの真二は、父親にも好かれています。

自宅療養が決まった父は、瞳子がボランティアに行っていた気仙沼の同業者、坂本に髪を切ってもらいたいとお願いします。

真二の運転で、瞳子と父は気仙沼に髪を切りに出かけます。理髪店の坂本は温かく迎えてくれました。

父の散髪の間、気仙沼の町を歩き復興の様子をみつめる瞳子と真二。瞳子はここで真二からのプロポーズに答えようとしていました。

するとそこに偶然現れたのは、清隆とハンでした。突然の再開に息を呑む瞳子と清隆。

気まずい空気の中、瞳子は皆の前で真二からのプロポーズに答え結婚を誓います。清隆とハンの姿に、自分も前に進もうとしたのかもしれません。

真二は、瞳子から聞いていた人物が清隆のことだとすぐに分かります。プロポーズに答えてくれた瞳子を嬉しく思いながらも、嫉妬心を隠し切れません。

それから1年後、2015年4月。瞳子は真二と結婚し、お腹には赤ちゃんが宿っていました。父和孝の癌は進行し、入院生活を余儀なくされていましたが、家族は幸せそうです。

そして、清隆は「何かがしたい」という心を取り戻し、ハンと一緒に気仙沼でセレクトショップをしていました。

幸せの中にありながらも、瞳子は流産の経験から出産に恐れを抱いていました。その不安に真二は気付いていました。

真二は、勤める会社でのクレーム対応に疲れ果てていました。苛立つ真二は、気仙沼の清隆を訪ねます。

「何も知らず、のんきだな」。真二は清隆に、すべてを打ち明けます。

3年前、振られたと思っていた清隆。実は、瞳子が妊娠していたなんて。そして、自分の将来のため身を引いた彼女。流産したこと。清隆は、呆然と立ち尽くします。

2019年5月。それぞれの4年という時間が過ぎました。

瞳子は岩手県住田町で働いていました。幼い女の子の手を引き田舎道を歩いています。真二と瞳子の娘、カズです。

真二が清隆にすべてを打ち明けたあの日。瞳子は陣痛に苦しみ、病院に運ばれていました。カズが産まれたと同時に父が亡くなります。父はカズの命を救ってくれたのです。

そして、真二の会社が詐欺行為で摘発され、真二も捕まってしまいます。

辛いことが重なっても、生まれてきてくれた娘の存在が、瞳子を強くしていました。

ある日、住田町の取材に記者がやってきます。アテンドを頼まれた瞳子は、カズと一緒に記者を迎えに行きます。

そこにやって来たのは、清隆でした。重なる偶然に運命を感じるも、2人はようやく歩む道を見つけたばかりでした。

すべてを知ったあの日以来、清隆とハンはお互いのために別れを選びました。ハンは世界を旅する生活に戻り、清隆は記者として岩手の良いものを紹介する仕事をしています。

瞳子と清隆は離れてから初めて、今までの互いの暮らしを語り合います。それは、とても穏やかな時間でした。

「私が選んだことだから。そして天使と会えた。後悔はしていない」。瞳子の言葉に、気持ちが軽くなっていく清隆。「瞳子が生きててくれて良かった」。

別れ際、「これからもしっかり生きて行こうね」、2人は約束を交わし別れます。目には涙が浮かんでいました。

お互いの道を今度こそ真っ直ぐ向いて歩いて行く2人。どこか晴れやかな表情です。

スポンサーリンク

映画『劇場版 そして、生きる』の感想と評価


(C)2019 WOWOW
2011年3月11日の東日本大震災で、被災者の皆さんはもちろん、運命が大きく変わってしまった人たちが多くいます。

映画『劇場版 そして、生きる』は、当時のボランティアの学生だった主人公たちを通して、非日常な体験をした者たちの心の痛みをリアルに表現しています。

ボランティア最後の夜、それぞれの参加理由を語るシーンでは、自分の抱えている問題から逃げるように集まった若者たちの葛藤が語られます。

どんな参加理由であれ、力を合わせ復興を目指す経験は、ボランティア仲間、そして地元の皆さんとの絆を深いものにして行きます。

自分も人の役に立てるんだ、頼りにされている。その体験が、若者たちに生きている実感を与えたのです。

しかし、その後ひと段落した後に襲ってくる虚無感まだ、自分には何かできることがあるはずだ。自分の存在意義とは。

日常に戻り、今後の人生を考えた時、ボランティアで感じた充実感は得られるものではありませんでした。

物語に登場する、気仙沼の坂本の言葉に被災地の人たちの心が込められていました。

人生に挫折し苦しむ清隆が、気仙沼で瞳子に再会したあと、坂本に泣きつきます。「何かしたいです。何でもします」。

坂本は答えます。「ここは、うまくいかなくて逃げてくる場所ではない。あの時間やあの経験は普通の社会ではないこと。心を弱くしてしまったのは俺らかもしれないな。嬉しいけど嬉しくないよ」。

自分の人生を、自分の力で切り開いていってほしい。坂本の願いが込められていました。

そしてまた、清隆と瞳子が人生の様々な苦しみを乗り越えて、前に進むことが出来たのは、あのボランティアでの経験があったからとも言えます。

今の自分を受け入れ、選んできた道だから後悔はしていない。それは、災害で犠牲になった者たちへの誓いでもあります。

そして、生きる。生きていればまた会える。生きていることが大切なのです。

そのことに気付いた瞳子と清隆は、たとえ結ばれなかったとしても、それぞれの人生を精一杯生き抜く強い心を得られました。

まとめ


(C)2019 WOWOW
2011年の東日本大震災のボランティアで出会った2人が、その後の8年間、運命に翻弄されながらも人生を強く生き抜く姿を描いた『劇場版 そして、生きる』。

人生には、災害に限らず、悲しい出来事が必ずやってきます。大切な人との別れ、失恋、失敗、後悔など、悲しみにキリはありません。

しかし、辛いことがあった時、人生を諦めず前に進むために心の支えとなる存在。それは経験だったり、大切な人との出会いなのかもしれません。

誰よりもお互いを理解し思い合っていながらも、すれ違う主人公の瞳子と清隆。有村架純と坂口健太郎の実力派俳優2人の演技に、最初から最後まで涙が止まりません。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『蜜蜂と遠雷』ネタバレ感想と評価。ラストのコンクール結果までを石川慶監督が青春群像劇として昇華!

恩田陸の小説が原作の『蜜蜂と遠雷』が2019年10月4日に公開されました。 2017年、直木賞と本屋大賞の2冠という快挙を成し遂げた恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』。 「構想12年、取材11年、執筆7年」。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ヒューマンドラマ映画

映画『30年後の同窓会』あらすじネタバレと感想。ラストに見た人間の絆を考察

鬼才・リチャード・リンクレイター監督の映画『30年後の同窓会』は、妻を病気で、息子をイラク戦争で亡くした男がかつてのベトナム戦争の戦友と旅をするヒューマンドラマ。 中年男たちの珍道中をユーモアたっぷり …

ヒューマンドラマ映画

映画『八日目の蝉』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『八日目の蝉』の原作はベストセラーとなった角田光代原作の同名小説。 「愛する人の子供を一目見たかった」最初はたったそれだけだった女の4年間の悲しき逃避行の物語『八日目の蝉』。 本作のあらすじや作品 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のあらすじとキャスト紹介

ミュージカル映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は、2018年8月24日(金)より公開! ABBAの名曲で構成された1999年開幕の人気同名ミュージカルを、オリジナルの脚本家であるキャサリン・ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP