Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/24
Update

映画『ブックスマート』ネタバレ感想と考察評価。洋画青春もの新機軸をガリベン女子高生で爽快に描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

「人生の物語を変えるの。一晩で高校生活を取り戻す!」

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』が2020年8月21日(金)より、全国公開されています。

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、ガリ勉女子高生の2人組が、高校生活最後の日にパーティーデビューを果たして、一晩で高校生活を取り戻そうとする爆笑コメディー。

これまでの学園ものとは一味もふた味も違うまったく新しい青春学園ものに仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の作品情報


(C)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Booksmart

【監督】
オリヴィア・ワイルド

【製作総指揮】
ウィル・フェレル、アダム・マッケイ

【キャスト】
ケイトリン・デヴァー、ビーニー・フェルドスタイン、ジェシカ・ウィリアムズ、リサ・クドロー、ウイル・フォーテ、ジェイソン・サダイキス、ビリー・ロード、ダイアナ・シルヴァーズ、スカイラー・ギソンド、モリー・ゴードン、ノア・ガルヴィン、オースティン・クルート、ヴィクトリア・ルエスガ、エドゥアルド・フランコ、ニコ・ヒラガ、メイソン・グッディング

【作品概要】
『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』(2018)、『リチャード・ジュエル』(2019)などの作品で知られる女優オリヴィア・ワイルドの初長編監督作品。映画『バイス』(2018)の監督、アダム・マッケイと、彼とコンビを組み「俺たち」シリーズで主演を務めてきたウィル・フェレルが製作総指揮を務めました。

高校生活をひたすら勉学に努めてきたモリーとエイミーに、それぞれビーニー・フェルドスタイン、ケイトリン・デヴァーが扮し、彼女たちの高校生活最後の日の「冒険」が描かれています。

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』あらすじとネタバレ


(C)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

モリーとエイミーは親友同士。明日は卒業式という高校生活最後の日。校舎内では皆がそわそわと浮足だっていました。

モリーとエイミーは4年間を勉学に打ち込んできました。頑張ったかいがあり、モリーはイェール大学に進学を決め、史上最年少で最高裁判事に就任することを夢見ていました。

エイミーはコロンビア大学に進学を決め、その前にボツワナで女性たちを助けるボランティアに従事する予定でした。

モリーは、恋愛やくだらないことにうつつを抜かす、他のクラスメイトたちを見下しており、自分たちが進学する大学名も気を利かしたつもりで黙っていましたが、ひょんなことからモリーは、彼らも名門大学への進学がきまっていることを知ります。

男性関係が豊富だという噂のトリプルAと呼ばれる女子生徒はモリーと同じイェール大学。アジア系のタナーはスタンフォード大、2年も留年したテオはGoogleからスカウトされていました。

私たちは将来のことを考えて、様々なことを犠牲にして勉強に打ち込んできたのに、彼らは楽しい高校生活を送った上に、輝かしい未来まで手にいれようとしているとモリーは大きな衝撃を受けます。

モリーはニックという人気者の男子生徒が叔母の家でパーティーを開くことを聞きつけ、パーティーに行こう!とエイミーを誘います。

エイミーは卒業式の前に何か困ったことがあったらいやだからと一旦断りますが、エイミーが好きなスケーターの少女、ライアンと仲良くなるチャンスだと言われ、参加することに決めました。

「人生の物語を変えるの。一晩で高校生活を取り戻す!」と、モリーはエイミーとパーティーへと出かけていきますが、肝心のニックの叔母の家がどこかわかりません。

普段、クラスメイトたちと連絡をとっていないので、モリーからの電話は学校の連絡事項だろうと敬遠されて誰も出てくれません。

そんな中、クラスメイトのひとり、ジャレッドに電話をすると彼は自慢の車に乗って迎えに来てくれました。

ところが彼が連れて行ってくれたのは、自分が主宰する船上パーティー。とてもゴージャスな会場ですが、客は”富豪“というあだ名がついているジジという一風変わったクラスメイトだけでした。

彼女はモリーとエイミーにいちごを食べさせると、海にダイブして2人を驚かせます。モリーはジャドに「お金で友だちは買えないのよ」と告げると、その場を逃げ出しました。

2人はLyft(ライドシェアサービス)を呼びますが、驚いたことに運転手はブラウン校長でした。

エイミーはレズビアンであることをカミングアウトしていましたが、経験が浅いので、もしライアンとうまくいったとき、どうしたらいいのかわかりません。

車の中でスマホを充電していたモリーがポルノビデオを観て研究しようと言い出します。最初は拒んでいたエイミーでしたが、好奇心にかられて、観ることにしました。

イヤフォンを耳に当てている2人を観て、校長は音楽を聴いているのだろうと勘違いし、音楽を聴くならステレオの方がイイよとカーステレオに音をつないで、大惨事に。

やっとついた家に入っていくと、なんだか物々しい雰囲気に包まれています。そこはニックの叔母の家ではなく、演劇好きのクラスメイト、ジョージの家で、彼は「殺人ミステリー・パーティー」を催していました。

彼はモリーに「矯正歯科医」、エイミーに「愛らしい農夫」の役を与え、演じるように命じます。するとさっき、海に飛び込んだはずのジジが姿を表し、2人を驚かせます。

ジジはさっきのイチゴに大麻がしこんであったことを告白。2人はハイになって、自身が人形になってしまったように感じ大騒ぎ。

我に返った2人は家を飛び出しました。エイミーはパーティーにも出たし、大麻まで経験したから、もう帰ると言い出します。

しかし、モリーがニックに気があり、会いたがっていることを知ったエイミーは、自分など彼が相手などするはずがないと卑下するモリーに、「これ以上卑下するならボコボコにするよ」と言って彼女を励まし、パーティーに行くことに同意します。

スマホに流れてくるパーティーの動画に、ピザの箱を壊している様子が映し出されているのを見て、ピザ店に配達先の住所を聞き出すことを思いつきます。

ピザ店の店員が配達のため、車に乗り込むと、後部座席に潜んでいたモリーとエイミーは、店員に住所を教えろ!と強盗のふりをして強引に住所を聞き出そうとしました。

しかし、店員はまったく動じず、呆れるばかり。世間知らずの2人を諭し始めますが、最終的には根負けして住所を教えてくれました。

ところが、エイミーは車の中にスマホを忘れ、モリーのスマホは充電が2%しか残っていないことがわかります。

生徒たちに人気のあるファイン先生に電話してモリーの名前とピザ屋の前にいることだけはなんとか告げられましたが、そこで充電は切れてしまいました。

そんな状態にもかかわらず、ファイン先生が車に乗って来てくれました。2人は苦労してゲットした住所を見せてようやく、ニックの叔母さんの家に到着します。

大勢のクラスメイトが集まり、パーティーはとても盛り上がっていました。

エイミーはライアンを見つけ、軽くおしゃべりをして、一緒にプールに向かいました。服を脱いで飛び込むライアン。エイミーも服を脱ぎ、プールに飛び込みます。

一方、モリーはニックに温かく迎えられ、2人で仲良く盛り上がります。「真面目なのは知っていたけど、面白い人でもあるんだね」と言われ、モリーは有頂天になります。

エイミーは水中でライアンを見失います。顔を上げるとプールサイドで、ライアンとニックが抱き合ってキスしているのが見えました。

エイミーはショックを受け、そのことをモリーに告げると、モリーは信じず、2人はみんなの前で言い争いを始めます。

「何でも自分の思い通りにして人を巻き込む」とエイミーがモリーを非難すると、モリーはエイミーのことを「一人では何もできず、いつも後押ししてもらわなければならない」と反論しました。

エイミーが「ボツワナでボランティアをすることにした」と言うと、「それは私がすすめたからでしょ」とモリーは言います。しかし、エイミーは「それはこの夏のことだけでしょう。私は大学入学を遅らせて一年間ボツワナに行くの」と反論しました。

親友だと思っていた彼女から、話を聞かされていなかったことにショックを受けるモリー。2人は完全に仲違いしてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エイミーがトイレに飛び込むと、そこにはいつもクールな女子生徒ホープがいました。2人は最初、言い争いをしていましたが、エイミーがいきなり彼女にキスをすると、彼女もキスを仕返してきて、そのまま2人はいい雰囲気に。

しかし、動揺したエイミーがその場にあったカップに口をつけたせいで、ホープの胸に嘔吐してしまいます。

ホープはあわててシャワーを浴びにいき、エイミーに出ていくように言うのでした。

そんな最中、近所からの通報を受けてか、パーティー会場に警官がやってきました。飲酒しまくっているので、これはやばいとあわてているクラスメイトたちに向かって、エイミーは叫びました。「私が囮になるから」と。

皆は無事逃げ出しましたが、エイミーは手錠をかけられ、逮捕されてしまいました。

モリーは一足先に会場を後にし、歩いて帰ろうとしていました。ニックとライアンが恋人同士であることを知ったのもショックでしたが、エイミーとけんかしたことがもっとショックでした。

そこに車を寄せてきたのは、トリプルAでした。車に乗るのを最初は拒否していたモリーでしたが、結局乗ることに。

トリプルAは、自分はそれほど経験があるわけではないのに、女子まで私をこのあだ名で呼ぶのがとてもいやなのだと告白します。

大学に入ったら呼ばないでという彼女に「もちろんだよ。アナベル」と答え、「今はいいの」と突っ込まれるモリー。

モリーは自宅に帰ると、そのまま寝てしまいました。朝、鳴り続けるスマホに気が付き目覚めたモリーは今日が卒業式だと気が付きます。

スマホを観ると、エイミーの勇姿をたたえるコメントで一杯でした。モリーは初めてエイミーが逮捕されたことを知ります。

警察に面会に行ったモリーは、エイミーと仲直りしました。「一緒に卒業式に出るよ」とモリーはいい、指名手配犯のチラシを見せました。

「警察と取引するの。見覚えあるでしょ?」手配書に書かれた似顔絵は住所を教えてくれたピザ屋の店員にそっくりでした。

卒業生代表で挨拶する予定のモリーが来ないので、校長はやきもきしていました。

モリーから連絡を受けたジャレッドが代役として挨拶していると、モリーとエイミーがジャレッドの車に乗って、金網を突き破って会場に到着しました。

昨日の英雄、エイミーの帰還に拍手が起こり、モリーがジャレッドにお礼を言って、彼にキスすると驚きの声援があがりました。

モリーが「私は皆のことが怖かった。負けないでおこうと一生懸命頑張った。今、分かるのはもっと学ぶべきだということ。厳しかったけれど、楽しかったよね。もう戻ることは出来ないけれど、今はみんなの顔がよくわかる。みんな素敵よ。大学でダサくならないでね」と挨拶すると大歓声が湧き上がりました。

無事、卒業式を終え、エイミーがボツアナに行く準備をしていると、ホープが訪ねてきました。彼女は大学入学前にバックパックの旅行に行くそうです。

「ボツアナに来ることがあったら連絡して」とエイミーが言うと、彼女はうなずいて、手紙をくれました。

エイミーがボツアナに旅立つ日がやってきました。モリーが運転して、エイミーを空港に送り届けます。寂しさで一杯の2人。

エイミーの背中を見送って、車を前に出そうとしていたモリーは、突然誰かが車の前に現れて悲鳴をあげます。

それは戻ってきたエイミーでした。「まだ時間があるの。パンケーキでも食べない?」と言うエミリー。「食べる!」とモリーは即答していました。

スポンサーリンク

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』感想と評価


(C)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

タイトルの「booksmart」という言葉には、博識があり優秀だが、社会的にはそれほど成功しているわけではないという意味合いがあります

まさにそれは、ヒロインのモリーとエイミーそのもの。将来の夢のために様々なことを我慢して勉学に励んできた2人は、その甲斐あって、優秀な大学への進学を決めますが、彼女たちは決して学園の仲間から憧れられる存在ではありません。

モリーを演じたビーニー・フェルドスタインは、学園ものの傑作コメディー『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007/グレッグ・モットーラ)で、主人公のひとり、セスを演じたジョナ・ヒルの妹です。

そのこともあり本作は『スーパーバッド 童貞ウォーズ』としばしば比較されます。『スーパーバッド 童貞ウォーズ』の女性版という側面は作り手も意識しているでしょう

実際、映画の冒頭、モリーが車を乗り付けたのは、親友のエイミーの家。『スーパーバッド 童貞ウォーズ』の冒頭、セスがスムーズなハンドリングで親友のエバン(マイケル・セラ)の家に乗り付けていたのとほぼ同じです。

ここでモリーとエイミー(ケイトリン・デヴァー)は自分たちだけの「のり」を披露します。この「のり」は自分たちにだけ通じるもので、他の人とは楽しむことが出来ませんし、むしろ、他の人にはみせられないものでもあります。

ここで思い出されるのがノア・バームバックの『フランシス・ハ』(2012)です。無二の親友の結婚が決まり、突然一人になってしまったグレタ・ガーウィグは、親友とやっていた「のり」をつい、他の人に披露してしまい、完璧に無視されるという痛々しいシーンがありました。

グレタ・ガーウィグは親友に精神的に依存していたため、孤立してしまうのですが、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のモリーとエイミーも2人の世界で完結した共依存関係にあります。

そして、彼女たちは、頑張った私たちと違い、浮かれて遊んで、人生を無駄にしているとクラスメイトたちのことを内心バカにしています。ところがそんなクラスメイトたちが、皆、優秀な大学への進学が決まっていると知り、モリーは愕然とします。

勉強だけに費やしてしまった自分たちの4年間はなんだったのか!?彼女たちは、高校生活を取り戻すためにパーティーに乗り込むことを決意します。監督のオリヴィア・ワイルドは彼女たちがパーティーに乗り込む一連の行動を「冒険」と称しています。

爆笑必至の冒険の中で浮かび上がってくるのは、モリーとエイミーの友情が本物であるということです。目的もまだ半ばで帰りたがっていた優等生のエイミーがモリーの気持ちを知るや、今度は逆に励まして積極的にパーティーに向かおうとする姿は感動的です。

私なんて、と卑下するモリーに「今度自分を悪く言ったら許さないよ!」と叱るエイミー。彼女たちは互いにリスペクトしあっていて、友人のためなら人肌脱ごうという気概を持っているのです(もっともその後、不満が爆発して大喧嘩が始まるわけですが!)。

ちゃらいのに、どのグループの女子にも人気があるというニックが、なぜ、人気があるのかもわかってきます。彼は誰にでも優しく接することができ、人を見た目で判断しません。

このニックは『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のエマ・ストーンの役を連想させる人物でもあります。

従来の学園ものなら、ニックのお相手は、チアガールのいけてる女性生徒だったでしょうが、本作ではお相手は、意外や、スケボー少女です。

いわゆる学園カーストのようなものは本作ではあまりみられません。学園ものは、本作をもって新しい時代に突入したと言ってよいのかもしれません。

モリーとエイミーは勝手に壁を作っていましたが、クラスメイトたちは意外と気さくで、のりもよく、親切な面も持ち合わせていました。

映画はそんなクラスメイト、ひとりひとりを丁寧に描き、それぞれの思いがけない悩みや、意外な夢が明らかになっていきます

モリーやエイミーが「冒険」の中で覚える様々な感情が、絶妙なカメラワークで捉えられています。パーティー会場を進んでいくモリーの姿をワンカットで捉えた映像からは、彼女の期待と不安がリアルな息吹となって伝わってきます。

エイミーがプールに潜った水中シーンも長回しで、非常に美しく捉えられています。青春映画にはプールシーンがつきものですが、ここにまた一つ、忘れられないプール名場面が生まれました。

終盤に展開するエピソードからは、彼女たちのキラキラとした未来が想像でき、爽やかな気持ちにさせられます

彼女たちの高校生活最後の冒険は、彼女たちを「booksmart」からも卒業させたのです。

まとめ


(C)2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

モリーは史上最年少の最高裁判事を目指していて、部屋にはRBGことルース・ベーダー・キンズバーグの写真が貼られています。

エイミーはフェミニストの文学少女で、彼女の部屋にはシャーロット・ブロンテなどの女性文学者のポスターが貼られています。彼女は数年前にレズビアンであることをカミングアウトしています。

また、彼女たちが使う「マララ」という言葉は、どうしても願いを聞いてほしい時に使う合言葉として使われていますが、語源は、パキスタン出身の人権運動家、マララ・ユスフザイから来ています。

米国の女性参政権運動の指導者、スーザン・B・アンソニーの名前もモリーの口から飛び出します。

現代のアメリカの少女たちのフェミニスト的な側面が描かれると同時に、はちゃめちゃなギャグセンスが満載で、ラリって人形になっている2人の場面には大いに笑わされました

ひとりの人間をこういう人間だと決めつけるのではなく、多面的に描いているのが本作の魅力のひとつです。

監督を務めたのは、『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』(2018/ダン・フォーゲルマン)、『リチャード・ジュエル』(2019/クリント・イーストウッド)などの作品で知られる女優オリヴィア・ワイルドです。

短編映画やMVの監督の経験はありましたが、長編劇映画の監督を務めるのは今回が初めて。

2019年のサウス・バイ・サウスウエスト映画祭でプレミア上映されると、彼女の女優としてのパブリックイメージとはかけ離れたハイテンションコメディーとして評判となり、新しい魅力を備えた学園映画として、ゴールデングローブ賞をはじめ、65部門でノミネートされ、25部門で受賞するという快挙を成し遂げました。

ちなみに校長先生役で出演しているジェイソン・サダイキスは、オリヴィア・ワイルドの配偶者だそうです。

劇中、校長先生が、Lyft(ライドシェアサービス)のアルバイトをしているのは、彼が言うように、アメリカでは教師の給料が安いからです。

人気ドラマ『ブレイキング・バッド』の生物教師、ウォルター・ホワイトも教師をしながら、洗車業のアルバイトをしていましたね。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『最果てリストランテ』あらすじと感想。村井良大とジュンQの共演で「かけがえのない時間」を歩む姿を魅せる

映画『最果てリストランテ』が2019年5月18日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開! 自分の人生の“最期”は、誰と、どんな瞬間を迎えるのか。これほど想像が膨らむ問いもありません。 松田圭太監督 …

ヒューマンドラマ映画

三澤拓哉監督の新作『ある殺人、落葉のころに』クランクイン!海外スタッフも参加

2017年11月25日、神奈川県寒川町出身の三澤拓哉監督が新たに制作を開始した映画『ある殺人、落葉のころに』の撮影が、クランク・インしました。 本作では三澤監督は出身地である茅ヶ崎周辺に海外からスタッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』あらすじとキャスト!原作や監督についても

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。 キャスティングされた主演は、ドラマと映画ともに『お前はまだグンマを知らない』では轟一矢役を務め、映画『関ヶ原』で …

ヒューマンドラマ映画

『人魚の眠る家』【ネタバレ感想】映画と原作小説の違いを解説。田中泯の演技力は必見!

鬼才・堤幸彦監督が、東野圭吾原作の禁断のベストセラー小説を映像化した『人魚の眠る家』。 あの事故さえなければ、穏やかで幸せな日々が続いていたはずだったのに…。 愛する娘の“脳死”という悲劇に直面し、究 …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP