Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。

2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に果敢に挑む渾身の問題作!

ポレポレ東中野ほか全国順次公開です。


© teamJUDAS2017

スポンサーリンク

1.映画『息衝く』の作品情報


©teamJUDAS2017

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
木村文洋

【キャスト】
柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太、坂本容志枝、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾

【作品概要】
2008年に『へばの』2012年に『愛のゆくえ(仮)』と常に社会と個のあり方に問題定義する木村文洋監督の作品。

2.映画『息衝く』のあらすじ


©teamJUDAS2017

3.11から数年後の夏を迎えた東京。政界では参議院選挙が始まろうとしていました。

日本にとって何度目なのか、そして、則夫と大和にとっては、果たして幾度目の「忙しい夏」になるか、彼らはカリスマである森山の海外への失踪後、久しぶりに大新興宗教団体「種子の会」選挙に呼び戻されます。

「原発廃炉が争点となるか」、その言葉を幹部との人質に交わしながら、活動に邁進していく大和。

一方の則夫は、幼き頃に核開発が始まった青森県六ヶ所村に妹と父親を残してきた記憶に決着をつけられず、母悦子との最後の時間を目前にしていました。

そのさなか、かつて 想いを抱いていた慈と再会しますが…。

スポンサーリンク

3.映画『息衝く』の見どころ


©teamJUDAS2017

本作は、この国の抱える根本的な問題を、ある特殊な生育環境で育った3人それぞれの登場人物を通して、“この国”で個として自立し、生きる続ける実感を追い求める姿を見つめます

社会と個の関わりを問い続けてきた木村文洋監督は、3.11以後の日本の状況下で、核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、そこで生きる家族の決断を描いた2008年の作品『へばの』

「地下鉄サリン事件」のオウム真理教の幹部・平田信と逃亡を助ける女性の実在の話を基に束の間の愛の姿を描いた2012年の『愛のゆくえ(仮)』

これらの作品のように常に社会に鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督。

この作品でも原発、宗教、家族を軸に据え、社会で如何にして個として、生き続けることができるのかを問いかけた映画です。

まとめ


©teamJUDAS2017

チームで構成された脚本家に批評家・杉田俊介らを迎え、3年間にわたり脚本を執筆。制作は『ひかりのおと』『愛のゆくえ(仮)』『新しき民』など挑戦的な作品を連打してきた桑原広考 中植きさらがプロデューサーを務めます。

音楽は北村早樹子が担当、演奏に坂本弘道・岡田拓郎。またキャストに演劇・映像界で活躍する柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太(青年団・サンプル)、坂本容志枝(zora)、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾(tsumazuki no ishi)たちが共演。

一般的な商業映画とは一線を引き、異質なあり方で作られた映画だからこそなし得た、原発や宗教という巨大なテーマにも果敢に挑みました。

今の日本映画の中にあっても野心作に注目したいですね。

映画『息衝く』は、2018年2月下旬より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!


©teamJUDAS2017

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『パーソナルショッパー』あらすじとネタバレ感想!ラスト結末も

オリビエ・アサイヤス監督の前作『アクトレス 女たちの舞台』で素晴らしい演技を見せつけたクリステン・スチュワート。 ふたたび、アサイヤス監督とクリスティンがタッグを組んだ『パーソナル・ショッパー』がまも …

ヒューマンドラマ映画

映画『七つの会議』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【原作:池井戸潤作品】

原作:池井戸潤×主演:野村萬斎の映画『七つの会議』は、2019年2月1日(金)公開! 「半沢直樹」シリーズ、また『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』など、ベストセラーを連発している池井戸潤の同名小説の映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バイス』あらすじネタバレと感想。実在の副大統領ディック・チェイニーを知っていますか

映画『バイス』は4月5日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー 歴代最強の副大統領と呼ばれるティック・チェイニー副大統領(H・W・ブッシュ大統領政権)の半生をクリスチャン・ベールの超 …

ヒューマンドラマ映画

『ある少年の告白』ネタバレ感想。映画の結末で殻を破ることが出来た人間たちの可能性を示唆

NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ 胸打つ衝撃の実話を映画化! 今もなお、アメリカ中西部、南部に残る同性愛矯正施設。同性愛を克服するため施設に入れられた少年の体験と、本当の愛とは? ルーカス・ヘッジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの滝隆信役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学