Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。

2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に果敢に挑む渾身の問題作!

ポレポレ東中野ほか全国順次公開です。


© teamJUDAS2017

1.映画『息衝く』の作品情報


©teamJUDAS2017

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
木村文洋

【キャスト】
柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太、坂本容志枝、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾

【作品概要】
2008年に『へばの』2012年に『愛のゆくえ(仮)』と常に社会と個のあり方に問題定義する木村文洋監督の作品。

2.映画『息衝く』のあらすじ


©teamJUDAS2017

3.11から数年後の夏を迎えた東京。政界では参議院選挙が始まろうとしていました。

日本にとって何度目なのか、そして、則夫と大和にとっては、果たして幾度目の「忙しい夏」になるか、彼らはカリスマである森山の海外への失踪後、久しぶりに大新興宗教団体「種子の会」選挙に呼び戻されます。

「原発廃炉が争点となるか」、その言葉を幹部との人質に交わしながら、活動に邁進していく大和。

一方の則夫は、幼き頃に核開発が始まった青森県六ヶ所村に妹と父親を残してきた記憶に決着をつけられず、母悦子との最後の時間を目前にしていました。

そのさなか、かつて 想いを抱いていた慈と再会しますが…。

3.映画『息衝く』の見どころ


©teamJUDAS2017

本作は、この国の抱える根本的な問題を、ある特殊な生育環境で育った3人それぞれの登場人物を通して、“この国”で個として自立し、生きる続ける実感を追い求める姿を見つめます

社会と個の関わりを問い続けてきた木村文洋監督は、3.11以後の日本の状況下で、核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、そこで生きる家族の決断を描いた2008年の作品『へばの』

「地下鉄サリン事件」のオウム真理教の幹部・平田信と逃亡を助ける女性の実在の話を基に束の間の愛の姿を描いた2012年の『愛のゆくえ(仮)』

これらの作品のように常に社会に鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督。

この作品でも原発、宗教、家族を軸に据え、社会で如何にして個として、生き続けることができるのかを問いかけた映画です。

まとめ


©teamJUDAS2017

チームで構成された脚本家に批評家・杉田俊介らを迎え、3年間にわたり脚本を執筆。制作は『ひかりのおと』『愛のゆくえ(仮)』『新しき民』など挑戦的な作品を連打してきた桑原広考 中植きさらがプロデューサーを務めます。

音楽は北村早樹子が担当、演奏に坂本弘道・岡田拓郎。またキャストに演劇・映像界で活躍する柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太(青年団・サンプル)、坂本容志枝(zora)、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾(tsumazuki no ishi)たちが共演。

一般的な商業映画とは一線を引き、異質なあり方で作られた映画だからこそなし得た、原発や宗教という巨大なテーマにも果敢に挑みました。

今の日本映画の中にあっても野心作に注目したいですね。

映画『息衝く』は、2018年2月下旬より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開!


©teamJUDAS2017

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『卒業』あらすじネタバレと感想。略奪愛のラストシーンに隠れている数々“ズレの違和感”こそが名作の見どころ

アメリカン・ニューシネマを代表する秀作の一本 映画史に残る伝説的なラストの“略奪愛”シーンで語り継がれたラブストーリー『卒業』。 作家チャールズ・ウェッブの同名小説大学を原作として、卒業したある一人の …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウォール街』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マイケルダグラス×チャーリーシーンおすすめ代表作】

1987年公開の名匠オリバー・ストーン監督のアメリカ映画『ウォール街』。 世界の金融市場の聖地として知られるアメリカ・ニューヨークのマンハッタンの南端部に位置する細い通りの俗称こそが、このウォール街と …

ヒューマンドラマ映画

映画『フィッシャーマンズ・ソング』感想とレビュー評価。現役漁師の最年長ボーイズバンドの実話をもとに描く人生賛歌

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より、新宿ピカデリー・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! イギリス南西部のコーンウォール地 …

ヒューマンドラマ映画

ちょっと今から仕事やめてくる映画あらすじと小説ネタバレ!感想も

第21回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞を受賞、累計60万部を突破した、北川恵海の人気小説「ちょっと今から仕事やめてくる」を映画化した作品がいよいよ公開。 主演に福士蒼汰が抜擢され、共演には工藤阿 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】『魔女の香水』あらすじ感想と評価解説。黒木瞳x桜井日奈子が香りに導かれて“自分だけの物語”を紡ぐ

打たれるたびに強くなっていくヒロインのサクセスストーリー 香水店の美しいマダムに導かれて、若きヒロインがたくましく成長していくさまを描く人間ドラマです。 香りを通して自分だけのストーリーを紡ぐ女性たち …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学