Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

サイレント映画『サタンジャワ』上映日時と開催場所。「響きあうアジア2019」にて生演奏付きで魅惑に浸る

  • Writer :
  • 石井夏子

モノクロ世界に漂うジャワ島のサタンが、立体音響のなかで浮かび上がる

国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン共催「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」につきまして、詳細が発表されました。

2019年7月2日に開催される本公演は、映画と音と声が1つになり、その場で完成されるという企画です。

スポンサーリンク

「響きあうアジア 2019」について

「響きあうアジア 2019」は、設立5年を迎える国際交流基金アジアセンターが、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典で、主に2019年6月から7月にかけて開催します。

国を超え共に創り上げた舞台芸術や映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれたイベントで構成。

国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることが期待されます。

なお、「響きあうアジア 2019」は、同年に東南アジアでも展開予定です。

映画『サタンジャワ』について


photo by Erik Wirasakti

『サタンジャワ』とは、ガリン・ヌグロホ監督による「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」のコンセプトの元、生演奏付きで上映するために作られたサイレント映画です。

2017年2月のオーストラリア・メルボルンでの海外初公演を皮切りに、シンガポール、アムステルダム、ベルリンといった世界各都市で、その地の楽団とのコラボレーションによる公演を成功させてきました。

2019年に、日本公演のために全編新しく制作された音楽・音響と融合させ、サウンドデザイナー・森永泰弘と、「水曜日のカンパネラ」として個性的かつ実験的な音楽活動を展開するコムアイとの共演により、立体音響コンサート版を初披露します。

スポンサーリンク

『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート公演概要

サイレント映画の音楽という演出が、ライブであるというだけではなく、その音楽が立体音響となり、サイレント映画のストーリーとなり台詞となっていき、映像と音響と声に包まれた空間に五感をゆだね鑑賞することになる本公演。

シンプルなモノクロのサイレントの映像は、立体的にデザインされた音響で、神秘的な彩りを持ち語り出します。

インドネシア映画界を牽引するガリン・ヌグロホと、様々なアーティストと音の世界をデザインしてきている森永泰弘、そして水曜日のカンパネラとして個性的な音楽活動を行っているコムアイが、映画と音響と声で、未体験のアート空間を創りあげてくれることでしょう。

『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート情報

開催日時
2019年7月2日(火)14:00 開演/19:00 開演 (2回公演、各回30分前開場)
※ポストパフォーマンストークあり

会場
有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン11F
JR有楽町駅中央口/東京メトロ有楽町駅 D7出口/東京メトロ銀座駅C4出口 徒歩2分

上映作品
『サタンジャワ』SETAN JAWA/2016年製作/70 分/モノクロ/サイレント

映画監督
ガリン・ヌグロホ

音楽・音響デザイン
森永泰弘

舞台出演キャスト
コムアイ(水曜日のカンパネラ)、日本・インドネシア特別編成音楽アンサンブルほか

チケット発売日
2019年4月13日(土)10:00発売

チケット料金(税込)
前売一般:3,000 円
当日一般:3,500 円
25歳以下:2,000 円(当日要証明書)

チケット取扱い
チケットぴあ、e+(イープラス)、Peatix(ピーティックス)

※詳細につきましては国際交流基金アジアセンター公式サイトにてご確認ください。

まとめ

2019年7月2日に開催される「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」

ガリン・ヌグロホ監督のサイレント映画『サタンジャワ』に、生演奏で音楽を乗せて一つの作品として完成させるという公演です。

関連企画として『響きあうアジア 2019 東南アジア映画の巨匠たち』も開催予定だそう。

こちらは2019年7月3日(水)に東京芸術劇場ギャラリー1にてシンポジウム7月4日(木)~10日(水)に有楽町スバル座にて映画上映です。

『サタンジャワ』のガリン・ヌグロホ監督をはじめ、東南アジア映画界を牽引し、世界的に活躍する巨匠が一同に会する貴重な特集上映&シンポジウム。

上映作品、スケジュール、チケット情報等詳細は 2019 年5月下旬頃「響きあうアジア 2019」公式サイトにて発表されます。

どちらもご期待下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ピーナッツ・バター・ファルコン』あらすじネタバレと感想。ザックの障害とは関係なく受け入れた人たちの交流

『ピーナッツ・バター・ファルコン(原題:The Peanut Butter Falcon) 』は、老人ホームで暮らす22才のザックが主人公。 夢を叶える為にホームを脱走したザックと出会う人々との交流を …

ヒューマンドラマ映画

【The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ】感想と評価。ラスト解説は?

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開。 世間から隔絶された女子寄宿で暮らす7人の女性たちの前に、南北戦 …

ヒューマンドラマ映画

アンドリュー映画『ブレス しあわせの呼吸』あらすじと感想。キャストの演技力と息づかい

映画『ブレス しあわせの呼吸』は、9月7日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー。 実在した主人公ロビン役に『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドが好演を見せ、献身的に愛した妻ダイアナ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ちはやふる 結び』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。広瀬すず×野村周平×新田真剣佑おすすめ代表作

2016年に2部作で公開され大ヒットを記録した青春映画が遂に完結! 主演の広瀬すずを始め、日本映画界のこれからを担う若手俳優が総出演。 日本映画史に残る永遠の輝きを見逃すなかれ。 3月17日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』あらすじと感想評価。磯部鉄平監督がラストに描いた“美しくも悲しい”大人の階段を昇る若者たち

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学