Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/07/23
Update

映画『おかあさんの被爆ピアノ』あらすじ感想と考察評価。武藤十夢が平和へのメッセージを若者に向けた新たな視点で熱演

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『おかあさんの被爆ピアノ』は2020年7月17日(金)より広島・八丁座にて先行公開、8月8日(土)より東京・K’s cinemaほか全国順次ロードショー!

被爆75周年を迎えた今日において、若い世代に向けた平和への新たな訴えを描いた『おかあさんの被爆ピアノ』。

本作は被爆ピアノを巡る平和運動で知られる実在のピアノ調律師・矢川光則さんをモデルにピアノにまつわるストーリーを構築、「戦争」「原爆」を知らない人たちへの切なるメッセージを描いた物語です。

本作を手掛けたのは、『レミングスの夏』『美しすぎる議員』などを手掛けた五藤利弘監督。

主人公・矢川光則役はもともとベテラン俳優の大杉漣にオファーされていましたが、大杉との共演も多かった佐野が引き継ぎ演じています。そして被爆ピアノの経緯から自身のルーツを知る旅の中で、矢川に出会うヒロイン役をAKB48の武藤十夢が担当します。

映画『おかあさんの被爆ピアノ』の作品情報


(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
五藤利弘

【特別協力】
矢川光則

【キャスト】
佐野史郎、武藤十夢、森口瑤子、宮川一朗太、大桃美代子、南壽あさ子、ポセイドン・石川、谷川賢作、鎌滝えり、城之内正明、沖正人、小池澄子、若井久美子、中山佳子、石原理衣、鈴木トシアキ、竹井梨乃、笹川椛音、原岡見伍、栩野幸知、内藤忠司、増井めぐみ、田村依里奈、中原由貴、谷本惣一郎、にかもとりか、藤江潤士、大島久美子、森須奏絵、クラーク記念国際高等学校のみなさん

【作品概要】
被爆ピアノによる平和運動で知られる実在の人物・矢川光則さんの活動をベースに、被爆ピアノを携えて全国を巡る広島のベテランピアノ調律師と、そのピアノを巡り自らのルーツをたどるヒロインの出会いから広島までの旅路を描きます。

監督は『美しすぎる議員』(2019)などを手掛けた五藤利弘。五藤監督は本作と合わせノベライズ作品を執筆しました。

ピアノ調律師・矢川光則役を、近年ドラマ『限界団地』での怪演で話題となった佐野史郎、ヒロイン江口菜々子役をAKB48の武藤十夢、その母役を森口瑤子、父役を宮川一朗太らが担当。さらに広島出身の俳優・栩野幸知らも出演に名を連ねています。

映画『おかあさんの被爆ピアノ』のあらすじ


(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

自身も被爆二世であり、平和に対する並々ならぬ思いを募らせるピアノ調律師・矢川。

彼は1945年の広島への原爆投下で被爆したピアノをさまざまな所有者から任され、自身の手で修理し、全国各地より依頼があればどこにでも持参してコンサートを開き、その音色を人々に聴かせる平和運動をしていました。

その日も自ら運転する4トントラックに積んで全国を回っていた矢川は、コンサートの後片付けをしているときに、東京で暮らしているという一人の女子大生・菜々子と出会います。

菜々子は自分の母親が祖母から受け継いだという被爆ピアノを矢川に寄贈したことを知り、このコンサートに訪れたことを明かします。

自身のこれからの進路を考える中で、菜々子は自分が被爆三世でありそのルーツを知りたいと思っていましたが、それを母は執拗に隠そうとしており、いつも不審に思っていました。

矢川と菜々子の出会いは、そんな知られざる彼女のルーツを明かしていくきっかけとなっていきました。

映画『おかあさんの被爆ピアノ』の感想と評価


(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

感情面から共感できる映像

広島の原爆投下という歴史上の大事件について、かつて映画では漫画家・中沢啓治の原作物語を実写化した映画『はだしのゲン』(1976)や、橘祐典監督が手掛けたドキュメンタリー映画『にんげんをかえせ』(1982)といった戦争、そして原爆投下という行為で生み出される悲惨な状況をリアルに描いた作品で、その事実は長く世に訴え続けられました。

一方で、年を経るごとに歴史の証言者は減りつつあります。重大な事実をどのように語り継いでいくかが大きな課題とされる時期にきており、近年平和運動を取り巻く状況は大きく変化を遂げつつあります。

そんな中で、本作は現代の人間が平和について考える一つの新たな方向を見出しています。

この映画では、戦争の悲惨な事実から視点を変え「なぜ平和が大切なのか」「なぜ平和であることが必要なのか」という根本的な論点を、現代に生きる人々の目線を通して描いています。

歴史上の大きな悲劇とともに平和を考えるきっかけとなっているのです。

物語は人々が共感することに重きを置き、芯となるものを語り継いでいけることを目指し、それぞれのキャラクターも非常にシンプルで共感しやすい人物像で描いています。

主演を務めた武藤十夢、佐野史郎それぞれが演じた役柄は、さまざまな事実が明らかになっていくことで心情に揺らぎを見せますが、それがかえって見るものにとって深く共感できるものとなり、作品のテーマでもある「平和」について深く考えさせられました。

役者陣の演技に対する演出は、微妙な表現ニュアンスを役者に依存し非常に間を持たせているものの、それぞれのシーンで役柄一人一人が抱く感情が明確に表現されており、本作が抱える問題はダイレクトに示されています。

そこには矢川光則さんという、被爆ピアノを語り継いでいく上で重要な人物の姿を真摯に見つめ、丁寧に脚本として仕上げた五藤監督の熱意があったのでしょう。

物語のキーとなるメロディー


(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

また本作の一つのポイントとして、要所で響きを聴かせるベートーベンのピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『大ソナタ悲愴』の第二楽章のメロディーがあります。

このメロディーはCMなどでも使われたりして、日本人にとっても非常になじみのあるものです。

劇中での被爆ピアノによるコンサートのシーンで、峠三吉の詩集『原爆詩集』の序章部分の朗読やベートーベンのピアノ・ソナタ 第14番 「月光」など、どちらかというと重々しく胸が苦しくなるようなメッセージとは対照的に、物語の展開に一つの平穏な空気をもたらしています。

物語の上でもこのメロディーは印象的なアイテムとして用いられ、本作の結末をポジティブな方向に導く鍵としており、物語自体の重要なキーとして存在させています。

まとめ


(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

五藤監督が近年手掛けた『花蓮~かれん~』(2014)『レミングスの夏』(2017)といった作品は、自身の歩む道に迷う若者の姿をピュアに描いた物語。

役柄の葛藤の日々をまさしく“生きた”ように俳優たちの表情を非常に印象深く撮り切っており、作品として非常に高く評価できるものです。

本作でもそういったセンスが発揮され、武藤が演じる主人公・菜々子の「自分を知る旅」の中で見せるさまざまに複雑な思いを込めた表情を余すところなく映し出し、歴史上の大きな悲劇と、それを知らない若者たちの意思をうまく結び付けています。

被爆75周年を迎えた本年は、先述の被爆体験者の減少などとともに、コロナ渦の影響により今年も広島で行われる予定となっている平和祈念式典の縮小開催など、平和を訴える活動に対してさまざまな制限が現れ、平和に対する危機感も見られる年となりました。

その意味でこの時期に本作が上映されるという状況は、映画という文化の有用性、社会生活における役割を改めて考えさせられるものとなり、併せてこうした活動が、次の世代の視点に平和をつなぐ重要な役割を担っていると、改めて示してくれました。

映画『おかあさんの被爆ピアノ』は2020年7月17日(金)より広島・八丁座にて先行公開、8月8日(土)より東京・K’s cinemaほか全国順次公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』レビュー感想【ネタバレあり】夏帆とシム・ウンギョンの悩める女性への応援歌

いつの間にか大人になってしまった、全ての女性に贈る映画 現在CM・MVなどの作品制作の、第一線で活躍している若手映像クリエイター・箱田優子。 彼女が次世代の若手映像作家を生み出すプロジェクト、「TSU …

ヒューマンドラマ映画

映画『パリに見出されたピアニスト』あらすじネタバレと感想。音楽を通して世界に踏み出す勇気

パリ、北駅に置かれた1台のピアノ。 そこから天才ピアニストは生まれた。 生い立ちに恵まれず、路地裏で暮らしてきた青年が、ピアノの才能を見出され、ピアニストとして成長していくサクセスストーリー。 ラフマ …

ヒューマンドラマ映画

永瀬正敏映画『BOLT』感想と考察評価レビュー。林海象監督が福島第一原発の作業員の方から聞いた話を基に“リアル”に描く

映画『BOLT』が、いよいよ2020年12月11日より、テアトル新宿ほか全国順次公開! われわれは、なぜこうなったのか。やり直せないか、われわれは。 「私立探偵 濱マイク」シリーズ、『弥勒MIROKU …

ヒューマンドラマ映画

映画『もち』感想と評価レビュー。岩手県一関市の食文化として語り継がれる「餅」を暮らしとともに描く

親から子へ、祖父母から孫へ。 そして地域の人々に語り受け継がれる、のびーる食文化。 岩手県一関・平泉地域で、長く受け継がれてきた「もち」の食文化をテーマに、そこで生きる人々の暮らしや思いを丁寧に描いた …

ヒューマンドラマ映画

『ある画家の数奇な運命』ネタバレ感想と評価レビュー。ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画の名セリフが頭から離れない

真実はすべて美しい 2020年10月2日からTOHOシネマズシャンテ他にて公開中の映画『ある画家の数奇な運命』。 ゲルハルト・リヒターをモデルに、激動の時代を生きた画家の半生を描く感動作です。 叔母と …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学