Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『小さな恋のうた』あらすじネタバレと感想。キャストの演技を越えた生身こそが青春モノの醍醐味!

  • Writer :
  • 西川ちょり

友達どころじゃない、俺たちはバンドだったんだ。

沖縄出身の人気バンドMONGOL800の名曲にインスパイアされた物語!

沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、沖縄社会に深く根ざす問題を見つめていく青春映画『小さな恋のうた』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『小さな恋のうた』作品情報


(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

【公開】
2019年公開(日本映画)

【監督】
橋本光二郎

【キャスト】
佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、金山一彦、佐藤貢三、中島ひろ子、清水美沙、世良公則、上江洌清作、儀間崇、高里悟

【作品概要】
沖縄出身の人気バンド「MONGOL800」の「小さな恋のうた」にインスパイアされた青春映画。『羊と鋼の森』(2018)、『雪の華』(2019)の橋本光二郎監督がメガホンをとり、バンド活動に励む沖縄の高校生たちが、仲間の死を経験し、もがきながらも、演奏を通じて成長していく姿を描く。彼らが暮らす街、沖縄の今にも言及しており、その視点が目新しい。

映画『小さな恋のうた』のあらすじとネタバレ


(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

真栄城亮多、譜久村慎司、新里大輝、池原航太郎の四人は高校の軽音楽部でバンドを組んでおり、文化祭で演奏するため、今日も練習に励んでいました。

周りに迷惑をかけてはいけないので、練習する際は、窓を締め切るようにという部の規則があり、彼らも部屋を締め切って演奏を始めました。ところが、彼らの演奏が漏れてくるのを聞きつけた大勢の生徒たちが、部室に駆けつけてきました。

調子にのった亮太は部室の窓をあけ、あげくに、外に飛び出して、コールアンドレスポンスとライブさながらの様相。大いに盛り上がりましたが、4人は職員室に呼び出されます。

「お前らは部室使用するの禁止! 今度やったら他の部員たちも文化祭には出さないからよく覚えておけ」と先生に怒鳴られてしまいました。

行きつけのライブハウス兼練習スタジオに行くと、オーナーの根間が「来てるよ」と四人にささやきました。東京のレコード会社のスカウトが彼らの噂を聞きつけて会いにきたのです。

男は彼らに向かって言いました。「聞きたいのは、プロとしてやっていく意志はあるかってことです」

プロという言葉に亮太たちは驚き、思わず根間の方に振り返ります。プロの道の可能性が開けた瞬間でした。

海辺にたたずみ、興奮を抑えきれない四人。「東京か」と誰かがつぶやくと亮太は叫びました。「東京が俺たちに会いに来い!」

ここは沖縄のある小さな街です。アメリカ軍の基地があり、フェンスで隔てられた2つの国が存在します。慎司はフェンス越しに、米軍基地内に暮らすアメリカの女子高生・リサと交流していました。

リサに自分の作った曲をイヤホンで聴かせることも。「お前、それって国境を超えてるってことじゃん」と亮太は言い、2人の恋を応援しようと決心します。

そんなふうにバンド仲間として堅い絆で結ばれていた4人でしたが、思いもかけない悲劇が彼等を襲いました。大輝と航太郎と別れ、亮太と慎司が自転車に乗って横断歩道を渡っている時のことです。2人に向かって車が突っ込んできたのです。

知らせを聞いて駆けつけた亮太の母親に医師は、あまりに強いショックを受けたため、記憶の一部が失われていることを告げます。大輝と航太郎は泣き崩れていました。

ベッドにぼんやり座っていた亮太の前に慎司が現れます。慎司が作った曲に亮太が詩をつけて歌が出来上がったこと、去年の文化祭でその歌を披露すると、あっという間にみんなの心をとらえて、彼らはすっかり人気者になったことなどを懸命に語る慎司。「お前、何忘れてるんだよ!」

亮太ははっと我に返りました。あの時、自分の目の前で慎司が倒れ、動かなくなったことを彼は思い出していました。そのまま慎司は息を引き取ったのです。そのショックで亮太は一時、記憶を失っていたのでした。

亮太は慎司の死から立ち直れず、大輝は文化祭のライブに出たいからと別のバンドに加わり、もともと彼らのことが好きでバンドに加わっていた航太郎も、もうバンドを続けたいとは思いませんでした。

そんな彼らの前に、慎司の妹、舞が現れます。「この曲を演奏してほしいんです」。

舞は兄のPCに、まだ誰にも発表していない曲があったことを亮太と航太郎に告げます。「この曲だけ、演奏されないのはかわいそうです」

「みんなをハッピーにしたくて歌を歌っていたんだ。今はその気になれない」と亮太は断りますが、航太郎は「お前が歌わなければ、だれが歌うんだよ!」と言い、2人は取っ組み合いのけんかを始めました。

舞は兄がリサと逢っていたことを思い出し、兄の代わりにリサに会いにいきました。リサもニュースで慎司の死を知り、ひどく悲しんでいました。

舞はリサに兄の曲を聴いてもらいます。「これは何を歌った歌?」と尋ねるリサに「恋の歌」であることを伝えようとする舞。恋って英語でどういったらいいんだろう?と迷いながら、舞は言いました。「little love」と。

亮太もまた、リサを訪ねていました。亮太は、慎司がリサを学園祭に招待していたことを知ります。亮太はリサに学園祭に来てほしいと言い、リサも快く承諾してくれました。

亮太と舞と航太郎は3人でバンドを再開します。舞が慎司と同じようにギターを弾き、すべての曲が頭に入っていることに亮太と航太郎は驚きます。

「学園祭に出るぞ」と亮太は2人に言い、教師たちに直談判。ほかの部員の理解に助けられ、学校側の許可もおりました。ただ、文化祭に出たいからとほかのバンドに加わった大輝だけは複雑な表情を見せていました。

慎司を轢いて逃走した犯人はまだつかまっていませんでした。犯人は米兵ではないかという噂がたち、ゲート前で抗議する市民が詰めかけていました。

米兵とその家族には外出禁止令が出て、リサの母親も、窮屈な暮らしに不安を覚えていました。リサも約束した学園祭に行くことが出来るだろうか、と心配でなりません。

慎司の両親も犯人がつかまらないことに苛立ちをつのらせながら、基地で働いている自分たちの立場について悩んでいました。

父は舞に、「こんな時期に音楽なんてやるんじゃないぞ」と忠告します。「じゃぁ、どうしたらいいの?」と問う舞に父は言うのでした。「一生懸命勉強して内地の大学へ行くんだ。外から見たらよくわかる。この小さな島の様子が。昔から何も変わっていないんだ」

根間のスタジオで練習を続ける3人。その日はライブがあるらしく、ステージの準備が行われていました。「今、出演者が外出しているんだ。ちょっとお前ら、演奏してみないか?」

根間の好意に甘えて演奏を始めた3人。そこに女性2人組のアーティストが戻ってきました。彼女たちは3人の演奏を楽しそうに眺め、スマホで撮影し始めました。

3人が帰ったあと、根間は、スタジオを借りに来た学生たちに、自分が作った文化祭のチラシを渡し、宣伝するよう頼むのでした。

文化祭当日。リサは親に嘘をついて外出しようと試みていました。外出禁止令は解除されたもののゲート前には大勢の抗議者が集まっていました。

一方、亮太たち3人はわけがわからず戸惑っていました。ステージに立つことを禁止されてしまったのです。原因は、彼らの演奏している姿がネットに上がり、学校にかなりの問い合わせが来たからだというのです。

しかも、彼らの出演を告知するビラまで現れたというではありませんか。軽音楽部の顧問からは「対外活動は禁止だと言ってあるでしょう!」ときつく叱られてしまいました。

そこへ現れたのが根間。自分が作ったチラシが騒ぎの原因とは知らず、ネットに上がった動画はこないだ、お前らの演奏を聴いた出演者が撮影してネットにあげたらしいと自慢げにいいます。事の次第がわかり、脱力する3人。

そんな3人の前に大輝がやってきました。彼は彼等を屋上に導き、音響をセットしてくれました。「俺が出来るのはここまで。あとはどうする?お前たちが決めろ。俺は責任はとらないからな」と言ってほほ笑む大輝。3人は「やろう!」と声を合わせました。

「リサ、来てるかな。どこかで聞いててくれるかな」と舞は亮太に話しかけました。

演奏が始まると、生徒たちが一体どこで演奏が行われているのだろう?と探し始めました。屋上だとわかった生徒たちは、反対側の校舎に移動、大勢が彼らの演奏を聴きに詰めかけました。演奏は大盛り上がりです。

数曲歌ったところで、突然音が途切れました。教師たちは激怒。親と共に校長室に呼ばれ、3人は停学を言い渡されます。その帰り道、舞の父親は怒りを爆発させ「こんな時に音楽なんて、ふざけるなー!」と叫ぶと、ギターを取り上げ、粉々に打ち砕いてしまいました。

舞は粉々になったギターに駆けよりました。父に向かって「お父さん、お兄ちゃんの歌、ちゃんと見たことがある? ステージ観たことある? すごかったんだから。なんにもわかってないくせに! 私、大切なことはお父さんじゃなく、全部お兄ちゃんに教わったんだから!」と言うと、壊れたギターを抱きしめるのでした。

リサは結局、抗議している市民たちに囲まれ、外出することが出来ず、親に黙って外出しようとしていたことで、厳しく叱責されていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『小さな恋のうた』ネタバレ・結末の記載がございます。『小さな恋のうた』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

数日が過ぎ舞が家の窓から外を眺めていると、リサがフェンスに走ってきて、何かをこちらに放り投げている姿が見えました。あわてて、フェンスへと向かうと、もうリサの姿はありませんでした。舞はそこに落ちていた袋を手にとりました。

袋にはいっていたものを亮太と航太郎に見せると、それは“さよならドール”という基地に売られているお土産だということがわかりました。別の基地に移る際、寄せ書きを書いて渡すものなのだそうです。

それは舞たちへのリサからのメッセージでした。予定より早く日本を離れることになったと綴られ、さらに、慎司から教えてもらった言葉について書かれていました。

“シンジが教えてくれた「いちゃりばちょーでー」と言う言葉、出会ったらみんな兄弟、この言葉大好き。人生は本当に旅ね。またあなたたちに会いに来ます。ちゃんとパスポートを使って。See You agin.”

舞は、慎司が残した曲の歌詞を完成させました。タイトルは「さよならドール」です。

舞のところに父がやってきました。「ギターって直せるのかな」「いいんじゃない、もう」という舞に父は言いました。「直したいんだ」

舞と亮太と航太郎は、フェンスの前で、「さよならドール」の演奏を始めました。爆音を響かせますが、リサが出てくる様子はありません。「もう出発してしまったのかな?」

不安を感じながら3人が演奏を続けていると、リサの姿が見えました。リサは一目散に彼らのところへ駆け寄ってきました。

3人の演奏を涙ぐみながら聴くリサ。背後には警官がかけつけていましたが、根間がもう少しだけ、と必死でお願いしている姿がありました。

「お前たち、ライブやらないか?」と根間は3人に提案しました。「迷惑かけたおわびだ。金もいらない」とまで言って、彼らが停学中であったことを今更ながら思い出す根間。でも3人はライブしたいと答えます。

ライブが始まりました。会場は彼らのファンでいっぱいです。大きな歓声に包まれる中、3人は客席の一番後ろに、慎司の姿を見ていました。慎司は笑顔で3人を見守っていました。

スポンサーリンク

映画『小さな恋のうた』の感想と評価


(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

デビュー以来、沖縄で活動する人気バンドMONGOL800の名曲「小さな恋のうた」と同名タイトルのこの作品には、他にもMONGOL800の代表曲「あなたに」、「DON’T’ WORRY BE HAPPY」、「SAYONARA DOLL」といった曲が奏でられます

企画プロデューサーを務めるのはMONGOL800の映像作品のほとんどを手掛けている山城竹織。

MONGOL800メンバーの高校時代の後輩として、バンドの結成当初からその歩みを見守ってきた山城は、平田研也に脚本を、『羊と鋼の森』(2018)、『雪の華』(2019)の橋本光二郎に監督を依頼し、このMONGOL800の名曲からインスパイアされたオリジナル映画を作り上げました。

映画はいきなり、主人公となるバンドメンバーの演奏でスタートします。

初めは音漏れを防ぐため、窓を閉め切って行われていたのですが、やがて窓が開けられ、ヴォーカルの亮太が外に飛び出し、集まってきた聴衆とコールアンドレスポンスが始まります。

学生時代にありがちなしめつけから解き放たれた解放感のようなものが画面に溢れだした爽やかなオープニングです。もっとも彼らはこのことで教師から大目玉をくらうわけですが。

すでに学内で評価され、人気バンドとなっているという設定なので、それなりの演奏技術が必要なのですが、それをきちんとクリアしている上に、実際、彼らの演奏には、ぐっと心に響くものが宿っています

文化祭でゲリラ公演を行った際、怒った教師に途中で中断されてしまうのですが、その時に起こった、聴衆の悲鳴のような叫びは、作り物でない、心からのものとしてリアルに響いてきます

こうした演技を越えた生身のものが迸る瞬間こそが青春映画の醍醐味といっていいでしょう。

また、映画の舞台が、最初はどこにでもある一地方都市に見えて、実は沖縄であることが明らかになる物語の進行も巧みです。

普遍的な音楽青春ものを越えて、沖縄で生きる若者たちやその家族を取り巻く問題にも映画は踏み込んでいきます

沖縄とその地に生きる人々が抱える大きな問題が、沖縄の高校生と米兵の家族であるアメリカの高校生の交流を通して浮き彫りになってきます。

フェンスで隔てられた二つの国、米軍基地問題と基地で働く父親のこと、米軍家族の心理まで、これまで映画でほとんど踏み込まれてこなかった沖縄の現実が映し出されるのです。

そうした作り手の姿勢は、原作ものオンパレードの邦画の中でオリジナルの青春映画であることも含め、志の高さを感じないわけにはいきません

まとめ


(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

学内で人気を誇るバンドのメンバーを演じるとなると、楽器経験者である俳優が抜擢されたのだろうと推測していたら、担当楽器の経験者は森永悠希だけだったそうです。

どれほどの猛練習が積まれたことでしょうか。

「ちはやふる」シリーズでお馴染みの森永悠希、佐野勇斗は、橋本光二郎監督作品『羊と鋼の森』にも出演しています。

その二人に加え、本作が俳優デビュー作となる眞栄田郷敦、ドラマを中心に活躍している鈴木仁という新鋭が加わった最初の四人編成も、のちに、森永と佐野と山田杏奈で組んだスリーピース・バンドも、高校生らしい爽やかさを放っていて魅力的です。

紅一点の山田杏奈は、スクリーンからまっすぐな眼差しを向けるだけで多くの感情が伝わってきて、驚かされます。父に向かって感情を爆発させるシーンでも、天性の才を感じさせます。

彼らを見守り応援する練習スタジオ兼ライブハウスのオーナー、根間に扮しているのは、世良公則。若い才能を見出して、わくわくしている雰囲気がよく出ており、少しばかりおっちょこちょいな性格のキャラクターを楽しそうに演じています。

交通事故のあとの演出がいささかぎこちない感はありましたが、演奏シーンの楽しさや、バンド仲間たちの友情が生き生きと描かれていて、青春映画好きには満足の一本となっています。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『プラトーン』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。監督の実話を基に意味を見失う戦争の現実を伝える

オリバー・ストーン監督が自らの体験を基にベトナム戦争を描いた衝撃作! オリバー・ストーンが脚本・監督を務めた、1986年製作のアメリカのR15+指定の戦争ドラマ映画『プラトーン』。 1967年、ベトナ …

ヒューマンドラマ映画

帰ってきたウルトラマン (リマスター版)ファミリー劇場で放送スタート!

7月22日(土)レギュラー放送スタートされ、高画質でキレイになって帰ってきた! 『帰ってきたウルトラマン HDリマスター版』のレギュラー放送が 毎週(土)18:00から2話連続で放送開始! スポンサー …

ヒューマンドラマ映画

映画『バベットの晩餐会』ネタバレ感想考察とあらすじ結末の解説。原作小説から料理グルメ映画の最高峰の秘密を探る

80年代ヨーロッパ映画を代表する珠玉の名作を解説 1989年、1本のデンマーク映画が日本で公開されました。そのタイトルは『バベットの晩餐会』。 当時日本ではアート性の高い映画を、“ミニシアター”と呼ば …

ヒューマンドラマ映画

映画『万引き家族』ネタバレ考察。ラスト結末に見たスイミーの謎と秘密

地上波で是枝裕和監督の『そして父になる』が放映されていた際に、涙をぬぐいながら、ラスト・ショットの情感を味わいました。 しかも、日本屈指の録音マン弦巻裕担当の成せるものか、ショットのフレーム外から、ひ …

ヒューマンドラマ映画

映画『影裏』の原作あらすじネタバレ(沼田真佑)。キャストは綾野剛×松田龍平で盛岡を舞台に映像化

物憂げな日々に崩壊の予兆が潜む。 相手の影の部分、裏の顔を知る時。 2017年、デビュー作にして芥川賞受賞となった沼田真佑の小説『影裏』。綾野剛と松田龍平の出演で映画化、いよいよ2020年公開予定です …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学