Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/07/02
Update

映画『あまねき旋律 (しらべ)』あらすじ。山形国際映画祭受賞で話題に

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』は、2018年10月よりポレポレ東中野にてあまねきロードショー!以降全国順次公開

本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門にて、奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞して話題となった作品です。

インド東北部の山深い村々で古来より語り継がれてきた“知られざる歌”を巡る音楽を見詰めたドキュメンタリーとは?

スポンサーリンク

映画『あまねき旋律(しらべ)』とは


© the u-ra-mi-li project

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波部門」で上映され、奨励賞と日本映画監督協会賞をW受賞したドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』(英題:Up Down & Sideways)。

2018年10月にポレポレ東中野にて1劇場公開するが決定しました。

ブロードキャスターで知られるピーター・バラカンの推薦メッセージが届きました。

「田植えなどの肉体労働のリズムに合わせた集団の歌は、パッと聞いてアフリカのものかと思うような響きですが、これまでぼくは知らなかったナガランドはインド北東部、山間部の僻地。楽器も何も要らない皆の呼応する歌声が日常の潤滑油になっています。屈託ない人々の素朴な生活を追った素敵な映画です。ピーター・バラカン(ブロードキャスター)」

ラジオ番組で音楽紹介をするピーターは、音楽への愛と造詣の深いことで知られていますが、このメッセージからもそのことが読み取れます。

これまでぼくは知らなかった」という、聴き慣れていない音楽にも、いつものように真摯に向き合い、「楽器も何も要らない皆の呼応する歌声が日常の潤滑油」という的確なコメントは、音楽とともに人が生きていることを描いた映画であることがよく分かりますね。


© the u-ra-mi-li project

映画『あまねき旋律 (しらべ)』の作品情報


© the u-ra-mi-li project

【公開】
2018年(インド映画)

【原題】
kho ki pa lü(英題:Up Down & Sideways)

【監督】
アヌシュカ・ミーナークシ&イーシュワル・シュリクマール

【キャスト】
インド東北部・ナガランド州にある村人たち

【作品概要】
インド山深い村々で古来より語り継がれてきた“歌”を巡る音楽ドキュメンタリー作品。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波部門」で上映され、奨励賞と日本映画監督協会賞をダブル受賞。

スポンサーリンク

映画『あまねき旋律 (しらべ)』のあらすじ


© the u-ra-mi-li project

インド東北部・ナガランド州に広がる棚田に響き渡る歌は、山深い村で古来より語り継がれてきたものです。

日本人が1960年代半頃から失ってしまった、かつての共同体の風景を思い起こさせる、“歌”を巡る音楽ドキュメンタリー映画です。

あたり一面の棚田では、いつも歌が響いています。

村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた棚田の準備や苗木植え、その後に実った穀物収穫と運搬といった作業をグループごとに行っています。

そして、その労働の間はいつも皆で歌を歌っています。


© the u-ra-mi-li project

移ろいゆく季節の豊かさ、友愛の歌、そのほか、生活のすべてを歌とともに生きています。

農作業をしている最中に1人が声を発すると、それに呼応して、ほかの1人も歌いはじめるコミニュケーション。

それは女性も男性も一緒になって、歌の調べの掛け合いで歌われる「リ」と呼ばれています。

その歌は、山々の四方八方に広がっていきます…。


© the u-ra-mi-li project

映画『あまねき旋律 (しらべ)』の感想と評価


© the u-ra-mi-li project

本作作品『あまねき旋律 (しらべ)』で描かれた、インドのナガランド州に住まう村人たちの共同体で歌われる歌は、田畑作業のみならず、恋愛や友情、そして苦い記憶も、すべてが歌とともにあるという暮らしです。

それこそが現代に生きる者が忘れてしまった、“ある共同体”で生きるという、一端の大切さを観る者に思い起こさせ、その歌が心に響くのです。

この作品の共同監督を務めた、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールは、インドの南部出身です。

彼らはナガランドに古くから伝わるこの音楽に魅了され、現地に出向くと、その土地にある棚田の風景や季節の移り変わりをカメラに収めます。


© the u-ra-mi-li project

何よりも彼らがこだわったのは、人々の生活や農作業の一部始終を淡々と丁寧にカメラを通して見つめて行く作業でした。

そのようなことが映画を観る者を魅了し、本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭の「アジア千波万波部門」で日本映画監督協会賞と奨励賞のダブル受賞しました。

また、それだけでなく、この作品は世界各国の映画祭でも上映され、人々に深い共感を与えた音楽ドキュメンタリーなのです。

スポンサーリンク

まとめ


© the u-ra-mi-li project

上映時間83分というコンパクトに仕上がった本作『あまねき旋律(しらべ)』は、インド東北部にある山深い村々の風景と、古来より語り継がれてきた“知られざる歌”を通して、“共同に生きる”とは何かを見詰めた音楽ドキュメンタリーです。

日本で行われる映画祭としては、名実ともに知られれた山形国際ドキュメンタリー映画祭で、奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞して話題作品です。

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』は、2018年10月よりポレポレ東中野にてあまねきロードショー!以降全国順次公開

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『スーパーサイズミー』ネタバレ結末と感想。無料動画視聴方法も

体に悪いと分かっていてもついつい食べてしまうファストフード。その代表格であるマクドナルドを30日間食べ続けたら一体どうなるのか? モーガン・スパーロック監督が自らを実験体にして挑戦するドキュメンタリー …

ドキュメンタリー映画

映画『Workers被災地に起つ』あらすじと感想レビュー。ワーカーズコープ共に生きる人間の強さとは

「協同労働の協同組合」とは? 働く人や市民がみんなで出資し、民主的に経営し、責任を分かち合い、人と地域に役立つ仕事をおこす協同組合「ワーカーズコープ」。 本作は、東日本大震災後、ワーカーズコープが東北 …

ドキュメンタリー映画

映画『イルミナティ』ネタバレ結末とラストの感想解説。世界を操る闇の秘密結社に歴史的な側面から挑むドキュメンタリー

世界を操る闇の秘密結社「イルミナティ」の正体に迫る! 1776年にドイツで創設され、現代でも政治や芸術などに介入し、世界を操る組織と言われている秘密結社「イルミナティ」。 その「イルミナティ」の真実の …

ドキュメンタリー映画

【ネタバレ感想】ナディアの誓いOn Her Shoulders|虐待の真実を語り続ける強い意志

不動不屈の精神で、世界の被害者の声を代弁し続けるナディアに密着した、感涙のドキュメンタリー 私は無数の人々の声になる。 2018年ノーベル平和賞受賞者である23歳のナディア・ムラドは、イラク北部でIS …

ドキュメンタリー映画

映画『顔たち、ところどころ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ヌーヴェルヴァーグの巨匠アニエス・ヴァルダと写真家・アーティストのJR、年の差54歳の二人の旅が始まる! 世界中を笑顔にしたロードムービースタイルのドキュメンタリー映画『顔たち、ところどころ』をご紹介 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学