Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/02/21
Update

【妻ふり映画】あらすじとキャスト!『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー!

ネットで有名なYahoo!知恵袋。そこにあげた投稿から始まった伝説のコミックエッセイを、榮倉奈々×安田顕の主演より実写映画化されました。

謎の行動をとる妻には“秘密”があった⁈実話が生んだハートフル・コメディとは?

スポンサーリンク

1.映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』とは

作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」

2010年にYahoo!知恵袋に投稿された質問は、たちまちネットで話題を呼び、内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表。

そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在は200万回以上の再生を記録を更新し、さらに2011年にコミックエッセイ 化もされました。

現在410万以上の閲覧、1700以上の回答が寄せられている大ブームを見せた伝説的の投稿が、この度、同名タイトルで実写映画化されました。

2.映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』のキャストは


©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

本作の主演を務めたのは、映画『余命1ヶ月の花嫁』(2009)や『図書館戦争』(2013)などラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなす榮倉奈々。

彼女が不思議な行動を繰り返すキャラの妻ちえ役を演じています。

一方であくまで一般的な普通で冷静な夫じゅん役には、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田顕が務めました。

コミカルな演技にも定評のある榮倉奈々と安田顕が見せる演技メゾットと、2人が演じるちえとじゅんのミスマッチだけれども、どこか見る者に共感を生む夫婦のカタチに注目です。

さらにヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『奪い愛、冬』の好演も記憶に新しい大谷亮平と、宝塚歌劇団所属時に「演技が優れたトップ娘役」と評され舞台やドラマで活躍する野々すみ花も共演を見せ、じゅんの後輩夫婦・佐野と由美子を演じています。

スポンサーリンク

3.映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の監督は

参考映像:『デトロイト・メタル・シティ』(2008)

本作の演出を務めるのは李闘士男監督。2008年に松山ケンイチ主演の『デトロイト・メタル・シティ』をヒットさせています。

また、2015年に堤真一主演で、怪しくもチャーミングな富豪アニキの成功哲学を描いた『神様はバリにいる』でも、スマッシュ・ヒットを飛ばしている監督です。

参考映像:『神様はバリにいる』(2015)

これらのコミカルな作品を作り上げた李闘士男監督は、本作『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』でも、その手腕を発揮させています。

ちょっと?(だいぶ?)変わった夫婦の日常エピソードを愛おしいまでにチャーミングに描き、映画を観たあなたをほっこりとした気分にさせるハートフル・ムービーです。

4.映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』のあらすじ


©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

サラリーマンのじゅんは会社での仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻ちえが口から血を流して倒れていました。

その状況に慌てて介抱するじゅんだが、傍らにはケチャップ⁈

「ククク……」と、倒れていたちえが笑い出し、「驚きましたか?」と、ちえは死んだふりをしていただけだったのです。

ホッとしたじゅんは訳を聞きますが、ちえはからかうように笑うだけでした。

それからというもの、じゅんが帰宅すると家では、ちえが必ず死んだふりをするようになっていました。

ある時はワニに喰われて。

ある時は銃で撃たれて。

またある時は頭に矢が刺さって…。次第にエスカレートしてゆく死んだふり。

最初は呆れるだけのじゅんですが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえ。

じゅんは徐々に不安を覚え始めます。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。

しかし、妻ちえの謎の行動には“秘密”があったのです…。

スポンサーリンク

まとめ


©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

ネットで有名なYahoo!知恵袋から始まった話題のコミックエッセイを、榮倉奈々×安田顕の共演で描いた映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー!

謎の行動をとる妻ちえの“秘密”に注目しましょう。

ぜひ、ハートフルなコメディを、お見逃しなく!

関連記事

コメディ映画

田中征爾映画『メランコリック』感想と評価。銭湯を舞台に人殺しサスペンスで描くコミカルな人間模様

映画『メランコリック』は2019年8月3日(土)より、アップリンク渋谷ほか順次公開! 田中征爾監督が初めて手掛けた長編映画が、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の監督賞を受賞し、大きな注目 …

コメディ映画

『翔んで埼玉』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価。二階堂ふみが男装姿でGACKTと高校生役で実写化⁈

前代未聞の愛と爆笑の“埼玉ディス映画”『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー! 『パタリロ!』で知られる漫画家の魔夜峰央が、1982年に発表した未完の同題作品がまさかの映画化。 …

コメディ映画

映画『任侠学園』あらすじネタバレと感想。西島秀俊×西田敏行がW主演の“全員善人”のヤクザコメディ

映画『任侠学園』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 数々の人気テレビドラマの演出を手がけてきた木村ひさし監督が、今野敏の人気小説シリーズの初映画化に挑戦した映画『任侠学園』。 世代 …

コメディ映画

ジモン焼肉映画『フードラック』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。NAOTO×土屋太鳳が“美味しい愛”を体現

映画『フード・ラック!食運』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー! 芸能界屈指の食通として知られるお笑い芸人「ダチョウ倶楽部」寺門ジモンの初映画監督作『フード・ラック!食運』。下町で人気 …

コメディ映画

『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』開催日時と上映作品情報。トークショー内容も併せて紹介

2018年12月15日(土)、16日(日)に座・高円寺2にて開催するAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる上映イベント『傑作? 珍作? …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学