Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/02/02
Update

『ブラ!ブラ!ブラ!』ネタバレ感想と映画考察。台詞なし故に「色と自然」と「役者たちの表情」といった日常で“珍妙な恋慕”を奏でる

  • Writer :
  • こたきもえか

2018年開催の第31回東京国際映画祭コンペティション部門入賞作『ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を』

今回ご紹介するのは、全編セリフ一切なしの特異なコメディ映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』。

『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』『ツバル』のファイト・ヘルマー監督が、ブラの持ち主を探す鉄道運転士の旅を全編セリフなしでユーモラスに描いたヒューマンドラマ。

哀愁とほろ苦さがあるのに愛おしくて微笑みがこみ上げる、本作の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』の作品情報


(C) VEIT HELMER FILMPRODUCTION

【公開】
2018年 ドイツ・アゼルバイジャン合作映画

【原題】
Vom Lokfuhrer, der die Liebe suchte…

【監督】
ファイト・ヘルマー

【キャスト】
ミキ・マノイロビッチ、ドニ・ラヴァン、チュルパン・ハマートバ、マヤ・モルゲンステルン、フランキー・ウォラック、パス・ベガ、ポリアナ・マノイロワ、サヨラ・サファーロワ、マナル・イッサ、イルメナ・チチコバ、ラ・シュリアシュビリ



【作品概要】
監督はドイツ出身、『世界でいちばんのイチゴミルクの作り方』(2017)のファイト・ヘルマー。主演はユーゴスラヴィア出身の俳優、エミール・クストリッツァ監督作品『アンダーグラウンド』(1995)で知られるミキ・マノイロビッチ。共演はレオス・カラックス監督作品『ボーイ・ミーツ・ガール』(1984)『汚れた血』(1986)『ポンヌフの恋人』(1991)、またハーモニー・コリン監督作品『ミスター・ロンリー』(2007)のドニ・ラヴァン。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(2014)に出演するスペイン出身のパス・ベガ、『グッバイ、レーニン!』(2004)のロシア出身のチュルパン・ハマートバ、『パッション』(2004)のルーマニア出身のマヤ・モルゲンステルンと世界各国の実力派女優たちが一堂に会します。

『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』あらすじとネタバレ


(C) VEIT HELMER FILMPRODUCTION

定年退職を控えた鉄道運転士ヌルランは、毎日街中を通り抜ける電車を運転しています。

住民たちがいつも日常で使っている場所を通り抜けるため、電車が来ることを知らせるのはホテルで手伝いをしている孤児の少年の役目。

しょっちゅう洗濯物などが電車に引っかかるため、線路の上を歩いて帰宅するヌルランは帰り道落し物を住民たちに返すのが日課でした。

感謝の顔を見せる人もいればひったくるように受け取る人も様々。ヌルランは山小屋でひとり孤独な生活を送っています。

彼の後任としておどけた調子の鉄道員見習いがやってきてからすぐのこと、電車に引っかかったのは青色のブラジャーでした。

戸惑うも持ち帰ることにしたヌルラン。彼はある日窓から見かけた女性の美しいブラジャー姿を思い出し、この持ち主は彼女なのではと想像します。

引退したヌルランは釣り道具をプレゼントされ川に出かけるも、先客に嘲笑される始末。加えて近所に住む美しい女性の家族に会いに行くも散々な目にあいます。ヌルランは街に出て、青いブラジャーの持ち主を探すことにしました。

以下、『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヌルランはホテルに泊まり込み、街の女性たちを訪ねることにします。

ある女性はブラジャーを欲しがり無理につけようとし、ある女性を訪ねれば亭主に見つかりそうになり、ある女性は未亡人でヌルランが危うく襲われそうになり…なかなか持ち主を見つけることができないヌルラン。

不審がられないためにたくさんのブラジャーを買い込み、下着屋を装って探すことを思いつきます。ホテルの少年も手伝ってくれますが、それでもなかなか見つけることはできません。

そして、ある時街の男たちに暴行を加えられてしまいます。

少年としょんぼり自分の家に帰ろうとするヌルラン。その時、目の前に同じ青色のパンツの洗濯物が下がっている時に気がつきました。ヌルランは隣にブラジャーを下げて、少年と一緒に山の家に帰って行きました。

鉄道のポイント・スイッチャーの女性が仕事を終えて帰路につきます。そんな彼女は自分の青いブラジャーが帰ってきていることに気がつきました。

スポンサーリンク

映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』の感想と評価


(C) VEIT HELMER FILMPRODUCTION

柔らかでカラフルな色彩に満ち自然に囲まれ、ノスタルジックで現代か過去なのか、それとも架空の世界なのか想像できない魅力を持っている本作の舞台はアゼルバイジャン共和国。

ヌルランは毎日首都であるバクーという場所に電車を走らせています。南コーカサスに位置し東ヨーロッパに含められることもあるアゼルバイジャンは北はロシア、北西はジョージア、西はアルメニア、南はイランで、ヨーロッパとアジアの中間的な場所。

様々な文化や風俗が混じり合った不思議な空気感が本作をファンタジックに昇華させています。

青いブラジャーの持ち主を探すという『シンデレラ』のような物語であり、最後ヌルランの同業者の女性が持ち主であると発覚する『幸せの青い鳥』のようであり、男性のはかなく淡い恋の物語のようである本作。

セリフは一切ありませんがヌルランを演じるミキ・マノイロビッチの表情や街の女性たちの強烈なキャラクター、自然や可愛らしい色彩が映画自体がひとつの言語であると物語ります。

またドニ・ラヴァンが演じる鉄道員見習いの姿が道化師の役割を果たしており、出演シーンは多くないながらも力強い印象を残します。彼が列車や身の回りのものを使って音楽を奏でるシーンや体を思いっきり使ったパフォーマンスは魅力的です。

“ブラジャーの持ち主を探す”というコミカルなプロット、ひとりぼっちの初老の男性の哀愁も染み渡る『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』。電車の運転手ヌルランが引っかかったものを人々に返していくというのは象徴的です。

人生、何気ない毎日にいきなりやってくる出来事、予想できていたはずの出来事なのに思わず気持ちを持っていかれてしまう、自分も気付かぬうちにその出来事と時間の中に“何かを置いてきてしまう”。

それをそっと元に戻してくれるようなヌルランの行動に感じる親しみと愛情。その暖かさが本作が持つ美しい魅力の一つかもしれません。

まとめ


(C) VEIT HELMER FILMPRODUCTION

自分でも気がつかなかった、記憶の彼方に追いやってしまった落し物を、もしかしたらよく知る近しい人が届けようとしているのかも。

ちょっぴり切なくてロマンチックな感慨に浸る『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』。

色と自然、役者たちの表情、いつも通りの日常、珍妙な恋慕が奏でる唯一無二の映画をお楽しみください。

関連記事

コメディ映画

映画『おとなの事情』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【スマホで着信したメールや電話をコメディ作品として描く】

あなたの好きな人のスマートフォンに着信されたメールや電話の相手が誰なのか?気になることはありませんか。 また、逆にあなたは大切な人に、自分のスマートフォンを見せられますか。 今回ご紹介する『おとなの事 …

コメディ映画

『ホームアローン2』ネタバレ感想。結末までのあらすじ映画解説【子役マコーレー・カルキン作品】

映画『ホーム・アローン2』は、1991年に公開された『ホーム・アローン』の続編として製作された作品です。 本作では、2人組の泥棒とニューヨークで再会。ケヴィンの計算的な罠が再びお楽しみ頂けます。 今回 …

コメディ映画

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! フィンランドの村に住む、若者4人。人にバカにされながらもヘヴィメタ …

コメディ映画

映画『麻雀放浪記2020』あらすじネタバレと感想。評価すべき斎藤工らキャスト陣の演技力

メンタンピンツモドラドラ、ハネマン! 命をかけて人生をツメ! 1984年に一度映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』が、35年の時を経て再びスクリーンに還ってきました。 さらに主人公・ …

コメディ映画

Netflix映画『マイヤーウィッツ家の人々』ネタバレ感想とラスト結末までのあらすじ。ダスティンホフマンが偏屈老人芸術家を演じる

芸術家の頑固親父に振り回される異母兄弟達の狂騒曲 異母姉弟たちが、ニューヨークで暮らす老いた父親のもとに集まり、翻弄されながらも絆を強くしていく様をユーモラスに描いた、『マイヤーウィッツ家の人々』をご …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学