Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/12/16
Update

映画『相対性浪漫飛行』感想レビューと評価解説。坂田航監督がモテ期到来の大学生が経験する3つの愛をドタバタ喜劇として描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『相対性浪漫飛行』が、池袋シネマ・ロサ劇場にて2022年1月15日(土)~21日(金)の1週間の限定公開!

三浪を経て、大学に合格した青木が、青春を謳歌しようとした末に、不思議なパラレルワールドに迷い込む、ドタバタ喜劇『相対性浪漫飛行』

突然のモテ期に踊られされる、青木の心情や状況を、独特の言い回しと早口ナレーションで展開していく本作は、16ミリフイルムで撮影・編集されたこともあり、コメディと言うより「喜劇」という言葉がピッタリな作風です。

物語も作風も、かなり個性的な本作。

坂田航監督が「最初にタイトルが思いついた」と語っている、『相対性浪漫飛行』という、一風変わったタイトルも気になりますが、いったいどんな映画なのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『相対性浪漫飛行』の作品情報


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

【公開】
2022年公開(日本映画)

【監督】
坂田航

【脚本】
江越亮介

【プロデューサー】
会田俊太郎

【キャスト】
美南宏樹、藤村拓矢、上田うた、神門実里、堀井綾香

【作品概要】
3人の女性に翻弄される、冴えない大学生の青木の奮闘を描いたドタバタコメディ。

本作が興行デビュー作となる、若手CMクリエイターの坂田航が監督を務めています。

坂田航は、学生時代の2017年に『相対性浪漫飛行』の撮影を開始していましたが、今回、劇場公開に向けて、音楽を中心に再編集を行い、再度本作に向き合っています。

2020年1月に開催された「第4回池袋みらい国際映画祭」で、上映される度に反響を呼んだ本作は、プロの映画監督やプロデューサーなどで構成される特別審査員による「特別審査員賞」を受賞しています。

映画『相対性浪漫飛行』のあらすじ


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

三浪の末に、ようやく大学に合格した青木。

彼は青春を謳歌する為に、大学の「かくれんぼサークル」に所属しますが、いきなり鬼にされてしまいます。

他の「かくれんぼサークル」所属者の顔も名前も知らない青木は、2年間鬼を続けるという、不名誉な記録を打ち立ててしまいます。

不名誉な記録により、有名になってしまった青木は、同じ「かくれんぼサークル」に所属する女性、輿水(こしみず)と知り合います。

輿水は高校時代に、30秒間で39個のサイコロを積み上げるという、ギネス記録を打ち立てましたが、自身の最高記録である40個に届かなかったことから、ギネス記録には満足していませんでした。

自身の目標を追及する、輿水の姿勢に、青木は理想とする「可憐で清楚なスカンジナビアフラワー」と感じ、あの手この手でアプローチを開始、見事に輿水との交際まで発展します。

ですが、あっという間に2人は破局。傷ついた心を癒す為、青木は新たな女性と交際することを決意します。

そんな青木に、まさかのモテ期が到来します。

明るく元気な後輩のさやか、留年3年で周囲から「姉さん」と慕われている、先輩の静香、そして文通相手で留学生のリリー。

3人との揺れる恋心に悩む青木は、学内のゴシップに精通している、竹馬の友である石田から、さやか、静香、リリーに関する「怪しい噂」を聞かされます。

3人を救う為、奔走する青木ですが、やがてそれぞれの「愛の世界」に迷い込んでしまいます。

並行世界ともいえる「愛の世界」に迷い込んだ青木、この風変りな恋愛物語は、どこへ行き着くのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『相対性浪漫飛行』感想と評価


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

失恋後に訪れた、突然のモテ期に翻弄される主人公の青木が、3つの「愛の世界」に迷い込む、風変りなコメディ映画『相対性浪漫飛行』

昭和の喜劇映画のような台詞回しに加え、16mmフィルムで制作された、味のある映像が独特の雰囲気を生み出している本作は、物語もかなり個性的です。

主人公の青木は、三浪の末に大学に合格したという苦労人で、青春を謳歌することに必死の男です。

そんな青木が入ったのは「かくれんぼサークル」。

青木は、そのサークルで2年間鬼を続けることになるという、冒頭の展開でも分かりますが、なんとも不条理で不思議な世界観が繰り広げられます

その後、青木は一目惚れした女性、輿水と交際が始まりますが、突然、一方的にフラれてしまいます。

ですが、突然のモテ期が訪れた青木は、さやか、静香、リリーという3人の女性と知り合います。

ここから『相対性浪漫飛行』の不思議な世界観は加速します

3人の女性とのラブストーリーが展開されるのですが、さやかは女たらしの先輩、榎本との飲み会に出かけ、静香は実家でお見合い、リリーはアメリカに帰国という、それぞれトラブルが起き、青木はそのトラブルに巻き込まれます。

本作のタイトルにもなっている「相対性理論」は「観測者の立場によって、互いの時空間が相対して変わるもの」という、アインシュタインが発表した物理学の理論です。

本作の青木は、まさに「相対性理論」のように、並行した3つの「愛の世界」を体験していきます

毎回起点となるのは、竹馬の友でゴシップ好きの、石田とのやりとりから始まり、毎回あることをキッカケに青木の恋は終わります。

では『相対性浪漫飛行』は、異なる3つのラブストーリーが展開されるだけの作品かと言うとそんなことは無く、青木は失敗を繰り返し、確実に成長していきますし、1歩ずつ本当の愛に近付いていきます

その様子は、まるでサイコロを振って1つずつ進んでいく、双六のようでもあります。

3つの愛を経験した青木が、最後に辿り着く「本当の愛」とは? そして、青木が最後に巡り合う人は誰なのでしょうか?

是非、劇場で見届けて下さい。

まとめ


(C)2021 by Soutaisei Roman Hikou

『相対性浪漫飛行』は、映像や物語の他にも、特徴的な台詞回しが魅力的な作品です。

青木が輿水を「理想の女性である」ことを形容する際に、やたら用いる台詞「可憐で清楚なスカンジナビアフラワー」など、独特の言葉選びが随所に光っています

特に、青木がある場面で何度も使う「私は今、異様に○○が食べたいのだ!!」の台詞は、「第4回池袋みらい国際映画祭」でも心を鷲掴みにされた観客が多いという名台詞ですが、同時に青木の精神的な成長を感じる、ある場面への伏線にもなっています

『相対性浪漫飛行』は、昭和喜劇のような作風が印象深い作品ですが、実はド直球の青春ドラマでもあるという、とにかく不思議な魅力に溢れた作品です。

関連記事

コメディ映画

【斉木楠雄のΨ難】実写あらすじとキャスト!山崎賢人の演技評価も

週刊少年ジャンプで好評連載中の『斉木楠雄のΨ難』(さいきくすおのさいなん)が『銀魂』の大ヒットも記憶に新しい福田雄一監督によって実写化。 主演は山崎賢人、共演に橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、ムロツヨシ、 …

コメディ映画

映画『今さら言えない小さな秘密』あらすじネタバレと感想。原作絵本の世界観を美しくも優しく描く

南仏プロヴァンスを舞台に、原作絵本の世界を美しくも優しく映画化! フランスを代表する作家・イラストレーター・漫画家であり、雑誌「ニューヨーカー」「パリ・マッチ」で執筆している多才なアーティスト、ジャン …

コメディ映画

映画『セルジオ&セルゲイ』あらすじネタバレと感想。実在のクリカレフをモデルにした異色のコメディ作品

映画『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』は、12月1日から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。 “キューバと宇宙とNY”、映画の舞台は一見共通点がなさそうな3つの場所。 そこから境遇の違う3人のおっさ …

コメディ映画

田中征爾映画『メランコリック』感想と評価。銭湯を舞台に人殺しサスペンスで描くコミカルな人間模様

映画『メランコリック』は2019年8月3日(土)より、アップリンク渋谷ほか順次公開! 田中征爾監督が初めて手掛けた長編映画が、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の監督賞を受賞し、大きな注目 …

コメディ映画

ジモン焼肉映画『フードラック』ネタバレ感想と評判レビュー。NAOTO×土屋太鳳が“美味しい愛”を体現

映画『フード・ラック!食運』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー! 芸能界屈指の食通として知られるお笑い芸人「ダチョウ倶楽部」寺門ジモンの初映画監督作『フード・ラック!食運』。下町で人気 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学