Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2022/11/23
Update

コーポレート・アニマルズ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。デミ・ムーアは主演コメディでパワハラCEOを“全力悪ノリ”で演じる!【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー83】

  • Writer :
  • 谷川裕美子

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第83回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第83回は、『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』(2022)をご紹介します。

『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990)のデミ・ムーアが主演を務めた、予測不能なホラー・ブラックコメディ『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』。

超ワンマンで自己中心的なCEOに振り回され、洞窟に閉じ込められてしまった「社畜」社員たちの悲惨な運命をブラックユーモアたっぷりに描き出すドタバタ劇です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』の作品情報


(C)2019 INCREDIBLE EDIBLE MOVIE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【】
2022年(アメリカ映画)

【脚本】
サム・バイン

【監督】
パトリック・ブライス

【編集】
クリス・ドンロン

【キャスト】
デミ・ムーア、ジェシカ・ウィリアムズ、カラン・ソーニ、エド・ヘルムズ、カラン・ソーニ、ダン・バッケダール

【作品概要】
『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990)のデミ・ムーア主演のホラー・コメディ。自己中心的な女性CEOとその社員が、社員旅行中に洞窟に閉じ込められてしまう姿をブラックユーモア満載で描きます。

監督は『サムワン・インサイド』(2021)のパトリック・ブライス。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』(2022)のジェシカ・ウィリアムズ、『デッド・プール』シリーズのカラン・ソーニらが共演。

映画『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』のあらすじとネタバレ


(C)2019 INCREDIBLE EDIBLE MOVIE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

食べられるナイフやフォークを製造する大企業のCEO・ルーシーは、自己中心的で誇大妄想狂でした。

彼女は社内のチーム力を高めるために、アシスタントのフレディやジェスなどのスタッフを率いて週末にニューメキシコへ向かいました。

ルーシーは洞窟を通る危険な上級者ルートを選び、部下を率いてへルメットをかぶって進みます。

いやいやながら洞窟探検に挑む社員たち。ルーシーはチームワークの素晴らしさを説きますが、実は会社は経営難に陥っていました。

そんななか洞窟内に崩落が起こり、彼らは閉じ込められてしまいます。

ひとり逃げ出そうとしたブランドンは、岩の下敷きになって死んでしまいました。

ルーシーはパニックに陥る社員たちに向かって、探検申請書を警備所に提出しているのでまもなく救助が来ると話します。

そして彼女は、エイダンが持ってきていた食用食器とビリーの持ってきた水分を強引に取り上げ、全員で分け合うことに。

照明を消してそれぞれ休みますが、ケガをしたエイダンは悪化するのがこわくて気が休まりません。

仲を深めていくフレディとジェスを見たルーシー。彼女はその後フレディに近づき、無理やり迫ります。彼女はこれまでも彼と性的関係を持ってきましたが、フレディは必死で拒みました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2日目。土のケーキでグロリアの誕生祝いをする社員たち。グロリアがなにを願ったのかを執拗に聞くルーシーに、社員たちの不満が爆発します。

会社の預金がゼロだと知って社員たちは怒りますが、ルーシーは「社員の団結力が足りないからだ」と反発しました。

フレディは食用食器のアイデアもルーシーに盗まれたと暴露し、入社して間もなくルーシーに強引に性的関係を結ばされたことも話します。

5日目。食料がなくなり、社員たちのイライラは高まります。フレディは死んだブランドンを食べることを提案。ルーシーは必死でとどめましたが、多数決で食べることに決まります。

しかし、ブランドンの腕をすでにルーシーが奪って隠していました。一緒に提出したはずの申請書も出てきて、救助は待ってもこないことが判明します。

みんなを不安がらせないために嘘をついたと必死で言い訳するルーシー。怒る社員たちをジェスがなだめ、順番にブランドンの肉を食べることになりました。

6日目。ブランドンを食べつくして血にまみれた社員たちは、ルーシーに罰を与えるためにを檻に入れることにします。

そんななか照明が切れたことから、フレディは洞窟を抜け出すことを真剣に提案。協力を申し出たジェスと彼は気持ちが通じ合います。

ルーシーのヘッドライトをつけて厳しい道を進むフレディ、ジェス、ビリーの3人。やがて湧き水をみつけた男ふたりは、ジェスの制止も聞かずに大喜びで水を飲み始めます。泳いでいたイモリまで食べますが、その後すごい勢いで吐いてしまいました。

やっと明かりが見え始め、3人は必死で前へ進みますが、着いたのは社員たちのいる元の場所でした。

9日目。エイダンの足が壊疽になってしまいます。切り落として食べようとまで言い出す社員たち。持病のあるグロリアの周りにも人が集まり始めます。

ルーシーはグロリアを自分たちの手で殺して食べようと提案しますが、さすがに社員たちは反対しました。しかし、マイノリティーを雇ってきたことで助成金を受けたことを認めながらも、ルーシーは恩着せがましく社員に詰め寄ります。

ついに「私は母親だ」という言葉とともに激高するルーシー。彼女はジェスに掴みかかり、それをフレディが抑えようとしますが、勢い余ってルーシーを倒してしまいます。彼女は頭を石に打ちつけました。

そこに、頭上からドリルの音が聞こえてきます。社員たちが歓喜するなか、ルーシーはフレディを殺人未遂で訴えると脅します。

震えあがるフレディをなだめたジェスは、その場にいる社員全員に向かって「協力し合ってフレディをかばおう」と説得します。

動けずに横たわっているルーシーの上に、社員たちは力を合わせ、上から大岩を落として殺してしまいました。その直後ドリルによって天井が空き、救助がやってきました。

助け出された社員たちはヒーローとなり、マスコミの取材を受けることに。ブランドンを食べたことについて聞かれ、彼は恩人だと答える社員たち。

ルーシーのことを尋ねられたフレディは、「自分たちにチームワークを教えてくれた素晴らしい女性だった」と答えます。そしてルーシーの死については、掘削で岩盤が緩んだことで岩が彼女の上に落ちたので、「強いて言えば救助隊のせいだ」と言いました。

ジェスが笑顔で聞きます。「他に質問は?」

スポンサーリンク

映画『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』の感想と評価


(C)2019 INCREDIBLE EDIBLE MOVIE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ブラックな笑い満載のおもしろコメディ

デミ・ムーアが思いっきり「憎まれ役」を演じるブラック・コメディ『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』そこかしこにクスリと笑わせる場面が散りばめられた作品です。

デミ・ムーアが演じるルーシーは自己中心的で、ひとことで言うとものすごく性格の悪い女CEOです。

パワハラ・セクハラなんでもあり。会社経営が崖っぷちであることも社員に隠したまま、「チームワークを高めるため」という名目で社員をニューメキシコの洞窟探検へ連行。そのあげくに、崩落にあって全員洞窟に閉じ込められてしまうのです。

デミの逞しさは妙に笑えるのですが、このパワハラぶりはやはりとてもこわいとしか言いようがありません。何を言っても二言目には「会社がお金を出している」と言って、何もかも巻き上げる悪徳ぶり。ルーシーは会社の商品であるたった一袋の食べられるスプーンとフォークと水を社員からブンどり、みんなで分けて飢えをしのごうとします。

悲惨な状況でも顔にパックして寝るなど、どこか憎めないキャラクターをデミ・ムーアが楽しそうに生き生きと演じています。パック姿で岩の間からのぞき見する姿に、思わず「お前は佐清か」と突っ込みたくなる方もきっと多いはず。

ゲイリー・シニーズに心酔するフレディや、しっかり者のジェス、文句ばかりのビリー、持病持ちのグロリア、ちょっと頭の弱いエイダンなど、社員たちも個性派ぞろいです。

5日目を迎えた彼らは、初日に岩の下敷きになって死んだブランドンを食べることを選びます。本作が「ホラー」とカテゴライズされている大きな所以です。

しかし、やっと食べることを決めた社員たちより前にルーシーが腕を盗んでいたり、最初に食べたジェスが噛み応えがあるとコメントしたりと、「グロさ」よりも「笑い」が山盛りなので、純粋にコメディとして楽しめる作品となっています。

マイノリティーばかり雇ったのも助成金目当てだったことが後に判明。それに加えて、グロリアを殺して食べようと提案するなど、ルーシーのワルぶりがどこまでも強調されます。

最後には、自分を突き飛ばしたフレディを脅迫したことがトドメとなり、とうとう団結した社員たちの手によって殺されてしまいます。

ルーシーが願った「社員のチームワークを高める」という旅行の目的が、とんでもなく皮肉な形で実を結んで物語は幕を下ろしたのです。

まとめ

名優デミ・ムーアが弾けた演技を見せるハードなブラック・コメディ『コーポレート・アニマルズ 社畜たちの研修旅行』

洞窟に閉じ込められ極限状態に陥ったCEOと社員たちの運命が、奇妙な方へと転がっていく姿が描かれます。

「とんでもないワンマン社長と社畜」というこわい構図ですが、かけ合いのセリフや間の面白さにいつの間にか夢中になってしまう一作であり、ルーシー社長を演じるデミ・ムーアや社員を演じる俳優たちも、悪ノリして楽しんでいるのが伝わってきます。

観終えた後は、独特なテイストのブラック・ユーモアに魅了されていることでしょう。





関連記事

コメディ映画

映画『スターリンの葬送狂想曲』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ロシアで上映禁止!史実に基づいた超黒いコメディ!史上最悪の独裁者スターリンの後釜を小悪党たちが奪い合う映画『スターリンの葬送狂想曲』。 最高権力者に媚びへつらい、その死の後はグダグダの権力闘争を繰り広 …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

コメディ映画

映画『あ・く・あ ふたりだけの部屋』感想評価とレビュー解説。小泉ひなたがピンクなブラックコメディに挑む

映画『あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~』は、 2021年5月29日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開、ほか全国順次公開予定!   園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川 …

コメディ映画

映画『今日から俺は!!劇場版』ネタバレあらすじ感想と結末ラスト評価。賀来賢人×伊藤健太郎で描くツッパリ学園ドラマ

映画『今日から俺は!!劇場版』は2020年7月17日(金)全国ロードショー! 映画『今日から俺は!!劇場版』は、2018年に放送されて人気を博したテレビドラマ『今日から俺は!!』を映画化したものです。 …

コメディ映画

ネタバレ感想『おとなの事情 スマホをのぞいたら』結末を解説。日本リメイク映画はキャストの演技力合戦が見どころ!

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は2021年1月8日(金)ロードショー。 パオロ・ジェノベーゼ監督が2016年に製作したイタリア映画『おとなの事情』。スマートフォンの通話やメールの履歴をさらけ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学