Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/05/28
Update

映画『クルエラ』ネタバレあらすじ感想と最後結末の評価。エマストーンのディズニー最強悪女が誕生する

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『101匹わんちゃん』に繋がる、恐ろしい悪女誕生の物語

アニメーション映画『101匹わんちゃん』(1961)に登場する、クルエラ・ド・ヴィル。

白と黒をセンターで分けた、ロングヘアーが特徴的なクルエラは、ディズニー作品の中でもファッションセンス抜群の悪女として人気の高いキャラクターです。

映画『クルエラ』では、若き日のクルエラを、アカデミー賞女優のエマ・ストーンが演じ、悪女誕生の物語をコメディタッチで描いています

『101匹わんちゃん』では、ダルメシアンで毛皮を作ろうとした冷酷非道なキャラクターでしたが、そんな彼女にも、夢を追いかける純粋な時期がありました。

悪女クルエラの秘密が明かされる、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『クルエラ』の作品情報


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2021年公開(アメリカ映画)

【原題】
Cruella

【原作】
ドディ・スミス

【監督】
クレイグ・ギレスピー

【脚本】
デイナ・フォックス、トニー・マクナマラ

【キャスト】
エマ・ストーン、エマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザー、エミリー・ビーチャム、カービー・ハウエル=バプティスト、マーク・ストロング

【作品概要】
ディズニーの悪役の中でも、冷酷非道な変人として人気の高いキャラクター、クルエラ・ド・ヴィル。

元は純粋な夢見る少女だった彼女が、何故恐ろしい悪女に変貌したのか? その秘密をコメディタッチで描く映画『クルエラ』。

後にクルエラに変貌する、主人公のエステラを『ラ・ラ・ランド』(2016)でアカデミー主演女優賞に輝くなど、その演技力が高く評価されているエマ・ストーンが演じます。

クルエラと対峙するカリスマファッションデザイナーのバロネス役のエマ・トンプソンは『ハワーズ・エンド』(1992)などで、アカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、アカデミー賞の常連です。

共演にジョエル・フライやポール・ウォルター・ハウザーなど、個性派の俳優が多数出演。

監督は『アイ・トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2016)が高い評価を得たクレイグ・ギレスピー。

映画『クルエラ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1968年、少女エステラは貧しいながらも、母親と楽しく暮らしていました。

彼女は幼い頃から自己主張が強く、学校でも問題行動ばかりを起こしていた為、母親からは「クルエラ(困った子)」と呼ばれています。

学校に馴染めないエステラの友達は、同じように学校でいじめられていたアニータと、偶然拾った犬のバディだけでした。

ある時、問題行動の多いエステラは、学校を退学させられます。

学校の対応に反発したエステラの母親は、ファッションデザイナーに憧れを抱くエステラを連れて、ロンドンに向かうことを決めます。

車でロンドンに向かう道中、母親はファッションショーが開催されている豪邸に向かい、誰かと会っているようでした。

エステラは母親に「車の中で、おとなしくしていなさい」と伝えられ、一族の家宝と呼ばれるペンダントを母親から受け継ぎます。

しかし好奇心旺盛なエステラは、車を抜け出し豪邸内に潜入してしまいます。

そこで、豪華なファッションショーを目の当たりにしたエステラですが、警備員に見つかり、豪邸の外に逃げ出します。

エステラを捕まえる為に、番犬のダルメシアン3匹がエステラを追いかけます。

ですが、ダルメシアンが襲ったのはエステラの母親で、母親は崖の下に落ちて亡くなってしまいます。

エステラは豪邸から逃げ出し、偶然通りかかったトラックに飛び込みます。

無事に逃げ出したエステラでしたが、母から譲り受けたペンダントを豪邸内に落としてしまいます。

ロンドンに到着し、噴水で途方に暮れていたエステラでしたが、そこでジャスパーとホーレスと名乗る、2人の少年と知り合います。

エステラは、ジャスパーとホーレスと共に泥棒家業を始めるようになります。

それから10年後。

ジャスパーとホーレスと共に、泥棒家業を続けていたエステラですが、幼少の頃の夢だったファッションデザイナーへの想いが強くなります。

エステラの想いを知ったジャスパーは、ロンドンの老舗百貨店「リバティ・ロンドン」で、エステラが働けるよう小細工をします。

ジャスパーのお陰で「リバティ・ロンドン」での仕事を開始したエステラでしたが、業務内容は掃除や倉庫整理などの雑務ばかりでした。

エステラはディスプレイのデザインや、裁縫などの仕事を希望し、支配人にアピールしますが、無視をされ続けます。

不当な扱いに不満が溜まったエステラは、ある時、支配人のオフィスにある高いお酒を飲み干し、酔った勢いでショーウィンドウのディスプレイを勝手に変更します。

エステラのデザインは、当時のロンドンで流行していたパンクを取り入れたものでしたが「リバティ・ロンドン」の空気には合いません。

怒った支配人により、エステラは「リバティ・ロンドン」を解雇されますが、その時に偶然「リバティ・ロンドン」を訪ねていた世界的なカリスマデザイナー、バロネスにセンスを高く評価され、エステラはバロネスのオフィスで働くようになります。

当初、バロネスはエステラを「汚い女」と呼び、名前さえ覚えようとしませんでしたが、次第にエステラのファッションセンスを評価するようになります。

エステラはバロネスの右腕のような存在になり、このままデザイナーとして成功するかと思われました。

ですがエステラは、自分が母親から譲り受け、どこかで落としてしまったネックレスを、バロネスが身に着けていることに気付きます。

バロネスは「このネックレスは家宝で、昔屋敷で働いていた使用人に盗まれたことがある」と語ります。

それでもエステラは「自分が母親から譲り受けたネックレス」と確信し、バロネスからネックレスを盗み出す計画を立てます。

エステラにとって、母親を泥棒呼ばわりされたことも許せませんでした。

ジャスパーとホーレスは、バロネスの新作ファッションショーの際に、会場へ潜入しネックレスを奪い取ることを計画しますが、誰かが、その間にバロネスを引き付ける必要がありました。

バロネスのことをよく知っているのはエステラですが、下手なことをしてバロネスのオフィスを解雇される訳にもいきませんでした。

作戦決行の当日。

害虫駆除を装い、ジャスパーとホーレスはファッションショーの会場に潜入します。

一方バロネスの前に、自身を「クルエラ」と名乗る、謎のデザイナーが現れます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『クルエラ』ネタバレ・結末の記載がございます。『クルエラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

クルエラに興味を持ったバロネスの追及により、正体がバレそうになったエステラですが、ジャスパーが会場にネズミを放ち、大混乱させた隙をついて、ネックレスを奪います。

ですが、番犬のダルメシアンに襲われ、エステラたちは逃亡に成功しますが、ネックレスはダルメシアンに呑み込まれてしまいます。

ネックレスの奪還に失敗したエステラは、母がダルメシアンに襲われて崖から転落した夜、犬笛を吹いて母を襲わせたのが、バロネスだったことを思い出します。

エステラは、母親の命を奪ったバロネスへの復讐の為、ジャスパーとホーレスに命じて、バロネスのダルメシアンを誘拐します。

さらにバロネスを揺さぶる為に、バロネスのファッションショーの度にクルエラとして現れ、奇抜なファッションで周囲の注目を集めるようになります。

エステラは、小学校時代の同級生だったアニータが、新聞記者になっていた為、マスコミの情報も利用するようになります。

クルエラは次第に話題を集めるようになり、バロネスのブランドの売り上げは急落していきます。

一方クルエラのショーを演出する為、ジャスパーとホーレスはエステラにこき使われるようになり、次第にエステラへの不満が強くなっていきます。

エステラは、普段はバロネスのオフィスでの仕事を続けていた為、バロネスはエステラのファッションセンスに、ブランドの将来を託すようになります。

エステラは、次のコレクションの目玉として、黄色の宝石を大量に使用したドレスを制作します。

バロネスは、エステラが制作したドレスを盗まれないように、金庫に保管します。

そして、バロネスの新作コレクションの当日。

エステラが制作したドレスは、宝石の形をした蛾の卵で、新作コレクションの会場は蛾が飛び交う異常な空間となります。

さらに、その会場の外で、クルエラが野外ファッションショーを行い、話題をさらったことで、バロネスのクルエラへの憎しみが更に強くなります。

野外ファッションショーを成功させ、アジトに戻ったエステラですが、バロネスが部下と共にアジトを襲い、火を放たれます。

ジャスパーとホーレスも逮捕され、誰の助けも期待できない中で、エステラは静かに目を閉じます。

その後、意識を取り戻したエステラの前にいたのは、ジョンというバロネスの部下でした。

ジョンは、ダルメシアンが呑み込んだネックレスも取り出しており、エステラに渡します。

ネックレスは、実は鍵になっており、エステラはバロネスのオフィスにあった箱を、その鍵で開けます。

中にあったのは、エステラの出生届けでした。

実は、エステラはバロネスの娘でしたが、産まれる赤ん坊の為に、自身のキャリアが潰されることを嫌がったバロネスは、産まれたエステラを殺そうとします。

その危険を察知した、若き日のジョンが、当時屋敷の使用人で後にエステラの育ての母親になるキャサリンに頼み、エステラと一緒に逃がしたのでした。

真実を知ったエステラは、自分の中の「悪女の血」を受け入れ、クルエラとして復讐を開始します。

「クルエラを葬った」と思い込んでいるバロネスでしたが、自身のブランドの下落が止まらず悩んでいました。

そこで、ライバルだったクルエラを追悼する為の、慈善パーティーを開催します。

慈善パーティー当日に、バロネスが会場に姿を見せると、参加者全員がクルエラの姿をしている光景が広がっています。

実は、刑務所から逃げ出したジャスパーとホーレスが、事前に「バロネスのアイデア」と嘘をついて、クルエラの衣装を参加者全員に配っていたのです。

「クルエラは生きている」そう確信したバロネスが、ロビーに出ると、そこにはエステラがいました。

エステラは、自分がバロネスの娘であることを話し、バロネスもそれを受け入れエステラを抱きしめようとします。

ですが次の瞬間、バロネスはエステラを崖に突き落とします。

邪魔者を消し去り、笑顔を見せるバロネスですが、ジャスパーとホーレスがロビーにパーティー参加者を集めていた為、全員がバロネスの犯行を目撃していました。

そのまま、バロネスは逮捕され刑務所に送られます。

一方、崖から落ちたエステラですが、自作のスカート型パラシュートで空中を舞い、海に着水して助かります。

しかし、エステラは死んだままにして墓を作り、今後は悪女クルエラとして生きていくことを選んだのです。

スポンサーリンク

映画『クルエラ』感想と評価


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『101匹わんちゃん』に登場した、毛皮好きの冷酷非道な悪女クルエラ・ド・ヴィル。

『101匹わんちゃん』では、99匹ものダルメシアン犬を誘拐し、毛皮で特製のコートを作るという恐ろしい計画を立てたクルエラですが「何故、冷酷非道な悪女になってしまったのか?」が、映画『クルエラ』では描かれています

本作の特徴は、前半と中盤、そして後半で、映画のジャンルが目まぐるしく変化していくという点です。

まず前半では、幼少期のエステラが、ロンドンに出て、ファッションデザイナーとして認められる「サクセスストーリー」として物語が展開されます。

自己主張の強い、変わり者の性格から、学校ではいじめの対象になり、教師からも見放されていたエステラが、母の死を乗り越えながら、カリスマデザイナーのバロネスに認められ、着実に成功への階段を昇っていくという、ある意味お約束のようなシンデレラストーリーが展開されます。

クルエラが主役の作品で、シンデレラストーリーと言うのもややこしい話ですが…。

そして、バロネスがエステラの母親の形見である、ネックレスを持っていたことから急展開を見せる中盤では、バロネスからネックレスを盗み出すという「ケイパー映画」のような色合いが強くなります。

エステラからクルエラへと変貌した後半では、バロネスへの復讐が物語の中心になります。

力も名声も全てが上のバロネスは、到底勝てる相手ではないのですが、後半ではバロネス相手に「どうやって罠にはめるか?」という「コンゲーム映画」の要素が強くなります。

1つの作品で「サクセスストーリー」「ケイパー映画」「コンゲーム映画」の要素が楽しめるという、なかなか変わった構成の作品です。

エンターテイメント作品としては、サービス満点という感じですね。

さらに、クルエラのバロネスへの勝負の仕掛け方が面白く、正統派のデザイナーであるバロネスに対し、クルエラは「奇抜なファッション」「インパクト重視のファッションショー」で対抗し、どちらかと言うと邪道なデザイナーという存在でアピールをします。

新聞記者のアニータと組み、クルエラに優位な情報を世間に流し、話題性を作るあたり、ブランド戦略を踏まえた戦い方で、まさにファッションデザイナーのクルエラならではと言えます。

また、本作のもう一つの見どころとも言える衣装を、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)で、2016年のアカデミー賞「衣装デザイン賞」を受賞した、ジェニー・ビーヴァンが担当しています。

作中に登場する衣装は47種類もあり、特にクルエラがバロネスを挑発する際に身に着ける衣装は、どれも個性的で面白いです。

クルエラが車の上に立ち、バロネスの顔を隠すという衣装は、5,060枚のフリルを使用して制作されました。

作中で映るのは一瞬なのですが、こんな細かい仕事にも決して手を抜かない、ジェニー・ビーヴァンが手掛けた衣装を見るだけでも、めちゃくちゃ楽しめます

ディズニーの悪役は「魔術師」や「海賊」など、幻想的なキャラクターが多いです。

そんな中で「ファッションデザイナー」というクルエラは、それだけで異質のキャラクターと言えます。

そんな、クルエラのキャラクターを活かしたという意味では、本作は完璧な作品と言えます。

まとめ


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

本作は、悪女クルエラの誕生の物語です。

しかし、エステラは当初、あえて悪役としてのクルエラを演じていただけでした

いわゆる「カリスマ」と呼ばれる人達は、カリスマとなった自分をあえて演じていることもありますが、作中のエステラのセリフ「あえて悪役をやっているの」という言葉からも、クルエラはエステラにとって、虚構の存在だったはずです。

それが、自身の出生の秘密を知り「悪女である運命から逃れられない」と知ったエステラは、クルエラとして生きていくことを決意したのです。

エステラの本性がクルエラだったのか? それとも屈折した感情がクルエラを生み出したのか?は分かりませんが、ファッションというのは、違う自分に変身するという意味合いもありますね。

夢見る少女エステラは、恐ろしい悪女クルエラに変身する為の、ファッションを選んだということです。

忌み嫌う相手であるバロネスと、結果的に同じ存在になってしまったのは、皮肉的としか言いようがありません。

本作は「サクセスストーリー」「ケイパー映画」「コンゲーム映画」という、ジャンルを特定させない珍しい作風ですが、それも、本性を掴めないエステラというキャラクターを反映しているように感じます。

クルエラは『101匹わんちゃん』に登場する悪役ですが、『101匹わんちゃん』を知っていればニヤリとする小ネタがある程度で、知らなくても楽しめる作品に仕上がっています

また、ファッションショーのオープニング映像のような、エンドクレジットもカッコよく仕上がっており、本当に最後までこだわり抜いた作品です。



関連記事

コメディ映画

映画『ステキな金縛り』ネタバレあらすじ感想と結末解説。面白い“シナモンと幽霊の関係”が光る三谷幸喜代表作の法廷コメディ

落武者が法廷に登場する作品『ステキな金縛り』 映画『ザ・マジックアワー』以来、3年ぶりとなる三谷幸喜監督が脚本も兼務した、2011年公開の映画『ステキな金縛り』。 三流弁護士のエミが、担当する殺人事件 …

コメディ映画

『ディアーディアー』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー

絶滅種と聞くと、その危機感以上に自然界のロマンを感じてしまう人は意外といるのではないでしょうか? ところが、絶滅したはずの動物がまれに人々の前に現れるケースもあるそうです。 実際、タスマニアタイガーと …

コメディ映画

【ネタバレ感想】『女王陛下のお気に入り』ラスト結末の意味不明な“ウサギの解釈”とは

一筋縄ではいかない愛憎劇『女王陛下のお気に入り』 名女優三人が英国王室での愛憎劇を再現! 監督を務めたのは鬼才ヨルゴス・ランティモス。 一筋縄ではいかない愛憎劇と思わず笑ってしまうブラックな笑いに満ち …

コメディ映画

ネタバレ感想『おとなの事情 スマホをのぞいたら』結末を解説。日本リメイク映画はキャストの演技力合戦が見どころ!

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は2021年1月8日(金)ロードショー。 パオロ・ジェノベーゼ監督が2016年に製作したイタリア映画『おとなの事情』。スマートフォンの通話やメールの履歴をさらけ …

コメディ映画

映画『自由の幻想』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

これは“自由”への挑戦状か…?! ルイス・ブニュエルがその鬼才ぶりを如何なく発揮した『自由の幻想』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『自由の幻想』の作品情報映画『自由の幻想』のあ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学