Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/08/08
Update

映画『達人 THE MASTER』感想評価と内容解説。大橋彰(アキラ100%)と井浦新の演技ぶつかり合いは“奇々快演”

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『達人 THE MASTER』は、2021年9月10日(金)よりシネマート新宿/心斎橋ほか全国順次公開!

“私は何かの達人だった気がする…”

映画『達人 THE MASTER』の主人公にして初主演を務めるのは、R-1ぐらんぷり優勝のお笑い芸人 アキラ100%として知られる大橋彰。

大橋は近年俳優としても活動を見せ、映画『こはく』や、ドラマ『トップナイフ ー天才脳外科医 の条件ー』などで活躍しています。今回扮するのは、突然現れた謎の男・達人。記憶喪失になりながらも、自分が何の達人だったのか探す男を演じます。

そのほかのキャストに、ヒロインの静子役を『パンとバスと2度目のハツコイ』(2017)の安倍萌生、男と静子を見守る奈津役には、『おもちゃ』(1999)の宮本真希が演じ、また『こはく』でも大橋と共演した井浦新も劇中で怪演を披露。

演出を担当するのは、映画『ゆらり』(2017)や『こはく』(2019)の横尾初喜。持ち前の柔らかな映像と演出で独自の作風で大橋を主演に軽妙な笑いを描いています。

スポンサーリンク

映画『達人 THE MASTER』の作品情報


(C)ゴールデンツリー/「達人 THE MASTER」製作チーム

【公開】
2021年(日本映画)

【脚本】
森ハヤシ

【原案・脚本・監督】
横尾初喜

【キャスト】
大橋彰(アキラ 100%)、安倍萌生、宮本真希、榊英雄、山口森広、織田あいか、中田祐太、秋山勇次、森下能幸、井浦新

【作品概要】
お笑い芸人として人気のアキラ100%が本名の大橋彰名義で映画初主演を務めたコメディ作品。記憶喪失の男が自分は何者であるかの記憶を取り戻すため奮闘を描いています。

原案・脚本・演出を担当したは、『こはく』でも大橋彰とタッグを組む横尾初喜監督。

ヒロインの静子を『パンとバスと2度目のハツコイ』の安倍萌生、男と静子を見守る奈津を宮本真希が演じ、『こはく』でも大橋と共演する井浦新が“ある役柄”で怪演を見せています。

映画『達人 THE MASTER』のあらすじ

父と母を共に交通事故で亡くし、心を閉ざしている資産家・牧田家の跡取り娘、静子。

可愛がってくれた祖父も他界し、静子は遺してくれた豪邸で家政婦・奈津とふたりで暮らしていました。

ある日、奈津が謝って窓から落としてしまった植木鉢が、偶然、通りかかった男の頭を直撃。男は命に別条はなかったものの、“自分は何者であるか?”と、記憶を失ってしまいます。

家政婦の奈津は事故の責任を感じたのか、記憶喪失となった男を牧田家の豪邸で面倒を見ることを提案。日々、甲斐甲斐しく男の記憶が戻るまでサポートを努めます。

一方で男の「俺は何かの達人だった気がする…」という言葉をヒントに記憶を戻すため、アレやコレやと記憶奪還の作戦を始めます。

しかし奈津の努力の甲斐もなく一向に回復の兆しはありません。そんな日常が続き、静子と奈津も次第に男への心境に変化も見せはじめ、何かの達人であったろう男を「達人(たつひと)」と呼びながら3人で団欒の食卓を囲んだりもしました。

そんな矢先、静子の叔父や謎の男が登場し、跡取り娘の静子を巻き込む事態が動き始め…。

スポンサーリンク

映画『達人 THE MASTER』の感想と評価

芸人にして役者・大橋彰

本作『達人 THE MASTER』は、R-1ぐらんぷり優勝のお笑い芸人「アキラ100%」こと本名の大橋彰の名前で初主演を果たしたコメディ作品

「私は何かの達人だった気がする…」と、大橋彰は記憶を失った謎の男をコミカルかつ、トボけた演技で演じています。例えて言えば、“和製ミスタービーン”のような演技を見せているとも言えますし、かつての松竹映画の“喜劇”プログラムピクチャーのようにも取れ、人気を博した旬なコメディアンの主演作にも思えます。

主演を務めた大橋自身は、世界の喜劇王チャーリー・チャップリンのファンでもあるので、そんな眼差しで本作を観ると、貴重なコメディ映画の主演作とも言えるでしょう。

いづれにしても裸芸人としてでなく、またお盆芸をも見せない大橋彰がいかなる演技をみせるのかに注目です。

ヒロイン・安部萌生

一方で大橋彰演じる謎の男に恋心を寄せるヒロイン・牧田静子を安部萌生が務めています。

安部萌生は1993年4月5日、山口県生まれ。青山学院大学在学中よりモデル活動を始め、2014年度ミス青山学院大学グランプリ受賞

2016年の映画『種まく旅人 夢のつぎ木』で女優ビュー果たし、その後も映画やドラマに出演し様々な役柄に挑んでいます。

主な出演作には『本日は、お日柄もよく』(2017)、映画『八重子のハミング』(2016)、『大綱引きの恋』(2021)があります。

先に大橋彰がチャップリンのファンであるとお伝えしましたが、放浪紳士のような“ある種の異邦人”がどこからかやって来て、心を閉ざしたヒロインの心を開くという点は、映画の定番中の定番の設定です。

内気なヒロインをどのように魅了し、また恋に落とすかにも、和製喜劇(コメディ映画)として見守りたい。そんな気持ちに自然とさせてくれるのが、安部萌生ならではの魅力ある存在感と言えるでしょう。

まとめ


(C)ゴールデンツリー/「達人 THE MASTER」製作チーム

本作『達人 THE MASTER』のタイトルデザインは、金子敏治が担当。彼の描いた遊び心溢れる独特の書体の中には、映画に登場するヒントがいくつも隠されています。映画を更に楽しむためにも読み解いてみることをお薦めいたします。

また撮影を担当した『僕たちは変わらない朝を迎える』『裸の天使 赤い部屋』『本気のしるし』などで知られる春木康輔のカメラワークにも注目

劇中の謎のPOV視点?いかなるものか? さらにはラストショットは、極めて映画としては稀の嗜好で終わります。これをどんな意味を含み、想像して読み解くかは、大きな遊びとして観客に解釈を託されています。

そのようないくつもの点は、原案から演出までを務めた横尾初喜監督の正に遊び心でしょう

上記の他にも主題歌「愛しているといわせて」は、横尾監督のご婦人であるエンクミこと遠藤久美子が唄い、映画はコメディ作品として、“喜劇シリーズの続編”を期待してしまうのではないでしょうか。

それをひと役も、二役も担っているのが、井浦新が演じた「No.4」。すでに横尾作品『こはく』(2019)で、大橋彰と井浦新は共演済みですが、本作『達人 THE MASTER』でのやり取り、また井浦新の大怪演は必見です!

映画『達人 THE MASTER』は、2021年9月10日(金)よりシネマート新宿/心斎橋ほか全国順次公開!



関連記事

コメディ映画

いつだってやめられる7人の危ない教授たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

劇場未公開だったイタリア映画『いつだってやめられる7人の危ない教授たち』は、「Viva!イタリア vol.4」で劇場公開されました。 “落ちこぼれインテリをなめるなよ”とばかりに、危ない教授たちの逆襲 …

コメディ映画

【ネタバレ感想】『女王陛下のお気に入り』ラスト結末の意味不明な“ウサギの解釈”とは

一筋縄ではいかない愛憎劇『女王陛下のお気に入り』 名女優三人が英国王室での愛憎劇を再現! 監督を務めたのは鬼才ヨルゴス・ランティモス。 一筋縄ではいかない愛憎劇と思わず笑ってしまうブラックな笑いに満ち …

コメディ映画

実写映画テルマエ・ロマエ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。漫画やアニメも人気な阿部寛主演のコメディは日本とローマ“共通の風呂文化”

ヤマザキマリの大人気コミック『テルマエ・ロマエ』を実写映画化! 武内英樹が監督を務めた、2012年製作の日本の大ヒットコメディドラマ映画『テルマエ・ロマエ』。 古代ローマ帝国から現代の日本にタイムスリ …

コメディ映画

映画『オレの獲物はビンラディン』あらすじと感想。実話をコメディに

マジか⁉︎ ニコラス・ケイジの挑んだ仰天、驚愕の実話はコメディになった! 神の啓示を受け「ビンラディン捕獲」の作戦に独りで挑み、全米を騒がせた愛国オヤジの奇妙キテレツな行動と狂気は、まさに若者ならでは …

コメディ映画

映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』あらすじと感想レビュー。フィンランド映画界が巨額を投じたコメディムービー

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! ヘヴィメタルのカテゴリーにまで成長した、北欧メタルの世界。フィンラ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学