Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/19
Update

映画『ストレンジワールド』ネタバレ感想評価と結末あらすじ解説。吹替声優版も楽しめる少年達の“勇気”の道|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー24

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第24回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第24回は、“異世界”ヘと続く森に迷い込んだスクールバスと生徒たちを襲う怪異の謎を描いたジュブナイルスリラー『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』をご紹介します。

世紀の天体ショー“皆既月食”が観測できる日、ノーラン、カール、レジー、ベス、クイニー(IQ)の同級生が乗るスクールバスは、不運にもいつもと違うルートで帰ることになり、思わぬ事態に巻き込まれます。5人が力を合わせ、遭遇した怪異に立ち向かう物語です。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』の作品情報

(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

【公開】
2019年(イタリア・ドイツ合作)

【原題】
Shortcut

【監督】
アレッシオ・リグオーリ

【脚本】
ダニエル・コスチ

【キャスト】
ジャック・ケイン、 ザンダ・エムラーノ、 ザック・サトクリフ、ソフィ・ジェーン・オリヴァー、モリー・デュー、テレンス・アンダーソン

【作品概要】
アレッシオ・リグオーリ監督の日本で発表されている作品は、本作と『エイリアンズ・レポート』(2013)ですが、他にも多くのホラー映画やSF映画を手がけています。

主演は「ドラゴンハート」シリーズ最新作の『ドラゴン・ハート -明日への希望-』でも主演を務めた、ジャック・ケインです。

映画『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

何かから逃れるように森の中をさまよい走る少年。そして、力尽きて膝をつくと、悔しさで地面を叩きながら泣いていました。

森の中をゆっくりとしたスピードで走るスクールバス。

スクールバスのラジオでは今夜、今世紀最大の天体ショー“皆既月食”が観測できることを伝えています。今日の機会を逃すと次に見れるのは、20年先になると興奮気味に語ります。

スクールバスには、静かで落ち着いた少年ノーランと絵を描くのが上手なベス、食いしん坊でお調子者のカール、頭脳明晰なIQ(クイニー)、不良のふりをしたレジーの5人が乗っています。

年季の入ったスクールバスのラジオは、ときどき電波が途切れノイズになり、バスの運転手ジョーは周波数を合わせながら、その晩の皆既月食は見るのかと、少年たちに話題をふりコミュニケーションをはかる優しい男です。

カールが皆になぞなぞを出しますが、あまりに簡単すぎて全部言う前にIQが答えを出してしまいます。そこでジョーが「ネット上にはない、なぞなぞがある」と言うと、IQが解く気満々で「出して」と言います。

「“私”の名は“7文字”」「強い人間かが“私”の勝負」「怪物も嵐も竜も“私”を止めることができない」「そして、“私”は武器も持たない」「“私”の言葉をよくかみしめよ」「恐怖を伴わない“美徳や気高さ”というものは意味をなさない」。

「堂々たる黄金の鬣(たてがみ)を持つ、王の中の王でさえも生きて王座に君臨し雄叫びをあげられるのは“私”のおかげなのだ」「さぁ、“私”は誰でしょう?」……。

さすがのIQにも、このなぞなぞの答えは分かりませんでした。そして、バスの中の少年たちはこの“私”の意味を身をもって体験します。

以下、『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』ネタバレ・結末の記載がございます。『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

バスは順調に帰宅ルートを行くように見えましたが、倒木の撤去中で重機が置き去りの場所で立ち往生してしまいます。

戻るしかないのか?と思われましたが、ジョーは迂回ルートを使うと決めます。バスが脇道を入って行くと木の茂みに倒れている人の手が見えますが、誰もそのことには気がつきません。

別のルートを走り始めると辺りは急に霧が濃くなり始め、少年たちは無事に帰れるか不安が募りだします。

すると今度は大きな鹿の死骸が現れ、行く先を遮ります。ジョーが茂みまで移動をさせると、背後から男が現れ銃を向けてきます。

男はスクールバスに乗り込み、バスジャックしました。カールはその男の顔を見て思い出しました。ネットニュースで脱獄した殺人犯ペドロ・ミンゲラだということを。

ペドロは少年たちの携帯を捨てさせ逃亡の道ずれにします。やがて、日が暮れ暗くなってきたころバスは傾いた“軍事区域”と書かれた標識を通り過ぎます。

さらに進むとトンネルがありました。寂れてはいますがライトは点灯されているトンネルです。ところが少し走るとバスが急にエンストしてしまいます。

ペドロはIQを人質にして、ジョーに原因を調べて直すよう命令します。バスに残った他のメンバーは、隙を見てペドロに反撃しようと画策しますが、突然トンネルのライトが消え真っ暗になります。

ジョーが何かの気配を感じ、暗闇の先をライトで照らすと何か黒い塊が、置いてあるように見えます。ペドロはジョーにそれをどけてくるよう命令し、ジョーはそれに向かって行きました。

そして、惨事が始まります。その黒い物体はジョーに襲いかかり、殺してしまいました。ペドロとIQは車内に戻り、バスを発車させようとしますが、キーはジョーが持って出ていました。

ノーランが取りに行くと叫ぶと同時にベスが外に飛び出し、倒れたジョーの元に近づきます。黒い物体はすでに消えていて、ジョーは激しく噛みつかれた状態で死んでいました。

ベスはキーを持って戻りますが、バスのエンジンはかかりません。そうこうしているうちに、バスの屋根に何かが飛び乗る大きな音がします。

それはジョーを殺した黒い物体で、この世のものではない恐ろしい顔をしています。バスの周りを歩きはじめると、ペドロは銃を持って外に出ますが、ほどなく次はペドロが犠牲となりました。

化け物は車体を爪でひっかくように周回します。そして、後部の非常扉に爪がかかると、そこから中へと侵入してきました。ノーラン達は懐中電灯の光を化け物にあてると、怯んだので降車口から脱出しトンネルの出口方面へ逃げました。

途中、金網で閉じられた、横穴へ続く入り口をみつけ中へ避難します。横穴は迷路のようになっていましたが、部屋のような場所もありまるで秘密要塞でした。

(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

彼らはそこで横穴の見取図をみつけます。IQは制御室に行けばトンネルの照明の電源があるはずと言い、ノーランとベスが探しに出ます。

待機組のIQはしばらくするとトイレに行きたくなり、レジーと一緒に場所を離れますが、IQが化け物にさらわれたと、レジーが戻ってきます。

ノーランとベスは制御室と思しき部屋をみつけます。ところがその部屋には新聞の切り抜きや、化け物の姿を描いた紙が壁一面に貼られ、化け物の正体を知る誰かがいた形跡がありました。

ノーランは日記と幼い兄妹の古い写真をみつけます。写真には“ジュリアとイザベル”と書かれていました。

一方、レジーとカールは化け物がIQに襲いかかっているのを見つけ、松明の炎で威嚇しIQを救出しますが、レジーがおとりになり化け物に襲われてしまいます。

電源のブレーカーを見つけたノーランとベスは、トンネルのライトを付けることに成功しました。明るくなったことで化け物もレジーから離れ、どこかへ逃げていきます。

ノーラン達は待機している仲間のところへ戻ろうとした時、化け物に襲われ逃げてきたレジー達と落ちあい、制御室で見つけたものを仲間に見せます。

制御室の片隅にはミイラ化した遺体があり、皆はその遺体が生前書いたのであろう日記を読むことにします。

日記にはジュリアの妹のイザベルが40年前、ここで殺されたことを書いてありました。大人に言っても信じてはもらえず、長年様々な仮説や科学的根拠を調べて、化け物退治のため再び穴に戻ったのです。

切り抜かれた新聞記事はイザベルが殺害された事件を報道したものが大半でした。中には皆既月食の記事もあり、関連性を調べていたようです。そして、何かを掴んだジュリアはそこで、化け物を倒す装置を製作中でした。

ところがジュリアはラジオの周波数を探っていた時に、化け物を誘き寄せてしまい襲われて、志半ばで亡くなってしまったのです。

ノーラン達はジュリアの意思を引き継ぎ、化け物をやっつけようと決めます。そして、ジュリアが作りかけた装置を完成させます。

再びIQを襲うと予想しラジオにIQの血の付いたハンカチを置き、ブレーカーを下げて誘き寄せます。

目論み通り化け物は現れ、ベスがブレーカーを上げようと試みますが、固くて動かずベスとIQは扉の影に隠れます。そこに匂いを辿ってくるように、化け物は彼女たちに迫ります。

その時、ノーランがブレーカーのスイッチを入れ、化け物が光りに怯むとカールが突進して抑え込み、2人を逃がしました。

命からがらトンネルの出口にたどり着いた2人、IQを追うように化け物も出てきますが、あとから脱出したノーラン達の松明で化け物は火だるまになります。

5人が勇気を出し力を合わせて化け物を倒しました。奇しくもジョーが出したなぞなぞの答えが、“COURAGE(勇気)”でした。この恐怖を乗り切ったことで、友情という真の美徳を得たのです。

その頃、警察は脱獄犯の捜査をしているのか、森の中に横穴に続く入り口を見つけます。そして、その中に侵入すると……。

スポンサーリンク

映画『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』の感想と評価

(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

原題「Shortcut(近道)」が指し示す物語

映画『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』のオリジナルタイトルは「Shortcut」、つまり「近道」です。

元の道を戻ることなく、脇道の迂回ルートへを選択し進んでしまうことで始まった本作の物語。そもそもジョーが知っていたその迂回ルートは“軍事区域”ゆえに普段は近寄りがたい道ではあるものの、本来の直線距離を考慮すると「近道」だったのかもしれません

普段通い慣れている帰り道を選ばず、むしろ普段は避けているはずの道で帰ろうする。誰もが一度は経験したことのあるそんな行動は、普段は感じることのない「何か」に引き寄せられた結果であるとも言われています。

倒木によって行く先を遮られ、別のルートへと向かいバス。バスに乗る人々が倒れている人にも気がつかなかったのも、そういった理由が関係しているのかもしれません。

また作中で象徴的に描かれる「なぞなぞ」の答えからも読み取れる通り、本作の物語は「何か困難に突き当たった時、どの道を選ぶか?」がキーワードとなっています。困難に直面した時、どのような道が人間にとっての本当の「Shortcut(近道)」となるのかを、本作のオリジナルタイトルは指し示しているのです。

敢えて謎が残された化け物の正体

映画作中にて5人を襲った恐ろしき化け物。ジュリアの日記や新聞の切り抜き記事などを通じてその特徴や正体が次第に明かされていった一方で、最後まで語られることのなかった、化け物のまつわる謎もまたいくつか存在しています。

まず、トンネルへ入ると急に照明が消えたり、消したラジオからノイズ音が出たり、自動車がエンストを起こしてしまった原因です。「電磁波障害」とも見える一連の現象は、そこが“軍事区域”であり軍の機密施設も存在していることからも、強力な電磁波を広範囲で発生させ、範囲内の電子機器を使用不可能にするEMP攻撃を連想してしまいます。

そして、もしその電磁波障害が軍の機密施設と関係している場合、化け物は機密施設での何らかの実験によって作り出された産物なのではないか。そして人為的に発生させられた電磁波障害も、実は機密施設の人間が「光を嫌う化け物が人間を襲いやすくするため」に引き起こしたものなのではないかと解釈することも可能です。

また化け物の正体を「人工生命体」以外に見出そうとした場合、やはり“皆既月食”という世紀の天体現象を見逃すことはできません。

“ブラッドムーン”とも呼ばれ、近年では本作が製作された時期(2018年)に起きた皆既月食は、様々な時代と文化の大半において「凶兆」とされてきました。月の明かりが消える夜に何か起こる……そのような作品のコンセプトからも、化け物の正体を「人工生命体」と断定することは難しいでしょう。

果たして、闇の中を跋扈する化け物の正体とは。敢えて全てを語ることなく残された作中最大の謎は、映画を観終えた者の想像を掻き立てます。

まとめ

(C)2019 Minerva Pictures Group All Rights Reserved

映画『ストレンジ・ワールド 異世界への招待状』は、光りが弱点の化け物が襲いかかる中、力を合わせた友人5人が“勇気”でもって困難を乗り越え、友情の絆を強くする物語でした。

ジョーは分岐点で危険があるかもしれない近道を選び、心配した通り5人に“恐怖”という試練を図らずもあたえてしまいました。

そして試練の果てに、ジョーの出したなぞなぞの答え“COURAGE(勇気)”が、恐怖を克服させ、5人にこの友情にこそ価値があると証明しました。全員に“勇気”がなければ生まれなかったからです。

この作品のオリジナルタイトルからは、5人は強烈な体験を共有し、いつでも思い出せる“アイコン”の“Shortcut”という意味で題したのではということが読み取れます。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。

関連記事

連載コラム

映画『望み』ネタバレ解説考察。ポスターから『パラサイト』家族設定との類似点を紐解く|映画という星空を知るひとよ28

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第28回 映画『望み』は、2020年10月9日(金)より全国ロードショー。 この作品は、雫井脩介の同名小説を堤幸彦監督が映画化したもので、家を出たまま帰ってこな …

連載コラム

映画『アンノウン・ボディーズ』あらすじネタバレと感想。原作者ジェフ・ヒーラールツの生みだした刑事物語|未体験ゾーンの映画たち2019見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第38回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。 今回はヨーロピアン・ミステリー映画をご紹 …

連載コラム

映画『おろかもの』あらすじと感想。芳賀俊×鈴木俊ふたりの監督が描く“おろかもの”ゆえにたどり着く感動|2019SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・芳賀俊監督×鈴木祥監督作品『おろかもの』が7月16・20日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでい …

連載コラム

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』あらすじと感想評価。キャストの吹越満が現代における“戦争”を熱演する|映画という星空を知るひとよ48

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第48回 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、祖父の過去を改ざんしようとする市長と、それに反対する戦犯遺族の物語。 …

連載コラム

鬼滅の刃2期サブキャラのアニメ声優予想!漫画コミック描写からCVキャストを考察【鬼滅の刃全集中の考察5】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第5回 第2回の「吉原遊郭編」堕姫・妓夫太郎、第3回の「刀鍛冶の里編」玉壺・半天狗、第4回の童磨・黒死牟とアニメ・映画未登場の上弦の鬼たちを中心に、CVキャスティング …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学