Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/06
Update

仮面ライダージオウ2020映画【ネタバレ感想】ゲイツ、マジェスティ、ライドウォッチを劇場で観よ!|邦画特撮大全66

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第66章

2018年から2019年にかけて放送された平成仮面ライダーシリーズ20作記念作品『仮面ライダージオウ』。劇場版にゲスト出演した佐藤健を筆頭に、各作品のオリジナルキャストが多数ゲスト出演し、仮面ライダーファンたちを沸かせました。

その『ジオウ』のスピンオフであるオリジナルビデオ作品『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』(2020)が現在期間限定上映中。

今回の邦画特撮大全は『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』(2020)を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の作品情報

(C)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

【公開】
2020年2月28日(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
諸田敏

【脚本】
毛利亘宏

【キャスト】
押田岳、奥野壮、大幡しえり、渡邊圭祐、板垣李光人、紺野彩夏、兼崎健太郎、村上幸平、木ノ本嶺浩、岩永洋昭、戸谷公人、小山力也、津田健次郎、生瀬勝久

映画『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の作品概要

平成最後の仮面ライダー『仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品で、主人公は『仮面ライダージオウ』の2号ライダーである明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ。

明光院ゲイツ役の押田岳をはじめ、奥野壮、大幡しえり、渡邊圭祐ら『ジオウ』のメインキャストが集結。さらには戸谷公人(『仮面ライダーディケイド』)や村上幸平(『仮面ライダー555』)、木ノ本嶺浩(『仮面ライダーW』)、岩永洋昭(『仮面ライダーオーズ/OOO』)と歴代の2号ライダーたちがゲスト出演。

監督は『百獣戦隊ガオレンジャー』や『仮面ライダーゴースト』でメイン監督を務めたベテラン、諸田敏監督。脚本は劇団少年社中の主宰で『宇宙戦隊キュウレンジャー』のメイン脚本を担当した毛利亘宏。

2人は『仮面ライダージオウ』のメインスタッフでもあり、TVシリーズでは「ゴースト」編や「響鬼」編などでタッグを組んでいました。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』のあらすじとネタバレ

(C)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

2018年9月―光ヶ森高校の学生・明光院ゲイツは柔道部に所属し、メダリストになる夢を追っていました。同級生の常盤ソウゴやツクヨミと共に高校生活を送っています。

しかしゲイツは柔道大会で大ケガをしてしまい、選手生命を絶たれてしまいました。

入院中のゲイツの前に、白ウォズが現れてドライバーとライドウォッチを渡します。ウォズの目的はゲイツを救世主に導き、最低最悪の魔王オーマジオウが君臨する未来を防ぐこと。

突然の事態に戸惑うゲイツでしたが、ゲイツをオーマジオウの配下・カッシーンが強襲。なぜかゲイツの主治医である伊達明が仮面ライダーバースに変身し、カッシーンを撃破します。

さらに高校には謎の転校生・海東大樹が現れ、なれなれしくゲイツに接近します。一体、彼は何者なのか…。

ふさぎ込むゲイツはソウゴから掛けられた言葉で、「みんなを守るために柔道を始めた」ことを思い出します。

そんな中、再びカッシーンがゲイツを強襲。海東と仮面ライダーカイザが介入し、ゲイツは間一髪で攻撃を逃れます。しかしソウゴがカッシーンにさらわれてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

ゲイツは刑事の照井竜の協力のもと、ソウゴを追って工場へ。照井は仮面ライダーアクセルに変身し、カッシーンと戦闘。

ゲイツも奮起し、仮面ライダーゲイツに変身!!カッシーンを蹴散らします。

そこへ事件の黒幕である白ウォズが現れました。白ウォズの目的は、救世主になる道を捨てたゲイツの代りに自身が“真の救世主”となることだったのです。海東大樹から仮面ライダーディエンドの変身能力を奪っていた白ウォズは、アナザーディエンドに変身!!

海東はゲイツに、仮面ライダージオウと共にオーマジオウと戦った過去(TVシリーズ)を見せました。海東は白ウォズの動きを止めるため、黒ウォズと行動を共にしていたのです。

過去を思い出したゲイツ。事態があまり読み込めていないソウゴとツクヨミもドライバーを手渡され、変身!!

仮面ライダーゲイツ、仮面ライダージオウ、仮面ライダーツクヨミ、そして仮面ライダーウォズの4人は、アナザーディエンドが召喚したカッシーンの大群と激闘。

カッシーンを蹴散らした後、仮面ライダーゲイツは海東に渡されたライドウォッチを使って、仮面ライダーゲイツマジェスティにパワーアップ。アナザーディエンドを倒します。

白ウォズは黒ウォズに吸収され、ウォズは一体化。海東は仮面ライダーディエンドに変身する能力を取り戻します。

そしてゲイツは救世主になるという新たな夢を胸に、ソウゴやツクヨミと学校生活を送っていくのです。

『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の感想と評価

(C)2020 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

本作『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』は、『仮面ライダージオウ』のTVシリーズ後を描いた作品です。

常盤ソウゴ/仮面ライダージオウによって最低最悪の魔王オーマジオウが君臨する未来が変わり、ソウゴやゲイツら『ジオウ』の登場人物たちはTVシリーズで戦いに費やした時間の代りに、高校生活を送っています。「ありえたかもしれない未来」が学生生活というのは、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の最終回を思わせます。

『ゲイツ、マジェスティ』のテーマは「青春の挫折と再起」。柔道のメダリストを目指していた明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツが、ケガのため選手生命を絶たれ、そこから再起することが物語の柱です。

本作『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』は特撮ヒーロー作品であるのはもちろん、青春ドラマとしても楽しめるのです。

本作は『ジオウ』の登場人物たちの高校生活をメインに描いているため、進路や部活動などが登場。ゲイツやソウゴも変身能力がないため、TVシリーズよりも等身大の人物に描かれています。

本作の敵はアナザーディエンド。『仮面ライダーディケイド』(2010)に登場した仮面ライダーディエンドがモチーフ。大きな角や牙など、『ジオウ』のTVシリーズでスウォルツが変身したアナザーディケイドと共通するデザインをしています。

スポンサーリンク

まとめ

(C)劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会

明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツを主人公にした『仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』。

歴代2号ライダーの中でも癖が強い面々が客演しており、『仮面ライダージオウ』が本来持つお祭り作品の側面ももちろんありますが、それ以上にゲイツを主人公にした“青春ドラマ”として楽しむことが出来る作品となっています。

次回の『邦画特撮大全』は…


(C) SCG Power Rangers LLC (C) Toei Company, Ltd.

次回の邦画特撮大全は、スーパー戦隊シリーズが海を越えアメリカに渡ったことで生み出された異色作「パワーレンジャー」シリーズを紹介します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『ヘレディタリー/継承』ネタバレ解説と評価。家族に潜む“恐怖の意味”と何か⁉︎|サスペンスの神様の鼓動6

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、『へレディタリー/継承』です …

連載コラム

ホラー映画の恐怖体験と現代社会の闇に堕ちた家族の絆| SF恐怖映画という名の観覧車1

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile001 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved. はじめまして。今回からコラムを連載させ …

連載コラム

映画『ナンバー37』あらすじネタバレと感想。サスペンスの名作『裏窓』をバイオレンスムービーに仕立て直した⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録28

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第28回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は南 …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える④【改革期】ジェットマンからギンガマン|邦画特撮大全9

連載コラム「邦画特撮大全」第9章 1980年代後半、スーパー戦隊シリーズは成熟期を迎えたと言えます。 しかし『地球戦隊ファイブマン』の頃、シリーズ自体の存続が危ぶまれました。 視聴率低下、玩具売り上げ …

連載コラム

映画『わたしは光をにぎっている』感想レビューと評価。松本穂香には“透明な存在感”という姿態がある|蟹江まりの映画ともしび研究部6

蟹江まりの映画ともしび研究部 第6回 こんにちは、蟹江まりです。 連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第6回に取り上げるのは、2019年11月15日に公開された映画『わたしは光をにぎっている』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP