Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/06
Update

映画『ロリータ』ネタバレあらすじと感想。キューブリックの描く異常性癖の先にある破滅|電影19XX年への旅2

  • Writer :
  • 中西翼

連載コラム「電影19XX年への旅」第2回

歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」第2回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』のスタンリー・キューブリック監督が、ウラジーミル・ナボコフの同名小説を映画化した映画『ロリータ』です。

幼い少女ロリータに恋した中年男性ハンバート。ロリータの側にいるため彼女の母と結婚をし、本心を隠して生活するハンバートを描いたヒューマンドラマ映画。

物語の中核を担うロリータ役は、オーディションでも適役が見つからず難航した末、偶然テレビに出ているところをキューブリックが目撃した、当時15歳のスー・リランが演じます。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ロリータ』の作品情報


(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

【公開】
1962年(イギリス映画)

【原題】
Lolita

【監督】
スタンリー・キューブリック

【キャスト】
ジェームズ・メイソン、スー・リオン、シェリー・ウィンタース、ピーター・セラーズ、マリアン・ストーン、ロイス・マクスウェル

【作品概要】
ウラジーミル・ナボコフ原作小説『ロリータ』の映画化作品。監督を務めるのは『2001年宇宙の旅』(1968)や『時計じかけのオレンジ』(1971)のスタンリー・キューブリック。

ロリータ・コンプレックスと呼ばれる性的嗜好を持つ男性の人生を描き、『スタア誕生』(1954)のジェームズ・メイソンが主演を務め、当時無名だった女優のスー・リオンがロリータを演じています。

映画『ロリータ』のあらすじとネタバレ


(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

文学者のハンバートは、恨めしい表情でクレア・キルティの荒れた屋敷に出向きます。酒で酔っ払ったキルティに話しかけますが、意識が朦朧としていました。

「ドロレス・ヘイズを覚えているか?」ハンバートが尋ねるも、キルティは答えません。

ハンバートが銃を手に取ると、キルティは逃げようとします。しかしそれも叶わず、撃ち殺されてしまいました。

物語は、キルティが殺される4年前にさかのぼります。

フランスのパリで文学者をしていたハンバートは、アメリカのニューハンプシャー州で大学教授をするため、渡米しました。

アメリカにいる間の宿を探すハンバートは、シャーロットが宿主を務める田舎町の宿を訪れます。

シャーロットは矢継ぎ早に、旅の疲れが残るハンバートに話しかけます。品位のないシャーロットをハンバートは軽蔑し、無視をします。

シャーロットの娘であるドロレス・ヘイズ、通称ロリータが現れます。幼くも愛くるしいロリータは、ハンバートを見透かすように、笑みを浮かべます。そんなロリータに、ハンバートは一目惚れをしました。

そして、ロリータと長く過ごすべく、下宿を決めました。

シャーロットはというと、ハンバートへの想いを募らせていました。ロリータはハンバートの気持ちが分かっているのか、2人の間に割って入り、フラフープを披露します。

また、ハンバートの朝食を盗み食いし、注意をされても止めませんでした。シャーロットは、ハンバートから離れて自分の部屋の掃除などを指示します。親子の関係は、険悪なものでした。

ハンバート達3人は、パーティに出席します。そこには、クレア・キルティという作家がいました。シャーロットは、ロリータに見せつけるように、ダンスを申しこみます。

ハンバートは、ロリータの側にいたいという欲望のままに、シャーロットと結婚しました。シャーロットへの愛情など、微塵もありませんでした。

泊まりのキャンプにロリータが参加することになりました。それはつまり、長く宿を離れることを意味していました。日頃からロリータを手中に収めようとするハンバートは、気が気ではありませんでした。

ロリータへの愛を書き記したハンバートの日記が、シャーロットに見つかってしまいます。シャーロットは、夫が娘を愛していたという事実に耐えられず気が動転し、家を飛び出します。

そして、車に轢かれて死んでしまいました。

シャーロットの死を知ったハンバートは、サマーキャンプで出かけるロリータの元に向かいます。

2人は再会を喜びます。そしてハンバートは、シャーロットの体調が悪いと嘘をつきます。日も落ち、遅い時間だったため、二人はホテルの同室で泊まることにしました。

ホテルにはキルティがいました。キルティはハンバートの気持ちを見透かしたように話し、ロリータに対する罪悪感を煽ります。ハンバートは、ベッドで眠るロリータに手を出せませんでした。

ロリータはハンバートの口からシャーロットの死を知らされます。悲しみに慟哭するロリータを、ハンバートが抱きしめます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ロリータ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ロリータ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

シャーロットの死から半年が経ちました。ハンバートは懸命にロリータの世話をしますが、当のロリータは、束縛じみたハンバートに嫌気が差していました。

ロリータが演劇を始めようとしても、否定されてしまいます。ハンバートは心理学の教授を名乗る男から説得され、演劇部への入部を許可しました。

しかしハンバートの束縛は増していきます。反発するロリータの怒りを静め、ハンバートは、ロリータを旅に連れて出ます。

旅路でロリータは体調を崩します。病院で様子を見守るハンバートの元に、一本の電話が鳴ります。ロリータとの歪んだ関係を知る電話の主は、それを指摘します。

ハンバートは嫌な予感がし、ロリータの元に戻ります。しかしロリータは、既に叔父を名乗る男に引き取られており、病院に姿はありませんでした。

それ以降ロリータは、ハンバートの前から行方をくらましました。

3年後、ハンバートの元にロリータからの手紙が届きます。貧しい生活をし、炭鉱で働く男と結婚し妊娠したロリータは、ハンバートに金銭の要求をしてきたのです。

ハンバートは全財産を切り崩し、ロリータが待つ家に向かいます。

そこには、幼くも美しかったロリータからは想像もつかない、太ったロリータの姿がありました。

ロリータは病院から行方をくらました夜、キルティと共に逃げていました。キルティは心理学の教授を称してロリータに近づいていたのです。

キルティの才能に惚れ、恋をしたロリータ。映画への出演も約束して貰えたのですが、それがピンク映画だと知り断ると、すぐにロリータは捨てられました。

その後もハンバートの元には帰らず、炭鉱で出会った男ジャックとともに、なんともみすぼらしい生活を続けていました。

ハンバートはありったけのお金で、ロリータに同棲を申しこみます。ただ支援のみを頼んでいたロリータは、それを断ります。

泣き崩れたハンバートは、お金を置いてその場を去ります。そして、ロリータを酷い目に遭わせたキルティを探し出して殺害したのです。

その後ハンバートは殺人犯として逮捕され、獄中で病死しました。

スポンサーリンク

映画『ロリータ』の感想と評価


(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

ナボコフの同名小説で描かれた天真爛漫な小悪魔ロリータよりも、少し大人びた印象を与えたキューブリック版の映画『ロリータ』。

ロリータと共にいる時のハンバートの喜怒哀楽が分かりやすく演出されており、エンタメ性に富んだ娯楽作品だといえます。

キューブリック自身も「エロティックな面を強調できなかった」と語るように、幼い女の子に惹かれていく過程の危うさには欠けているものの、ロリータを演じたスー・リオンの可愛らしさがそれをカバーし、ハンバートの性的嗜好に少なからず共感できる出来栄えです。

ロリータ・コンプレックスと呼ばれる禁断の異常性癖を有するハンバートは、その性癖のままにロリータに恋をし、我が物にしたいと奔走していました。

過度な愛情を隠しきれず、ロリータに逃げられてしまったハンバート。

しかしハンバートは、幼さを無くし、性的嗜好の対象から外れたと思われるロリータすらも愛し、金を積んで我が物にしようとしました。それゆえにキルティを殺害しました。

ロリータを想いすぎるがゆえに殺人犯となってしまったハンバートだけが、異常なのでしょうか。

ハンバートへのシャーロットの想いや、キルティへのロリータの気持ちも、全て同列な欲深さを持っていると考えられます。

ロリータもハンバートも、理想を他人にあてがい、その結果裏切られました。いや、裏切られたのではなく、はじめから恋した相手が理想通りの人間などではなかったのです。

つまり、他人を理想の器とする行為自体が、破滅の道といえるのではないでしょうか。

まとめ


(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

本作品の登場人物は、皆どこかに異常な部分を持っているように描かれていました。

特にキューブリック作品である映画『博士の異常な愛情』(1964)で三役を演じ分けたピーター・セラーズの演じるキルティは、その妖しさを巧みに嗅ぐわせていました。

これは、ただそういった人物ばかりが登場しているのではありません。

人間の誰しもが、どこかに異常な部分を抱えながら生きているということです。そして、ロリータ・コンプレックスもまた、その一つです。

ロリータと結婚した炭鉱で働くジャックのように、異常を隠しながら生きていける者だけが、普通と呼ばれているに過ぎません。

キューブリック版映画『ロリータ』は、ハンバートが内に抱え隠していた、当人にしか分かり得ない欲望を、ハンバートの超至近距離でカメラに収めることで、あぶり出しています。

次回の『電影19XX年への旅』は…


(c)Warner Bros. Entertainment Inc.

スタンリー・キューブリック監督作品。ベトナム戦争そのものと、狂っていく人間の様を描いた『フルメタル・ジャケット』(1987)をお送りします。

【連載コラム】『電影19XX年への旅』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

SF映画おすすめ5選!洋画邦画ランキング(1970年代)の名作傑作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車89

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile089 過去のSF映画の傑作をご紹介するこの企画も、遂に1970年代へと入りました。 この時代のSF映画は特撮技術も大幅に進歩し、現在でもシリー …

連載コラム

『アクアマン』ネタバレ感想と評価。陽気な酔っ払いが海底王になる楽しさを解説|最強アメコミ番付評24

連載コラム「最強アメコミ番付評」第24回戦 こんにちは、野洲川亮です。 DCEUから大ニュースが二つ飛び込んできました。 一つは2021年公開予定の『ザ・バットマン』で、ベン・アフレックがバットマン役 …

連載コラム

韓国映画『マルモイ ことばあつめ』感想レビューと評価。監督オムユナが朝鮮語を守ろうとした人々を描く|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録12

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『マルモイ ことばあつめ』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・ …

連載コラム

ペドロ・アルモドバルの新作映画『ペインアンドグローリー』インタビュー【Pain&Gloryは個人的な記憶】FILMINK-vol.20

FILMINK-vol.20「Pedro Almodovar Gets Personal With Pain And Glory」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから …

連載コラム

映画『ゴジラVSモスラ(1992)』あらすじと内容解説。強いバトラは「バトルモスラ」の略称である|邦画特撮大全49

連載コラム「邦画特撮大全」第49章 2019年5月31日、遂に『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開されました。みなさんご覧になられましたか。人気怪獣“モスラ”が重要な役割で登場しています。 そ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学