Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック」シリーズ。

今回は2018年7月13日に、最新作『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(2018)の公開を控えたこのシリーズの魅力と歴史を再検証していきたいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ジュラシック・パーク3部作の歩み


©1992 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『ジュラシック・パーク』(1993)

『アンドロメダ病原体』など数多くの名作小説を生んだ小説家、マイケル・クライトンの原作を「インディー・ジョーンズ」シリーズなどで成功の波に乗っていたスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した『ジュラシック・パーク』。

深い科学的考察や、悪役であるネドリーが今で言う「ブラック」な扱いに耐え兼ね、惨劇を巻き起こすきっかけを作るなど、やや大人向けの内容だった原作を、当時の最新技術を用い、迫力満点の映像と重ね合わせることにより、高い人気を得ることに成功します。

今も昔も子供たちに人気の高い「恐竜」。

その「恐竜」の「テーマパーク」と言う設定は深く考えずともロマンたっぷりの設定。

モンスター・パニック映画としても見どころは多く、助けの来ない「孤島」が舞台なため、常に先の展開が読めないハラハラ感が続き、「ジュラシック・パーク」を共に主人公たちと共に冒険しているかのようなスリル感が味わえる名作です。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)

『ジュラシック・パーク』の人気を受け製作された続編『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』。

前作のメイン登場人物とも言えるイアン・マルコムを主人公に製作された今作。

原作から逸脱した内容であり、また前作からの期待値が高すぎたため、世間からの評判は芳しくありませんでしたが、アメリカ本土に上陸したT-レックスが暴れまわるシーンは今見ても大迫力です。

前作で描かれていた、「技術の進化における人間が負うべき責任」。

前作ではそれを放棄し、結果混乱を招く役目を担ったのがネドリーでしたが、今作ではより多くの人間が「お金」に目が眩み、その責任を放棄します。

シリーズの中でも人間の「愚かさ」や「後始末」と言った、ダークな部分がより多く描かれていた作品でした。

『ジュラシック・パークⅢ』(2001)

マイケル・クライトンの原作に頼らず、完全なオリジナル作品として製作された3作目。

この作品では、1作目の主人公であったアラン・グラントが1作目と同じ俳優であるサム・ニールによって演じられたことでも話題となりました。

今作では、「放棄された島」を舞台に、1作目のような「脱出」をメインとしたハラハラ感を復活させ、原点回帰を成功させています。

およそ90分ほどのコンパクトな上映時間の中に、皆が求める要素を上手く盛り込んだ作品で、何度見ても楽しめる気軽さも持ち合わせていました。

新たな「ジュラシック・パーク」の幕開け


(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment

『ジュラシック・ワールド』(2015)

そして、14年の時を経て再び作り出された「ジュラシック」の世界。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のクリス・プラットを主演に迎え撮影された『ジュラシック・ワールド』は全世界で大ヒットを記録します。

作中で描かれているのは、今までオープンした姿を観ることの出来なかった「恐竜のテーマパーク」が大盛況のもと、オープンしているというファンの誰もが憧れた舞台。

そして、またしても、夢の楽園は「人間のエゴ」によって絶望の舞台と変化していくわけですが、今作で最も特徴的な部分は、「人間」と「恐竜」の距離感です。

主人公のオーウェンは、恐竜の監視員兼、ラプトルの飼育員なのですが、恐竜に敬意を払う一方で、完全に信頼しあうことが難しいことも理解しています。

そのため、恐竜が解き放たれ、園内がパニックに陥ると、恐竜たちに一切の心を許さず警戒するオーウェン。

そんななか、迎えることになる飼育していたラプトルとの再会。

警戒するオーウェンとラプトルとの「距離感」の行方は、この作品最大の見どころとすら言えます。

スポンサーリンク

新3部作と旧3部作

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』予告編

「ジュラシック・ワールド」シリーズで製作総指揮を勤めるのは、初代監督であるスティーヴン・スピルバーグ。

そんな彼は、2015年より始まった「ジュラシック・ワールド」シリーズが3部作であることを明確に語っています。

つまり、最新作『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の後にもう1作、続編があるということになるのです。

奇妙な類似点


(C)Universal Pictures

1作目『ジュラシック・パーク』では、オープン直前のテーマパークを舞台に巻き起こる惨劇を描いています。

オープン直前とオープン後と言う差異はありますが『ジュラシック・ワールド』でも、綺麗な状態のテーマパークを舞台に惨劇が繰り返されます。

ここまでは、特筆すべきほどの類似点は無いのですが、問題は2作目と最新作『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の類似点にあります。

2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の物語は、「悲劇により放棄された島」から「悲劇の生き残り」に「恐竜を捕獲し移送させる計画」が「企業の悪巧み」を含み、描かれていました。

なんと、最新作でもこの構図は同じで、「悲劇により放棄された島」から「悲劇の生き残り」に「恐竜を捕獲し移送させる計画」が「企業の悪巧み」を含み描かれます。

しかも、「ある登場人物」の登場がこの奇妙な構図の一致を、「単なる偶然」ではなく「製作者の意図が込められたもの」であること証明しています。

つまり、あるかもしれない新3部作の最終作では、『ジュラシック・パークⅢ』を意識させるような内容になるのでは、と推測できるのです。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile006では、名作アニメ『時をかける少女』を主題とし、邦画における「夏」と「SF」の親和性を、アニメと実写の両方の視点から具体例を含め、語りたいと思います。

7月18日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

連載コラム

【2018年のSF・ホラー映画の評価まとめ】人気となったサメ映画や邦画SF作品の躍進を振り返る|SF恐怖映画という名の観覧車29

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile029 2018年も終盤に差し掛かり、次回のコラムでお会いする際にはもう2019年。 6月15日より、「SF恐怖映画という名の観覧車」と銘打ち始 …

連載コラム

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング|あらすじと感想。エイミー・シューマー主演の傑作コメディ|銀幕の月光遊戯17

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第17回 今年最後を締めくくり、新しい年を迎えるにふさわしい最高に可笑しくて、ハートフルな映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』をご紹介します。 主役のレ …

連載コラム

『キックアス』『ヒーローマニア-生活-』感想と比較考察。なりきりヒーローが行き着いたそれぞれの答え|最強アメコミ番付評8

連載コラム「最強アメコミ番付評」第8回戦 こんにちは、野洲川亮です。 2018年9月は『キャプテン・マーベル』、『ダークフェニックス』の予告解禁で、大いにテンションが上がっております。 さて、これまで …

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と評価。少女の内面を描くイマジネーションの世界|銀幕の月光遊戯4

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第4回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、TOHOシネマズ シャンテ他にて10月12日より公開される『バーバラと心の巨人』です。 『ベイ・マックス』のキャ …

連載コラム

『迫り来る嵐』ネタバレ解説と監督ドン・ユエの演出を考察。激動の中国で不安定な人間心理を描く|サスペンスの神様の鼓動7

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、香港返還に揺れる激動の中国を …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP