Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ナイトオブシャドー』あらすじネタバレと感想。ジャッキーチェンが魔法拳で妖怪ハンターに⁈|すべての映画はアクションから始まる9

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第9回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第9回は、2020年1月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開のジャッキー・チェン主演作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』(2020)を、ネタバレ有で内容解説いたします。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』の作品情報


(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
神探蒲松齢(英題:The Knight of Shadows: Between Yin and Yang)

【監督】
ヴァッシュ・ヤン

【製作】
アガン

【キャスト】
ジャッキー・チェン、イーサン・ルアン、エレイン・チョン、リン・ボーホン、リン・ポン

【作品概要】
太宰治や手塚治虫といった日本の文化人たちに影響を与えた、怪異短編集の最高傑作『聊斎志異(りょうさいしい)』の原作者として知られる清代中国の作家・蒲松齢(ホ・ショウレイ)。

彼をモデルにした主人公プウをジャッキー・チェンが演じ、邪悪な妖怪を封印する“陰陽の筆”を武器に大活躍するファンタジーアクション。

監督は、“中国第七世代の映画監督”と呼ばれる新鋭ヴァッシュ・ヤン、製作は、『モンキー・マジック 孫悟空誕生』(2014)、『西遊記 孫悟空vs白骨夫人』(2016)といった「西遊記」シリーズを手掛けたアガンです。

映画『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』のあらすじとネタバレ


(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd. All Rights Reserved.

はるか昔の中国。

妖怪の世界から人間たちを守っていた結界が破れ、妖怪たちが人間界へ押し寄せる事態が発生。

彼らを捕らえるために、凄腕の妖怪ハンターのプウが人間界に送り込まれます。

プウは小説家を装いながら、ワンヤオ、チューヤオ、ピピ、シンショウらお供の妖怪とともに、「陰陽の筆」の力を使って邪悪な妖怪たちを封印する日々を送っていました。

ある日、鏡の中の世界と人間界を行き来する魔女と、人間の魂を吸い取るシャオチンの妖怪姉妹による、人間の少女が誘拐される事件が多発します。

衛門府の見習い護衛兵のヤンフェイは、事件が妖怪の仕業であると推理しますが、上司の隊長に相手にされません。

そこで、ひょんなことから出会ったプウが妖怪ハンターと知り弟子入りを志願し、彼に事件の捜査を頼むのでした。

一方、町の知事の娘を誘拐し、彼女の魂を吸い取ろうとしたシャオチンは、チュイシャと名乗る男から妨害されます。

シャオチンは、「人間に戻してやる」とチュイシャに言われるも、娘の魂を吸い取り、逃亡。

逃げおおせたシャオチンは、その直後に鏡の魔女から、チュイシャを亡き者にしてやると告げられます。

チュイシャを大量の鏡で埋めつくした部屋へと誘い、襲い掛かる鏡の魔女。

チュイシャも必死で応戦しますが、鏡を活用する魔女の攻撃に苦戦します。

とどめを刺そうとする魔女の腕をシャオチンが制止したところで、魔女の所在を突き止めたプウの姿が。

闘いの末に魔女を魔法書に封印したプウは、気を失ったチュイシャを連れ帰り手当てをします。

意識を取り戻したチュイシャは、シャオチンを捕えようとするプウに協力を申し出ます。

人間の魂が吸えず、体が衰えていたシャオチンを追うプウたち。

あと一歩のところでシャオチンを封印しようとするも、彼女の身を案じたチュイシャに妨害され、取り逃してしまいます。

そこでプウは、改めて2人の関係を知ることに。


(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd. All Rights Reserved.

実はチュイシャは、元々は蛇の妖怪ツァイチェンでした。

影の中でしか生きられないツァイチェンは、明るい日の光を浴びられる人間になりたいと願っていました。

そんなある日、ツァイチェンは美しい人間の娘シャオチンと出会います。

心優しいシャオチンは、ツァイチェンを人間にするために自分の影を与え、その代わりに妖怪の魂をもらい、自ら妖怪となります。

ところが、邪悪な魂に憑りつかれて血が汚れてしまったシャオチンは、人間の魂を吸い取らなければ老いて死んでしまう体となってしまったのです。

人間のチュイシャとなったツァイチェンは、シャオチンが与えてくれた影を返して邪悪な魂を自身に取り込み、彼女を人間に戻そうとしていたのでした。

少女失踪事件の仕業が妖怪であることを改めて知事に伝えたヤンフェイは、彼から新たな隊長に任命されます。

プウは、隊長となったヤンフェイの権限を利用し、町内で大規模な宴を開かせることに。

宴に集った大勢の人間の魂を求めるシャオチンをおびき寄せようという考えからです。

作戦の妨げにならないよう、チュイシャを宴の場から離して縄で縛ったプウは、変装してシャオチンが来るのを待ちます。

やがて、踊り子に化けて人間に襲い掛かろうとするシャオチンとプウとの闘いが勃発。

そこに縄をほどいたチュイシャが現れ、またもやシャオチンを逃がそうとするも、プウはそれを振り切り、彼女を封印。

そして、お供の妖怪ワンヤオの記憶を消す能力を使い、チュイシャに学者を目指す若者という新たな記憶を植え付けるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』ネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

シャオチンの封印により、魂を奪われていた少女たちが解放されたことで、事件は終息したかに思われました。

ところが、チュイシャの処遇を不憫に思ったワンヤオが、勝手に彼の記憶を復活させてしまいます。

その頃プウは、自分が取った判断が最善だったのか自責するあまり、知事が主催の宴で酒を痛飲。

その後、千鳥足で帰宅するも、待ち構えていたチュイシャに陰陽の筆を奪われてしまいます。

チュイシャは陰陽の筆を使って、封印されたシャオチンを助けようとしたのです。

シャオチンを含む妖怪たちが封印された結界には地獄の門があり、その門を妖怪が下ると消滅してしまう力がありました。

地獄の門に投げられる寸前のシャオチンを救ったチュイシャを追う、プウとヤンフェイ。

シャオチンから邪悪な魂を吸い取ったチュイシャは、筆の力も加わりその魔力を増大させ、現世にまで妖怪を解き放ってしまいます。

暴走するチュイシャとプウとの闘いを見て、意を決してひとり地獄の門に身を投じるシャオチン。

我を取り戻し、シャオチンを救おうとするチュイシャでしたが、「ここで終わりにしましょう。あなたと一緒なら現世に帰れなくてもいい」との彼女の言葉を受け、共に門を下ります。

2人は、抱き合ったままその姿を消していくのでした。

全てが解決した数日後、ヤンフェイがプウを訪ねると、荷物をまとめて身支度する彼の姿が。

「出かけるぞ、弟子よ」とプウに告げられたヤンフェイは、笑顔で共に家を出ます。

プウの机には、チュイシャとシャオチンの話が書かれた小説『聊斎志異』が置かれていました――。

スポンサーリンク

ジャッキー・チェンmeets『ゲゲゲの鬼太郎』&『妖怪ウォッチ』


(C)2019 iQiyi Pictures (Beijing) Co. Ltd. Beijing Sparkle Roll Media Corporation Golden Shore Films & Television Studio Co., Ltd. All Rights Reserved.

ジャッキー・チェンの映画は、大まかに分けて2種類のジャンルがあります。

一つは、『ドラゴン・ブレイド』(2014)、『ザ・フォーリナー/復讐者』(2019)のような、ハードかつシリアスな映画。

そしてもう一つは、『ライジング・ドラゴン』(2012)や『カンフー・ヨガ』(2017)といった、観客層を限定しない、コメディ要素高めの映画でしょう。

本作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』は後者に相当し、妖怪ハンターのプウに扮したジャッキーが、悪しき者と闘います。

魔法によるコミカルなバトルに加え、プウを助ける4匹のお供の妖怪も愛嬌あるキャラクターであることなどからも、『ゲゲゲの鬼太郎』や『妖怪ウォッチ』テイストな、老若男女問わず楽しめる内容となっています。

魔法を駆使する新鮮なジャッキー

参考動画:『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』の本国版予告

ジャッキーが“人外=人ならざる者”と相対する作品は、実はあまり多くありません。

古くは『拳精』(1978)だったり、近年でも『THE MYTH 神話』(2005)ぐらいでしょうか。

ジャッキーによると、プウを演じるにあたり、エンターテインメント色を強める意味でも、かなり振り切ったキャラクターづくりを目指したそう。

ただ、本作を観た方は察しが付くと思いますが、あらすじの中心人物は、『ナイト・オブ・シャドー』というタイトルでも示されるように、“影の武士”であるチュイシャです。

そのため、どちらかといえばプウは狂言回し的なポジションに収まっています。

本作は、残念ながら中国の興行では苦戦を強いられたようなので、純粋な続編が作られる可能性は低いかもしれません。

ただ、プウのモデルとなった作家の蒲松齢の怪奇小説集『聊斎志異』は、およそ500篇ものエピソードで構成されており、その中からはキン・フー監督の『侠女』(1971)やジョイ・ウォン主演の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(1987)、同じくキン・フー監督&ジョイ・ウォン主演の『ジョイ・ウォンの魔界伝説』(1993)などが映画化されています。

魔法を使って闘うジャッキーが実に新鮮だっただけに、これで終わらせるのは惜しいもの。

可能ならば、『聊斎志異』の別エピソードを用いた新作なども観たいものです。

スポンサーリンク

吹き替え声優・石丸博也がギネス世界記録に認定!

参考:ぷろだくしょんバオバブの公式ツイッター

最後に、絶対に触れておきたい話題を。

本作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』にて、ジャッキーの吹き替えを40年以上務める声優・石丸博也が、”同じ声優による同一俳優への吹替え映画の最多数(申請時は75作品)”という前人未到の記録で、ギネス世界記録に認定されました(2020年1月時点で通算91作品)。

日本でのジャッキー人気の要因の一つなのは間違いない、“石丸ジャッキー”。

ギネス記録となった偉業を祝うとともに、今後の更なる活躍に期待しましょう!

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』感想レビューと評価。レクター博士とは対照的な“ぶざまな”殺人鬼|メランコリックに溺れたい4

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第4回『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 前回の連載コラムで取り上げた、テッド・バンディに続いて、実在した連続殺人犯の物語です。 1970年代のドイツを舞台にした …

連載コラム

映画『望み』ネタバレ解説考察。ポスターから『パラサイト』家族設定との類似点を紐解く|映画という星空を知るひとよ28

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第28回 映画『望み』は、2020年10月9日(金)より全国ロードショー。 この作品は、雫井脩介の同名小説を堤幸彦監督が映画化したもので、家を出たまま帰ってこな …

連載コラム

映画『ファルハ』あらすじ感想と解説評価。難民少女の実体験から‟扉の隙間から覗く戦争の真実”を描く|2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集8

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国際コンペティション部門ダリン・J・サラム監督作品『ファルハ』 2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映画産業の変革の中で新 …

連載コラム

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』感想と評価。タイジ役の太賀とその原作者本人とは|銀幕の月光遊戯8

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第8回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、2018年11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほかにて全国公開の映画『母さんがど …

連載コラム

【ネタバレ】クリフハンガーフォールアウト|あらすじ感想と結末の評価解説。サバイバルアクションでブリタニーアシュワースが“絶壁での戦い”に挑む【未体験ゾーンの映画たち2022見破録26】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第26回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が2022年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、大自 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学