Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/09
Update

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

  • Writer :
  • Cinemarche編集部
  • 石井夏子

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回

2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。

本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポートを通して、今のアジアを存分に堪能することができる「大阪アジアン映画祭」で上映された映画の作品解説や見どころ、また会場の様子などを報告していきます。

2019年3月8日(金)18時30分から大阪市北区の阪急うめだホールにて、第14回大阪アジアン映画祭(OAFF)のオープニング・セレモニーと、オープニング作品である日本映画『嵐電』の世界初上映が行われました。

オープニング・セレモニーでは、『嵐電』の鈴木卓爾監督、出演の井浦新さん、大西礼芳さん、金井浩人さんをはじめ多数のゲストが登壇。

本記事ではオープニング・セレモニーと、引き続き⾏われたオープニング上映『嵐電』の舞台挨拶の様子をお届けします。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

大阪アジアン映画祭オープニング・セレモニー

オープニング・セレモニーでは、『嵐電』の鈴⽊卓爾監督、出演の井浦新さん、⼤⻄礼芳さん、⾦井浩⼈さん、特集企画<ニューアクション!アジア>『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督、特集企画<Special Focus onHong Kong 2019>『⼥は⼥である』のメイジー・グーシー・シュン監督をはじめ、多数のゲストが登壇。

登壇者を代表して『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督から開幕の挨拶がありました。

「今回、初めて⼤阪を訪問しました。この10年間はアジアフォーカス・福岡国際映画祭に来ていました。

皆さんが私の映画を気に⼊ってくだされば、私はこれから⼤阪に10年、通うつもりです。映画祭の期間中、たくさんの喜びと楽しみと幸せな時間を過ごしてください」

チャン・リュル監督の和やかな雰囲気と、温かい挨拶により、本映画祭は明るく幕を開けました。

オープニング上映『嵐電』舞台挨拶

引き続き⾏われたオープニング上映『嵐電』の舞台挨拶では、出演の⽯⽥健太さん、窪瀬環さん、福本純⾥さん、川島千京さん、町⽥愛さん、若井志門さん、上原優⼈さん、早川聡さん、および⾳楽のあがた森魚さんも登壇し、チーム『嵐電』で舞台が“満員”に。

京都・嵐山を⾛る市街電⾞、通称“嵐電”を舞台に、3組の各年代に分かれたラブストーリーが展開するこの作品。

鈴⽊監督は、「⻄日本にあまり縁のない⼈⽣だったので、⼤阪アジアン映画祭のオープニングに⽴っているということにかなり驚いています」と最初にその驚きを伝えます。

そして「(僕のように)京都の外からやってきた⼈間と、京都の中にいる⼈が出会い、何が⽣まれるのかを描いたラブストーリーです。皆さんに、もっとニコニコしていただきたいという思いでつくりました」と続け、作品に込めた想いを語りました。

東京から京都にやってきた役者を演じた⾦井浩⼈さんは、「現実の中に突如ファンタジーが出てくるのですが、台本を読んだ時も物語として気持ちよく⼊ることができましたし、観客の皆さんにもそう感じてもらえるのではないかと思います。近くや遠くにいる誰かを思いたくなるような映画です」と観客に向けて話します。

⾦井さんの相⼿役となる、嵐電沿線在住の⼥性を演じた⼤⻄礼芳さんは、「(京都造形芸術)⼤学時代4年間を京都で過ごし、あちらこちらにいっぱい思い出がある街で撮影できたので、特別な気持ちになりました。在学中よりもこの作品の撮影を終えた時の方が、京都のことを好きになりましたし、皆さんも、もっと京都のことが好きになってもらえると思います」と撮影を振り返りました。

鎌倉からやってきたノンフィクションライターを演じた井浦新さんは、「これから嵐電の世界を⾃由に楽しんでいただきたいです」と第一声。

そして「今⼀緒に登壇している両サイドの若者たちは鈴⽊卓爾監督のもとで映画を学んでいる⽣徒で、この作品に参加しています。彼らと⼀緒にこの映画をやらせてもらえたのが⼀番の宝です」と続けて、共演者との絆の深さを感じさせました。

その後、登壇者⾃身が役名と名前を順番に紹介し、世界初上映ならではの感動的なシーンとなった舞台挨拶。

最後に鈴⽊監督は「⼤阪アジアン映画祭では日頃なかなか⾒る機会がない映画がたくさん上映されます。きっと忘れられない記憶、⾃分だけの物語が⽣まれるいい機会になるはずです」と多様な映画を⾒ることの意義についても触れました。

映画『嵐電』特報第2弾

スポンサーリンク

第14回大阪アジアン映画祭とは

優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて、人材育成と交流、大阪経済圏の活性化、都市魅力の向上を図る、大阪アジアン映画祭。

14回目を迎えた2019年は、3月8日(金)から3月17日(日)まで、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、国立国際美術館にて開催されます。

まとめ


(c)Migrant Birds OMURO Kyoto University of Art and Design

2019年3月8日(金)に行われた、第14回大阪アジアン映画祭(OAFF)のオープニング・セレモニーと、オープニング作品である日本映画『嵐電』の世界初上映とその舞台挨拶の様子をお届けしました。

第14回⼤阪アジアン映画祭は3月17日(日)までシネ・リーブル梅⽥(梅⽥)、ABCホール(福島)などで51作(うち、世界初上映10作、海外初上映6作)を上映。

詳細は⼤阪アジアン映画祭ホームページをご参照ください。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ヘレディタリー/継承』ネタバレ解説と評価。家族に潜む“恐怖の意味”と何か⁉︎|サスペンスの神様の鼓動6

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、『へレディタリー/継承』です …

連載コラム

『フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点』感想と評価。画家の知られざる人生とは|映画と美流百科14

連載コラム「映画と美流百科」第14回 こんにちは、篠原です。 毎回、新作映画を取り上げ、その映画で扱われているカルチャーも紹介している本コラムですが、第1回目で取り上げたのが芸術家の人生と作品を約90 …

連載コラム

『スウィンダラーズ』はヒョンビンの正統派アイドル映画|コリアンムービーおすすめ指南1

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第1回 はじめまして。このたび韓国映画に関するエッセイを書かせていただくことになりました西川ちょりと申します。 Cinemarcheでは通常の「あらすじ感想」 …

連載コラム

『ゾンビ』以後の生ける死体映画の感想と考察。SF的状況下における人間闇とは|SF恐怖映画という名の観覧車19

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile019 突如、地球の侵略を始めた宇宙人と人類の壮絶な戦いを描いたSF映画最新作、『スカイライン 奪還』(2018)が劇場で公開され、「立場の垣根 …

連載コラム

映画『シンプル・フェイバー』感想と評価解説。女優ケンドリックvs.ライブリーの華麗なる対決⁈|銀幕の月光遊戯21

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第21回『シンプル・フェイバー』 ダーシー・ベルが2017年に発表したミステリー小説『ささやかな頼み』をポール・フェイグ監督が映画化! アナ・ケンドリックとブレイク・ライブ …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP