Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/09
Update

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

  • Writer :
  • Cinemarche編集部
  • 石井夏子

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回

2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。

本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポートを通して、今のアジアを存分に堪能することができる「大阪アジアン映画祭」で上映された映画の作品解説や見どころ、また会場の様子などを報告していきます。

2019年3月8日(金)18時30分から大阪市北区の阪急うめだホールにて、第14回大阪アジアン映画祭(OAFF)のオープニング・セレモニーと、オープニング作品である日本映画『嵐電』の世界初上映が行われました。

オープニング・セレモニーでは、『嵐電』の鈴木卓爾監督、出演の井浦新さん、大西礼芳さん、金井浩人さんをはじめ多数のゲストが登壇。

本記事ではオープニング・セレモニーと、引き続き⾏われたオープニング上映『嵐電』の舞台挨拶の様子をお届けします。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

大阪アジアン映画祭オープニング・セレモニー

オープニング・セレモニーでは、『嵐電』の鈴⽊卓爾監督、出演の井浦新さん、⼤⻄礼芳さん、⾦井浩⼈さん、特集企画<ニューアクション!アジア>『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督、特集企画<Special Focus onHong Kong 2019>『⼥は⼥である』のメイジー・グーシー・シュン監督をはじめ、多数のゲストが登壇。

登壇者を代表して『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督から開幕の挨拶がありました。

「今回、初めて⼤阪を訪問しました。この10年間はアジアフォーカス・福岡国際映画祭に来ていました。

皆さんが私の映画を気に⼊ってくだされば、私はこれから⼤阪に10年、通うつもりです。映画祭の期間中、たくさんの喜びと楽しみと幸せな時間を過ごしてください」

チャン・リュル監督の和やかな雰囲気と、温かい挨拶により、本映画祭は明るく幕を開けました。

オープニング上映『嵐電』舞台挨拶

引き続き⾏われたオープニング上映『嵐電』の舞台挨拶では、出演の⽯⽥健太さん、窪瀬環さん、福本純⾥さん、川島千京さん、町⽥愛さん、若井志門さん、上原優⼈さん、早川聡さん、および⾳楽のあがた森魚さんも登壇し、チーム『嵐電』で舞台が“満員”に。

京都・嵐山を⾛る市街電⾞、通称“嵐電”を舞台に、3組の各年代に分かれたラブストーリーが展開するこの作品。

鈴⽊監督は、「⻄日本にあまり縁のない⼈⽣だったので、⼤阪アジアン映画祭のオープニングに⽴っているということにかなり驚いています」と最初にその驚きを伝えます。

そして「(僕のように)京都の外からやってきた⼈間と、京都の中にいる⼈が出会い、何が⽣まれるのかを描いたラブストーリーです。皆さんに、もっとニコニコしていただきたいという思いでつくりました」と続け、作品に込めた想いを語りました。

東京から京都にやってきた役者を演じた⾦井浩⼈さんは、「現実の中に突如ファンタジーが出てくるのですが、台本を読んだ時も物語として気持ちよく⼊ることができましたし、観客の皆さんにもそう感じてもらえるのではないかと思います。近くや遠くにいる誰かを思いたくなるような映画です」と観客に向けて話します。

⾦井さんの相⼿役となる、嵐電沿線在住の⼥性を演じた⼤⻄礼芳さんは、「(京都造形芸術)⼤学時代4年間を京都で過ごし、あちらこちらにいっぱい思い出がある街で撮影できたので、特別な気持ちになりました。在学中よりもこの作品の撮影を終えた時の方が、京都のことを好きになりましたし、皆さんも、もっと京都のことが好きになってもらえると思います」と撮影を振り返りました。

鎌倉からやってきたノンフィクションライターを演じた井浦新さんは、「これから嵐電の世界を⾃由に楽しんでいただきたいです」と第一声。

そして「今⼀緒に登壇している両サイドの若者たちは鈴⽊卓爾監督のもとで映画を学んでいる⽣徒で、この作品に参加しています。彼らと⼀緒にこの映画をやらせてもらえたのが⼀番の宝です」と続けて、共演者との絆の深さを感じさせました。

その後、登壇者⾃身が役名と名前を順番に紹介し、世界初上映ならではの感動的なシーンとなった舞台挨拶。

最後に鈴⽊監督は「⼤阪アジアン映画祭では日頃なかなか⾒る機会がない映画がたくさん上映されます。きっと忘れられない記憶、⾃分だけの物語が⽣まれるいい機会になるはずです」と多様な映画を⾒ることの意義についても触れました。

映画『嵐電』特報第2弾

スポンサーリンク

第14回大阪アジアン映画祭とは

優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて、人材育成と交流、大阪経済圏の活性化、都市魅力の向上を図る、大阪アジアン映画祭。

14回目を迎えた2019年は、3月8日(金)から3月17日(日)まで、ABCホール、シネ・リーブル梅田、阪急うめだホール、国立国際美術館にて開催されます。

まとめ


(c)Migrant Birds OMURO Kyoto University of Art and Design

2019年3月8日(金)に行われた、第14回大阪アジアン映画祭(OAFF)のオープニング・セレモニーと、オープニング作品である日本映画『嵐電』の世界初上映とその舞台挨拶の様子をお届けしました。

第14回⼤阪アジアン映画祭は3月17日(日)までシネ・リーブル梅⽥(梅⽥)、ABCホール(福島)などで51作(うち、世界初上映10作、海外初上映6作)を上映。

詳細は⼤阪アジアン映画祭ホームページをご参照ください。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ドントイットTHEEND』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。子供が行方不明の未解決事件の20年後の恐怖ホラー|未体験ゾーンの映画たち2020見破録49

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第49回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第49回で紹介するのは、モロッコを舞台にしたモンスター・ホラー映画『ドント・イットTHE END』 …

連載コラム

映画『エマの瞳』あらすじと感想レビュー。不器用な人々を暖かく見守る視点|銀幕の月光遊戯23

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第23回 映画『エマの瞳』が2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館、横浜シネマ・ジャック&ベティほかにて全国順次公開されます。 『エマの瞳』はイタリアの名匠シルヴィオ・ …

連載コラム

【東京国際映画祭2019 受賞作品一覧】東京グランプリは『わたしの叔父さん』に決定|TIFF2019リポート11

2019年10月28日から11月5日まで開催された、第32回東京国際映画祭(TIFF)の「コンペティション部門」をはじめ、各部門の受賞作品と受賞者が発表されました。 2019年のTIFFの各受賞結果を …

連載コラム

『ブルーカラーエスパーズ』あらすじ感想と評価解説。キャストに加藤千尚や髙橋雄祐らを起用し日本を舞台にSF映画を巧みに仕立てる|2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集1

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国内コンペティション長編部門エントリー/小林大輝監督作品『ブルーカラーエスパーズ』 2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映 …

連載コラム

『ダークナイト』ネタバレ感想と映画評価。ヒースレジャーのジョーカーが完成させた伝説|最強アメコミ番付評38

連載コラム「最強アメコミ番付評」第38回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は、故ヒース・レジャーがバットマンの宿敵ジョーカーを演じ、大きな話題を呼んだシリーズ第2作の『ダークナイト』(2008)を考 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学