Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/04
Update

映画『ラブ・エクスペリメント』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ヤバい美女監禁を英国スリラーとして描くも“驚がくな展開”を突く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録6

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第6回

世界の様々な映画やキワどい作品を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第6回で紹介するのは、ソリッド・シチュエーションスリラー映画『ラブ・エクスペリメント』。

古典的名作『コレクター』(1965)以来、何度も映画化されている美女監禁映画。同じ状況描いた日本映画『盲獣』(1969)は、江戸川乱歩の小説を原作とする作品です。

洋の東西を問わず古来より描かれた監禁モノ。異常な心理と人間関係が織りなす妖しいテーマに、人を魅了されて止みません。

当然B級ジャンル映画の世界でも人気の題材です。しかし繰り返し描かれた設定だけに、新たに誕生する作品には様々な趣向が求められます。

今回登場した作品は、いかなる展開を見せるのでしょうか。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ラブ・エクスペリメント』の作品情報


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【原題】
Hippopotamus

【監督・脚本・編集・製作】
エドワード・パーマー

【キャスト】
イングヴィルド・デイラ、スチュアート・モーティマー、ジョナサン・コッブ、トム・リンカーン

【作品概要】
「君を誘拐した。僕を愛するまで君を監禁する」、と告げた男。女を支配する企ては、どのような結末を向かえるのか。かつてないブレイン・サスペンス映画の登場です。

エドワード・パーマーの長編初監督作品は、ザ・マンスリー・フィルム・フェステイバル(TMFF) で最高長編映画賞を獲得しました。

主演のイングヴィルド・デイラは、『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)でレイア姫を演じました。

といっても彼女は、若き日のキャリー・フィッシャーの変わりを務める「ゴースト女優」として出演。確かにレイア姫の雰囲気をもった彼女が、謎の男に監禁されます。

映画『ラブ・エクスペリメント』のあらすじとネタバレ


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

暗い水の中に沈んでいる、若い女の姿が映し出されます。彼女の手を、何者かが掴みました…。

閉ざされた殺風景な部屋で、1人の女性が目覚めます。彼女は痛みに襲われ動けません。両膝に血に染まった包帯が巻かれていました。

部屋には洗面台とトイレが設置され、洗面台の上には傾いたイスと、脳の断面図を描いた素朴な絵が飾ってあります。

部屋の電灯が点きました。彼女の傍らに男が立っています。

自分の名はトム・オールクロフト(スチュアート・モーティマー)、君を誘拐した。君を監禁する。それは僕を愛するようになるまで、と告げる男。

トムはさらに言葉を続けます。君の名はルビー・ワッツ(イングヴィルド・デイラ)、25歳。大学で法律を学んだと言い、両親の経歴を語り、一人っ子で今も暗闇が怖いと教えます。

君の靭帯は切断した。また歩きたいなら無理に動くな。君の私物のカバンはそこにあって、中身は見ていないと説明する男。

鎮痛剤とピルがあるので飲め、食事は1日3回持ってくる。体は1日おきに拭いてやる。

トイレは介助する、無理に動けば、脚に取り返しのつかないダメージを受けるだろう。

照明は午前7時点灯、午後11時消灯。逃げようとするな、足は傷付いている上に、一番近い家まで10マイル以上あると告げます。

彼女に自分を犯したのかと質問されると、否定して部屋から出るトム。

それ以上多くを語らず、トムは約束通り食事を運び、壁にもたれて眠った彼女の体を床に横たえます。

翌朝、ルビーはトムが姿を消してからカバンの中身を確認します。身分証明書の内容は彼の説明通りでした。

彼女は記憶を失い、自分が何者か理解してないようです。トムの告げた言葉は真実でしょうか。

カバンにはテニスボールが入ってきました。男の足音が聞こえ、カバンの中身を戻すと元の位置に戻ったルビー。

転がったボールを隠した時、食事を持ったトムが入ってきます。薬を飲まないと痛みは悪化すると言い、痛み止めを飲ませるトム。

眠りについたルビーは、自分が水中にいる夢を見ていました。

目覚めた彼女は起きようと試み、痛みを感じ悲鳴を上げます。傍らにいたトムは、そんな行為は傷を悪化させるだけだと告げます。

改めて男が何者か尋ねたルビー。トムは最初に告げた言葉を単調に繰り返しました。

お前には休養と薬が必要で、渡したピルは面倒を減らす処置であり、それ以上の意味はないと説明するトム。

自分を犯したのかと問われたトムは、その言葉に怒った態度を見せて部屋から姿を消しました。

彼女の脚のリハビリを丁寧に行い、約束通り体を拭くトム。ルビーはテニスボールを壁に投げて時間を過ごします。

自分の耳の後ろに傷があると気付き、カバンの中の手鏡を割り、その破片で確認したルビー。

トムの来る物音に気付いた彼女は、とっさに鏡の破片を包帯の中に隠しました。

単調な生活が繰り返されます。時間が来ると消灯し、彼女が眠りにつくと部屋を清掃するトム。彼女が寝ている間、録音したメッセージを流します。

彼はタイマーのアラームに従って、決められた生活を繰り返しています。朝になるとメッセージを停め、電気を付けるトム。

彼女が目覚めると、初日と同じメッセージを伝えるトム。この行為が幾度繰り返されたでしょうか。

ある日ルビーは洗面台の配管を傷付け、僅かな漏水を発生させます。

食事を持ってきた後、水回りを確認し始めたトムに、あなたを愛せなかった場合は私はどうなるのと訊ねたルビー。

監禁を続けるだけと言うトムに、彼女は愛の告白に女性の脚を傷付けるのはロマンチックな行為で無いと語りかけます。

水を拭き始めたトムは、君が冗談が言えるようになったのは良い傾向だと語りました。

退屈しているルビーのために、何かしてやろうと言うトム。彼は壁の2枚の絵をどう思うか感想を求めます。

改めて望みを聞かれると、枕と毛布と退屈をしのぐ本が欲しいと頼んだルビー。

マットレスと毛布と枕を用意し、彼女に本を渡したトム。本をめくったルビーに過去の記憶の断片が蘇ります。

途切れたような何かの光景が浮かびます、それ以上のことは思い出せません。彼女はその事実をトムに伝えました。

本は記憶を呼び戻す引き金だ、と語るトム。強い感情が奥底の眠る記憶を復元すると教えます。

本当の自分を取り戻したいルビーは、他に何が記憶を呼び戻すきっかけになるのか尋ねました。

イメージや音、感情や匂い、そしてそれらの組み合わせだと教え、記憶を取り戻す手助けを約束するトム。

監禁された以前の記憶を持たないルビーは、少しずつトムを信用し始めたようです。

食事を持ってきたトムが、温かい飲み物は必要かと尋ねました。ルビーはルイボスティーを頼みました。

それは良い選択だと言い、すぐ持って現れるトム。その香りが彼女の記憶を呼び覚まします。

トムは事前にルイボスティーを用意していました。渡された本といい、彼は確実に自分の過去を知っていると気付くルビー。

なぜ知っているのと聞かれ、君について研究したと答えるトム。

渡された本を眺めていたルビーですが、あるページが外れていました。その下にあった白い紙には、何かが書いてあります。

黒い炭のようなもので記された複雑な模様ですが、彼女はそれがアルファベットに似ていると気付きます。

何かに気付いたルビーは、割った鏡の破片に模様を映してみます。複雑な模様に見えたものは、鏡文字で書かれた文章でした。

そこには「彼を信用するな」と書いているように見えました。

彼女の発見に気付くことなく、嬉しそうにテーブルを持って現れたトム。

テーブルで2人は食事をとりますが、ルビーは何も語りません。どうしたのか尋ねたトムに、私以前に何人監禁したのか聞くルビー。

トムは何の話か理解できない様子です。ルビーは本に記されたメッセージを、以前彼に監禁された者からのメッセージと考えていました。

恐らくトムは目を付けた女性をストーカーし、調べ上げて研究し、誘拐して記憶を奪い監禁する。そして恋に落ちるよう誘導する。

目的を果たせば被害者を殺害し、遺体を処分する。それを何回も、何十回も繰り返してきたと告げたルビー。

それを聞いたトムは、グラスを叩き割って黙り込みます。ルビーは私を最後にして欲しいと言いました。

以前に監禁した人間などいない、君だけだと言って立ち去るトムは、深く傷付けられた様子です。

ある日、ルビーは脚の靭帯の傷が回復していると気付きました。ヨロヨロと立ち上がった彼女は扉に向かいますが、部屋から出る事はかないません。

本に書かれた鏡文字の匂いで、記憶がよみがえり壁のブロックの1つを外したルビー。

中から無数の使用済みマッチの軸が現れます。あの文字はこの部屋に監禁された人物が、使用済みのマッチの軸の炭で記したものでした。

その日、ルビーは共に食事中のトムに、ムードを出すためのロウソクが欲しいと提案します。

ロウソクを用意し火を付けたトムに、私を助けようとしているあなたに対して、混乱して失礼なことを口走ったと語りかけるルビー。

それを聞き記憶を取り戻すために、より多くの刺激を与えようと提案するトムに、彼女は水の中に沈む夢をよく見ると話します。

それは悪夢ではなく穏やかなもので、最後に誰かが私の手をつかみ引き上げくれる、と説明したルビー。

新たな本を持ってくる、と言って部屋を出て行くトム。ルビーは彼が残した、使用済みのマッチの軸を手に入れました。

与えられた本を読み、そして何かを記すルビーは、夜はトムに気付かれぬ様に足を鍛え始めます。

現れたトムには、まだ足は不自由で身動きがとれない風を装います。

彼女は本の余白に、マッチの軸の炭で「騙されたふりをする」と記していました。

以下、『ラブ・エクスペリメント』のネタバレ・結末の記載がございます。『ラブ・エクスペリメント』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

ルビーは監視の目を逃れて体を鍛えた結果、力はかなり回復していました。しかしトムの前では不自由な体を装います。

ある日の夜、特別な料理を持ってきたトムは、髭を剃り落していました。

髭を落とした彼の顔を見て料理を食べた時、かつてトムと一緒にレストランで食事をした記憶をよみがえらせたルビー。

今回はその場にいたかのような、鮮明な記憶をだったと言うルビーに、それはフラッシュバルブ記憶と呼ばれるものだと説明するトム。

その引き金となったのは食事だ。思い出したのは記念日の食事で、私たちは一緒にいたとトムは告げました。

洗面台で歯を磨いていたルビーは、貼ってあるイスの絵にR.A.W、自分の名前ルビー・アン・ワッツのイニシャルがサインされている、と気付きます。

部屋の小さな窓から見えるのは海でしょうか。ボートを漕ぐ1人の男がこちらに向かっていました。

今読んでいる本のこの章は、自分のお気に入りだったと思う、と語ったルビーに、君とその本は切っても切れない関係だった、と笑顔で話すトム。

トムは彼女との思い出を語り、ルビーは与えられた紙に絵を描きます。壁は絵で埋め尽くされました。

気を許したトムは、彼女の前で思わず眠りに落ちます。それに気付いて立ち上がり、静かに扉に向かうルビー。

彼女がノブに手をかけようとした時、外は寒いぞ、コートがいるぞと声をかけたトム。

落ちていたテニスボールを掴み、ルビーは眠れないと呟きます。

その夜眠っていたルビーにトムがそっと触れた時、彼女は何かを思い出しました。

翌日、本を読んでいたルビーの手を取って立ち上がらせ、曲を流すと彼女とダンスを始めるトム。

ルビーに記憶がよみがえります。それはプロムの夜でしょうか、進学で人生の岐路に立った2人は同じ曲でダンスをしていました。

残る人生をルビーと共に過ごしたいと告白したトム。彼女はその言葉を受け入れます。

その記憶を本物と確信したルビーは、かつて2人は間違いなく愛し合っていたと認め、トムに伝えました。

彼女が確実に記憶を取り戻していると判断したトムは、部屋の照明やスピーカーを操作するリモコンを渡します。

ルビーは曲を流し、それに合わせて踊りトムを誘います。自分を受け入れた彼女に、なぜこんな事になったのかを告白するトム。

2人が付き合っていた頃のある日、トムは終電を逃し帰宅が遅れました。

その日トムの同居人ニック(トム・リンカーン)と飲んでいたルビー。2人はトムの家に戻りますが、酔ったニックはルビーに迫ります。

トムは友人のロブ(ジョナサン・コッブ)に連絡して、彼の車で家に送ってもらいました。

ニックは自分を拒絶するルビーを殴った上で襲いました。そこに帰ってきたトムはニックを怒りにまかせて殴り、死なせてしまいます。

意識を取り戻したルビーは記憶を失っていました。救急車を呼ぼうとするロブを止めたトム。

今回の件を自分の責任だと感じたトムは、ルビーに寄り添い彼女を守ろうと決意します。

ロブは逃亡に力を貸し、北の遠く離れた地まで送り届けると、2人に別れを告げました。

そしてボートで渡った小さな島の廃農場で、地下室のある荒れた家を見つけます、その家にルビーを連れていったトム。

しかし記憶を失ったルビーは、トムが誰であるか覚えていません。やむなくトムは彼女を地下室に監禁します。

彼はルビーを救おうと、脳と記憶について多くを学びました。彼女は頭部を殴られたショックで逆行性健忘症を発症し、それ以前の多くの記憶を失っていました。

しかも彼女は新たな記憶も覚えられず、眠りから覚めると事件直後の記憶状態にリセットされます。彼女は脳は記憶をつかさどる海馬を損傷していたのです。

記憶障害について学んだ彼は、記憶をよみがえさせる術を身に付けます。管理された睡眠もそのための手段でした。

しかし記憶を呼び覚ますには、様々な引き金が必要です。何かのきっかけで事件直後の状態に記憶が戻ることを利用して、様々なシナリオを試し始めるトム。

ある時はカウンセラーとして、ある時は事件を取り調べる刑事として、ある時は精神科医に扮して、事件直後の状態の彼女の前に姿を現します。

そして今回は悪役、ルビーを監禁した男を演じたのです。彼女を監禁した男を演じ続ける過程で、記憶を取り戻させようと試みました。

ついに自分を取り戻し、涙を流したルビーはトムと愛し合いました。

しかし、目覚めたルビーはトムを鏡の破片で激しく刺します。血が飛び散り、うめき声を上げたトム。

彼女はよみがえった記憶よりも、自分自身からのメッセージを信じたのでしょうか。それともよみがえった記憶を失ったのでしょうか。

返り血にまみれたルビーが家の外に出ます。トムの言う通り、ここはどこかの島の廃屋でした。

彼女は水に浮かべようとボートを押しました。しかしボートだけが流され、彼女は岸に倒れます。

ルビーが目覚めた時、彼女は病院のベットの上にいました。医師は彼女に手術は成功したと告げます。

あなたは短期間の記憶障害だが、必ず治すことが出来る。それでは恋人を呼んできます、と伝えた医師。

そう言って病室を出た先は、あの廃屋の中でした。マスクをした医師は、トムの顔をしていました。

ルビーの記憶を呼び覚まそうと、トムは新たなシナリオを用意したのでしょうか。

彼女を監禁しているのはトムでしょうか、それともルビー自身の記憶でしょうか。

スポンサーリンク

映画『ラブ・エクスペリメント』の感想と評価


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

本作をよからぬ行為を繰り広げる、美女監禁映画と思って見た方はビックリしたでしょう。

『メメント』(2000)など、記憶喪失を扱う映画は多々ありますが、このようなスタイルで切りこんだ映画は思いつきません。

強いて類似作を求めるなら『50回目のファーストキス』(2004)、それを悪夢のような展開にした映画と言えるでしょう。

倒錯した世界の際どさは無いものの、脳と記憶について扱ったユニークなミステリーです。

そして報われぬ男の愛がハートに刺さるお話。ジャンル映画が大好きな男のハートを刺激してくれます。

低予算で作られたソリッド・シュチュエーション映画

参考映像:『Hippopotamus』(2015)メイキング映像

本作はエドワード・パーマーが、クラウドファンディングを利用し2015年に製作した映画を、さらに発展させた作品です。

2015年作品のメイキング映像を見ると、映画製作を学ぶ若者たちが手掛けた作品、ということが伝わってくるでしょう。

本作とは異なるセットを使用していますが『ラブ・エクスペリメント』の主要キャスト2名が、すでに2015年作品に出演しているのが確認できます。

2015年の作品は製作費500ポンド、そして今回の作品も監督が大学在学中に、製作費5000ポンドで完成させたと知って驚きました。

『ソウ』(2004)を思わせる状況から始まる、意外な目的を持って女性を監禁した誘拐犯の物語は、大きなプロジェクトに成長し日本で劇場公開されるまでになったのです。

タイトルのお遊びはイギリス流?


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

本作の原題は”Hippopotamus”、動物のカバ(河馬)です。しかし脳の記憶をつかさどる部分は”hippocampus”、海馬と表記します。

英語も日本語も2つの言葉は似た表記です。本作の劇中には登場人物が、2つの言葉の間違いを正すシーンがありますから、意図して使用したタイトル表記だとお判りでしょう。

ルイス・キャロルの小説など、イギリスと言えば言葉遊び文化が盛んなお国柄です。

このタイトルが映画を読み解くヒントになるのでは、と考えました。主人公に与えられた本はルイス・キャロルの著作?と疑いましたが、本のタイトルまで判明しません。

何かここに監督の意図、映画に用意された仕掛けがあるように思われます。

まとめ


(C)Edward Alexander Palmer All Rights Reserved.

ありがちなジャンル映画に見えて、実は記憶をテーマにした、ユニークなミステリーである『ラブ・エクスペリメント』。

ところで本作のラストに困惑する方が多いようです。男の行為が報われるハッピーエンド、全く報われないバットエンドいずれかを提示してくれた方が、疑問は湧かなかったでしょう。

ですが本作は、謎めいたシーンで幕を閉じます。単純に解釈すれば、邦題になった「愛の実験」が繰り返されたと解釈すべきです。

しかし原題の言葉遊びなどがが、ルイス・キャロルの文学世界を示すなら、本作の出来事は全て迷宮の中の出来事。例えば主人公の脳の中で起きているとも解釈できます。

そうであれば2人以外いない孤島、成り立つとは思えない2人だけの生活も、別の意味を持ってきます。

いささか深読みですが、主人公が見る水の中の夢や、繰り返し使用される地下室など、映画は様々な迷宮の中の物語であることは間違いありません。

強引で破綻を秘めた設定と見るか、深い謎と解釈の余地を残した映画と見るか、あなたはどちらを選びますか。

エロのあるジャンル映画、を期待して見た人が妙な気分になるのも当然です。若きエドワード・パーマー監督の次回作が、非常に気になります。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)MMXVIII AIRPICK PICTURES LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

次回、第7回は旧神と呼ばれる邪神と人類は密かに闘っていた!邪神を巡る攻防を描くサバイバル・アクション『Black Site』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

『ウィリーズ・ワンダーランド』ネタバレ結末評価とあらすじ感想。悪ノリスラッシャー映画で我らがニコラス・ケイジまたも怪演で殺人ロボットを瞬殺す|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー61

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第61回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

映画『パニック・イン・ミュージアム』ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。モスクワ劇場占拠テロ事件からロシア社会を読み解く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録39

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第39回 世界各地の埋もれかけた様々な映画を発掘・紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第39回で紹介するのは『パニック・イン・ミュージア …

連載コラム

『スパイダーマン』ライミ版からアメイジング。そしてMCU版へ|キャラクター映画史1

連載コラム「キャラクター映画史」第1回 今ではアメコミ映画って何って聞くと、頭に思い浮かぶ存在となったスパイダーマンですが、実は映画化までは一筋縄にはいきませんでした。 (C)Marvel Studi …

連載コラム

イラン映画『死神の来ない村』あらすじと感想レビュー。老人の“終の姿”にこそ生きる希望を見出す|TIFF2019リポート30

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『死神の来ない村』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学