Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/12
Update

映画『ウィッチクラフト』あらすじネタバレと感想。魔術系オカルトファンに贈る昭和テイストな“エコエコがくる‼︎”|未体験ゾーンの映画たち2020見破録6

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第6回

劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田で実施、一部上映作品は青山シアターで、期間限定でオンライン上映されます。

前年は「未体験ゾーンの映画たち2019」の全58作品のすべてを見破し、紹介させて頂きました。

今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第6回で紹介するのは、意外な設定のサスペンスホラー『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』

アルゼンチンで製作会社を設立し、様々な作品・脚本を発表しているマルセロ・パエス・キュベルス監督が、「未体験ゾーンの映画たち2018」で上映された『Z Inc. ゼット・インク』の脚本家、マティアス・カルーソの手掛けたオリジナルストーリーを映画化した作品です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』の作品情報


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

【日本公開】
2020年(アルゼンチン映画)

【原題】
Bruja

【監督】
マルセロ・パエス・キュベルス

【キャスト】
エリカ・リバス、ミランダ・デ・ラ・セルナ、レティシア・ブレディス、パブロ・ラゴ

【作品概要】
捕えた者を薬漬けの性奴隷にして売買する組織の手に落ちた女子高生。しかし彼女の母は魔女でした。魔術の力で娘を救おうとする母親の姿を描くサスペンス・スリラー映画。

主人公の魔女を演じるのは、オムニバスコメディ映画『人生スイッチ』で、ドタバタ騒ぎになる結婚式の花嫁を演じたエリカ・リバス。彼女を支える男を『瞳の中の秘密』や「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品『ゲット・アライブ』に出演の、パブロ・ラゴが演じます。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』のあらすじとネタバレ


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

まだ幼いセレナは魔女である祖母と共に、たき火の前で酒を飲み騒ぐ2人の男を見つめていました。殺されたマリガリータの仇である2人の男に、制裁を加えようとしています。

呪いをかけるには、その相手が触った物が必要です。祖母の言いつけで男たちの酒瓶を取ったセレナ。魔術で呪いをかけるには、自分の大切なものを捧げねばなりません。祖母は自分の身を傷つけ、瓶に血を垂らします。

心優しいセレナは男たちの死を望んでいませんでしたが、祖母は呪文を唱え酒瓶を地に沈めると、男たちの悲鳴が聞こえます。

セレナは祖母に男たちがどうなったかを訊ねますが、祖母はもう悪事をすることはない、とだけ答えます。そしてこの力を継ぐであろうセレナに、自分の首飾りを渡します。

そして現在。魔術で生計を立て、娘と細々暮らしているセレナ(エリカ・リバス)は、雑貨屋で物を買おうとしていました。

しかし魔女であるセレナを快く思わない雑貨屋の主人は、通常より高い値段で支払いを要求します。その扱いに怒ったセレナは、一度店を出ると魔術を使います。少額紙幣に自分の血を垂らし、術をかけるとそれは高額紙幣に変わりました。それで支払いを済ますセレナ。

彼女は街の外れのみすぼらしい小屋に住み、小さな畑を耕しヤギや鶏を世話して、娘と2人で暮らしています。セレナが自宅に戻ると、児童福祉局の女が調査に来ていました。

家庭の環境が娘に相応しいかを調べる女に、セレナは誰かが嫌がらせで福祉局に訴えたと抗議しますが、良い報告を望むならと賄賂を要求する女。セレナは怒って彼女を追い出します。

しかし娘ヘレン(ミランダ・デ・ラ・セルナ)は、福祉局の女に不利な事は話しませんでした。ヘレンは母を愛していましたが、いつまでも自分を子ども扱いする態度と、貧しくスマホも買って貰えない環境には文句を言います。

携帯が無ければ危険な時にどう連絡するの、と言うヘレンに、彼女は魔術をかけたお守りを持たせていました。貧しいながらも、自分なりに娘を守る手を尽くしているセレナ。

お金にトリックを教えてという娘に、セレナはトリックではないと言い、真面目に魔術を学ぶように諭します。そこでヘレンが術を使って筆記を行うと、親子の絆で結ばれたセレナの体は乗っ取られ、曇った鏡に文字を書いていきます。

セレナが我に返ると、鏡には「携帯が欲しい」と書かれていました。我が娘の能力に喜ぶセレナ。しかしヘレンが高校のパーティーに行くと告げると、悪い男に引っかからない様付いて行きます。そんな少々過保護な一面もありました。

学校のパーティで同級生の友人、ファティマと仲良く過ごすヘレン。しかしセレナは高校の女校長に、児童福祉局に訴えたのかと抗議します。校長は魔術を生業とするセレナを、ヘレンにも学校の他の生徒にも、良くない影響を与える存在だと考えていました。

パーティーには他にも生徒の保護者が来ています。ファティマの父・リカルド(パブロ・ラゴ)は、周囲に手品を披露していました。

セレナに気づいたリカルドは、彼女がファティマに持たせたお守りに文句を言います。それは若い娘を守るのものだ、と彼女は説明しますが、娘にはかかわるな、互いに別のマジックをしようと言い放つリカルド。

居場所を失い1人会場を後にしたセレナは、学校の広場でヘレンとファティマらが、男と談笑する姿を見て帰宅します。

その男パコは、言葉巧みにヘレンらに、レース場のコンパニオンのアルバイトをしないかと誘っていました。容姿を褒められ、バイトはモデルになるチャンスだと言われ、ヘレンは携帯電話欲しさもあってファティマら友人と共に、その話を受けました。

次の日ヘレンとファティマら女子高生たちは、パコに指示で集められ、アルバイトに応募するためと称して、写真撮影の場所へと案内されます。

そこで男に銃を突きつけられたヘレンたち。ファティマらの携帯は取り上げられ、皆監禁されました。ヘレンは母に危機を知らせるべく、術を使って地面にメッセージを書きます。

ヘレンの術に感応し倒れるセレナ。気付くと彼女は植木鉢からこぼれた土の上に、「誘拐された」との文字を書いていました。

娘からの知らせに驚いたセレナは、自転車を走らせファティマの家に向かいます。彼女の父リカルドはヘレンは不在だが、ファティマと共に出かけたと答えます。娘が誘拐されたとの言葉に驚くリカルドですが、彼がファティマに電話をかけても連絡はとれません。

セレナはリカルドから聞いた、娘たちの行き先である公園に向かいましたが、そこには誰もいませんでした。

ヘレンたちは銃を突き付けた男の母親、マリサ(レティシア・ブレディス)に告げられます。お前たちが年齢を偽ったためにレース場との契約は破棄され、私は損害を被った。その分お前たちに稼いでもらう。無論言いがかりに過ぎず、女子高生らは自分たちの運命を悟ります。

娘の誘拐を訴えに警察に現れたセレナですが、市長に妻の葬儀に駆り出されていた警察に無駄に待たされたあげく、ようやく話をしても誘拐だと信じてもらえません。そもそも電話を持たない娘からどう連絡されたか説明出来ず、冷たくあしらわれます。

そこにリカルドが現れ、セレナに代り警察に訴えます。彼の熱心かつ強行な態度に重い腰を動かし、警察はようやく捜査を約束します。

セレナとリカルドは高校に向かいます。そこには校長や、他にも娘を誘拐された保護者など多くの人が集まっていました。若い娘をさらう人身売買組織が、警察や政治家と結託しているのは良くある話だ、団結して抗議活動を行い、世間に訴えようとリカルドは皆に提案します。

ヘレンの心に感応したセレナは、昨日娘たちとパコがいた場所に向かいます。その場に立ち過去の出来事を読み取ったセレナは、パコの吸い殻を見つけるとそれに自分の血を垂らします。それを咥えたセレナは、娘から助けてとの、悲痛なメッセージを受け取ります。

ヘレンらを監禁した女マリサは、現れた売春組織の仲介人と会い、娘らを幾らで売るかを交渉していました。値引きの代わりに、娘の1人を味見することを許したマリサ。連れていかれた娘はベットに手錠でつながれます。そして彼女は、命を失うことになります。

魔術の力でパコを見つけたセレナは、吸い殻を使い呪いをかけ彼を苦しめ、口を割らせようとします。娘たちが連れていかれた場所を聞き出しますが、黒幕についてパコは話しません。セレナは彼も、妹が捕えられ脅されて、組織に働かされていると知ります。

警察はパコの語った場所に踏み込みますが、そこはもぬけの殻でした。その頃マリサは、息のかかった警官から捜査の動きを伝えられていました。

手がかりを求めるセレナも、娘たちが監禁されていた場所を訪れます。そこに彼女の後をつけたリカルドが現れます。今まで魔女のセレナを良く思っていなかった彼ですが、娘の為に何でもしたいと協力を申し出ます。

この場所で何かを感じたセレナ。そこにあるのは娘が命を奪われたベットでした。自分の能力を解放するため、ナイフで腕を切り血を垂らし、女神に捧げるセレナ。殺された娘に憑依された彼女は、ベットで娘が遭遇した出来事を追体験します。それはリカルドに信じがたい光景でした。

仲買人に迫られた娘は抵抗した結果、麻薬を注射されてしまします。しかしそれが体に合わず命を落していました。セレナはその場のやり取りから、ヘレンたちをさらった組織のボスの名はマリサだと知りました。

それ以上の手がかりを掴めぬセレナは、リカルドの車で移動します。彼女はリカルドに今回の件は、独り身でヘレンを妊娠した時に、不安のあまり流産を願った報いだと話します。自分を責める彼女をなだめるリカルド。

リカルドは、人身売買組織の女マリサの名を聞いた事がありました。そこで彼は裏社会に通じる男に会い、マリサと接触しようと試みます。

セレナと共に酒場に入り、その男と会ったリカルド。女を売りたいと言ってマリサの連絡先を尋ねますが、素人からそんな話をもちかけられても男は承知しません。

そこでセレナが魔術を使い、男を手を触れずに痛めつけます。その隙に男の手帳を奪って逃げたセレナとリカルド。手帳によってマリサの連絡先を掴みますが、同時に男が警察や市長ともつながっていると知った2人。

早速マリサと接触しようと、女を売ると言って呼び出すリカルド。一方手帳を奪われた男はセレナが何か魔術を使ったと悟り、そして起きた事を各方面に伝えます。

その頃ヘレンは隙をついて、監禁場所から逃げる事に成功していました。夜道を走って逃げる彼女は、幸運にもパトカーに出くわし保護されます。しかしパトカーはヘレンが逃げ出した場所に戻り、彼女は引き渡されます。もう逃げないように、娘たちは薬漬けにしようと言うマリサ。

市長は妻の葬儀の中、今回の事件で親たちが抗議に動き出した状況を快く思っていませんでした。警察や人身売買組織が、早く騒ぎを鎮めるよう命じます。

そんな中マリサをを待つリカルドとセレナの元に、パトカーが現れます。警官はいきなりリカルドを殴り倒し、余計な事をしないよう告げると、セレナをパトカーに乗せ連行します。

セレナの自宅に着くと畑にガソリンを撒き、火を放つ警官たち。これ以上動くと全てを失う事になると脅し、彼女を痛めつけて去りました。

絶望と怒りに囚われたセレナは、魔女たちが信仰する女神に捧げ祈ります。どうか私に邪心を、更なる力をお与え下さい。どうか私を邪心を持つ、不敵な女にして下さい、と願います。

祈りは聴き遂げられ、強い魔力と冷酷な心を持った魔女、セレナが誕生しました。

以下、『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

魔女セレナは、警官たちの触ったビンを割ると、それを噛み砕き自らを傷付けながら魔術をかけます。パトカーは地割れに捕らわれ止まり、警官は車内から転げ出ます。

娘のヘレンたちがどこにいるか問いただすセレナ。怯え切った警官から人身売買組織を仕切る女マリサが、隠れ家として使う自動車修理工場を聞き出します。

パトカーや警官は炎に包まれたのでしょうか。ファティマの父、リカルドは遠くに立ち上る炎を見つめていました。

修理工場に現れたセレナは、そこでマリサの息子の姿を見つけます。彼の吸い殻を拾うとそれを使い、魔術で呪いをかけます。

ところが男は魔術にかかりません。セレナはなすすべも無く暴行を加えられ倒れます。彼女の目の前で、トラックのコンテナに乗せられるヘレンやファティマら娘たち。

魔女が追っていると知らされたマリサは、自分たちの味方となる魔女の力を借りて、セレナの魔術から身を守っていました。倒れた彼女にあざけりの言葉を吐いて、息子と共にトラックに乗り去って行くマリサ。

何とか立ち上がり修理工場から出たセレナを、現れたリカルドが助け車に乗せます。病院に連れていこうとする彼を止めて、セレナは自宅へと向かわせます。

警察も信用できないとなると、犯罪組織から金を受け取り結託している、市長から組織に圧力をかけさせるしかありません。セレナは死んだ市長の妻を利用しようと考えます。

自宅に着いたセレナは、リカルドに他の保護者と共に事件の抗議活動を行い、市長に圧力をかけるよう頼みます。そしてセレナはヤギを捧げ女神に祈り、更なる力を身に付けます。

市長の妻の墓を暴いたセレナ。魔術の力で一時的に蘇った彼女をなだめ、死出の衣装として身に付けたドレスを手に入れます。

ドレスに自らの血で十字を描き魔術をかけ、それを着て市長の留守宅に現れたセレナ。市長の娘ニキータの目に、セレナの姿は亡き母に見えました。

こうしてニキータを操り、彼女の髪と自分の髪を切ってより合わせ、魔術をかけるセレナ。そしてニキータに電話をかけさせ市長を脅し、小屋に彼を呼び出します。

市長は警察幹部と共に現れました。娘を解放させろと要求するセレナが暴行されると、ニキータが苦しみ始めます。彼らが味方につけた魔女の加護も及ばぬ強力な魔術で、彼女とニキータは結び付けられていました。

自分に加えられた危害は、そのままニキータの身に同じ苦しみを与える事になる。自分の娘を救いたければ要求を飲めと、自分の喉にナイフを突き立てて脅迫するセレナ。市長は彼女に従うしかありませんでした。

その場所にマリサが現れ、娘たちは解放されます。悪人たちを残し、セレナは我が娘ヘレンやファティマ、ニキータらを連れて小屋を後にします。

ところがマリサの息子が銃を取りだし発砲します。銃弾はヘレンに命中し彼女を深く傷つけました。間もなく命も尽きるでしょう。彼女はナイフを手に女神に祈ります。

偉大な魔女が見守る中、ナイフを自分の目に突き立て捧げた魔女セレナ。祈りは聞き遂げられたのか、娘は息を吹き返します。そして悪人たちが残された小屋は炎に包まれます。

祖母から託された首飾りを、我が娘ヘレンの首にかけるセレナ。

抗議活動を行おうと親たちが集まる学校に、セレナが娘たちを引き連れ現れます。リカルドはファティマと、他の娘も親と再会し、一同は喜びに包まれました。

その場を立ち去るヘレンと、片目となったセレナ。2人の魔女は、夜の街に姿を消します。

スポンサーリンク

映画『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』の感想と評価


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

アルゼンチンの勧善懲悪魔女物語

映画に登場するのは女子高生を餌食にする人身売買組織、と聞いて良からぬ妄想を抱いた方、正直に手を挙げて下さい。

この映画のエロ方面の描写は、コンプライアンス順守の寸止め状態。言うなれば昭和のテレビ時代劇と同程度の描写です。むしろ魔術のため、自傷するセレナの姿のほうが過激です。

テレビ時代劇と例えましたが、若い娘を喰い物にする“やり手ババア”と、それに従う極悪息子。地元の警察と市長が結託する姿も、将に時代劇お約束の図式。しかしアルゼンチンでは、これは身近に存在する悪の姿として、切実に感じられるのでしょうか。

悪を成敗する時代劇が、一服の清涼剤として楽しまれたように、この映画も勧善懲悪の物語として楽しむ事ができます。自傷行為とオカルト趣味がおまけに付いてきますけど。

ところで昭和の時代劇にも、入浴シーンが売りの作品もありました。それ位のサービス描写があってもイイと思った、私のようなけしからん人物は…きっと魔女に成敗されます。

日常生活感のあるオカルト描写


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

日本では今一つ馴染みがありませんが、西洋文化圏に魔女は欠かせない存在。今もライトなコメディドラマの主役となる一方、ロバート・エガース監督の出世作となった『ウィッチ』など、様々な形で登場しています。

ところで本作に登場する魔女は、神秘的でも万能の魔法を手軽に使う訳でも無い、アイテムが不可欠で更に自己犠牲が必要とされる術を使う存在です。制約ある“縛りプレイ”で展開する物語が、この映画ならではの面白い展開を生みました。

昭和のテレビ時代劇と同時代に人気を博した、「魔太郎がくる!!」や「エコエコアザラク」といったオカルトホラー漫画。本作はそれらと同様にダークな一面を持ち魔術を操る人物を、物語の主人公にした映画と評することができます。

改めて『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』を振り返ると、その魔術描写は、オカルト的な雰囲気をしっかりと維持しながら、丁寧に描いた注目すべきポイントになっています。

まとめ


(C)@Chiaro Oscuro Entertainment S.A.

なぜか昭和の香りが漂う、勧善懲悪魔女映画『ウィッチクラフト 黒魔術の追跡者』。魔術系オカルトファンには要注目の作品です。

「ハリー・ポッター」シリーズの魔法は、才能ある者がしっかり学べば杖一つで発揮されますが、アイテム不可欠かつ自己犠牲が必要とされる本作の魔術描写は、古くからある設定にひねりを加えた、ユニークな物となりました。

原作漫画、そして映像化された「エコエコアザラク」シリーズのファンなら、それを南米テイストで映画化したかの様なこの作品が、間違いなくお気に召します。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)グッドフィールドコーポレーション・リバートップ2019

次回の第7回は日本が世界に誇る“おバカ映画”の偉大なる巨匠、河崎実監督最新作『ロバマン』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ビッチホリディ』あらすじネタバレと感想。女性監督ならではの視点と巧みな物語の語り口|未体験ゾーンの映画たち2019見破録47

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第47回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はエーゲ海に面したリゾート地を舞台に、奇妙な人 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第6講「重喜劇とは何か:ベルクソンから今村昌平の重喜劇を見る」

講義「映画と哲学」第6講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 今村昌平『映画は狂気の旅である 私の履歴書』(日本経済新聞社、2004年) 第6講では、アンリ・ベル …

連載コラム

映画『mellow』あらすじと感想・考察。今泉力哉監督が描いた“告白”の真相|映画道シカミミ見聞録45

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第45回 こんにちは、森田です。 今回は1月17日より全国公開された映画『mellow』を紹介いたします。 さまざまな「告白の瞬間」が切りとられた本作をとおして、人は …

連載コラム

映画『貞子』のあらすじと解説。「リング」シリーズから2019年版までを紹介|SF恐怖映画という名の観覧車49

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile049 今回のコラムでは「死後の世界」を題材にした韓国映画『神と共に』(2019)をご紹介する予定でしたが、本コラムで語らざるを得ない作品の公開 …

連載コラム

韓国映画『王宮の夜鬼』あらすじと感想。ゾンビ(夜鬼)アクションものでヒョンビンとチャン・ドンゴンが激突!|コリアンムービーおすすめ指南13

陰謀渦巻く王朝に迫りくる“夜鬼”! 朝鮮王朝の存亡をかけた死闘がはじまる! ヒョンビンとチャン・ドンゴンの二大スターが激突する映画『王宮の夜鬼』が9月20日(金)より、シネマート新宿他にて全国ロードシ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP