Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『別れる前にしておくべき10のこと』ネタバレあらすじと感想評価。クリスティーナ・リッチの大人ラブストーリー|未体験ゾーンの映画たち2020見破録52

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第52回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第52回で紹介するのは、シングルマザーの恋模様を描いた『別れる前にしておくべき10のこと』

都会に生きるシングルマザーと、独身生活を楽しむ男が出会います。どうせ別れる大人の関係だからと、恋人たちが別れる前に行うであろう10の行動をリストアップして、それを達成したらキッパリ別れようと意気投合します。

しかしこの2人、リストをクリアしていくたびに、関係は近づいていきます。大人同士の割り切った関係のはずだったこの関係、果たしてどんな結末を迎えるのやら…。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『別れる前にしておくべき10のこと』の作品情報


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
10 Things We Should Do Before We Break Up

【監督・脚本・製作】
ガルト・ニーダーホッファー

【キャスト】
クリスティーナ・リッチ、ハミッシュ・リンクレイター、カティア・ウィンター、リンジー・ブロード、スコット・アツィット、ジョン・エイブラハムズ

【作品概要】

都会を舞台にシングルマザーと、どこか大人になり切れない男の関係を描いた恋愛映画。映画製作者、小説家として活躍し、自作の小説を『選ばれる女にナル3つの方法』(2010)として監督したガルト・ニーダーホッファーが、自ら脚本を書き監督した作品です。

主演は『アダムス・ファミリー』(1991)などで人気子役として活躍後、『バッファロー66』(1998)や『モンスター』(2003)、「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品の『コントロール 洗脳殺人』(2018)に主演したクリスティーナ・リッチ。

ミランダ・ジュライ監督・主演の『ザ・フューチャー』(2011)に主演し、ドラマ「クレイジーワン ぶっ飛び広告代理店」(2013~)、「レギオン」(2017~)に出演のハミッシュ・リンクレイターが彼女の相手役を務めた作品です。

映画『別れる前にしておくべき10のこと』のあらすじとネタバレ


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

目覚めると出会ったばかりの男、ベン(ハミッシュ・リンクレイター)と同じベットで寝ていたアビゲイル(クリスティーナ・リッチ)。

2人は言葉も交わさず、並んで歯を磨きます。どうしてこうなったのかを知るには、1日前を振り返るしかありません。

その日の朝、子供の通う学校に走ってウクレレを届けたアビゲイル。彼女はニューヨークの自宅で切り絵の製作を仕事としている、シングルマザーでした。

2人の子供ウォレスとルーク姉弟とは、パソコンの画面ごしに会話します。今日は子供たちは、別れた夫ティム(ジョン・エイブラハムズ)と過ごしています。

子供たちを迎えに行くと約束すると、通話を終了させたアビゲイル。

その夜、アビゲイルは友人から飲み来ないかと誘われます。子供たちが父親の元にいるのは好都合、羽根を伸ばそうと誘われて、彼女はバーに向かいました。

カンターに座り、独り飲んでいた彼女に声をかけてきたのがベンでした。隣に座り、自分はサーフインが趣味だと喋りだすベンに、彼女は密かにスマホのメールで友人に助けを求めます。

しかし友人は現れず、互いに名乗って身の上を語る内に、テーブル席に移って親交を深め、いつしか意気投合していった2人。

ベンが最高に相性の良いカップルでも、外部からの圧力でギクシャクして別れるものだと、独自の恋愛観を語ると、アビゲイルもその言葉に納得します。

恋愛が破局しても、最終的には良き友人として付き合い続けられるように、10の行動をリストアップして、破局するまでに実行しよういうベンの提案に納得したアビゲイル。

2人は酔った勢いもあって、早速話し合いながらリストを作り始めました。

1、タクシーに一緒に乗って橋を渡る時、キスをする。2、ベットで一緒に新聞の日曜版を読む。3、サーフィンを学ぶ。4、人気のない浜辺を一緒に歩く。

5、大声で怒鳴り合う。6、抱き合って泣く。7、そして10秒間続ける熱いキスを行う。8、結婚して子供を持つ。…子供はいらないというベンに、それは呑めない条件だと告げたアビゲイル。

子供は気味が悪いというベンに、彼女はそんな事はないと言います。そして残る行動が、9、ごめんなさいと言う。10、さようならと告げること。こうしてリストは完成しました。

もう帰らねばならない、と告げるアビゲイルに、何も関係を進めず別れるのは嫌だ、そうならぬように作ったリストだと訴えるベン。

2人はバーを出てタクシーに乗り、橋を渡る車内でリスト1番目の行為である、キスを交わします。
そのままアパートで一夜を過ごした2人は、こうして気まずい朝を迎えたのでした。

切り絵の仕事をしていたアビゲイルに、ベンがメールを送って来ます。今度土曜日に共に夕食をとりリストの2番目に上げた、一緒に新聞の日曜版を読もうと提案してきます。

子供がいるから出来ない、と返事を送るアビゲイル。それを受け取ったベンの傍らには、若い女の姿がありました。

1ヶ月後。学校に子供たちを迎えに行き、アビゲイルは共に帰宅します。しかし体の異変に気付いて検査したところ、自分の妊娠に気付かされるアビゲイル。

彼女はベンに連絡して再会します。大した話ではないと切り出しながらも、アビゲイルは彼に妊娠した事実を告げます。既に自分には、2人の子がいる身だと彼に説明しました。

その言葉を聞いてショックを受け、パニック発作を起こしたと言い出したベン。産むか中絶するかを自分に決断させるのかと告げ、道に座り込んでしまいます。

逆に彼女から慰められても、40歳で父親になりたくないと言い出したベン。怒ってアビゲイルが立ち去ろうとすると、あの日は酔っていた、君のことは愛していないと言い出すベン。

しかしベンは、自分は変なことを言ってしまったと謝ります。無様な言動を詫び、あれこれ説明しているうちに、2人はその夜も一緒に寝てしまします。

翌朝、改めてお互いを知り合おうと提案するベン。彼の態度に煮え切らないものを感じながらも、アビゲイルは金曜にまた会うことを約束しました。

その夜ベビーシッターを買って出た、友人のケイト(リンジー・ブロード)に子供を預けると、自転車でデートに出かけたアビゲイルとベン。

海辺で互いをよく知ろうと語り合う2人。ベンは家族と疎遠となり、今まで1人暮らしを貫いてきたと打ち明けます。自分から見ればアビゲイルは、家族を大切にする良き人物だと語ります。

閉鎖され、水を抜かれたプールに忍び込んだ2人。その底に仰向けに寝て、君とこうしてここに浮かんでいたいと告げるベン。その気持ちはアビゲイルも同じでした。

2人はアビゲイルのアパートに戻り、眠った子供たちに気付かれぬよう寝室に入ります。子供たちが目覚める前にベンを帰すつもりでしたが、2人はすっかり寝過ごしてしまいます。

この状態では子供に会わせられないと、アビゲイルは彼に気付かれぬよう、密かに帰ってくれと願います。いかんせん無理な話で、下の息子ルークにしっかり目撃されました。

気まずい雰囲気のまま、子供たちに紹介されることになったベン。彼は何とか共通の話題を見つけようと苦心しますが、そっけない態度を見せた娘のウォレス。

子供たちとぎこちない対面を終えると、ベンは1人で帰って行きました。

アビゲイルの友人ケイトは、中絶を考えない彼女に理由を問いただします。信用できない男の子を産むのは重荷を背負うだけと、何かの主義や教義に従って出産するのでは、と疑っていました。

自分は中絶合法派だと告げたアビゲイルは、ベンが子供と会ってくれると言い、彼を信頼する姿勢を見せますが、その彼女を疑いの表情で見つめるケイト。

家に戻りタンスの引き出しを開けたアビゲイル。彼女はその中に赤ん坊の靴下を見つけると、大切に取り扱いました。

アビゲイルのアパートをベンが訪れました。彼を迎え入れたのは息子のルークでした。

公園で遊ぶウォレスとルークを、ベンはアビゲイルとベンチに座り見守ります。子供を世話し育てる大変さを知らされ、戸惑いの表情を見せるベン。

しかし彼は子供を相手にして、共に遊ぶようになります。ウォレスとルークとも打ち解け、4人は仲良く公園からアパートに戻りました。

皆で食事している時に、ベンは子供たちにダイビングの面白さを語り、サーフィンをしようと言い出します。アビゲイルの許しを貰い、テーブルの上でルークにサーフィンを教え始めたベン。

子供たちも母の恋人、ベンの存在を受け入れ始めたようでした。

以下、『別れる前にしておくべき10のこと』のネタバレ・結末の記載がございます。『別れる前にしておくべき10のこと』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

1ヶ月後。アビゲイルとベンは、ケイトと彼女のパートナーとタブルデードを行いました。結婚について訊ねられると、親としての責任よりアビゲイルへの愛情を口にするベン。

確かに愛情は存在するものの、まだ自覚の足りない様子のベンに、アビゲイルとケイトは微妙な表情を浮かべます。

ある夜、アビゲイルとベンは、彼女の子供ウォレスとルークと4人で、同じベットで寝ていました。ベンのスマホへの着信で、アビゲイルは目覚めてしまいます。

それはベンの元カノからのメールで、ベンが部屋に置いていった荷物をどうするかを尋ねる内容でした。

すっかりお腹が大きくなったアビゲイルですが、今一つベンが信用できなくなったのでしょうか。彼女は自分の家族とベンの間に、枕を置き距離をとってから眠りにつきます。

次の日子供たちを学校に送るアビゲイルに、疲れ気味に見える彼女に対し、ちゃんと眠れているかと心配して声をかける娘のウォレス。

アパートの玄関で彼女に声をかけてくる女が現れます。それはベンの元彼女のテレン(カティア・ウィンター)でした。テレンはベンの上着を持って現れたのです。

彼女から見るとアビゲイルは、妊娠を口実に恋人を奪ったシングルマザーだと思われているようです。荷物を渡すと彼女は去って行きました。

アビゲイルは渡された上着と、部屋にあったベンの荷物をカバンに詰め込みます。そして戻ってきたベンに彼女が現れたと告げます。

テレンは元カノであって、君と会ってからは浮気していないと説明するベン。しかし決意を変えず、別れを告げると彼を家から追い出したアビゲイル。

その夜遅く、元夫ティムの家を訪ね、今日は父親と共にいる子供たちと、ハグさせてくれとアビゲイルは訴えます。彼女はそれが大切な事なのだと訴えます。

しかしティムは、それは誰にとって大切なことなのか、とたしなめます。そう指摘された彼女は元夫に抱きつき、涙を流しました。

改めて母と子の生活が始まりましたが、ある日アパートの扉をノックする者が現れます。それは意を決して現れたベンでした。彼はここで君と暮らしたいと訴えます。

大人になることを学び、自分の人生には君たちが必要だと気付いたと、ベンは強く訴えます。その言葉を受け入れ、抱き合った2人。

アビゲイルとベンはベットに向かいますが、ここはかつて取り決めた7番目の行為、10秒間のキスをしようと提案するベン。2人は熱いキスを交わしました。

こうしてまた4人の生活が始まります。ベンはウォレスとルークにウェットスーツを買い与え、ビニールプールを使いサーフィンを教えます。

4人はベットの上にくつろぎ、プロジェクターで映し出した映画を見て楽しみます。家族と過ごす時間、この生活こそ求めていたものだ、とアビゲイルにささやくベン。

こうして4人で暮らす日々が続き、アビゲイルとベンは当たり前のように、ベットで新聞の日曜版を読む暮らしを送ります。

ある日アビゲイルは友人のケイトと会いました。妊娠15週目の彼女に、ケイトは今ならまだ堕ろせるので、早まった決断をしないよう説得しました。

その友人の発言にショックを受けるアビゲイル。しかしケイトは彼女の将来を心配し、もしかしてDVを受け彼に支配されているのでは、とまで訊ねてきます。

自分の恋を祝福してくれない友人の態度に、アビゲイルはショックを受けます。それでも現実を見て欲しいと、強い口調で彼女に訴えるケイト。

友人の言葉を受け入れず、アビゲイルは妬いているのだと指摘します。子供のためにも慎重に振る舞うべきと、意見を変えないケイトは、彼女を残し立ち去ります。

アビゲイルはベンと子供たちと共に、父ルイス(スコット・アツィット)の家を訪れます。父は同居している家族と共に、彼らを温かく受け入れました。

ルイスは2人のなれそめを訊ねますが、付き合い始めてから数ヶ月と聞き、あまりいい顔をしませんでした。それでも会話を続けるうちに、ベンを認めてくれた様子です。

アパートに戻り、2人がベットでくつろいでいた時に、ベンが結婚しようと申し込みます。その言葉を受け止め、抱きあってた上でイエスと答えたアビゲイル。

2人は産婦人科に行き、成長している胎児を映像で見て心音を聞かされました。アビゲイルは幸せそうでしたが、ベンは自分の子が育つ姿を見て表情が硬くなります。

夜2人はベットで共に寝ますが、寄りそってきたアビゲイルに対し、ベンは疲れていると言って応じようとしません。

ようやくベンは、自分が父親になる責任を痛感したのかもしれません。それから彼は浮かない顔で日々を過ごしました。

その日は長女のウォレスの、ダンスの発表会の日でした。ベンもそれを見に行くと約束します。そして子供たちをいつものように、学校に送り届けたアビゲイル。

ところがベンは、仕事に向かった先で、元カノのテレンと再会します。彼を待っていたテレンとは、場所を移して語り合うことにしました。

彼女から幸せかと聞かれ、今の複雑な気持ちを上手く説明できないベン。テレンに迫られると彼の心は揺らぎます。

結局アビゲイルとルークが見守る、ウォレスの発表会にベンは現れませんでした。

その夜、家族の食事中にベンはアパートに帰っています。発表会に現れなかった理由を、納得いくように説明することが出来ないベン。

ベンはウォレスに謝り、アビゲイルは皆に今日は何があったかを尋ねます。その話題にも触れたくない様子のベンは、騒ぎ出したウォレスとルークに声を荒げます。

母の言うことを聞けと子供に告げるベンを、アビゲイルは不審の目で見つめます。その後ベンは1人、鏡に向き合うと考え込んでいました。

子供たちを寝かしつけた後、アビゲイルはベンの子供への態度を責めますが、彼はしつけが成っていないと言い、取り合う姿勢を見せません。

子育ての面倒に関わりたくない姿勢のベンを、彼女は声を荒げて責めます。言い争う声は、部屋の外にいるルークにも聞こえていました。

アビゲイルは子供たちの部屋に行き、ルークと共に寝ます。そこにウォレスも寄り添い、母子3人でベットに横になります。

パパが恋しいと言うルーク。その母子の姿を、カバンを下げ黙って見つめているベン。

ベンはアパートから出て行きました。残されたアビゲイルは、ベンと過ごした日々を思い浮かべます。そして以前のような、母子3人の日々が戻ってきました。

学校の発表会の日、破水したアビゲイルは友人のケイトに子供たちを託すと、病院へと向かいます。彼女の出産にはベンが立ち会います。

その後、アビゲイルは新たに生まれた赤ん坊と、ウォレスとルークを連れ海辺にピクニックに行きます。仲良く過ごしているこの家族は、母子4人だけでした…。

スポンサーリンク

映画『別れる前にしておくべき10のこと』の感想と評価

参考映像:『選ばれる女にナル3つの方法』(1981)

この映画をありがちな、ハッピーエンドで終わる恋愛映画だと思った方は、大いにショックを受けたのではないでしょうか。中々シビアな、ある意味現実的なラストです。

ガルト・ニーダーホッファー監督の前作、『選ばれる女にナル3つの方法』も、自分の友人と元カレの結婚式に出席することになった、そんな女性を主人公にした物語でした。

本作もまた恋愛を経験し、経験したからこそ不器用に振る舞う、大人の恋模様を描くニーダーホッファー監督が、得意とする映画だとお判りいただけたでしょう。

小説家監督のセンスが光る


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画製作者としては『コンテンダー』(2015)『それでも、やっぱりパパが好き!』(2014)『ハルリケーン・クラブ(DVDタイトルはハリケーン・ストリート)』(1997)、アンクレジットながら『キッズ・オールライト』(2010)にも関わっているガルト・ニーダーホッファー監督。

同時に彼女は小説家としても活躍しています。最初の作品「A Taxonomy of Barnacles」は、風変りな父と同居する、10歳から29歳までの6人姉妹を描いた作品で、彼女の育った家庭の環境が反映された物語でした。

その次に書いた小説が「The Romantics」。この作品が先に紹介した『選ばれる女にナル3つの方法』として、自身の手で映画化されています。

そして脚本家としても活躍する彼女は、クリスティーナ・リッチ主演の映画『私は「うつ依存症」の女』(2001)の脚本を執筆し、製作にも加わっています。

そんなニーダーホッファー監督が、再度クリスティーナ・リッチと組んで、オリジナル脚本を執筆して完成させた作品が『別れる前にしておくべき10のこと』です。

多様な人間模様を受け入れる


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ニーダーホッファー監督の手掛けた映画や小説を紐解くと、一筋縄には進まない人々の営みを、赤裸々に描いた作品ばかりであると気付かされます。

恋愛コメディと思ってこの映画を見た方は、残念な選択をしてしまったシングルマザーと、どこかの国のTVドラマ「結婚できない男」「まだ結婚できない男」よりタチの悪い、ダメな男の物語と知って驚くことが確実です。

しかしこの映画は、そんな大人の恋愛をコミカルに描いた訳でも、また悲劇的に描いた訳でもありません。その時々の感情や愛は本物だったのに、結果としてこうなってしまった人物の姿を淡々と、優しい目を持って描いています。

また主人公の周囲の人物、子供たちに元夫、父親や友人を含め皆優しい人物であることも、この映画を嫌な印象を与えるものにしていません。甘い恋物語ではないですが、温かい視線を持つ作品だと実感できるでしょう。

ところでせっかく別れる前にすべき、10のリストを作ったのに、ミッションクリアに拘る作りになっていません。結果としてクリア、1つは微妙な形でした訳ですが。

本作の上映時間は74分、もう少し時間をかけてリスト消化に取り組んだ方が、判りやすい映画になったかもしれません。ミッションクリア系の映画(そんなジャンルが存在するか知りませんが)としては、不満の残る出来とも言えます。

でも、「(旦那以外の)他の男と付き合ってみる」=『死ぬまでにしたい10のこと』(2003)、「スカイダイビンングをする」=『最高の人生の見つけ方』(2007)みたいに、ウケ狙いに走るミッションが設定されるのも考えもの。本作のスタイルも、また良しとしましょう。

まとめ


(C)2019 GEMMEG LLC. ALL RIGHTS RESERVED

大人の恋愛模様をシビアに、しかし温かく描いた作品が『別れる前にしておくべき10のこと』です。都会的なこの物語は、『最高の人生の見つけ方』のように邦画でリメイクしても、良質な作品になること間違いありません。

子役として活躍したクリスティーナ・リッチも、1980年の生まれです。彼女が演じるに相応しい役であり、故に監督が彼女を起用したと理解できる、将に大人のための映画です。

難儀な恋や大人になりきれない人物を、優しく描き出すガルト・ニーダーホッファー監督。彼女によって本作のダメ男もゲス野郎ではなく、「悩める大きな子供」として描かれます。

それが女性監督ならではの優しい視点ではなく、「やっぱり男って、どうしようもない一面があるよね」と達観したような、醒めた描写だと感じるのは私が男だからでしょうか。

ぜひ女性の方が、この映画をどのように感じたか感想を聞きたいものです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

次回の第53回は東南アジアの凶悪モンスターと、アイドルが対決するホラー映画『ストレンジ・シスターズ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『さくら』感想評価レビュー。キャスト北村匠海×⼩松菜奈×吉沢亮に共通する演技力の秘密|映画という星空を知るひとよ33

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第33回 映画『さくら』は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を、その世界観に惹かれた矢崎仁司監督が映画化した作品です。 長男・次男・長女と両親の5人家族の長谷川一 …

連載コラム

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』感想レビューと評価。レクター博士とは対照的な“ぶざまな”殺人鬼|メランコリックに溺れたい4

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第4回『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 前回の連載コラムで取り上げた、テッド・バンディに続いて、実在した連続殺人犯の物語です。 1970年代のドイツを舞台にした …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第1話あらすじネタバレと感想。村西とおる覚醒の瞬間を捉える|パンツ一丁でナイスですね〜!1

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』一丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信されました。 伝説のAV監督村西とおるを描いたドラマ『全裸監督』。 コンプライ …

連載コラム

『ファイブ・ウォリアーズ』ネタバレ感想レビュー。異色ウェスタン映画は南アフリカから颯爽と登場!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録42

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第42回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、南アフリカを舞台に描かれた西部劇が登場し …

連載コラム

『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』考察とネタバレ感想。どんでん返しが評価を受ける人間の心の闇を描くドラマスペシャル|SF恐怖映画という名の観覧車114

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile114 梅雨が明け、本格的な夏の暑さが日本中を包み始めた8月。 こんな暑さの日は夏の情緒を感じる作品を鑑賞するのも良いですが、真冬の寒さを感じる …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学