Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/06/25
Update

『ケープ・フィアー』ネタバレ考察と結末あらすじの感想。最後に“死の渓谷”で見せた復讐に燃える凶悪犯と身勝手な弁護士の“互いの信念”|サスペンスの神様の鼓動53

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動53

強姦罪により14年獄中にいた男が、出所したと同時に、自身を担当した弁護士へ復讐を開始する、1991年公開のスリラー『ケープ・フィアー』

1962年の映画『恐怖の岬』のリメイクに、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)『沈黙サイレンス』(2016)等、数々の名作を手掛けて来た巨匠、マーティン・スコセッシが挑んでいます。

弁護士一家を追い詰める、異常な男マックス・ケイディを演じる、ロバート・デ・ニーロは、これまで『タクシードライバー』(1976)『キング・オブ・コメディ』(1982)『アイリッシュマン』(2019)等の作品で、スコセッシと8度のタッグを組んでいます。

マックスと対峙する、弁護士のサム・ボーデンを、「48時間」シリーズの、ニック・ノルティが演じています。

逆恨みを受け、マックスに狙われるサムは、悲劇としか言いようがありませんが、実はサムもいろいろ隠している、なかなかの曲者です。

完全に下に見ていたマックスに、じわじわと追い詰められる恐怖が印象的な、本作の魅力をご紹介します。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

映画『ケープ・フィアー』のあらすじ


(C)1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

勝つ為なら手段を選ばない、弁護士のサム・ボーデン。

サムは妻のレイ、娘のダニエルと幸せな家庭を築いていました。ですが、浮気癖があり、弁護士事務所の後輩ローリーと不倫関係にあります。

ある時、サムが家族で映画館へ出掛けると、前の席を陣取り、上映中に葉巻を吸う不愉快な男に遭遇します。

数日後、その男は再びサムの前に姿を現します。男の名はマックス・ケイディ。かつてサムが裁判を担当したレイプ犯で、裁判に負け14年の刑期を受けていました。

刑期を終え出所したマックスですが、サムが「自分の弁護に失敗した」と思い込み、恨みを抱いている様子でした。

その夜、サムの自宅の塀に、マックスが姿を現します。サムは警戒しますが、マックスはすぐに姿を消したようでした。

さらに数日後、サムが自宅で飼っている愛犬が、何者かによって殺されてしまいます。「マックスが自分を狙っている」と恐怖を感じ始めたサム。

実はマックスを弁護した際、被害者の女性には「乱交癖」がありましたが、裁判が長引く可能性を考え、サムはその事実を握りつぶしていました。

さらに、14年前は文字も読めなかったはずのマックスが、サムの弁護に不満を感じ、法律を学び自分で弁護を始めていた事実を知り、サムは不気味さを感じます。

サムは警察に頼み、マックスを「住居侵入」と愛犬殺害の容疑で拘束させますが、決定的な証拠が無い為、マックスは釈放されます。

マックスに、イラつきを感じ始めたサム。気分転換で見に行った、独立記念日のパレードで、サムは姿を見せたマックスに殴りかかります。

しかし周囲の人間からすると、異常なのは、いきなりマックスを殴ったサムの方で、周囲から批判を浴びて、サムは逃げるように、その場を立ち去ります。

その夜、ローリーに近付いたマックスは、ローリーをベッドに縛り付け、暴行を加えます。

連絡を受けて病院に向かったサム。ですが、ローリーはマックスに怯えており、真実を語ろうとはしません。更に今回の件で、ローリーとサムの関係がレイにバレてしまい、家族の間に不穏な空気が流れるようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ケープ・フィアー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ケープ・フィアー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

サムとレイの夫婦喧嘩に、うんざりした様子を見せるダニエル。

そこに、夏の特別プログラムで、演劇の講師を務めるという男から連絡があり、ダニエルは学校に向かいます。指定された教室に入ると、待っていたのはマックスでした。

ダニエルは、マックスの正体を見破りますが、深い知識を持つマックスと、文学について語り合い、心を許します。ですが、ダニエルがマックスと会っていたことがサムに伝わり、サムの怒りが爆発します。

サムは、私立探偵のカーセクに依頼をし、マックスが街を出るように仕向けていました。しかし、怒りが頂点に達したサムは、カーセクが集めた男達を使い、マックスに暴行を加えることにします。

サムはマックスに「早く街を出ないと、後悔することになる。これは脅しだ」と伝えます。その夜、カーセクが雇った3人組がマックスを襲いますが、腕っぷしの強いマックスに返り討ちにされます。

さらに、マックスは弁護士を雇い「サムに脅され暴行を受けた」と、裁判を開きます。サムは、裁判に負けたばかりか、抗議運動をしている活動家から、抗議集会に呼び出されます。

カーセクは「サムがいなくなった時を、必ずマックスは狙う」と考え、サムに「家を留守にしたふり」をするように指示します。

カーセクは、サムの家に住み込み、サムを隠した状態で、家の中に罠をしかけます。ですが、マックスはすでに、サムの家の中を自由に出入りするルートを持っていました。侵入したマックスに、カーセクは殺されてしまいます。

サムは寝室に隠れ眠っていましたが、物音に気付き、キッチンに向かいます。そこには、カーセクの死体があった為、サムはレイとダニエルを連れて逃げ出します。向かったのは、サムのハウスボートがある「ケープ。フィアー」でした。

ですが、マックスもサムの車に隠れ「ケープ・フィアー」まで追いかけて来ていました。サムのハウスボートに侵入したマックスは、暴力的な本性を出し、サムと家族に襲いかかります。

防戦一方のサムでしたが、隙をついてマックスの足に手錠をかけ、ハウスボートの柱に、もう片方の手錠をかけて動けなくします。

さらに、激しい濁流でハウスボートは大破し、マックスはサムの目の前で沈んでいきます。サムの一家は助かりましたが、マックスが一家に与えた恐怖は、二度と消えるものではありませんでした。

サスペンスを構築する要素①「頭脳明晰な怪物マックスの恐怖」


(C)1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

14年前に収監されたレイプ犯マックスが、自身の弁護に失敗したサムへの恨みを晴らす為、復讐を開始するスリラー『ケープ・フィアー』

本作最大の恐怖は、復讐に燃えるレイプ犯、マックスの存在感です

映画の冒頭で、体中にタトゥーを入れたマックスが、刑務所で身体を鍛えている場面から始まるのですが、凄まじい数のタトゥーと、恐ろしいまでに鍛え上げた肉体という見た目から、マックスが「普通の人間ではない」ことが分かります。

その後、映画館に現れたマックスは、映画館の前列を陣取り、葉巻をふかしながら、高笑いをするという、とてつもなく迷惑な行動にでており、14年の刑務所暮らしで、何も反省していないことが分かります

そして、サムの前に現れたマックスは、態度こそフレンドリーですが、明確に「復讐する意思」を見せて来ます。

14年の刑務所暮らしで、反省も何もしておらず、全身タトゥーだらけの、強靭な肉体を持つマックスに付きまとわれるだけでも、サムはたまったものではありません。

さらに、マックスは14年前は読み書きすらできなかったのですが、刑務所の中で独学で勉強し、幅広い知識を身に着けています

自分が弁護士になり、裁判を再度行ったり、サムの娘で、文学好きのダニエルに、文学の奥深さを説いて心を掴むのですから、マックスはかなり頭脳明晰であると言えます

法律を熟知したマックスは、サムを揺さぶる行動を取りながらも、決定的な犯罪は行いません。

腕力ではなく、知能でじわじわとサムを追い詰めるマックス

マックス役のロバート・デ・ニーロは、徹底した役作りで知られますが、レイプ犯マックスを、不気味な魅力全開で演じています。

サスペンスを構築する要素②「法律で戦えないサムの焦り」


(C)1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

レイプ犯マックスから、家族を守る弁護士のサム

サムは、マックスに何かしらの犯罪を立証させ、さっさと刑務所に戻そうとします。

ですが、前述したように、法律も熟知しているマックスの行動は、犯罪として決定的なものになりません

普通の映画なら、異常な犯罪者マックスに狙われるサムに、観客は感情移入するでしょう。

ですが、本作の主人公であるサムは、裁判に勝つ為なら手段を選ばないばかりか、浮気癖もあり、それを平気でごまかそうとする、結構どうしようもない人間です

マックスの罠に次々にハマるサムは、その短期で強引な性格が仇ともなっています

法律では勝ち目がなく、裏世界の力を借りるサムですが、荒っぽいやり方は、もともとマックスの方が上。

頭脳でも力でもマックスに勝てず、次第にどんどん深みにハマっていくというのが、中盤の展開となります

サスペンスを構築する要素③「お互いの信念がぶつかる『死の渓谷』での戦い」


(C)1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

法律を利用し、じわじわとサムを追い詰めるマックスですが、サムの愛人であるローリーに暴行を加えるなど、危険な本性を少しづつ見せて来ます

マックスの異常性が爆発するのが、クライマックスでの「ケープ・フィアー」での戦いです

サムの家族をいたぶり、恐怖を与え、自身の復讐を果たそうとするマックス。

ですが、サムは家族を守る為に、勝ち目の無いマックスに何度も立ち向かいます。

マックスの「復讐心」とサムの「家族を守る心」。

お互いの信念がぶつかり合う展開となりますが、ここで注目したいのは、マックスがいきなり始める、1人裁判です

マックスは一方的にサムを断罪しようとし、聖書から、さまざまな言葉を引用します。

ですが、それらの全ては自分に都合の良い言葉、解釈ばかりです

読み書きもできなかったマックスは、独学で学び、幅広い知識を身に着けました。

おそらく、もともと高い知能を持っているのでしょうが、結局その知識は、自分を正当化させる為にしか、使われていなかったのです

クライマックスの1人裁判を通し、多くの人が、マックスの底の浅さを感じるでしょう。

生半可に知識が広いだけに、逆に手に負えないですね。

そういう意味でもマックスは恐ろしい男で『ケープ・フィアー』という映画は、終始マックスの恐怖で、支配されているような作品です

映画『ケープ・フィアー』まとめ


© 1991 Universal City Studios, Inc. and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
サムとマックスの2人により展開される『ケープ・フィアー』ですが、中盤に登場する私立探偵のカーセクが、個人的に好きなキャラクターなので、紹介させて下さい

カーセクは、元警官のようで、闇の世界にも精通している男です。

サムは「会った瞬間に安心した、頼りになる男」と言っていますが、実際にはマックスの尾行に失敗し、逆切れを起こしてマックスを脅し、更には「腕っぷしが強い連中を雇って、やってしまいましょう」と、危険な提案を平気でする、能力的には微妙な男です

ですが、サムと家族を守る為に、部屋に罠を張り、少しの違和感も見逃さないように、拳銃を片手に一睡もせずに見張りを行う姿は、なかなかカッコいいです

ですが、侵入して来たマックスに気付かず、簡単に殺されてしまうカーセク。

何か本当に残念としか言いようがないですが、どこが愛らしいキャラクターです。

『ケープ・フィアー』は中盤以降、マックスの罠にどんどんハマるサムの焦りが前面に出て、緊迫した展開が続きます。

ですが、このカーセクとサムのやりとりは、どこか噛み合わずユーモラスで、作品全体の緩和になっているので、これからご覧になる方は、そこも注目してください



関連記事

連載コラム

森山未來映画『オルジャスの白い馬』あらすじと感想レビュー。海外初主演作はカザフスタンで描かれる父子の物語|TIFF2019リポート26

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オルジャスの白い馬』 2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。 令和初の開催となった本映画祭は、2019年10月28日(月)に無事開会の日を迎え、11月5 …

連載コラム

『THE GUILTYギルティ』ネタバレ感想と考察。音声のみで展開される異色サスペンス作品の妙味|サスペンスの神様の鼓動11

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 前回のコラムで、次回は『フロントランナー』をご紹介すると …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】15

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2021年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら 最終章『私 …

連載コラム

『マリウポリの20日間』あらすじ感想と評価解説。ロシアの侵攻開始から壊滅までの経過を捉えたアカデミー賞受賞作|だからドキュメンタリー映画は面白い82

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第82回 今回紹介するのは、2024年4月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで緊急公開される『マリウポリの20日間』。 ロシアによるウクライナ東 …

連載コラム

映画『リベンジ・アイランド』ネタバレ感想と考察評価。刑務所帰りの男による抗争劇!タイの楽園を血に染めるフレンチノワール|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第22回 日本劇場公開が危ぶまれた、様々な国籍のあらゆるジャンルの映画を紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学