Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/16
Update

映画『運び屋』ネタバレ感想と評価解説。クリント・イーストウッドが実在の“伝説の運び屋”に挑む|サスペンスの神様の鼓動14

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回取り上げる作品は、実在した“伝説の運び屋”をモデルに、クリント・イーストウッドが10年ぶりに監督・主演で映画化したサスペンス『運び屋』です。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『運び屋』のあらすじとネタバレ



(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

農園を営み、デイリリーという高級ユリの栽培を手掛けるアール・ストーン。

彼は品評会でも高い評価を受けていますが、デイリリーの栽培に集中するあまり、アールは家族の事を考えず生きて来ました。

アールは品評会を優先させ、娘のアイリスの結婚式にも姿を見せず、家族は心底愛想を尽かせていました。

数年後。時代の波はインターネットでの販売に変わり、時代の変化に対応できなかったアールは、自身の農園を廃業する事になりました。

農園を廃業したアールは、孫娘のブランチパーティーに出席します。

ですが、家族からは良い顔をされない為、居心地の悪を感じたアールは、パーティー会場から抜け出します。

そこへ、アールの様子を見ていた1人の男性が声をかけて来ました。

アールは仕事で、アメリカのほとんどの州を車で渡っており、無事故、無違反という優良なドライバーでした。

男は「あんたにピッタリの仕事がある」と、あるタイヤ工場の連絡先をアールに渡します。

当初は男の話を警戒していたアールですが、孤独で行く場所も無く、寂しい気持ちを紛らわせる為、指定されたタイヤ工場を訪れます。

タイヤ工場には、メキシコ人の男性が数名おり、アールは指定された荷物をモーテルへ運ぶ事を指示されます。

条件は1つだけ「中の荷物は覗かない事」。

アールは、言われた通りにモーテルへ荷物を運び、報酬として大金を手に入れました。

麻薬捜査官のコリン・ベイツは、新たに配属された部署で、主任特別捜査官から結果を出すように言われます。

コリンは相棒のトレビノと共に、麻薬組織の捜査を開始します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『運び屋』ネタバレ・結末の記載がございます。『運び屋』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

運び屋の仕事は、たった1度だけと誓っていたアールですが、廃業し押収された自身の農園を取り戻す為に、2回目の運び屋の仕事を開始します。

条件は前回と同じで、同じモーテルへ荷物を運ぶ事でした。

2回目の仕事を成功させたアールは、自身の農園を取り戻します。

ある日アールは、馴染みの軍人レストランが、火事で廃業しなければならなくなった事を知ります。

馴染みの場所が無くなる事を嘆くアールですが、資金を用意できれば、廃業をしないで済む事を知ります。

アールは、運び屋として3回目の仕事に挑みます。

運ぶ荷物の中身は確認しない事が条件でしたが、荷物を不審に感じたアールは、荷物の中身を空けます。

そこにあったのは、大量の麻薬でした。

中身を確認しながらも、運び屋の仕事を完遂させたアールは、これまでとは桁違いの報酬を得ます。

麻薬捜査を進めるコリンは、麻薬組織の構成員を捕まえ、証人保護プログラムを条件に、自分たちへ情報を流す事を約束させます。

コリンは、組織が行う麻薬取引の仕組みの情報を得て、そこには運び屋が存在する事を知ります。

運び屋の仕事を何度も成功させるようになったアールは、麻薬組織のボスであるラトンに気に入られ、邸宅に招待されるようになっていました。

ですが、ラトンは部下に裏切られ射殺されてしまいます。

麻薬組織の新たなボスは、締め付けが厳しく、これまで自由にやっていたアールも、自身の支配下に置こうと脅しをかけます。

アールは組織に脅され、強制的に、これまでとは比べ物にならない量の麻薬を運ぶことになります。

逆らう事は死を意味していました。

一方、麻薬組織の情報を得ながらも、決定打を得られないコリンは焦りを感じていました。

コリンは、取引が行われるモーテルの情報を得ますが、運び屋が老人だと考えておらず、現れるはずの運び屋を逮捕する事ができませんでした。

麻薬を運んでいたアール、そこへ妻のメアリーが危篤状態であると、電話を受けます。

メアリーの様態を気にしながらも、運び屋の仕事を中断する訳にはいかないアールでしたが、迷った末にメアリーの元へ駆け付けます。

自宅で療養しているメアリーを見舞い、これまで、家族の事を考えなかった自分の行動をアイリスに詫びるアール。

アイリスは、アールの気持ちを受け入れ、親子の絆が再生します。

ですが、運び屋の仕事を途中で放棄した事で、アールは麻薬組織から追われる立場になります。

メアリーが亡くなり葬儀を終えたアールは、組織の追っ手に捕まります。

アールは組織に命じられ、再び運び屋として車を走らせる事になります。

しかし、アールの車が走る先は、運び屋の詳細な情報を得たコリンにより封鎖されていました。

アールはコリンの手により、逮捕されます。

アールは逮捕後の裁判で、自身の罪を認め刑務所に収容されます。

刑務所の中でアールは、再びデイリリーを育て始めました。

サスペンスを構築する要素①「闇の社会に足を踏み入れるアール」



(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『運び屋』の主人公アールは、90歳で麻薬の運び屋という「闇の社会」へ足を踏み入れます。

途中から、自身が運んでいる荷物が麻薬である事を知っても、アールは運び屋の仕事を続けます。

これまで「闇の社会」に無縁だったアールが、何故、危険な仕事と知りながら、運び屋を続けたのでしょうか?

長年、家族の事を考えずに生きてきたアールですが、自身が心血を注いできた農園を廃業しなければならず、行く場所を無くしていました。

そこで、寂しさを紛らわすように、運び屋の仕事を始めます。

ここで印象的なのは、麻薬組織のメンバーが、全員アールを受け入れ、優しく接してくれている事。

アールは、自分を必要としてくれる、麻薬組織に居場所を見つけ、次第に運び屋の仕事を続けていくようになります。

家族にも見放された老人を、受け入れてくれたのが麻薬組織でした。

本作は社会での役目を終えた老人の、その後の孤独を、皮肉と恐怖を交えて描いています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「迫りくる警察の捜査」



(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

運び屋の仕事に自身の居場所を見つけたアールは、次第に組織でも認められるようになり、その姿は、運び屋の仕事に喜びを感じているようにも見えます。

そこへ麻薬捜査官のコリンが登場し、少しづつ、しかし確実にアールを追い詰めて行きます。

アールとコリンの距離が、じわじわと縮まるにつれて、映画全体に緊迫感が生まれていきます。

そして、緊迫感が最高潮に達した時に、コリンは運び屋としてのアールと、顔を会わせる事になるのです。

コリンを演じているのは、2018年に『アリー/スター誕生』を監督した事でも話題の俳優、ブラッドリー・クーパー。

コリンを人間臭く魅力的に演じており、アールを演じたクリント・イーストウッドとの共演シーンは少ないですが、どれも見逃せない場面となっています。

サスペンスを構築する要素③「逃れられない運命」



(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作の後半では、アールを取り巻く環境が大きく変わります。

麻薬組織のボスが変わり、運び屋の仕事を強制されるようになった事に加え、アールの妻メアリーも亡くなります。

2つの変化により、アールはこれまで逃げてきた事や、目を背けてきた事に向き合わなければならなくなります。

そして、自身の居場所を求めて続けていた、運び屋の仕事が間違いである事、これまで家族を悲しませていた事を認める事になります。

最終的に、アールは全ての罪を認めます。

これは麻薬を運んでいた罪だけでなく、これまでの自身の人生の過ちを、全て認めたように見えます。

映画のラスト、再びデイリリーを育て始めたアールの姿は、これまで自身の運命から逃げ続けていた事への、罪滅ぼしのようにも見えます。

『運び屋』は、家族や周囲の人間の中で生きる事の意味。

そして社会における、自分の居場所と必要性について問いかける、人間ドラマであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

映画『運び屋』まとめ



(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作は、「The New York Times Magazine」に掲載された記事から、着想を得て作られた作品です。

1人で大量の麻薬を運んでいた、87歳の逮捕歴も無い老人、レオ・シャープが2011年に麻薬取締局に確保されたという事件です。

映画のモデルにする為、クリント・イーストウッドはレオ・シャープの事を知る人間を探しましたが、誰も見つかりませんでした。

分かっている事は、記事に書かれた情報のみで、レオ・シャープがデイリリーを育てていたのは事実です。

クリント・イーストウッドは、レオ・シャープの不明な部分は、全て想像力を働かせて作り上げました。

本作の主人公、アールは老若男女問わず、気さくに話しかけ、誰からも好かれるキャラクターになっています。

その姿は、理想の老人像とも言えるでしょう。

ただし、家族には嫌われており、アール自身もその現実から逃れるように仕事へ夢中になります。

「仕事に夢中になるあまり、家族の事を考えない男」という部分が、今回の作品でクリント・イーストウッドが掘り下げたかったテーマである事を、インタビューで語っています。

過去には、家族のイベントより仕事を優先させてきた事も語っており、この作品は、作中のアールのように、クリント・イーストウッド自身の、家族への罪滅ぼしの意味が込められた作品なのかもしれません。

アールの娘、アイリスを演じたのは、実際にクリント・イーストウッドの娘である、アリソン・イーストウッドでした。

キャスティング案は、キャスティングディレクターから出されたそうですが、クリント・イーストウッドが、このキャスティングを受け入れたのも『運び屋』が家族の映画である事を象徴していますね。

クリント・イーストウッドは、前作『15時17分 パリ行き』では、犯人を取り押さえた本人達を起用し、事実を忠実に再現していましたが、『運び屋』では、ほとんどのエピソードを創作しています。

同じ実話をベースにした作品でも、違うアプローチを見せており、次回作は何をテーマに、どんな作品にするのか?楽しみですね。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

有名心霊スポットとして知られる廃病院に、足を踏み入れた若者たちが遭遇する恐怖を描いた韓国ホラー映画『コンジアム』を、サスペンス的な演出に注目して、ご紹介します。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『二宮金次郎』あらすじと感想。小田原を出て功績を挙げた尊徳の人間性|シニンは映画に生かされて9

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第9回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第9回でご紹介する作品は、約200年前、600以上の村 …

連載コラム

大工原正樹映画『やす焦がし』あらすじと感想。映画美学校の講師と生徒が紡ぐ奇想のメルヘン|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り4

ちば映画祭2019エントリー・大工原正樹監督作品『やす焦がし』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 トークショーにて映画制 …

連載コラム

映画『蹴る』感想と内容解説。中村和彦監督が電動車椅子サッカーに情熱を注ぐ者たちを撮る|だからドキュメンタリー映画は面白い13

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第13回 電動車椅子を“足”とする者たちが、フィールドを駆け回る――障がいを抱えながらも、彼らはなぜ、そうまでしてボールを追い続けるのか? 『だからドキ …

連載コラム

『マリオネット私が殺された日』ネタバレ感想。韓国映画が鋭く少年犯罪の暗部を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録36

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第36回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はネット社会の暗部を描いた韓国の映画が …

連載コラム

スター・ウォーズや宇宙大作戦が育んだ「スペースオペラ」の礎と可能性|SF恐怖映画という名の観覧車3

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile003 映画好きでなくとも知っている映画シリーズ、「スター・ウォーズ」。 シリーズ7作目である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP