Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/18
Update

映画『ザ・トリップ』ネタバレ結末あらすじと感想考察。トンデモ展開なノオミ・ラパス夫婦バトルはキマってる時に見る|Netflix映画おすすめ61

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第61回

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』(2009)への出演で、北欧ミステリー映画を代表する女優となったノオミ・ラパス。

そんな彼女が倦怠期…を通り越し、憎悪むき出だし険悪期に突入した夫婦を演じた映画が、Netflixのドタバタ騒動コメディ映画『ザ・トリップ』です。

ノオミ・ラパスといえばミステリー映画や、『プロメテウス』(2012)や『セブン・シスターズ』(2017)のようなSF映画のイメージが強い女優です。

その延長線上にあると思われた映画『ストックホルム・ケース』(2019)では、予想を裏切るコミカルな演技を見せ話題になりました。

今回彼女が演じるのは、憎しみの果てに互いに殺し合うことを決意した夫婦。今日こそ決着をつけるはずか、何だか妙な展開になってしまいます。

ドタバタ騒動の果てに、この夫婦はどうなる? ブラックかつ大人の笑いをお求めの方に、最適の映画を紹介します。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・トリップ』の作品情報


Netflix映画『ザ・トリップ』

【配信】
2021年配信(ノルウェー映画)

【原題】
I onde dager / The Trip

【監督・脚本】
トミー・ウィルコラ

【出演】
ノオミ・ラパス、アクセル・ヘニー、アトレ・アントンセン、クリスティアン・ルーベク、アンドレ・エリクセン、ニルス・オル・オフトブロ

【作品概要】
互いに殺す気満々で、今日こそは決着をつけようと人里離れた山小屋に現れた夫婦。そこに思わぬ乱入者が現れたからさあ大変、というバイオレンス&コメディ映画です。

妻を演じるノオミ・ラパスの夫役には、『ヘラクレス』(2014)や『オデッセイ』(2015)、北村龍平監督の『ドアマン』(2020)のアクセル・ヘニー。

監督は『処刑山 デッド卍スノウ』(2007)に『処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』(2014)、『ヘンゼル&グレーテル』(2013)と『セブン・シスターズ』のトミー・ウィルコラ。「処刑山」シリーズの悪ノリコメディぶりをご存じの方なら、本作に対する期待度は上がるでしょう。

映画『ザ・トリップ』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『ザ・トリップ』

夫婦の愛憎劇を描いたメロドラマを演出するディレクター、ラーシュ(アクセル・ヘニー)。出演女優は彼が妻リサ(ノオミ・ラパス)と上手くいっていない、と知っていました。何も問題無い、この週末に夫婦で旅行し山小屋へ行くと答えるラーシュ。

彼は妻が旅行先で1人で山に登りたいと望んでると告げ、危険だから止めろと言ってる…と妙に強調します。運転する車の中で、ラーシュは何者かと電話で話します。

老人ホームに父ミッケル(ニルス・オル・オフトブロ)を見舞うラーシュ。ここでも彼はリサと山小屋に行く、リサは1人で散策したがっていると話しました。

元軍人の父は息子の話をろくに聞かず、自分が立てた山小屋を懐かしがります。その部屋で3人の囚人の脱獄を告げているテレビのニュース。

ホームセンターを訪れたラーシュは、ノコギリにハンマー、粘着テープにロープなど何やら物騒な物を買い込みます。

その荷物を妻に見つからぬ様に車のトランクに隠すラース。リサが現れ車に乗り込みました。

女優業が思わしくない妻リサとラーシュの関係は良くありません。今回の旅行でそれを修復つもりですが、山小屋に向かう車内で口論が始まります。ようやく目的地に着く2人。

山小屋のセキュリティキーは正常に作動しませんが、2人は中に入ります。何やら妙なゴミがありますが、気にせず小屋に保管された猟銃を確認するラーシュ。リサのいるキッチンには包丁やナイフが並んでいました。

ラーシュは自分のセーターを知らないかと妻に訊ねますが、彼女も知りません。2人で協力して料理をしますが、些細な事で意見が衝突します。

それでも料理が完成すると、夫婦は湖の傍で食事をとります。リサにオーディションの準備や、彼女の仕事仲間ディエゴについて尋ねたラーシュ。

単語を並べるボードゲーム、”スクラブル”を楽しむ2人は、つまらぬ事で対立します。妻が先に休むと、ラーシュは1人物思いにふけります。

翌朝、大きな石を拾いカバンに詰めたラーシュはそれをボートに積み、車から例の工具を取り出して並べ、ハンマーを持って酒をあおると覚悟を決めます。その時リサが彼を呼びました。

ハンマーを隠し持って妻に近づくラーシュ。彼が殴ろうとした時、振り向きざまに夫にスタンガンを押しあてるリサ。

目覚めた時ラーシュは、椅子に縛り付けられテープで拘束されていました。リサは夫に、ハンマーで何をするつもりだったのかと冷たく尋ねました。

ラーシュはごまかそうとしますが、妻はお見通しでした。ではなぜお前はスタンガンを用意した、と反論するとリサは猟銃を持って現れます。

夫がノコギリで自分の遺体を切断する気だったと聞くと、彼女は笑い出します。料理の際に生肉すら触れない夫に、そんな事が可能とは思えないからでした。

夫のずさんな計画を笑うリサ。しかし彼女にも殺害される動機が判りません。妻にウソつきの浮気女だから、と理由を告げるラーシュ。

ディエゴとの関係を指摘されたリサは、ならば夫婦の最後の営みはいつだった、私を満足させたことがあるかと言い放ちます。ともかく夫の計画は馬鹿げていて、私の方は完璧だと告げました。

リサの計画はこうでした。友人には旅行先で夫と狩りをすると告げる、そして森の中で銃を暴発させ、夫を撃ってしまったと周囲に説明するつもりです。

それを聞いてあざ笑うラーシュ。演技が下手な女優のお前に誤魔化し通せる訳がない、アレの際に満足したふりもできないじゃないか。夫婦は互いを罵り非難し始めました。

ともかく森に連れて行き射殺する、という妻に抵抗するラーシュ。リサは夫を銃の台尻で殴りますが、背後に現れた男にシャベルで殴られ意識を失います。

男の正体は、夫婦が家の雑用を任せていたビクトルでした。彼と妻の生命保険を山分けにする約束で、殺害計画に加担させていたラーシュ。

少々ヌケたところがあるビクトルを殺害計画に加担させるとは、と呆れるリサ。立場が逆転し縛られた妻に、ラーシュはどんな理由で自分を殺そうとしたか尋ねます。

ギャンブル中毒で借金だらけ、それでも浪費癖が治らないからだ。リサの狙いは夫の生命保険と聞き、自分たちも保険金目当てと答えるビクトル。

彼から取り分の額を聞き、自分にかけられた保険金はそれより多いと言い出すリサ。慌ててラーシュは口を塞ぎますが、ビクトルは騙されたと気付きます。

ラーシュに銃を向けるビクトル。夫婦は彼を味方にしようと競って報酬を値上げします。どちらに味方する迷うビクトルに飛び掛かり、猟銃を奪おうと彼と争うラーシュ。

倒されたリサはその隙に拘束を解きますが、銃が暴発しビクトルは指を吹き飛ばされました。思わぬ事態に夫婦は慌て、病院に向かおうとするビクトルを止めろと叫ぶリサ。

それを聞いたラーシュはビクトルを撃ちます。絶命したビクトルを前に君が止めろと言うから撃った、止めろとは出血のことだと言い争う夫婦。

こうなりゃ2人殺すも一緒と言った夫に、リサは銃は弾切れだと指摘します。ラーシュは彼女を銃の台尻で殴り、弾を装填する夫の足の甲をナイフで刺したリサ。

2人は銃を奪おうと争い、2階に上がってもみ合い銃を暴発させました。銃弾は天井を貫き悲鳴が聞こえます。何事かと思う間もなく天井が崩れ、3人の男が落ちてきました。

気絶した夫婦の前に立つロイ(アンドレ・エリクセン)、ペッター(アトレ・アントンセン)、デイブ(クリスティアン・ルーベク)。彼ら3人は3日前に逃亡した脱獄囚でした。

森の中を逃亡した彼らは夫婦の山小屋を見つけ、セキュリティキーを壊し中に入ると、食料と服を拝借します。数日ここで過ごすつもりでしたが、そこに夫婦の車がやって来ます。

とりあえず屋根裏に身を隠した3人。気付かれずに降りる術は無くしばらく様子を伺うことにしますが、逃走中野生のベリーを食べたロイが腹を壊し、なんとも汚い目にあう脱獄囚たち。

住人がいなくなるのを待っていた3人は、更にビクトルが現れたと気付き落胆します。息を潜めていると下から銃声が響き、続いて悲鳴が聞こえてきました。

何事かと様子を見ると、下で争う夫婦の姿が見えます。もみ合う内に猟銃が暴発、散弾がロイのお尻に命中します。大男のロイが跳ね回ったおかげで天井は崩れ、囚人たちは落下します。

そろって椅子に縛られた夫婦が目を覚ますと、2人の前には男たちがいました。彼女の出ていたCMを記憶しており、リサが女優だと気付いたデイブ。

何者かと聞かれたペッターは、夫婦はトラブルを抱えているだろうと指摘し、どちらが撃ったとビクトルの死体を指差し尋ねます。責任を押し付け合う2人に、お前らは人を殺して興奮しただろうと迫るペッター。

自分たちは脱獄囚だと正体を明かすと、彼はまず金を要求します。次に欲望を満たすためデイブに体を差し出せと言いますが、怯える妻の身を全く案じようとしないラーシュ。

ところがデイブが望むお相手はラーシュでした。必死に抵抗する彼をペッターは銃で脅し、散々屈辱を与えてその姿をリサに見せつけます。

その上でラーシュの体で欲望を満たそうとする脱獄囚たち。その姿を見かねたのか、今まで夫を殺したいと願っていたリサが口を開きました…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・トリップ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・トリップ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix映画『ザ・トリップ』

自分の銀行口座には大金がある、夫に手を出さなければ明日自分が金を引き出し全て渡すと言い出したリサ。

それだけの大金が手に入るなら、と彼女の言い分をのんだペッター。妻の口添えでどうにか身を守れたラーシュは泣き崩れます。

その夜3人の脱獄囚が居間でくつろぐ中、夫婦は縛られビリヤード台のある地下室に監禁されていました。

ロイからなぜ刑務所仲間から、一番残酷な男と呼ばれていたか理由を聞かれた連続殺人犯のペッターは、自分は金のためではなく、価値の無くなった仲間を殺害したからだと告げます。

夫に対し、結婚した当初は共に挑戦し、色々楽しめる関係を築けると思っていたと語りかけるリサ。しかし私達はいつの間にか失望を繰り返し、いがみ合う仲になったと言葉を続けました。

ディエゴの件は悪かった、しかし特別な感情の無い遊びだったとリサは打ち明けます。しかしどうせ殺される、今さら何を語っても無意味だと告げたリサ。

突然ラーシュが物音を立て騒ぎ出します。リサは驚きますが、様子を見に脱獄囚のロイが姿を現します。ラーシュはトイレに行きたいと訴えました。

トイレから出たラーシュは隠し持ったビリヤードの玉を靴下に詰め、それでロイを殴って気絶させました。縛られた妻をそのままにしたまま階段を上がるラーシュ。

リサはロイの持っていた包丁で縛られた紐を切りました。返事をしないロイに苛立つペッター。彼はデイブと共に猟銃を持ち、地下室に降りて行きます。

2人は気絶したロイを見つけ、目を覚まさせました。自由になったリサは外に出て車の中を探りますが、どの車にもキーはありません。

逃げた夫婦はまだ近くにいるはずだと、脱獄囚たちは山小屋の周囲を探し始めます。3人が外に出た隙に、リサは家に戻って車のキーを探します。

代わりにボートのキーを見つけたリサの前に、大男のロイが立っていました。ロイは銃を向けますが、背後からナイフを手にした夫が近づこうとしていると気付いたリサ。

デイブと違い女好きなロイの気を引こうと言葉を並べるリサ。彼が背後の物音に気付き振り返った時、ラーシュがナイフで斬りつけました。

ロイの落とした銃が暴発し、ペッターとデイブは異常に気付きました。夫婦はロイに襲い掛かりますが、怒り狂ったロイに散々に叩きのめされます。

それでも激しく抵抗する夫婦。そしてラーシュは猟銃でロイの頭を吹き飛ばしました。

山小屋に戻ったペッターとデイブはロイの死体を見つけます。2人は夫婦の行方を探しますが、クローゼットに身を潜めたラーシュとリサ。

クローゼットの中で、夫婦の問題は全て自分のせいだったと認めるラーシュ。自分はトラブルを仕事や君のせいにしてきたと言葉を続けます。

いつの間にか破綻した人生を受け入れてしまった、彼は語った時に部屋に銃を持ったペッターが現れます。妻にボートの鍵を渡すと、先に行けと告げるラーシュ。

ペッターはクローゼットに気付きました。ラーシュがロイの注意を巧みに引きつけたリサを、最高の演技を見せたと告げると夫婦は共に笑いました。

クローゼットから飛び出したラーシュに倒され、銃を暴発させるペッター。家を飛び出したリサはデイブと衝突します。

天井から落ちた瓦礫を顔に浴び、それに混ざっていた汚いモノに悪態をつくペッター。外に出たラーシュは妻と逃げようとしますが、追って来たペッターに殴り倒されました。

ペッターをレーキ(熊手型の農具)で殴るリサ。しかし背後からデイブに襲われナイフを突きつけられます。怒ってラーシュの体を引きずるペッター。

芝刈り機を動かすと裏返しにしたペッターは、今まで様々な殺しを経験したが、顔を刈るのは初めてだ、と告げラーシュの体を掴みます。

あわや、という時に1台の車が現れペッターの体を跳ね飛ばします。車から降りたのはなんとラーシュの父、ミッケルでした。

山小屋の近所の住人から、深夜なのに家の前に複数の車が停まっており、しかも玄関は開け放しだと教えられたミッケル。確認に息子に電話しても返事はありません。

両手に杖を持ち立ち上がったこの爺さん、山小屋の緊急事態を老人ホームの職員に訴えます。黙らせようと鎮静剤を打とうとする職員を杖で殴り倒し、彼の車を拝借しました。

車の趣味にも見慣れない最新装備にも悪態をつき、電気自動車なのにガソリンを入れようと悪戦苦闘するミッケル。どうにかこうにか山小屋に着くと、修羅場に遭遇したのです。

惨憺たる姿の山小屋を見て、怒り心頭でペッターをはねた爺さんは、車を降り人質となったリサに近づきます。デイブは脅しますが、落ちていた猟銃を巧みに拾い上げるとその膝を撃ち抜くミッケル。

しかし彼はペッターに背後から刺されました。深手を負いながらも相手の鼻を喰いちぎるミッケル。怒ったペッターは老人の体を、回転する芝刈り機の刃の上に乗せました。

ラーシュとリサは電気自動車に乗って逃げますが、車はペッカーに撃たれ停止します。リサに先にボートに行けと告げたラーシュは、彼らと決着を付けるつもりです。

リサはボートに乗りますがガス欠でした。撃たれた足を治療しようとするデイブは手こずって悲鳴をあげ、まだ死んでいなかったミッケル老人も這って動き出しました。

何とか足を治療したデイブの前に現れ、傷を踏みつけたラーシュ。釣り具置き場でガソリンを見つけたリサを襲うペッカーの顔に、ルアーを投げつけて反撃するリサ。

デイブの股間を銃で撃ち抜くラーシュ。瀕死の体をハンモックに委ね、懐かしい風景を眺めた父ミッケルとラーシュは、最期に言葉を交わすことが出来ました。

ボートの音に気付いたラーシュは湖へと急ぎます。ペッカーが操るボートはリサを乗せて走り出していました。ボートから伸びるロープを掴み、水中を引きずられるラーシュ。

ペッカーはデイブを見棄て逃亡するつもりでした。必死に追いすがる夫に気付いたリサは、デイブの気を引こうと話しかけます。

ボートに乗り込んだラーシュとペッカーは格闘になり、リサも助けに入ります。ボートは急旋回し皆が倒れますが、殺人犯のベッカーは手強い相手でした。

夫を叩きのめしたペッカーに、信号銃を向けたリサ。しかし発射された信号弾は明後日の方向に飛んでいきます。

あざ笑うペッカーに飛び掛かり、その腕をスクリューに巻き込んだラーシュ。腕を引き裂かれ悲鳴を上げるペッカー。

片腕を失いながらも、ラーシュに迫り首を絞めるペッカーですが、リサは夫が用意した石を詰めたバックを彼の体にかけました。

夫婦は冷酷な殺人犯の脱獄囚を湖に落とします。ペッカーの体は石の重みに引かれ水中に沈みます。

ところがそれにつながるロープに足が絡まり、ラーシュも湖に落ちました。沈む夫の手を握ったリサ。周囲には誰もいませんが、彼女は夫を救う事を選びました。

必死の努力で夫をボートに引き上げたリサ。夫婦はボートの中で抱き合います。

夫婦は山小屋に戻りましたが、やがて警察がやって来るでしょう。リサはあの時、どうやってビリヤードの玉をトイレに持ち込んだのか、と訊ねますが夫は答えません。

何とか危機を切り抜けたものの、借金だらけでドン底の状態は変わらない、という夫に対し何やら閃いた様子のリサ。

警察と共に殺到するマスコミの取材に応じ始める夫婦。5人が死亡し、3人の脱獄囚と戦って生還した夫婦は一躍時の人となります。

テレビ番組で生き残れた理由を聞かれ、愛の力だと答えるラーシュ。事件は映画化されることになり、脚本は高値で売れました。

ハリウッドで映画化された作品に出演するリサ。色々と展開が異なっていますが、これが真実だと言い切るラーシュ。

犠牲が大きいだけでなく、どうにも倫理的に問題があるオチですが、夫婦円満が一番!ならば、まぁ良しとしましょう…。

スポンサーリンク

映画『ザ・トリップ』の感想と評価


Netflix映画『ザ・トリップ』

泥仕合夫婦バトルが思わぬ展開を見せる『ザ・トリップ』、いかがだったでしょうか。

処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』のトミー・ウィルコラ監督作品だけに、もっと悪趣味で笑えるコメディを期待した方もいるかもしれません。

前半の夫婦騙し合いはブラック要素がたっぷりですが、脱獄囚が乱入すると夫婦は共闘を開始、困難と遭遇する中で自らの行動を反省し、最後は愛を取り戻す…実にイイ話の映画ではありませんか。

ですが、とんだ巻き添えの犠牲者がいますし、さらに夫の父まで乱入。この悪ふざけ感がたまりませんが、想像を裏切る展開が登場するのが観客には驚きであり、これは実に悪趣味と感じる方もいるでしょう。

この展開を世界で幅広い観客が鑑賞するNetflix映画につき、ウィルコラ監督は悪ノリをセーブした結果と受け取るか、それとも隙あらばと悪趣味を詰め込んだと受け取るかは、人により意見が分かれるでしょう。

監督とノオミ・ラパスのコラボ再び


Netflix映画『ザ・トリップ』

ブラックコメディ映画の印象が強いウィルコラ監督ですが、彼はノオミ・ラパス主演のSF映画『セブン・シスターズ』を監督しています。

1人しか子を持てない未来のデストピア社会に生まれた七つ子姉妹。7つの曜日の名を持つ姉妹たちは、1人の人格を演じることで当局の目を欺いていた…というお話。

異なる人格を演じ、かつ姉妹たちの協力関係が崩れたことから壮絶な展開を迎える『セブン・シスターズ』。この作品は風刺が込められたブラックな物語ですが、コメディではありません。

この役を演じたノオミ・ラパスは、映画のために7つの異なる人格を提供してくれた、と高く評価しているウィルコラ監督。スウェーデン出身の女優ノオミ・ラパスは、彼と仕事がしたいと望んでいました。

その監督から送られてきた脚本が『セブン・シスターズ』。監督からは「あなた以外の俳優が、この役を演じる姿を想像出来ない」と言われたと、彼女は当時を振り返っています。

彼女は脚本を読んで内容に驚き、その役柄を演じる不安を感じたと語っています。しかしクレイジーな企画に挑戦させてくれたと喜んで、複雑な役柄に挑み最後まで演じ切りました。

こうして信頼関係を築いた監督とノオミ・ラパス。本作で演じた女優リサ役も、計算高い冷笑家でありながら、同時に愛情深い人物でもあり、激しいアクションまで披露する複雑な役柄です。

一方『ヘラクレス』などマッチョなイメージの役柄が多い夫ラーシュ役のアクセル・ヘニーは、イメージとのギャップで笑わせ、観客に共感を与える演技を見せました。

やはり夫よりも奥さんの方が一枚も二枚も上手、という物語に納得させられます。多分世の多くの男性が、同じように考えていることでしょう。

突然の爺さん乱入こそ、本作のミソ!?


Netflix映画『ザ・トリップ』

夫婦バトルの泥沼のドタバタ騒動を描いた本作。ところがいきなり夫ラーシュの父、ミッケルが姿を現し参戦します。

これが馬鹿馬鹿しくも楽しくあり、同時に悲惨な展開を迎え、やがて感傷的なシーンを与えます。この展開に違和感を覚え、そもそもこの爺さんの乱入が必要なのか?と疑問を覚える人もいるでしょう。

しかしこの展開こそ、ブラックな展開と笑いを好むウィルコラ監督のカラーです。元軍人の頑固爺さんの思わぬ大活躍(いったい何歳なんでしょうか?)、『処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ』と同じノリを感じます。

このミッケル爺さんを演じたのはノルウェーのベテラン俳優、ニルス・オル・オフトブロ。国立劇場の舞台で活躍し、テレビの様々なドラマに出演してノルウェーでは国民的に知られた人物です。

ノルウェーの様々な方言や古い言葉を操り、近年は声優としても活躍しているニルス・オル・オフトブロ。この名優があんな形で登場し、奮闘の果てに退場する姿はそれだけで価値あるものと言えるでしょう。

まとめ


Netflix映画『ザ・トリップ』

夫婦ドタバタ乱闘コメディのようで、実はイイ話。しかしイイ話と呼ぶには、間抜けだけど可哀想なビクトルや、ミッケル爺さんの運命が酷すぎる『ザ・トリップ』。

こんな内容ありえない!とお怒りの方の気持ちはごもっともですが、同時にこれがトミー・ウィルコラ監督の特徴ですから、勘弁してあげて下さい。

ところで主人公夫婦、ドラマを演出するノルウェー人監督と、スウェーデンから来た女優の組み合わせです。これ、ウィルコラ監督とノオミ・ラパスの経歴に見事重なります。

つまり本作で、自身とノオミ・ラパスの疑似恋愛関係を描いたウィルコラ監督。なんて奴だ!と思いませんか?

さすがに照れ臭いのか、夫である監督は劇中でノオミ・ラパスの前で、とんだ醜態をさらします。

こんな役を演じさせられたアクセル・ヘニーこそ、いい迷惑だったかもしれません。でも、彼もこんな役柄だからこそ、彼も楽しんで演じているのでしょう。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

大坂なおみも絶賛の魅力!アカデミー賞ノミネート『スパイダーマン:スパイダーバース』とは?|最強アメコミ番付評25

連載コラム「最強アメコミ番付評」第25回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はアカデミー賞にノミネートされた、3月8日公開のCGアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報を、公開前に解説 …

連載コラム

『おらおらでひとりいぐも』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。75歳のヒロインが“心の声たち”と過ごす1年を追う|永遠の未完成これ完成である18

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第18回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『おらおらでひとりいぐも』です。第158回芥川賞と第5 …

連載コラム

映画『ビッチホリディ』あらすじネタバレと感想。女性監督ならではの視点と巧みな物語の語り口|未体験ゾーンの映画たち2019見破録47

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第47回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はエーゲ海に面したリゾート地を舞台に、奇妙な人 …

連載コラム

SF映画2019年公開おすすめランキング!ベスト5選が面白いと感じさせた内容とは【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車82

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile082 2019年も残すところ1週間となり、まとめの時期が始まりました。 映画好きにとって1年の楽しみはやはり、今年観た映画をまとめることにあり …

連載コラム

映画『ナンバー37』あらすじネタバレと感想。サスペンスの名作『裏窓』をバイオレンスムービーに仕立て直した⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録28

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第28回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は南 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学