Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『シークレット・ジョブ』ネタバレ感想と考察評価。韓国の動物園で人気キャストらがシロクマなどの着ぐるみで奇想天外なミッションを実行す!|映画という星空を知るひとよ18

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第18回

動物の中身は人間!動物園を舞台にした韓国発のハチャメチャ奮闘コメディ『シークレット・ジョブ』。

廃業寸前の動物園を舞台に、経営立て直しのためスタッフが本物そっくりな着ぐるみをまとって動物に扮し、奮闘する日々を描いた韓国映画をご紹介します。

本作は、経営立て直しのため、動物に扮装する動物園スタッフの“偽装勤務”という奇抜な設定が韓国で大きな話題を呼びました。『2階の悪党』のソン・ジェゴン監督が手掛けています。

本作は、2020年7月24日(金)から東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋で1週間限定公開後、8月からは先行デジタル配信もされています。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『シークレット・ジョブ』の作品情報

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

【公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
해치지않아

【英題】
SECRET ZOO

【監督】
ソン・ジェゴン

【脚本】
ソン・ジェゴン、イ・ヨンジェ、キム・デウ

【キャスト】
アン・ジェホン、カン・ソラ、パク・ヨンギュ、キム・ソンオ、チョン・ヨビン

【作品概要】
『シークレット・ジョブ』を手掛けたのは、ソン・ジェゴン監督。映画『エクストリーム・ジョブ』(2019)のアバウトフィルムが制作しました。前作のチキン店を舞台にした偽装捜査劇から一転、舞台は動物園に……。経営立て直しのためにリアルすぎる着ぐるみを身にまとって動物に扮装する従業員の偽装勤務という奇抜な設定で話題を呼びました。

映画『操作された都市』『王様の事件手帖』(2017)のアン・ジェホンが主人公の見習い弁護士テスに扮し、『サニー 永遠の仲間たち』(2011)のカン・ソラ、『尚衣院 -サンイウォン-』(2015)のベテラン俳優パク・ヨンギュ、『少女は悪魔を待ちわびて』(2016)のキム・ソンオ、『密偵』(2016)のチョン・ヨビンが共演しています。

映画『シークレット・ジョブ』のあらすじとネタバレ

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

有名法律事務所の見習い弁護士テス(アン・ジェホン)に一世一代のチャンス到来。

それは廃業寸前の動物園“ドンサンパーク”の経営をわずか3ヶ月で立て直せたら、正規の弁護士として雇ってもらえるというものでした。

法律事務所の代表からその使命を受け、新動物園園長として“ドンサンパーク”へ向かったテス。

閑散とした動物園で勤務しているのは、前園長(パク・ヨンギュ)と獣医のハン先生(カン・ソラ)、男と女の飼育係の4人でした。

人気のある動物はほとんど売却され、残っているのは小動物とホッキョクグマのクロ鼻だけ。クロ鼻は心理的な病気を抱えていて怒りっぽいクマでしたので、残されたのです。

「動物を買い戻して動物園を復活させる」と公言したテスですが、誰も本気にしてくれません。

見習いから正規の弁護士へと将来のかかるテスは、動物園を救うため本気で打開策を考えます。

テスは車の荷台に積まれたトラの剥製に驚き、ここが動物園であるから、動物がいても当たり前ということに気がついて、スタッフたちが動物に扮装して勤務するという奇想天外な案を出します。

そして本物そっくりのリアルな着ぐるみを業者に作ってもらい、スタッフたちに役割を与えました。

ホッキョクグマは前園長、ゴリラには筋肉質な男性飼育係(キム・ソンオ)、ライオンはハン先生、ナマケモノは女性飼育係(チョン・ヨビン)と決まり、それぞれに着ぐるみを着てもらい、ドンサンパークのスタッフたちは、偽装勤務を始めました。

動物の動きを練習していたわりにはなかなかうまくいきませんが、動物園のリニューアルを知らせる値引きチラシの効果もあり、ちらほらとお客がやって来ます。

スタッフたちは仕方なく、暑くて窮屈な着ぐるみに身を包み偽装勤務をすることにしました。

お客が檻の前からいなくなったとたんに、ぶら下がっていた木から落ちるナマケモノ。お客を前に興奮してひとり鼓舞するゴリラ。岩に隠れて顔しか出さないホッキョクグマ。同じ方向を向いたまま寝そべっているライオン。

黙っているのは基本で、首や肩こりに悩まされながらの奮闘が来る日も来る日も続きます。

そんな時、ナマケモノ役の女性飼育係が付き合っていた彼氏からフラれたと知り、ゴリラ役の男性飼育係は自分のことのようにおこり、ゴリラの格好のまま、彼氏の務める店に行って大暴れをします。

動物園にいる女性飼育係に文句を言おうと彼氏は動物園に行きましたが、携帯に電話を受けた彼女は慌ててしまい、ナマケモノの着ぐるみ姿のままで彼の前に現われます。

仰天する彼から逃げようとしますが、追いかけられてつかまりそうになり、助けを求めます。

女性飼育係を助けようと他のスタッフが着ぐるみ姿のままでかけつけ、彼氏に偽装勤務の秘密を知られてしまいました。

やっとのことで彼氏にこの状況を理解して秘密を守ってくれるという約束を取り付け、みな再び着ぐるみ勤務につきますが……。

あまりにも動きがない動物たちの姿に、お客からは「つまらない動物園ね」という声も聞こえ、観客動員数もあまり伸びなくなりました。

頼みの綱とするキリンは、着ぐるみを依頼した業者が借金がかさんで夜逃げをしてしまい、頭の部分しかできていません。

苦肉の策として、庁舎のドアから頭の部分のみ見せるというカラクリキリンになってしまいました。

そんな時、ホッキョクグマ役の前園長が倒れてしまい、全般をみていたテスが代理を務めます。前園長はそのままホッキョクグマ役を降りて、キリンの首を動かす役になりました。

ホッキョクグマになったテスは「見られている」ことの重圧から、動物園にいる動物たちの気持ちがわかってきたような気がしていました。

ある日、心無い観客からのコーラのペットボトル投げ入れなどに傷つき、ひどく喉が渇いたテス。

ホッキョクグマコーナーの塀の前に誰もいなくなったのを見計らって、ホッキョクグマの扮装のまま、投げ込まれたコーラを飲んでしまいます。

それを目ざとく見つけた観客たちが戻って来て、「ホッキョクグマがコーラを飲んでいる!」と大騒ぎ。携帯で写真を撮られ、ネットにアップされてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シークレット・ジョブ』ネタバレ・結末の記載がございます。『シークレット・ジョブ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

ちょうどその時、テスは法律事務所の職員が動物園を訪れているのに気がつきました。

何しに来たのか? 視察のため? 不思議に思ったテスは、あわててホッキョクグマの着ぐるみを脱ぎ、彼の元へ行きます。

そして、無線で着ぐるみスタッフたちに連絡して、職員を園内に案内して周りました。

職員はゴリラを見て「目が合った。まるで人間のようだ」と言い、キリンが顔を出している様子を見て「全く動かないな」と言います。

「ライオンも動かないね」という職員に対して、テスは「夜行性ですから」。ナマケモノに関しては、「もともと動きませんからね」。

苦しい言い訳をしながら、その場を取りくつろいだテスですが、頭の中には「大切なクライアントからの案件なら見習いの俺に任せるはずないよな」という思いがよぎります。

次の日からは動物園の前は「コーラを飲むホッキョクグマ」を目当てにした人々で長蛇の列が出来ました。

始めは偽装勤務がばれたのではと心配したスタッフたちですが、この状態を見て、人々はまだ本物のホッキョクグマと信じているとわかり、自分たちの偽装勤務に励みます。

それ以降、ホッキョクグマ人気は急上昇します。お客の入りもアップしていき、テスはやれやれと一安心。

3カ月たって動物園の経営は立ち直り、テスは事務所の代表から誉められますが、動物園は閉園してゴルフ場にするという話を聞き、愕然とします。

動物園のスタッフに真実を言おうと園に戻ると、スタッフたちがテスの園長「就任75日の就任祝い」パーティーをサプライズで企画していました。

真実を言いそびれてしまったテスですが、そのときにやって来たお客から、市のホームページに動物園がリゾート地になると載っていると言われました。

がっくりするスタッフたちに申し訳ない想いを抱えながら、閉園した後の動物たちの相談をはじめるテスとハン先生。

「きっと他の動物園に引き取ってもらえる」というテスに対して、ハン先生は「クロ鼻はどうする? どこの動物園も引き取らない」。

幼い頃からクロ鼻を知っているハン先生は、心を病んだホッキョクグマに特別な想いを持っていたのです。

成す術もなく、テスは面目ないと項垂れるしかありませんでした。

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

しばらくすると、弁護士事務所に、弁護士となったテスの姿がありました。一方、その頃、楽園開発の人たちが動物園内に入ろうとして、前園長たちともめていました。

動物園側は、偽装勤務を続けながら、動物園の継続を願って「暴力企業から動物園を守ろう」と呼びかけていました。このありさまに怒ったのは弁護士事務所の代表です。

そしてこの代表に、動物園スタッフたちが着ぐるみを着て動物になっていると、ナマケモノ役の女性飼育係の元彼が密告しました。

真実を確かめるべく代表は動物園に向かいます。「偽装勤務を調べに代表が向かった」とテスはスタッフに知らせました。

動物園についた代表は、ホッキョクグマの元へ向かいました。

ハン先生が「ホッキョクグマは体調が悪くてしばらく休みます」と言いますが、代表はホッキョクグマ庁舎に勝手に入り込み、クロ鼻の檻の前に行きました。

「人間だろ、本性をあらわせ」と迫る代表に向かって、クロ鼻は檻越しにかみつきました。

悲鳴をあげる代表を檻から引きはがし、皆がバタバタしているうちに、開け放されたドアからクロ鼻が観客の前に出ていきました。

そのころ、キリンのカラクリがこわれ、作り物だとバレてしまいます。

そしてホッキョクグマのコーナーでは、懲りない代表は再びクロ鼻の前に行き「本性を出せ」と騒いでいました。

しかし、本物であるクロ鼻の力に勝てるはずがありません。組付されてあわや、というときに、着ぐるみを着てホッキョクグマになったテスが飛び出していきました。

クロ鼻の注意をひき、代表を助け出しますが、かえってクロ鼻に襲われることに……。

テスは必死で抵抗しますが、クロ鼻にかまれた着ぐるみは裂けて、正体がばれてしまいました。それでも必死に庁舎に逃げ戻って難をのがれます。

しかし、この騒動で、動物園の偽装勤務であるシークレット・ジョブは、明るみに出てしまいました。

責任を感じたテスは「動物たちだけでも助けてあげたい」という思いから、もともとの動物園の買取主の楽団グループのミン常務の元へ行ってある計画をささやきます。

リゾート建設は環境破壊だと騒がれているから、環境に優しいリゾートに転換するのですと。

その後、テスは偽装勤務を指示したと、自ら出頭しました。

1年後。「ドンサン楽園ビバリウムリゾート」と名付けられた動物園運営企画が発表されました。

人と自然が共有するリゾート開発ということで、動物たちも買い戻せて何とかなる様子に一安心の元動物園スタッフたち。

クロ鼻は寒い所へ移住させられました。そのクロ鼻を訪ねて、テスとハン先生は移住先の「ホッキョクグマ保護センター」を訪れました。

大勢のホッキョクグマがいて、どれがクロ鼻かわかりません。一生懸命に探していると、カップルから声をかけられました。

「韓国人ですか?」「あのニセ動物園の園長さん? 移民の間でも有名ですよ」

「私が?」唖然とするテスに追い打ちをかけるカップル。「もう釈放されたのですか?」

「執行猶予中です」と憮然とするテスですが、「一緒に写真撮らせてください」と言われ、まんざらでもない様子。

矢継ぎ早の質問とスター並みの扱いに苦笑いのテス。ハン先生もあきれ顔。

そこへ、ガラスのウインドウ越しに、一頭の大きなホッキョクグマが現れます。

「クロ鼻……」。ハン先生はそっとつぶやきました。

映画『シークレット・ジョブ』の感想と評価

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

『シークレット・ジョブ』という謎めいたタイトルで、興味をそそられる本作。実は、動物園の経営立て直しのために動物に扮装するスタッフの偽装勤務の物語でした。

一人二役キャラクターが大活躍

経営立て直しの方法として動物に扮してお客を呼ぶというアイデアは突拍子もないけれど、「動物園だからそこにいるのは動物たちだ」という思い込みに付け込んだ名(迷)案と思われます。

大きな存在感で安定した人気のアン・ジェホンが主人公の見習い弁護士テスを演じ、見習い園長、さらにはホッキョクグマにもなり、「コーラを飲むホッキョクグマ」として評判を得ています。

さらには責任感の強い獣医にカン・ソラ。寝そべってばかりだけれど、時々二本足で歩く雄ライオンに扮しています。

ベテラン俳優パク・ヨンギュは、腰痛持ちの前園長役です。ホッキョクグマを降りてキリンの首の操作係に。

ガッチリタイプのキム・ソンオが演じるのは、男性飼育係兼純情でマッチョなゴリラ。女性飼育係のチョン・ヨビンは、ナマケモノに扮し、木に抱きついたまま、スマホをいじくります。

用意された動物の着ぐるみが本物そっくりで、あまりにもリアルなせいかもしれませんが、それぞれ個性豊かな動物たちでした。

物語前半で披露する彼ら人間の動物になりきろうとする様子は、必死であるがゆえにどこか滑稽で、思わず笑いがもれるほどです。

偽装勤務の裏に潜む人間のエゴ

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

動物園のスタッフたちと新任園長・見習い弁護士のテスが、偽装勤務をしてまでも守りたかったのは、小さな動物園です。

動物園側のスタッフはもちろん、動物たちの幸せと園の仕事に生きがいを感じていたからですが、テスは少し違っています。

テスが一生懸命に動物園の再建を目指したのは、最初は自分の夢を叶えるためでした。

債権者側から依頼を受けて来た新園長と知り、初っ端からハン先生言われた「操り人形ね」という言葉に、テスは平然と「経営のプロだ」と言い切ります。

自分の野望や夢のために手段を選ばないという人間のエゴが、この場面でチラリとのぞきました。

自身の奇想天外なアイデアから、着ぐるみでホッキョクグマになり、次第に動物園経営についての考えが変わっていくテスの変貌ぶりはちょっと見ものです。

まとめ

(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & about Film, DCG PLUS. All Rights Reserved.

映画『シークレット・ジョブ』は、『エクストリーム・ジョブ』(2019)の制作会社アバウトフィルムの2作目となる作品。

前作のチキン店を舞台にした偽装捜査劇から一転、着ぐるみで動物になって動物園の経営を立て直す偽装勤務をします。

人間から動物に変身するキャストたちの演技に笑い、偽装勤務がいつバレるかとひやひやする、前作同様のドタバタのコメディ映画となっています。

鑑賞後は動物園に行ってみたくなるこの映画は、先行デジタル配信中ですが、2021年度も劇場公開予定があります。キャストが動物になる姿、必見です。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『リトルモンスターズ』あらすじネタバレと感想。ゾンビだらけの遠足旅行にルピタ・ニョンゴ先生と出かけよう|未体験ゾーンの映画たち2020見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第16回 多様なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。いよいよ2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

韓国映画『よりそう花ゝ』あらすじ感想と評価考察。アン・ソンギのいぶし銀の演技力と“紙の花”の意味|コリアンムービーおすすめ指南32

韓国映画『よりそう花ゝ』は2023年1月13日(金)よりシネマート新宿他にて全国公開! 『風吹く良き日』(1980)、『シルミド SILMIDO』(2003)、『折れた矢』(2011)などの作品で知ら …

連載コラム

君たちはどう生きるか|つまらない/意味不明?ジブリ映画ネタバレ考察で黒澤明『夢』鴉オマージュ×画家ゴッホによる“戒め”を探る|君たちはどう観るか6

連載コラム『君たちはどう観るか』第6回 『風立ちぬ』(2013)を最後に「長編アニメーション作品の制作からの“引退”」を表明した宮崎駿が、「宮﨑駿」に改名して挑んだ映画『君たちはどう生きるか』。 奇想 …

連載コラム

映画『スパロークリーク』あらすじネタバレと感想。元ネタがレザボアドックスだけにB級ファンなら見逃すな!|未体験ゾーンの映画たち2020見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第4回 映画ファンにとって新年初の大イベント、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 …

連載コラム

【映画ロボコン2020公開記念】オリジナルがんばれ×リメイク燃えろの感想考察と内容評価。過去作のキャラクターがダイナミックに復活|邦画特撮大全69

連載コラム「邦画特撮大全」第69章 2020年7月31日に公開予定の映画『がんばれいわ!!ロボコン』。石ノ森章太郎原作の人気キャラクター“ロボコン”が、20年ぶりに復活するのです。 発表されたスタッフ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学