Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/16
Update

シンエヴァンゲリオン入場者特典|内容中身ネタバレ解説。漫画作中のアスカのスーツ×マリが持つ本の意図を考察【終わりとシンの狭間で14】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第14回

1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新劇場版シリーズ。

そのシリーズ最終作にしてエヴァの物語の完結編となる作品が、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(以下、『シン・エヴァンゲリオン』)です。

本記事では第13回記事に引き続き、2021年6月12日(土)より配布された『シン・エヴァンゲリオン』劇場来場者プレゼント・公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』の内容を、同冊子掲載の短編漫画「EVANGELION:3.0(-120min.)」を中心に解説・考察。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前日譚」とされる漫画から、映画へとつながってゆくアスカ/マリの想いを探ってゆきます。

【連載コラム】『終わりとシンの狭間で』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の作品情報


(C)カラー

【日本公開】
2021年3月8日(日本映画)

【原作・企画・脚本・総監督】
庵野秀明

【監督】
鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏

【総作画監督】
錦織敦史

【音楽】
鷺巣詩郎

【主題歌】
宇多田ヒカル「One Last Kiss」

【作品概要】
2007年に公開された第1作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年の第2作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年の第3作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く新劇場版シリーズの最終作。

庵野秀明が総監督を、鶴巻和哉・中山勝一・前田真宏が監督を担当する。なおタイトル表記は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の文末に、楽譜で使用される反復(リピート)記号が付くのが正式。

公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』内容解説・考察

【公式】ダイジェスト:これまでの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

マリと豊田有恒『あなたもSF作家になれるわけではない』

漫画「EVANGELION:3.0(-120min.)」作中でマリが手にしていた一冊の本。それは表紙に記されたタイトル/著者名などから、SF作家・豊田有恒のエッセイ『あなたもSF作家になれるわけではない』(1986)であることがわかります。

なぜこの本が登場し、なぜマリが読んでいたと描写されたのか。それは豊田有恒が日本国内の名だたるアニメーション作家・監督を輩出した虫プロダクションに所属し、「リミテッド・アニメーションの日本アニメ」を定着させる最大の要因となったテレビアニメ『鉄腕アトム』(1963〜1966)の脚本に携わっていたゆえに、庵野秀明はかつての日本アニメ界の先達たちへのリスペクトを表明した……だけではありません。

「豊田有恒とアニメ」と聞いて、「W3(ワンダースリー)事件」……かつて虫プロが『ナンバー7』(1961〜1963)のアニメ化企画を進めていた際、アニメ化での大幅な設定変更に向け新たなキャラクターを作り出したが、それによく似たキャラクターが他プロダクションが制作していたアニメ『宇宙少年ソラン』(1965〜1977)に登場したのが判明。虫プロは企画の抜本的見直しを再び行い『W3』(1965〜1966)を制作したが、手塚治虫が『W3』漫画版を連載していた当時の『週刊少年マガジン』への『ソラン』漫画版の掲載が決定されたことで、手塚が『マガジン』での連載を打ち切り『週刊少年サンデー』に連載を移行した事件を思い出す手塚ファンは少なくないはずです。

その際、『ソラン』の放映局だったTBSにも出入りしていた豊田有恒は、産業スパイとして疑われ結果的に虫プロを退職。のちにTBSの通称「漫画ルーム」に移って件の『ソラン』を含むアニメ作品の脚本を担当していましたが、後年は誤解が解消されたことで、手塚とは晩年まで公私の交流が続いたとされています。

そうした豊田有恒の「W3事件」での嫌疑と顛末には、真希波・マリ・イラストリアス……登場経緯から「スパイ」という疑惑説を常に持たれ、「イスカリオテのマリア」という世界一有名な裏切り者になぞらえた仇名さえを付けられながらも、実際は他者の想いを踏みにじる“裏切り”という行為はしていなかった彼女の姿が重なってしまいます。

つまり豊田有恒の『あなたもSF作家になれるわけではない』をマリが手にしていたのは、先達へのリスペクトのみならず、マリというキャラクターの本質……漫画版最終巻の書き下ろし作品「夏色のエデン」での彼女の過去や、『シン・エヴァンゲリオン』作中にて描かれた彼女の真の目的を暗示するためでもあったのです。

マリが「同じ格好」で思い出してもらいたい理由

Character Promotion Reel:真希波・マリ・イラストリアス

またマリは漫画作中、出撃の直前まで『破』作中でシンジと屋上で出会った際に身につけていた制服を着ていました。そしてその理由について「姫と違って一度きりしか会ってないからさ」「そのときと同じ格好じゃないと思い出してもらえないかも?って」とアスカに語ります。

シンジに自分のことを思い出してもらいたい。それは「気になる異性の男の子」に対する心情というよりも、「幼い頃に会ったきりの、身内の一人息子」に対して抱く心情に近いことは、先述の漫画「夏色のエデン」『Q』、そして『シン・エヴァンゲリオン』で描かれたマリの過去から察することができます。

ましてや「身内」がかつて自身が愛した相手であり、「一人息子」は今は亡きその人の忘れ形見であったとすれば、「忘れていてほしくない」という感情はより一層増すでしょう。だからこそマリは、『シン・エヴァンゲリオン』作中でも久方ぶりに再会したシンジに目隠しをし、あえて戯れるように、自身の本心を隠すように「だーれだ?」と尋ねたのかもしれません。

そして「思い出してもらえないかも」という言葉は「シンジとの再会」を大前提としていることからも、マリは絶望的な状況の中でもシンジの生存と彼との再会を願っていたことは明白といえます。

“大人”になったアスカにとっての「長い春」

Character Promotion Reel:式波・アスカ・ラングレー

一方のアスカは、シンジの生存と再会を願っているマリの行動や言動に対し、「この作戦の目的はあくまで初号機本体の奪還回収だけよ」「バカシンジはもういないのよ」と答えます。

それらの言葉からは、初号機奪還を目的とする「US作戦」に到るまでのアスカの14年間が、エヴァ初号機と共に封印されていたシンジとは違い“空白”の時間ではなかったこと。そしてマリ曰く「リリンたちよりずっと長い春」を過ごしてきた中で、『シン・エヴァンゲリオン』作中でも本人が言及していた通り、彼女が14年前以上にリアリストな気質を持った“大人”へと変わったことがうかがえます。

またマリが口にした「長い春」という言葉からは、作家・三島由紀夫による青春恋愛小説『永すぎた春』(1956)を連想させられます。同時期に並行して連載されていた『金閣寺』とは真逆の趣ながらも当時ベストセラーとなった同作は、タイトル名でもあり「婚約期間の長い恋人の倦怠や波乱」を意味する「永すぎた春」という言葉を流行語にしました。

そのため漫画作中で「長い春」という言葉が登場した理由には、マリとアスカの会話の文脈間での「長い青春」という意味のほかにも、“恋愛”の期間が長過ぎたがゆえに変化してしまったアスカとシンジの関係性が持つ悲哀の意も含まれているとも考えられます。

またマリは読書家であることから、小説『永すぎた春』を知っている可能性は決してゼロではありません。もしかすれば、彼女が「長い春」という言葉を用いたのもその小説の存在を知っていたから、そしてアスカとシンジの関係性とその変化を、空白の14年間の中である程度察していたからなのかもしれません。

アスカが「同じ格好」で出撃する理由

しかしシンジの生存と彼との再会を否定し続けていたアスカは、マリの言葉をきっかけに在りし日のシンジの姿を思い出した後、出撃直前にそれまで身に付けていたプラグスーツから別のスーツへと着替えます。その着替えたスーツこそ、『破』作中で身につけていたものをテープにより補修した、『Q』冒頭のUS作戦時で着ていたプラグスーツだったのです。

先述の通り、自分のことを思い出してもらいたいという想いから、出撃直前まで制服を着るという願掛けをしていたマリ。そんな彼女の願掛けをふまえると、アスカがテープで補修をしてまで『破』作中で身につけていたプラグスーツへと着替えた理由にも、「自分のことを思い出させる」という意図があったのは確かです。

その行動は、は漫画作中でも口にしていた「ぶん殴る」という言葉からも「あんな出来事をすべて忘れていたらタダじゃおかない」という当てつけかもしれません。しかし一方では、それまでシンジの生存と彼との再会を否定し続けていた彼女の心の中で、その可能性をわずかながらも願う想いが生じたためとも受け取れるのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)カラー

マリが手にしていた本や制服、アスカのプラグスーツ、そして会話内容などの意味・意図の考察から見えてきた、『Q』の物語に到るまでの二人の心情。

過去にまつわる秘密、相手との関係性や立場など複雑な背景をお互いに抱えつつも、それでも「シンジの生存と彼との再会」を願う想いはお互いの共通項となったアスカとマリ。そのことをふまえた上で『Q』を改めて観直してみると、それまで気づくことのなかった新たな発見があるかもしれません。

『シン・エヴァンゲリオン』劇場来場者プレゼント・公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』掲載の短編漫画「EVANGELION:3.0(-120min.)」は、まさにそのきっかけとなる作品であり、「『Q』の前日譚」という名にふさわしい作品といえます。

次回の『終わりとシンの狭間で』は……

次回もまだまだ、2021年6月12日(土)より配布された『シン・エヴァンゲリオン』劇場来場者プレゼント・公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』の内容を、同冊子掲載の短編漫画『EVANGELION:3.0(-120min.)』を中心に解説・考察。

漫画終盤での描写考察はもちろん、同じく冊子内に掲載された「エヴァ」スタッフ陣の豪華寄稿イラストについても紹介してゆきます。

【連載コラム】『終わりとシンの狭間で』記事一覧はこちら

【コミカライズ版】『新世紀エヴァンゲリオン』作品紹介


漫画:貞本義行/原作:カラー『新世紀エヴァンゲリオン(14)』(2014、カドカワコミックス・エース)

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とエヴァの世界をより深く知り楽しむことができる、コミカライズ版『新世紀エヴァンゲリオン』(漫画:貞本義行/原作:カラー、全14巻)。現在、動画配信サイト「U-NEXT」でも電子書籍版を1巻=638円にて購入可能です。

また今ならU-NEXTでは、加入時に600ポイントがもらえるプレゼントキャンペーンも実施中(2021年3月14日時点)。よりお得にコミックを手に入れることができます。










関連記事

連載コラム

映画『スーパーティーチャー熱血格闘』あらすじネタバレと感想。ドニー・イェンが宇宙最強の教師になる|すべての映画はアクションから始まる6

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第6回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

『アベンジャーズ/エンドゲーム』感想解説と評価。エンドロールまで集大成のファン大感謝祭|最強アメコミ番付評33

連載コラム「最強アメコミ番付評」第33回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』をネタバレ考察していきます。 MCUシリーズ11年目、22作品目に作られた …

連載コラム

映画『テッド・バンディ』あらすじと感想レビュー。疑心を抱いた恋人と“もう1人の殺されなかった女性”|メランコリックに溺れたい3

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第3回『テッド・バンディ』 「シリアル・キラー」はお好きですか? 今日取り上げるのは、その語源となった連続殺人犯を描く、 ジョー・バリンジャー監督の映画『テッド・ …

連載コラム

映画『少年の君』あらすじと感想評価レビュー。中国社会問題を鮮烈に描写した青春ドラマ|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録5

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『少年の君』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全域から寄りすぐった …

連載コラム

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』感想と解説考察。若きダンサーの仕事と生き様に迫るドキュメンタリー|2020SKIPシティ映画祭1

2020SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて『リル・バック ゲットーから世界へ』が上映 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティシ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学