Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/07/18
Update

【邦画のSFと夏休みの親和性】夏に見たい映画オススメの定番作品|SF恐怖映画という名の観覧車6

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile006


(C)「時をかける少女」製作委員会2006

「猛暑」と言う言葉が今までの夏よりも似合う、高い温度が続く夏となりました。

前回のprofile005で、「夏に観たいジャンルはホラー」と書かせていただきましたが、他にも「夏に観たい映画」として人気を集める作品は多く存在します。

今回は、「夏に観たい映画」として多くの支持を受ける、7月20日に『金曜ロードSHOW!』で放映予定の名作アニメ『時をかける少女』(2006)から、邦画における「夏」と「SF」の親和性について語っていきたいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

細田守と『時をかける少女』

大林宣彦監督『時をかける少女』(1983)

『時をかける少女』

もともと、『時をかける少女』は様々な名作を抱える小説家、筒井康隆による1967年に掲載された短編小説です。

この作品は1983年の原田知世による実写化映画の大ヒットを経て、幾度となく映画化やドラマ化がされるようになりました。

そして2006年、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年)で話題を集めていた細田守監督によって、同原作を題材としたアニメ版『時をかける少女』が公開されます。


(C)「時をかける少女」製作委員会2006

すると、公開時は少館上映だったこの作品が、口コミによりどんどんと公開館と高評価を増やし、日本のみならず世界でも一躍有名な作品となりました。

『時をかける少女』は、言わば細田守監督にとっての出世作とも言える作品なのですが、今作で特徴的なのはやはり、入道雲を始めとした「夏」らしい季節感と、同じ時間を繰り返す「タイムリープ」による物語です。

邦画における「夏」と「SF」の親和性

前回までのコラムでは、「スペースオペラ」や「モンスターパニック」など、海外の潤沢な予算で製作された壮大なスケールの「SF」を紹介させていただきましたが、邦画も「SF」と言うジャンルでは海外の映画に負けない独特な雰囲気を作り出しています。

細田守監督の『時をかける少女』では、使用することで時間が巻き戻る、と言う「SF」的な装置を中心に物語が進みます。

しかし、劇中で描かれるのは「世界の終わり」でも「文明の破壊」でもなく、「1人の少女のひと夏の出来事」です。

そこには劇的な戦いも無ければ、高度な心理戦も無いのですが、少女が大好きなプリンを食べるため何回も時間を巻き戻したり、とどこかくだらなくも共感してしまうような物語が展開されます。

学生時代の1年の一番の楽しみとすら言える長期休暇、夏休み。その「青春」の舞台装置と、特殊な世界観の「SF」を組み合わせることによって、馴染みが無い「SF」的な要素を入れつつもどこかノスタルジックな印象を持たせることが出来ています。

この感覚は邦画ならではのもので、だからこそ「夏に観たい映画」として今作が支持されているのだと思います。

邦画における「夏」と「SF」

今回は「夏」と「SF」の親和性を説明させていただいた上で、夏にオススメの邦画SF作品をいくつかご紹介させていただきます。

『サマーウォーズ』(2009)


(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

細田守監督が『時をかける少女』の次作として制作したSFアニメ。

「夏と言えばこれ!」との声を良く聞くほど圧倒的な支持を受けるこの作品。

夏の田舎の風景と、インターネット上の仮想世界での騒動を交互に描き、今より進んだ社会でも、現実世界の風景はあまり変わらないだろう、とどこか納得させられる世界観を持っています。

インターネットに頼りすぎた現代に警鐘を鳴らす物語と合わせ、毎年、この夏が訪れるたびに観たくなる作品です。

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(2017)


(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

2017年に米津玄師が主題歌「打上花火」を制作し話題となったアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(2017)。

『スワロウテイル』(1996)や『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016)など、長いスパンで活躍し続ける岩井俊二監督が1993年に制作したドラマをアニメリメイクした作品なのですが、この作品も「夏」と「異質な世界観」が上手く融合したノスタルジックさを感じさせてくれます。

昨年のアニメ版では最新技術と確かな技術を持つ制作会社によって描かれる映像美が印象的で、1995年に劇場公開されたドラマの総編集作品は当時の独特な撮影方法も相まって、より雰囲気を楽しめます。

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」は、アニメが苦手、実写が苦手、どちらの人にもオススメしたい夏作品です。

『ジュブナイル』(2000)

『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年)や『永遠の0』(2013年)で知られる山崎貴の初監督作。

「テトラ」と言う高性能なロボットと小学生4人が出会う夏休み、やがてその出会いが未知の生物との戦いに繋がっていく本作。

終盤は「日常」とはかけ離れた壮大な物語となりますが、「秘密基地」や「冒険」が詰まっていて、小学生のころ夢見た大人に内緒の冒険が蘇る作品です。

『サマータイムマシン・ブルース』(2005)

幾度かの講演で大人気だった同名舞台を「踊る大捜査線」シリーズの本広克行が映画化した、高い評価を受ける作品。

大学生特有の軽いノリ、銭湯や小劇場などの下町、そして恋物語とタイムマシンでのタイムリープが合わさりどんどんとカオスな展開になっていくのですが、今作の見どころは何と言ってもその脚本。

中盤までに幾度となく起きる違和感を覚えるシーンが、終盤に次々と回収されていく巧みな脚本が魅力的で、毎年観ても飽きない夏映画の1つです。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile007では、『ザ・プレデター』や、『ザ・ハロウィン』などから名作が時代の垣根を越えて製作される背景や、リメイクや続編であるその作品たちの楽しみ方について語っていこうと思います。

7月25日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラーSFの近年「VS映画」おすすめ4選。人気キャラクター対決の魅力から争いを超えた共闘まで|SF恐怖映画という名の観覧車41

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile041 映画ではしばしば、映画の主軸となる「物語」よりも、「キャラクター」に人気が集まることがあります。 キャラクターデザインや行動理念などその …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える③【成熟期】フラッシュマンからファイブマン|邦画特撮大全8

連載コラム「邦画特撮大全」第8章 1975年に始まったスーパー戦隊シリーズ。第1回は黎明期の『秘密戦隊ゴレンジャー』から『太陽戦隊サンバルカン』まで。 第2回は成長期の『大戦隊ゴーグルファイブ』から『 …

連載コラム

『ブラックパンサー』感想と考察。黒人ヒーローはワカンダから差別の歴史は塗り替える|最強アメコミ番付評7

連載コラム「最強アメコミ番付評」第7回戦 こんにちは!野洲川亮です。 2018年に公開され、全米興行収入歴代第3位、世界歴代第9位と異例の大ヒットを記録した『ブラックパンサー』。 今回は、作品から垣間 …

連載コラム

『フジコ・ヘミングの時間』ピアニストたちの奏でる人生とは|映画と美流百科3

連載コラム「映画と美流百科」第3回 (C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ 今回ご紹介するのは、ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』(2018/日本)です。 フジコさん …

連載コラム

映画『ザ・クーリエ』ネタバレ感想と考察評価。“女トランスポーター”のオルガキュリレンコが悪を打ち砕く|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第12回 世界のあらゆるジャンルの映画から埋もれかけた作品、時には大スターが出演する映画も登場する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP