Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『狼たちの墓標』あらすじ感想と評価解説 。韓国ノワールで描くチャンヒョクとユオソンの熾烈な抗争劇|映画という星空を知るひとよ97

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第97回

韓国屈指のビーチリゾート地・カンヌン(江陵)を舞台に、開発利権をめぐる男たちの抗争を描いたノワールアクション『狼たちの墓標』

地元に根を張り誰よりも義理を重んじる昔気質のヤクザのキルソクと、非情な新興組織のボス・ミンソクの2人が、強烈な火花を散らします。

多様な作品を通じて圧倒的カリスマ性を見せてきたユ・オソンがキルソクを、端正なルックスに加えて高い身体能力と確かな演技力で観客を魅了してきたチャン・ヒョクがミンソクを演じています。

これが長編デビューとなる新鋭ユン・ヨンビン監督が、仁義に生きる男と欲望に生きる男という2人の生き様が交錯する作品に仕上げました。

韓国ノワール・アクション『狼たちの墓標』は、2022年5月27日(金) より、シネマート新宿ほか順次公開されます。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『狼たちの墓標』の作品情報


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【監督・脚本】
ユン・ヨンビン

【撮影】
ユン・ジュファン

【キャスト】
ユ・オソン、チャン・ヒョク、ク・ソングン、オ・デファン、イ・ヒョンギュン、シン・スンファン

【作品概要】
新鋭ユン・ヨンビン監督が手がけた『狼たちの墓標』は、韓国のビーチリゾート地・カンヌン(江陵)を舞台に、開発利権をめぐる男たちの抗争を描いたノワールアクション。

仁義を重んじる昔気質のヤクザ者キルソクを『友へ チング』(2001)のユ・オソン、新興組織の冷徹非情なボスのミンソクを『ありふれた悪事』(2017)『剣客』(2020)『愛の棘』(2014)のチャン・ヒョクが演じています。

映画『狼たちの墓標』のあらすじ


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

2018年の平昌オリンピック直前、韓国屈指のビーチリゾート地のカンヌン(江陵)はさらなる大規模開発に湧いていました。

この地を牛耳るのは、裏組織の幹部キルソク(ユ・オソン)。彼はヤクザですが、安易な暴力に頼ることなく秩序と義理を重んじ、地元警察からも一目置かれていました。

キルソクは自身が持つそのカリスマ性で、町に安定をもたらしています。そんな彼の前に、巨大な開発利権を狙う新たな勢力が現れました。

キルソクの前に立ちはだかるのは、目的のためならば手段を選ばない非情な男ミンソク(チャン・ヒョク)。

2人の邂逅は、やがて2つの組織、そして警察をも巻き込み血で血を洗う凄惨な抗争へと発展してゆき……。

スポンサーリンク

映画『狼たちの墓標』の感想と評価


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

映画『狼たちの墓標』は、大規模開発に湧く韓国屈指のビーチリゾート地・江陵での開発利権を争う裏組織の争いが描かれています。

もともと江陵を牛耳っていたキルソクが重んじるのは、秩序と義理。人としての筋を通すキルソクなので、街は安泰でした。

そこへ、自分の欲望だけを成し遂げたい冷酷なミンソクがのし上がって来ました。

一つの街に利権を狙う野心家が2人いれば、その先に何が起こるのか、わかりきったこと。数分ごとにおこる、争い、拷問、闘争……。

本作では、次々と社会のダークな部分をさらけ出すというノワール作品特有の血生臭い描写が続きます

けれども、この争いは刃物と素手やこん棒を使った殴り合いが多く、拳銃や爆発物は出てきません。

トップであるミンソクやキルソクすら、相手に近づいていきなり隠し持った刃物で刺す戦法を取っています。

そこには、相手を油断させて命を奪うという薄汚い心理作戦が見え隠れしていますが、これが彼らのやり方なのでしょう。

そして、刃物での格闘となれば、流血は不可欠! 一段と残忍さも増します。

噴き出す血しぶきをあびるキャストたちですが、抗争の残忍さが強調される場面でも臆することなく役に徹しています

血だらけになりながら、自分の野望を成し遂げようとするミンソクに扮するチャン・ヒョク。

冷酷なヤクザながらも目標を貫こうとする強い意志が感じられるリアルな演技に、ファンのみならず魅了されることは間違いありません。

一方のキルソクを演じるのは、韓国ノワールでの悪役をやらせれば一級品とも言われるユ・オソン。

黙って座っているだけでも周りを威圧する存在感があり、まるで番犬のような凄みのある演技に引き込まれます。

このような冷酷非情な争いの果てに、彼らを待っているものとは何なのでしょう。ラストへの興味もそそられます。

まとめ


(C)2021 ASCENDIO CO., LTD., DAYDREAM ENTERTAINMENT CO., LTD., BON FACTORY CO., LTD., JOY N CINEMA CO., LTD., ALL RIGHTS RESERVED.

『狼たちの墓標』の監督を務めたのは、本作が長編デビューとなるユン・ヨンビンです。

自身の出身地でもある江陵(カンヌン)市を舞台に、力強い筆致で男たちの熾烈な戦いを描きだしました。

華やかなリゾート地の影で流血の争いが巻き起こります。勝ち残るのは「仁義」か「欲望」かと、正反対のやり方の2人の激闘に最後まで目が離せません

『新しき世界』(2013)『悪人伝』(2019)などの名作を生み出してきた韓国ノワール・アクションのジャンルに、また一つ傑作が誕生したと言えます。

韓国ノワール・アクション『狼たちの墓標』は、2022年5月27日(金) より、シネマート新宿ほか順次公開

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。





関連記事

連載コラム

映画『食べる虫』あらすじ感想と評価解説。金子由里奈監督が死を望む少女と記録する少女の小旅行を描く|インディーズ映画発見伝6

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第6回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第 …

連載コラム

映画『THE LAW 刑事の掟』ネタバレ感想と考察評価。ブルースウィリスの“ダイハードを彷彿”させる作品|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第16回 様々な事情で日本劇場公開が危ぶまれた、埋もれかけた映画を紹介する劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。 …

連載コラム

劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第14回 (C)2018 Production I.G/東宝 こんにちは、森田です。 今回は当サイト「今週おすすめ映画!」で一推しされている劇場版「フリクリ オルタナ …

連載コラム

映画『タロウのバカ』感想とレビュー評価。大森立嗣監督が元々はデビュー作として構想した20年越しの力作|メランコリックに溺れたい1

はじめまして、こんにちは。 このたび、Cinemarcheで新コラム「メランコリックに溺れたい」を始めることになりましたライターの近藤です。よろしくお願いします。 映画の好みは人それぞれですが、最近話 …

連載コラム

映画『シークレット・ヴォイス』ネタバレ感想。カルロス・ベルムト監督の「虚実皮膜」な歌謡サスペンス劇場⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録7

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第7回 新年初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”ともいうべき、「未体験ゾーンの映画たち2019」では、貴重な58本の映画が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学