Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/11/16
Update

MEN 同じ顔の男たち|あらすじ感想と評価解説。A24とアレックス・ガーランド監督がラストに仕掛ける“不可触の悪夢”|映画という星空を知るひとよ127

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第127回

映画『MEN 同じ顔の男たち』は、夫を亡くした傷心の女性が癒しのために滞在した美しい風景の田舎で恐ろしい体験をするSFスリラー。

ミッドサマー』(2019)『ヘレディタリー/継承』(2018)を製作したアメリカの配給会社「A24」とSFスリラー『エクス・マキナ』(2015)のアレックス・ガーランド監督が、究極のタッグを組んだ作品です。

散歩途中の廃トンネルで見かけた人影が、緑の森から女性の方へ向かってきました。影におびえて逃げ出した彼女に、恐ろしい悪夢のような出来事が次々と襲い掛かります。

映画『MEN 同じ顔の男たち』は、2022年12月9日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

映画公開に先駆けて、映画『MEN 同じ顔の男たち』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『MEN 同じ顔の男たち』の作品情報


(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【原題】
MEN

【脚本・監督】
アレックス・ガーランド

【音楽】
ジェフ・バーロウ、ベン・ソールズベリー

【出演】
ジェシー・バックリー、ロリー・キニア、パーパ・エッシードゥ、ゲイル・ランキン、サラ・トゥーミィ

【概要】
『MEN 同じ顔の男たち』は、クオリティの高い映画製作に定評のあるアメリカの配給会社「A24」とSFスリラー『エクス・マキナ』のアレックス・ガーランド監督のタッグによって製作されました。

夫の死を目撃した過去のトラウマと目の前に現れる同じ顔の男たちの恐怖に対峙する主人公を見事に体現したのは、『ワイルド・ローズ』(2022)『ロスト・ドーター』(2021)に出演した、2022年度注目女優のジェシー・バックリー。

007シリーズに出演した共演のロリー・キニアは、1人で何役もの同じ顔の不気味な男たちを怪演しています。

映画『MEN 同じ顔の男たち』のあらすじ


(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

夫ジェームズ(パーパ・エッシードゥ)と離婚の話をしていたハーパー(ジェシー・バックリー)。

激怒した夫は窓から外へ飛び出し、その死を目の前で目撃してしまいます。

彼女は心の傷を癒すため、イギリスの田舎町を訪れました。

そこで待っていたのはカントリーハウスの管理人ジェフリー(ロリー・キニア)で、彼が管理する豪華なカントリーハウスに滞在することに……。

ジェフリーに教えてもらった通りに、ハーパーは次の日森へ散歩に出かけました。

緑一色の森の中には廃トンネルがあり、ハーパーの歌声が何重にもこだまします。

気持ちよく散歩していたハーパーですが、廃トンネルの向こう側に不審な人影を見つけ、薄気味悪くなってハウスへ戻りました。

次にハーパーは町へ出かけました。

お面を被った少年、牧師、そして警察官など、次々と出会う男たちが、管理人のジェフリーと全く同じ顔であることに気づきました。

町に住む同じ顔の男たち、廃トンネルからついてくる謎の人影、木から大量に落ちるりんご、そしてフラッシュバックする夫の死。

不穏な出来事が連鎖し、“得体の知れない恐怖”が徐々に正体を現し始めますー。

スポンサーリンク

映画『MEN 同じ顔の男たち』の感想と評価


(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

美しい歌声が恐怖の世界へ導く

SFホラーの『MEN 同じ顔の男たち』は、前半緑豊かな美しい風景の中でファンタジックな展開をし、ジェシー・バックリーの歌声が響き渡ります。

癒し系の映画と思っていると、突然妖しい人影が出現して物語は一転。

楽しそうなジェシーの表情は消え失せ、得体のしれないモノに追いかけられる恐怖に震える主人公に徹します。

経験したことのないような恐怖体験を体現するジェシー。

見事な歌唱力で歌う彼女の歌声が途絶えた時から、観客も奇妙な世界へ引きずり込まれました

廃トンネルの出口と入口の世界は、まるで天国と地獄のようだと言えるでしょう。

夜のハウスに侵入を試みる全裸の不審者、教会で出会ったお面を被った少年、ジェシーの心の傷をさらに抉るようなアドバイスをする牧師、街で次々と出会う男たちは、不審者を逮捕したポリスマンでさえ、皆不気味なオーラをまとっています。

彼らが全員、ハウスの管理人と同じ顔というのもまた怖い。同じ顔を持つ人物は、ロリー・キニア一人が熱演。一人ひとりの役柄の特徴をよく捉えて演じ分けていました。

気鋭の配給会社「A24」が製作


(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『MEN 同じ顔の男たち』は、日本でも急速に名を知られるようになったアメリカの配給・製作会社「A24」(エートゥエンティフォー)が製作しています。

そのやり方は、まず各地の映画祭などで「これぞ」と感じた若手監督をピックアップ。映画の配給を行ったのち、新作をバックアップしてさらに育て上げていくというもの。

クオリティに関しては、基本的にそれぞれの創造性を信じ、全権を持たせています。このサイクルが見事に成功し、良質兼異質な作品が次々と誕生しました。本作もその一つではないでしょうか。

美しい音楽と風景で彩られた『MEN 同じ顔の男たち』ですが、ラストへと続く20分はトラウマになるほどの恐怖の悪夢が用意されています。

SFスリラーの名手・アレックス・ガーランドと「A24」のタッグだからこそ出来た、完成度の高い恐怖が味わえる作品と言えます。

まとめ


(C)2022 MEN FILM RIGHTS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

SFスリラー『MEN 同じ顔の男たち』をご紹介しました。

予告動画の廃トンネルのシーンは、禁断の地の入り口に踏み入れようとしているかのような、得体の知れない恐怖の幕開けを予感させるカットとなっています。

ここではまだまだ恐怖の序章。次第に募る‟本当の怖さ”は後半ラストへ続く20分に凝縮していると言えます。

初めて見るような場面、そして二度と見たくないであろうグロテスクな映像に釘付けになることでしょう。

映画『MEN 同じ顔の男たち』は、2022年12月9日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

映画『イコライザー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【デンゼルワシントンが19秒で悪を消去する】|すべての映画はアクションから始まる11

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第11回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

『ケータイ捜査官7』あらすじと感想。考察はゴールドタイタンがセブンの源流か⁈|邦画特撮大全17

連載コラム「邦画特撮大全」第17章 実は2018年はさまざまな特撮作品がアニバーサリーをむかえていました。 今回から4回に亘ってそうした作品をそれぞれ特集していきます。 2008年の4月から1年間、テ …

連載コラム

映画『ウィッシュルーム』ネタバレあらすじ感想と結末の解説。願いを叶える部屋に翻弄された夫婦の顛末を描いたサスペンススリラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー36

連載コラム「B級コラム映画 ザ・虎の穴ロードショー」第36回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで …

連載コラム

映画『どうにかなる日々』感想レビューと解説。アニメ化で際立つ志村貴子作品の魅力を分析|映画道シカミミ見聞録47

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第47回 こんにちは、森田です。 今回は2020年10月23日(金)全国公開のアニメーション映画『どうにかなる日々』を紹介いたします。 原作者の志村貴子は、学園ドラマ …

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言|炭治郎/禰豆子兄妹の絆×累の感動の“再会”に注目【鬼滅の刃全集中の考察14】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第14回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「那田蜘蛛山編」の名言 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学