Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/13
Update

元脱獄犯が出演!ジャック・ベッケル監督作品『穴』刑務所を舞台にした人間ドラマとは|偏愛洋画劇場7

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

連載コラム「偏愛洋画劇場」第7幕

手に汗握る脱獄もの映画は多々ありますが、今回はその中で私が最も好きな作品についてご紹介したいと思います。

色々な意味で似たような作品は一個もない映画、フランス映画の『穴』(1960)です。

手がけたのはヌーヴェル・ヴァーグの監督たちに敬愛された、『現金に手を出すな』(1954)、『モンパルナスの灯』(1958)で知られる、ジャック・ベッケル。

ベッケル監督の遺作であり、観たらすぐ誰かにおすすめしたくなること間違いなしの本作。

一体なぜとんでもない映画なのか?ネタバレ無しで魅力をお伝えします!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『穴』のあらすじ

舞台はフランスのサンテ刑務所、ガスパールという若い男がある部屋に移されてくるところから物語は始まります。

実はもともといた4人の囚人たちは前々から脱走計画を企てていました。ガスパールにも計画を話し、夜な夜な淡々と床に穴を掘り計画を実行していく5人。いよいよ脱走するという日、ガスパールはなぜか刑務長に呼び出されるのです…。

キャストは元脱獄犯!

『穴』は1947年のサンテ刑務所で実際に起こった脱獄事件に携わった1人、ジョゼ・ジョヴァンニの小説を原作としています。

また無口ながらも頼り甲斐のあるキャラクター、ロランを演じたジャン・ケロディもこの事件の脱獄犯の1人。

残りのキャスト達もほとんどプロの俳優ではないのです。

本作には音楽がほとんどありません。

大胆すぎるほど鮮やかに穴を掘る音。壁を砕く音。休んでは掘り、砕き、休み、そしてまた掘り…淡々とこなす作業を彼らと同じ分だけの時間で見守ることになる私たちは、実際にそこにいるかのような緊張感に襲われます。

また刑務所を舞台にした映画といえば少々荒っぽい囚人たちや非道な刑務官のキャラクターが登場することが多いですが、『穴』のサンテ刑務所での生活は皆穏やかそうに見えるところも興味深いポイントです。

理不尽な刑務官もいなければ暴力事件を起こしそうな囚人もいない。皆刑務所の中で協力しあい、まずいパンやコーヒーを分け合いつつ毎日を過ごしています。

表向きの刑務所生活と裏で着々と進められる脱獄計画、流れる不穏さと緊迫した空気、そして伏線を一気に回収するその衝撃の結末には呆気にとられずにはいられません。

スポンサーリンク

裏切るか?裏切らないか?

『穴』がただの脱獄映画ではない理由、それは実際の脱獄犯をキャストしたというのももちろんですが、5人の囚人たちの人間関係、繊細な心理描写にあります。

信頼関係の築き上がった古株4人と、後から入ってきた新しい囚人、ガスパール。

彼のことを本当に信用していいものか?ガスパールとマニュという男が穴を開けてできた通路をくぐり抜け、脱出できることを確認できるシーン。

彼らはここで自分たちだけ助かるか否かの葛藤はあったか。

もし1人だけ「脱獄をやめる」と言い出すものがいたらどうするか。

脱獄直前に訴えが取り下げられたことを聞かされたら…。

以上のような彼らの微妙な心の揺れ動き、信頼度を試される出来事についての描写が多々あり、そしてなだれ込むその結末。

ロランが言い放つ台詞はどんな意味を持つのか、何に向けてのその言葉なのか。

そのような視点で作品を見ていただくと、面白い鑑賞できるはずですよ。

まとめ

果たして彼らは脱獄できるのか?彼らは最後に、何を思うのか?

元脱獄犯、素人のキャストたちを起用し、臨場感たっぷりに描いた傑作脱獄劇『穴』。

個性際立つ5人の立場に寄り添って、最後の最後までお楽しみください。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回の第8幕は、オリヴァー・ストーン監督の『ナチュラル・ボーン・キラーズ』をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える|映画道シカミミ見聞録36

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第36回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『Noise ノイズ』を紹介いたします。 秋葉原に代表されるそのノイジーな空間や人間 …

連載コラム

映画『運び屋』ネタバレ感想と評価解説。クリント・イーストウッドが実在の“伝説の運び屋”に挑む|サスペンスの神様の鼓動14

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、実在した“伝説の運び屋”をモデルに …

連載コラム

『フランケンシュタイン対地底怪獣』『サンダ対ガイラ』映画解説。進撃の巨人に影響を与えた特撮作品|邦画特撮大全47

連載コラム「邦画特撮大全」第47章 2019年現在、NHKにてアニメ版が放送中で、2015年に樋口真嗣監督によって実写映画化もされた人気漫画『進撃の巨人』。 そのイメージベースとなった作品が、今回特集 …

連載コラム

ジーン・セバーグ映画『リリス』のあらすじと考察。 ロバート・ロッセン監督が放つ美しく危険な神話|偏愛洋画劇場17

連載コラム「偏愛洋画劇場」第17幕 ケネディ大統領の就任、公民権運動、ベトナム戦争、キング牧師やマルコム・Xの登場、そして暗殺…。アメリカだけでも数え切れないほどの出来事が起こった動乱の時代であった1 …

連載コラム

映画『遠い光』あらすじと感想。宇津野達哉監督の物語から垣間見えてくる“鹿踊り”|2019SKIPシティ映画祭13

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・宇津野達哉監督作品『遠い光』が7月15・19日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP