Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/12
Update

映画『迷子になった拳』感想評価と内容解説。ミャンマークーデターを予見した闘いの精神と葛藤そして希望|映画道シカミミ見聞録54

  • Writer :
  • 森田悠介

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第54回

こんにちは、森田です。

今回は、3月26日(金)より渋谷ホワイトシネクイント他で全国順次公開される映画『迷子になった拳』を紹介いたします。

ミャンマーの伝統格闘技・ラウェイの選手、興行、文化、精神が織りなす“四角いジャングル”から見えてくる闘いの意義と、“民主化の行く末”ついて考えていきます。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『迷子になった拳』のあらすじ


(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

拳にバンテージのみを巻き、禁じ手のほとんどが許される「ラウェイ」。本作はその「地球上で最も過激な格闘技」に挑む者たちを追った約4年間の記録です。

体操選手から転身した20代のファイター・金子大輝を中心に、一度は格闘技から離れたものの30歳までの成功を期限に復帰した渡慶次幸平、そして格闘技イベント「RIZIN」で那須川天心と戦ったことでも話題を呼んだ浜本“キャット”雄大らの姿が映しだされます。

また撮影前の2016年、今田監督自身も40歳で会社を解雇され、“自分はまだ戦えるのか”という問いを彼らが戦う姿に重ねます。

なぜ彼らはラウェイに挑戦するのか。そもそもなぜ人は闘うのか。個々の事情を超えて浮かび上がるその本質を見どころとして、勝負の世界をのぞいていきます。

勝負≠勝敗

日本で“なんでもあり”の格闘技といえばまず、かつて喧嘩空手と称された「極真空手」が思い起こされます。

極真の創始者・大山倍達の半生が描かれた劇画『空手バカ一代』の逸話を引くまでもなく、それは実際の試合からもうかがえます。

たとえば、1991年の極真第5回世界大会で実現した、フランシスコ・フィリォとアンディ・フグの試合。

止めがかかったあとの上段回し蹴りでフグが失神して倒れた際、フィリォの1本勝ちが認められました。

ルール以前に、勝負の世界では不意をつかれたほうが負け、というわけです。

一方、ラウェイにも「判定」はありません。最後まで立っていれば2人とも勇者として讃えられます。

ここから、どちらの世界にも「勝敗より大事なもの」があることがわかります。

日本で非公式ながらもラウェイの格闘家とはじめて拳を交えたのが空手家だったというのも、似た価値観を共有している証左でしょう。

ではつぎに、その“価値”とはなにかをみていきます。

スポンサーリンク

勝負の価値


(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

ラウェイの試合を日本で正式に手がけた興行主は、その美しさに惚れたといい、「勝ち負けにこだわるよりも一歩出る勇気」が重要なのだと説きます。それは過酷ではあっても、残酷ではないと。

その種の「人間の尊厳」をもっとも高らかに謳い上げた格闘映画の1つは『ロッキー』(1976)でしょう。

血まみれになっても最後までリングに立ち続け、試合に負けても“己との勝負”には勝ったロッキー。腰には輝かしいベルトではなく、愛する人の腕が巻かれました。

ゴングが鳴って、人生がはじまる。

『迷子になった拳』における重要な特徴も、出演者たちがみな仕事をもっていて、試合は「人生の一部」であるという点です。

真のリングは足元にあること。対戦相手はみずからの挫折や敗北感であること。

戦いの舞台が人生であればまさに、“過酷であっても、残酷ではない”というフレーズが生きてきます。これはだれもが共感できる構えではないでしょうか。

なお、ロッキーは続編で王者になったあとは、“いかに強い敵を倒すか”という方向に進んでいきます。

その点、ラウェイには「防衛」もないというのが、通常の格闘技ないしは興行との違いを如実に示しています。

興行の代償


(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

しかし、戦いの価値を勝敗ではなく、尊厳および文化だけに求めようとするのなら、興行は成り立ちません。本作ではまさに、その問題に直面した主催団体の葛藤や奮闘も描かれます。

互いに相容れない精神を抱えた選手、文化、興行がリング上で散らす火花。

ラウェイの本当に恐るべき点は、この緊張感なのかもしれません。

そしてこの状態を見極めるうえでも、さきに挙げた極真空手が参考になります。

男たちが命をかけた空手道。その拳と軌を一にするように影響力を増していった劇画、アニメ、そして異種格闘技の道。

「命」と「金」の矛盾で歩みを止めるのではなく、むしろ文化社会を巻き込んでより大きなエネルギーを放っていった極真は、大山館長の死後、みずからが生み出した存在の重みに耐えきれず、分裂していきました。

迷子なのは人生だけでなく、団体も、あるいは国も、ずっと何かを探しているのです。

特にミャンマーの情勢をみれば、国全体にとってのそれは「民主化」に他なりません。

スポンサーリンク

民主化の精神


(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

本作が記録しているのは、アウンサンスーチー氏率いる新政権が誕生した2016年から、再び軍政への転覆が試みられた2021年前までの社会ですが、ラウェイをとおせばミャンマーの人々の不屈の精神の拠り所も確認できます。

さきにみたラウェイの葛藤は、「市民」と「軍人」の対比にもなぞらえられるでしょう。

やがて訪れる“沸点”に向かい、異種を火種にそれぞれの精神を燃やし続けるリング。

それは、民主化の機運がもっとも高まった矢先に、軍部によるクーデーターが起きた“今”を予見していました。

本作は超新星が爆発前に放つ一番大きな光をとらえた奇跡のような映画ともいえ、同じものは二度と撮れないドキュメンタリーの真骨頂を発揮しています。

勝利のために


(C)映画「迷子になった拳」製作委員会

まさしく「混迷」を極めるミャンマーですが、果たして民主主義を取り戻すことができるのでしょうか。

今田監督が本作の最後に見つけたある答えは、そのような不安を払拭し、彼らの気高き精神は決して絶えないことを教えてくれます。

それは迷いのない拳のように、見据えた未来に向かって真っ直ぐに伸びていくはずです。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『パパは奮闘中!』感想と評価解説。「夫婦・労働・子育て問題」と物語に流れる確かな信念が心を打つ|銀幕の月光遊戯28

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第28回 突然妻が何も言わず家を出ていき、仕事と育児に悪銭苦闘することとなった夫とその子どもたち。ベルギー・フランス合作映画『パパは奮闘中!』は現代の様々な問題を内包しつつ …

連載コラム

映画『れいこいるか』感想評価と考察解説。タイトルが意味深い⁉︎阪神淡路大震災で一人娘を亡くした夫婦の物語|銀幕の月光遊戯 66

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第66回 映画『れいこいるか』は、2020年8月8日(土)より、新宿 K’sシネマ、シネ・ヌーヴォ(大阪)、元町映画館(神戸)ほかにて全国順次公開されます。 映 …

連載コラム

【SF映画2021】話題作ランキング5選!劇場公開ベストな洋画邦画の内容解説と見どころを紹介【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車137

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile137 2020年はハリウッドによる大作映画が軒並み延期し、SF映画好きには辛い1年でした。 しかし、その分2021年には大規模な撮影が行われた …

連載コラム

2020年映画ランキングベスト5|大人の恋愛・夫婦映画たちに三賞を贈る!《シネマダイバー:森田悠介選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー森田悠介 年半ばに劇場が再開してからしばらく経ちましたが、感染症対策で外出する機会は減り、世評を知るための興行収入も『鬼滅の刃』の独走状 …

連載コラム

実写『時をかける少女』ネタバレあり感想解説と内容評価。大林宣彦のノスタルジックなSF映画の魅力と特撮技術を読み解く|邦画特撮大全51

連載コラム「邦画特撮大全」第51章 目黒シネマにて2019年6月22日から6月28日までの7日間、“大林宣彦デラックス~キネマの玉手箱~”が行われます。 この特集上映は『フィルムメーカーズ 大林宣彦』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学