Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/08
Update

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第33章

先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。

2019年夏に映画『GOZEN -純恋の剣-』が公開し、同年秋に演劇『GOZEN -狂乱の剣-』が上演される予定です。

発表された出演者には、犬飼貴丈(『仮面ライダービルド』)、武田航平(『仮面ライダーキバ』)、松本寛也(『魔法戦隊マジレンジャー』)、前山剛久(『仮面ライダーウィザード』)、井俣太良(『仮面ライダードライブ』)、元木聖也(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』)といった多くの特撮経験者が名を連ねています。

一方で矢崎広、井澤勇貴と2.5次元ミュージカルで活躍する俳優も出演します。ただし発表されたキャストは『GOZEN』というプロジェクトに出演する俳優であって、映画・舞台の共通キャストではありません。

映画『純恋の剣』の監督は石田秀範。舞台『狂乱の剣』の演出は毛利亘宏が手掛けます。

今回は映画『GOZEN -純恋の剣-』の監督を務める石田秀範監督を特集します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

石田秀範監督の経歴

参考映像:『特救指令ソルブレイン』第19話「亀ちゃんと探偵娘」予告編

石田秀範は横浜放送映画専門学院(現在の日本映画大学)を卒業後、特撮テレビドラマ『宇宙刑事ギャバン』(1983)の助監督として映像制作の現場に参加しました。

その後“メタルヒーローシリーズ”の『特警ウィンスペクター』(1990)でチーフ助監督に昇進し、翌年『特救指令ソルブレイン』(1991)で監督デビューを果たします。

石田は平成仮面ライダーシリーズの記念すべき第1作『仮面ライダークウガ』(2000)で初のメイン監督を務めます。

以降、竹内涼真・主演の『仮面ライダードライブ』(2014~2015)までの平成仮面ライダー15作品に監督として参加していました。

この15作品中『クウガ』のほか、『仮面ライダー剣』(2004)、『仮面ライダー響鬼』(2005)、『仮面ライダーカブト』(2006)でパイロット(第1話・第2話)を監督。『剣』と『カブト』では劇場版の監督も務めています。

また『仮面ライダーW』(2009~2010)や『仮面ライダードライブ』では2人目の仮面ライダー・初登場回を演出し、シリーズを盛り上げます。

石田は厳しい演技指導でも知られる監督です。

綾野剛は『仮面ライダー555』(2003)に出演した際、初登場シーンでリテイクを23回出されたといいます。

『仮面ライダーアギト』では当時新人だった要潤の出演場面を欠番にしたなどのエピソードがあります。しかしその厳しい演技指導は作品にかける思いや俳優への愛情ゆえのもので、石田は平成仮面ライダー16作品に出演した多くの俳優たちに慕われています。

近年はテレビシリーズから離れ『仮面ライダードライブ』のVシネマや、ネットドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』(2016~2017)などの監督として活躍しています。

石田演出が指し示した新時代の特撮ヒーロー

石田秀範は撮影や照明、各技術パートと共に『仮面ライダークウガ』で従来の仮面ライダーシリーズとは異なる映像を模索しました。

赤や緑といった極端な色の照明や逆光の多用、カメラブレによる臨場感など、『クウガ』はこれまでの仮面ライダーシリーズとは違う先鋭的な映像表現が見られました。

例えば『クウガ』の第14話「前兆」。敵グロンギのメ・ギャリド・ギ(ヤドカリ怪人)の初登場シーンで名曲「ブルーベルベット」をフラッシュインさせます。曲をそのまま流すのではなく細かく分けて流し、音楽というよりノイズのように使用しています。

『クウガ』の終盤である第47話「決意」。仮面ライダークウガと最後の敵ン・ダグバ・ゼバとの最終決戦がついに始まるエピソードです。

この回の冒頭は闇の中に車や人が炎上している様が映され、その映像に主人公・五代雄介(オダギリジョー)の苦しむ声とダグバの笑い声が重なるというもの。ざらついた映像によって最終決戦への不穏な前兆を感じさせます。

石田秀範は「今までやってきた事を全否定する。良い物も否定する」という決意の元、『クウガ』の監督に臨んだのです。そんな石田の決意による『仮面ライダークウガ』の映像表現は、その後の“平成仮面ライダーシリーズ”のベースになったと言えます。

スポンサーリンク

最終回職人

“平成仮面ライダーシリーズ”のパイロット(第1話・第2話)を多く手掛けている監督は田﨑竜太監督ですが、一方で石田秀範監督は最終回を手掛けることが多い監督です。

石田が最終回の演出を手掛けたのは『仮面ライダークウガ』に始まり、『仮面ライダー龍騎』(2002)、『仮面ライダーカブト』、『仮面ライダーキバ』(2008)、『仮面ライダーディケイド』(2009)、『仮面ライダーW』、『仮面ライダーウィザード』(2012~2013)、『仮面ライダー鎧武』(2013~2015)と計8作品の最終回を手掛けています。

その中でも特に印象深いのが『龍騎』の最終回でしょう。

『龍騎』は最終回の1話前である第49話の終盤で、主人公である城戸真司/仮面ライダー龍騎がなんと死亡するのです。石田は血を流し死んでいく真司の後ろに白い車を配置させることで、生々しさを持った映像に仕上げています。

また単に生々しいだけでなく、「主人公が死ぬ」という出来事をより衝撃的に映し出しているのです。

最終回である第50話では、戦って死んでゆく仮面ライダーたちのバックでルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界(What A Wonderful World)」を流します。

音楽著作権の関係でDVDには収録されていませんが、これは仮面ライダーたちへ捧げられた鎮魂歌でしょう。

まとめ

『仮面ライダークウガ』(2000)で“平成仮面ライダーシリーズ”のベースとなる映像表現を打ち立てた石田秀範監督。

石田監督をはじめ仮面ライダーシリーズの監督たちは、東映特撮作品での助監督を経て監督デビューを果たした方々です。

そのため現場の経験に裏打ちされた、確かな演出力が光っています。

次回の邦画特撮大全は…


仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ(DVD)

次回の邦画特撮大全は、劇場版『仮面ライダーW FOEVER AtoZ/運命のガイアメモリ』(2010)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

スタローン映画『ロッキー』あらすじネタバレと感想。アカデミー賞の評価に輝く出世作にして名作|すべての映画はアクションから始まる14

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第14回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『プライベート・ウォー』感想とレビュー評価。ロザムンド・パイク演じる記者メリー・コルヴィンは戦場で“母”となる|シニンは映画に生かされて17

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第17回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第17回にてご紹介させていただく作品は、イギリスの「 …

連載コラム

映画『ビッチホリディ』あらすじネタバレと感想。女性監督ならではの視点と巧みな物語の語り口|未体験ゾーンの映画たち2019見破録47

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第47回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はエーゲ海に面したリゾート地を舞台に、奇妙な人 …

連載コラム

『仮面ライダー鎧武』感想評価とキャスト紹介。高杉真宙&佐野岳らの魅力×名キャラクターたちが勢揃い|邦画特撮大全60

連載コラム「邦画特撮大全」第60章 今年2019年10月25日から劇場公開される『超・少年探偵団NEO –Beginning-』。江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズを翻案した作品で、主人公の小林少年役 …

連載コラム

『喜劇 愛妻物語』ネタバレあり感想考察。脚本家の足立紳として“元ネタ・リスペクト新藤兼人版”との違いから解説|映画道シカミミ見聞録51

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第51回 こんにちは、森田です。 今回は9月11日(金)より全国ロードショー中の映画『喜劇 愛妻物語』を紹介いたします。 基本的には嘘がないという、足立紳監督の自伝的 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学