Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/09
Update

映画『ランブル』考察と評価感想。インディアンたちはアメリカと音楽界を“大地の鼓動”で揺さぶる|だからドキュメンタリー映画は面白い52

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第52回

彼らを抜きにして、ポピュラー音楽界の発展はなかったかもしれない──。

今回取り上げるのは、2020年8月7日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、9月4日(金)よりシネ・リーブル梅田、9月12日(土)より神戸アートビレッジセンターなど全国にて順次公開される映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)をルーツに持つミュージシャンたちが、いかにアメリカ国内のポピュラー音楽に影響を与えてきたかを、名だたるミュージシャンや関係者たちのインタビューを交えつつ、ひも解いていきます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』の作品情報

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

【日本公開】
2020年(カナダ映画)

【原題】
Rumble: The Indians Who Rocked The World

【製作・監督・脚本】
キャサリン・ベインブリッジ

【製作】
クリスティーナ・フォン、リンダ・ラドウィック、リサ・M・ロス

【製作総指揮】
スティーヴィー・サラス

【編集】
ベンジャミン・ダフィールド、ジェレマイア・ヘイズ

【キャスト】
リンク・レイ、チャーリー・パトン、ミルドレッド・ベイリー、バフィ・セント・マリー、ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・デイビス、レッドボーン、マーティン・スコセッシ、クインシー・ジョーンズ、スティーブン・タイラー

【作品概要】
多くのジャンルのポピュラー音楽に影響を与えた、インディアン音楽の真実を明かすドキュメンタリー。ネイティブ・アメリカンことインディアンの血を引くミュージシャンたちが、ロック、ジャズ、ブルース、フォーク、ファンクなど様々なジャンルの音楽にいかに影響を及ぼしてきたか、そして彼らの豊かな音楽が、ポピュラー音楽の歴史からいかに抹殺されてきたかをたどります。

製作総指揮を、自らもアパッチ族出身で、日本のロックユニットB’zの稲葉浩志とのコラボでも名を馳せた、ギタリスト兼プロデューサーのスティーヴィー・サラスが担当。監督は、これまでインディアンを題材にしたドキュメンタリーを多く手がけてきた実績を持つ、キャサリン・ベインブリッジです。

映画『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』のあらすじ

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

ネイティブ・アメリカンことショーニー族の血を引くシンガーソングライター、リンク・レイによる1958年発表の『ランブル』。

歌詞のないインストゥルメンタルにも関わらず、「少年の暴力犯罪を助長する」という理由で、ラジオ局では放送禁止になりました。

しかしながら、アメリカだけでなくイギリスでもヒットを記録したその曲なくしては、パンクもメタルも生まれなかったとまでいわれています。

本作では、そうしたインディアンをルーツに持つミュージシャンたちが、ロック、ジャズ、ブルース、フォーク、ファンクといった様々なジャンルの音楽にいかに影響を及ぼしてきたか。

そして、どのように彼らが虐げられてきたかといった、これまで公にされなかった真実に迫っていきます。

スポンサーリンク

埋もれていたインディアンの血を持つミュージシャンたち

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

本作『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』は、ギタリスト兼プロデューサーとして活躍する、アパッチ族出身のスティーヴィー・サラスが抱いた一つの疑問から生まれました。

音楽業界に自分以外のインディアンがいないことを不思議に思ったサラスは、いざ調べたところ、実は他にも先住民のアーティストがいることを知ります。

しかしその事実は、一般はおろか、リンク・レイやインディアン文化にも陶酔していた、名ギタリストのジェフ・ベックでさえも知らなかったといいます。

そこでサラスは、インディアンの血を引くミュージシャンたちが、いかにポップ・カルチャーに影響を与えていたかを立証すべく、長らく先住民をテーマとするドキュメンタリー映画を製作・監督し続けてきたキャサリン・ベインブリッジと、その夫でクリー族のアーネスト・ウェッブに接触。

そうした有志たちによって完成した本作は、ポピュラー音楽史に埋もれていた1ページを刻む役目を果たすこととなりました。

略奪と迫害を受けた者たちの旋律と叫び

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

本作を観て驚かされるのは、アメリカのポピュラー音楽に、いかにインディアンたちが影響を与えてきたかという点です。

そもそも、現在のアメリカ合衆国は、500以上のインディアン部族が生活していた大陸にありました。

しかし、1492年にコロンブスが大陸を発見して以降、世界各国から続々と押し寄せた移民たちにより、インディアンは住む場所を次々奪われ、文化をも封じられてしまいます。

僻地に追いやられた彼らが、その怒りや哀しみ、自由を叫ぶツールとして、時には傷ついた心を癒すツールとして密かに用いたのが、「音楽」。

やがてアフリカから奴隷として連れてこられ、KKKなどからの迫害を恐れた黒人たち(後のアフリカ系アメリカ人)が南部のインディアン保留地に逃げ込んだことで、2つの人種が交ります。

ブルーズやジャズが、奴隷となっていた黒人たち発祥の音楽ということはよく知られていると思いますが、実はインディアンもその役割を担っていたのです。

スポンサーリンク

大物ミュージシャンたちが語るインディアン・ビートの影響力

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

“デルタ・ブルーズの父”と称されたチャーリー・パトン、ジャズ界初の非アフリカ系アメリカ人女性シンガーのミルドレッド・ベイリー、“ギターの革命児”ジミ・ヘンドリクス、「ブラック・アイド・ピーズ」のメンバーであるタブーなど、本作ではインディアンの血を引いている大物ミュージシャンたちが多数登場。

そして、インディアン・ビートが様々なミュージック・シーンに与えた影響力を伝えるべく、「ガンズ・アンド・ローゼス」のスラッシュ、「エアロスミス」のスティーヴン・タイラー、クインシー・ジョーンズ、イギー・ポップ、スティーブン・タイラーに、映画監督のマーティン・スコセッシといった豪華な顔ぶれがインタビューに応じているのも見どころです。

なかでも、やはり本作のタイトルにもなっている「ランブル」の、生々しく、かつ荒々しいギター音を奏でるリンク・レイにしびれた者は後を絶ちません。

「ザ・フー」のピート・タウンゼントは、「リンク・レイは帝王だ。彼と『ランブル』がこの世に存在しなかったら、私はギターを手にすることはなかっただろう」とまで断言。

『パルプ・フィクション』(1994)や『12モンキーズ』(1995)など多くの映画で使用されていることからも、一度は耳にしたことのある方もいると思います(ちなみに、『パルプ~』の監督クエンティン・タランティーノは、インディアンのチェロキー族の血筋を持つ)。

(c)Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.

とあるインディアン系ミュージシャンは、劇中で、「私たちが奏でるのは、大地から受け継いだオーガニックなビート」と語ります。

劇中では、インディアンの血を引くミュージシャンたちが携わった、約50曲もの音楽が流れます。

母なる大地の鼓動(リズム)を、あなたも体感してみてはいかがでしょうか。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『劇場版 バーニング』結末の解説と考察。原作「納屋を焼く」のメタファーから映画のテーマを探る|映画道シカミミ見聞録34

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第34回 こんにちは、森田です。 今回は村上春樹の小説を原作としたイ・チャンドン監督の映画『劇場版 バーニング』を紹介いたします。 原作を大きくアレンジしたことが話題 …

連載コラム

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじと感想レビュー。少女アミーという存在|銀幕の月光遊戯 44

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第44回 映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が現在ユーロスペース、全国イオンシネマ他にて絶賛公開中! 9年もの歳月を経て完成した「フィリピン水道建設プロジェク …

連載コラム

映画『キックス』あらすじと感想考察レビュー。奪われたスニーカーを取り戻す少年の行動とは|銀幕の月光遊戯13

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第13回 主要キャストがアフリカ系俳優で占められる作品は、制作が難しいと言われていた時代もありましたが、昨今は、『ムーンライト』がアカデミー賞作品賞を受賞したり、『ブラック …

連載コラム

SF映画おすすめランキング!2010年代の隠れた名作ベスト5選【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車106

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile106 今回のコラムでは遠藤麻衣子監督による最新映画『TOKYO TELEPATH 2020』(2020)をご紹介予定でしたが、予定を変更させて …

連載コラム

役所広司最新映画『オーバー・エベレスト』あらすじと感想レビュー。雪山を舞台に日中合作による超大作|TIFF2019リポート15

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』 2019年にて通算32回目となる東京国際映画祭。令和初となる本映画祭は2019年10月28日(月)に無事開催の日を迎え、11月 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP