Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】すずめの戸締まり|白猫ダイジンの正体/目的を考察解説!“要石”と“神になる理由”から見える自己犠牲の拒絶

  • Writer :
  • 糸魚川悟

草太の運命と要石から見える、白猫ダイジンの正体とは?

新海誠監督が手がけた映画至上、公開初週の興行収入が最も高い数値でスタートした映画『すずめの戸締まり』。

本作は物語がスピーディに展開するロードムービーであり、全体的にシンプルかつ分かりやすい構成でストーリーが進んでいきますが、一方で劇中では深掘りされていなかった部分も多く存在し、誰にでも分かる物語と同時に考察する楽しみも残してくれていました。

今回は劇中で明確には説明されることがなかった設定の中でも、物語の中心となる謎多き猫「ダイジン」の正体について考察・解説していきます。

スポンサーリンク

映画『すずめの戸締まり』の作品情報


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
新海誠

【キャスト】
原菜乃華、松村北斗(SixTONES)、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介、松本白鸚

【作品概要】
短編映画『ほしのこえ』(2002)で高い評価を受け、2016年に公開された『君の名は。』で記録的な大ヒットを記録した新海誠が手がけた長編アニメ映画。

1700人を越えるオーディションにより、『罪の声』(2020)や『ヘルドッグス』(2022)に出演した俳優の原菜乃華が主人公・鈴芽のCVキャストに選ばれました。

映画『すずめの戸締まり』のあらすじ


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

高校生の岩戸鈴芽は廃墟を探す宗像草太に出会い、元温泉街の廃村を教えます。

草太の容姿に懐かしい感覚を覚えた鈴芽はひとり廃村へと向かうと、廃墟の中で不自然な「扉」を発見。

好奇心から「扉」を開けた鈴芽は、その奥に母を亡くし彷徨っていた過去に見たものと同じ景色を目撃しますが……。

スポンサーリンク

「要石」と草太の軌跡から考察するダイジンの正体


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、千葉県香取市の香取神宮など、全国各地に地震を鎮めるための霊石として存在する「要石」は、映画『すずめの戸締まり』の中でも重要な役割を担っています。

本作では、地震を引き起こす「ミミズ」が現実世界に出てくる道である「後ろ戸」の封印を担う霊石として要石が登場し、鈴芽が要石を台座から外してしまったことで物語が動き始めます。

外された要石は猫に変身し、あざとすぎる猫として「ダイジン」と名付けられながら、鈴芽を翻弄し全国を逃げ回っていくことになります。

そもそも、要石であり「神」でもある「ダイジン」がなぜ役割を放棄するような行動に出たのか

劇中では「“神”が気まぐれである」とだけ言及されていましたが、ここに「ダイジン」の正体に迫る上で最も重要な要素が隠されていました。

要石となった草太が意味するもの


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

映画中盤、東京の要石が抜けてしまったことで「関東大震災」規模の大地震を引き起こしかねない巨大な「ミミズ」が「後ろ戸」を通り、東京上空に解放されてしまいます。

草太は捕まえた「ダイジン」に要石に戻るよう命じますが、「ダイジン」は要石となる能力を草太に移しており、草太は自分の意志とは関係なく要石となり、鈴芽によって「ミミズ」の封印に使われることになりました。

その後、草太が要石となったことは鈴芽によって同じ「閉じ師」である草太の祖父・羊朗に伝えられますが、助ける手段を探そうとする鈴芽に対して羊朗は驚くこともなく、役目を全うした草太を誇るような発言をします。

このことから草太は知らなかったものの、「閉じ師」の中では人間が要石となることが初の例ではなかったことが推察できます。

さらに映画終盤では、草太を救うために鈴芽が要石となることを「ダイジン」に相談しており、要石となる人間は「閉じ師」の家系である必要はなく、要石に選ばれるかどうかがポイントであることが判明。

また、草太は決して自身が要石になることを望んではおらず、本人が望む望まないに関わらず要石によって選ばれた人間は要石となってしまうことも分かりました。

ダイジンは草太と同じ「元人間」?


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

草太が要石となってしまう一連の場面から分かることを「ダイジン」に当てはめていくと、「ダイジン」もまた元人間であった可能性が浮かび上がってきます。

劇中では「ダイジン」は「神」と称されていましたが、その一方で羊朗は要石となった人間が長い時間をかけて「神」になっていくとも発言していました。

また、草太がそうであったように本人の希望の有無に関わらず、要石に選ばれた人間は要石となることを強制されており、「自由を謳歌する「ダイジン」が要石となった過去に本人の意志があったのか」は怪しく映ります。

要石から解放してくれた鈴芽の姿が草太には眩しく見えたように、「ダイジン」もまた自身を解放した鈴芽の姿が眩しく映り、彼女の発した「うちの子になる?」という言葉に強く救われ、鈴芽のために行動していくことを決意したのかもしれません。

まとめ


(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

『星を追う子ども』(2011)や『天気の子』(2019)で、新海誠監督は「自己犠牲」により他者を救う物語を描いてきました。

ですが、それらの作品も本作『すずめの戸締まり』も、「犠牲」となる人物は決してそのことを心から望んではおらず、「自己犠牲を強制された少年少女」が物語の主軸となっており、登場人物たちは失うものに対し強く苦悩しながら選択を迫られます。

どの作品でも新海誠監督は決して「強制された自己犠牲」を良しとはしておらず、仮に世界が歪な形になろうとも他の誰かが救われなかったとしても、「自己犠牲」を受け入れる物語が描かれることはありませんでした

本作も安易な「自己犠牲」の受け入れを拒絶する一方で、物語は多くの悲劇を生むことなく終わるハッピーエンドの形式が取られています。

しかし「ダイジン」が元々は人間であったと仮定すると、鈴芽の気持ちに感化され救われたとは言え、再び要石に戻り封印の役割を担うことになった「ダイジン」の存在に心揺さぶられるのではないでしょうか。






: Incorrect URL specification.

関連記事

アニメーション

映画『プリンセスプリンシパル 』ネタバレあらすじと感想評価。美少女キャラのちせ×アンジェ×シャーロットらの魅力とミッションが展開する

『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章』 19世紀末、架空のロンドンを舞台にした少女たちによるスパイアクション。スチームパンクな世界観の中、5人の女子高生スパイの活躍を描く『プ …

アニメーション

【ネタバレ感想】トイ・ストーリー4|4DX吹替版映画の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『トイ・ストーリー4』は 2019年7月12日(金)から全国ロードショー公開中! ピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき1作目となった名作アニメ『トイ・ストーリー』(1996)。 オモチャに魂 …

アニメーション

アニメ『終末のワルキューレ』Netflix第1話のネタバレあらすじとラスト結末感想。神と人類のタイマン勝負に勝利するのはどちらか⁈

Netflixで2021年6月17日(金)より配信された、梅村真也原作の血肉踊る超絶バトルアクションアニメ『終末のワルキューレ』。 人類の存亡をかけた、全世界の神代表13人vs人類代表13人で行われる …

アニメーション

【天気の子】レビューと評価。ラストのセリフ「ぼくたちはきっと大丈夫だ」の意味考察も

新海誠監督の『天気の子』が2019年7月19日(金)より全国公開されました。 大ヒットを記録した『君の名は。』から3年。新海監督がモチーフに選んだのは「天気」でした。 それまでも、作品の中で「天気」は …

アニメーション

映画『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ニャンコ先生との絆がさらに深まった信じることの大切さを示す

アニメ「夏目友人帳」シリーズの劇場版第2作『夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者』は2021年公開! 「小さいころから時々変なものを見た」、妖(あやかし)が見えてしまう夏目貴志の物語は、いつもこのフレー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学