Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2017/02/17
Update

ラスコー展の魅力と見どころ!洞窟壁画は世界最古の映画館!?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ


隠れた線刻がライトで浮かび上がる壁画展示(イメージ)
© SPL Lascaux international exhibition

いよいよ今週末の2017年2月18日(土)と19日(日)が最終開催となる、東京上野にある東京国立国立博物館の展覧会をご存知ですか。

現在公開中の「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」。

今後の巡回予定地は2017年3月25日(土)〜5月28日(日)に東北歴史博物館で開催。
さらに最終巡回展は2017年7月11日(火)〜9月3日(日)に九州国立博物館で開催予定。

スポンサーリンク

1.なぜ、映画考察サイトのCinemacheが博物館の展覧会を紹介するのか?


お尻を付き合わせる牛の壁画展示(イメージ)
© SPL Lascaux international exhibition

それはスバリ!ラスコー壁画は、“世界最古の映画館”的な場所だと考えるからです。

後期旧石器時代にヨーロッパに住んでいたクロマニョン人。彼らはその生活の中で洞窟壁画をいくつも残してきました。

最も有名なのが1940年のフランス西南部にあるヴェゼール渓谷。地元の少年たちによって偶然に発見されたのが、ラスコー洞窟の壁画なのです。

ラスコー壁画は、アルタミラ洞窟壁画と同じく先史時代の美術作品(フランコ・カンタブリア美術)であり、遺跡なのです。

また、その洞窟に描かれた生命力が伝わる描写力で描かれた動物たちの姿は、世界のアニメーション作家たちにインパクトを与えたものだというのはあまりにも有名な話です。

つまり、ラスコーの壁画は“映像表現の原点”とも言えるのです。

これがまたフランスということがとても面白く、映画の父と呼ばれたリュミエール兄弟よりも、ずっと前。

さらに太古の昔からフランスに、映画の原点があるというのは、少々出来過ぎのようですが、でも驚きは隠せませんね。


泳ぐシカ壁画展示(イメージ)
© SPL Lascaux international exhibition

壁画に描かれた動物の中には、足が実際よりも多く描かれているものもあり、これは動きの表現と考えられます。

また、連なる動物の頭部が、上下や前後する描写も動きの表現と見て間違いないでしょう。

これに洞窟内に入るときに、手にした火のランプの揺れる光と陰がその描かれたものと壁面の凹凸で動かすように見せていたのでしょう。

つまり、動きの描写と壁面に灯りを照らして動かして観るという初歩的な技法(古典的な映写の原点)は、太古のクロマニョン人によってすでに表現されていたもので、イメージを動かす映像のみならず、映画館的なものは考案されていたのです。

2.アニメーションの由来はラテン語の“霊魂を意味するアニマ(anima)”


鳥人間?の壁画展示(イメージ)
© SPL Lascaux international exhibition

生命のない、動かないものに命を与えて動かすことが今日の意味するアニメーションということになります。

古代の洞窟壁画は、止まった(死んだ)絵に再び命を与え、動かしたい(蘇生)という、呪術こそが人類の表現と言えるのではないでしょうか。

もちろん、厳密には映画館ではありません。それは入場料という金銭のやり取りの興行があってこそ、映画であるという定義があるからです。

それでもラスコーの壁画が“映画館的である”のは間違いないでしょう。

しかし、暗闇の洞窟の中では、光(灯り)がないと何も見えません。そこで獣脂を使用した火のランプの灯りによって、ぼんやりと照らされた壁画は炎の揺らぎ、“壁画を動かす”というイマジネーションを生んでいきます。

この洞窟壁画を暗闇の中で、炎の光によって制作者の創造として作り、描いた動物が動き出すという神秘体験を共有した行為は劇場に近い存在。やはり、最古の映画館だと呼んでも良いのではないでしょうか。

東京上野での展覧会を見逃した映画ファンや、アニメーションに興味がある、あなた!

現在では、ラスコー洞窟をはじめ、多くの洞窟壁画は保存と保護のために非公開となっています。

かつては、大勢の観客を洞窟内に受け入れていましたが、観客の呼吸した際に吐く二酸化炭素により壁画が急速に劣化してしまったのです。

1963年以降から壁画の外傷を防ぐため洞窟は閉鎖された。フランスは世界でも最も美術修復に優れていると言われています。

いつかは実物を見られる日が来るかもしれませんが、まずは、ばレプリカであっても、「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」を見ることをお薦めします。

今後は、東北歴史博物館(宮城)と、九州国立博物館(福岡)に巡回予定です。

ぜひ、お見逃しなく!

あなたにお薦めの関連記事

ハリウッド映画の原点に興味のある、あなたにお薦めな記事は?

博物館の舞台裏を描いた映画を観てみたくなった、あなたにお薦めの記事は?

関連記事

アニメーション

映画『銀河英雄伝説(2019)第1章』あらすじネタバレと感想。スペースオペラは世代を超えて楽しめる!

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第一章が2019年9月27日に公開されました。 人気作家田中芳樹の代表作『銀河英雄伝説』。 2018年4月、新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 …

アニメーション

映画『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』あらすじネタバレと感想。劇場上映5/10より2週間限定!

アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』は、2019年5月10日(金)より2週間限定劇場上映。 2016年にノイタミナ枠で放送された『甲鉄城のカバネリ』の最新作品、5月10日(金)からの劇場での限 …

アニメーション

『七つの大罪 光に呪われし者たち』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。シリーズの本当に最後の戦いを描き出す!

アニメ「七つの大罪」シリーズ最後の映画『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』。 「週刊少年マガジン」で2012年から2020年まで、約7年半に渡って連載された「七つの大罪」。テレビアニメシリーズも …

アニメーション

映画ドラえもんのび太の月面探査記|あらすじネタバレと感想。作家 辻村深月がシリーズの真髄を言語化させた

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は、映画ドラえもんシリーズ第39作として製作されました。 この映画は、直木賞作家の辻村美月を脚本に迎えた映画オリジナル作品。 ドラえもん、のび太やおなじみのメンバ …

アニメーション

『メアリと魔女の花』映画主題歌発売日と歌詞情報【セカオワ/RAIN】

2017年7月8日公開のアニメ映画『メアリと魔女の花』。 この作品の主題歌を、SEKAI NO OWARIが書き下ろしたの新曲「RAIN」を提供しました! https://www.amazon.co. …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学