Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

NETFLIX映画『タイラーレイク』ネタバレあらすじと感想。 命の奪還でクリスヘムズワースが魅せた豪快なアクションの数々!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

命を掛けて守るべきもの……NETFLIX映画『タイラー・レイク -命の奪還-』

『マイティ・ソー』(2011)への出演を機に「アベンジャーズ」入りを果たし、全世界で人気となったハリウッドスターのクリス・ヘムズワース。

筋肉質であり190cmもの身長を持つ彼はソー役としてイメージ通りだっただけでなく、短気で大雑把でありながらも精神的に弱い面を持ち合わせるソーの内面を見事に演じました。

そして2020年、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で監督を務めたジョー・ルッソがストーリーを手掛けた映画がNETFLIXに上陸。

そんなわけで今回はクリス・ヘムズワース&ジョー・ルッソ映画『タイラー・レイク -命の奪還-』(2020)をご紹介させていただきます。

映画『タイラー・レイク -命の奪還-』の作品情報


Netflix映画「タイラー・レイク 命の奪還」
4月24日(金)より独占配信開始

【配信】
2020年(Netflix限定配信)

【原題】
Extraction

【監督】
サム・ハーグレイブ

【キャスト】
クリス・ヘムズワース、ルドラクシャ・ジェイスワル、ランディープ・フーダー、ゴルシフテ・ファラハニ、デヴィッド・ハーバー

【作品概要】
アクションスタントとして多数の映画に関わるだけでなく、アクションスタントのコーディネイターとしても活躍するサム・ハーグレイブ監督が初監督を務めたNETFLIX独占配信作品。

主演を務めたクリス・ヘムズワースだけでなく「ストレンジャー・シングス 未知の世界」や『ブラック・ウィドウ』(2020)への出演で注目を集めるデヴィッド・ハーバーなどの出演も話題となりました。

映画『タイラー・レイク -命の奪還-』のあらすじとネタバレ


Netflix映画「タイラー・レイク 命の奪還」
4月24日(金)より独占配信開始

インドのムンバイ、麻薬王シニアの息子オヴィは友人と麻薬を吸っていたところを何者かに拐われてしまいます。

怒り狂うシニアは、オヴィの目付のサジュにオヴィの奪還を命じます。サジュは報酬次第で後ろ暗い案件を引き受ける傭兵に心当たりがありました。

オーストラリアに住むタイラーのもとに麻薬王シニアの息子オヴィの救出依頼が舞い込みます。

誘拐した犯人はダッカの麻薬王アミールであることを知り、この依頼を受けるとかなりの危険に見舞われると聞かされるタイラーでしたが、躊躇うことなく引き受けました。

傭兵仲間たちとブリーフィングを受けバングラデシュのダッカへと潜入したタイラーは、身代金の取引のためアミールの部下のアジトに入ります。

メンツを大切にし身代金の支払いを良しとしないシニアの意向を受けるタイラーは、オヴィの無事を確認すると20人ほどのアミールの部下を全滅させオヴィを救出。

オヴィを逃されたことを知ったアミールは直ちに国を封鎖し、オヴィを連れ戻すようにとダッカ軍の大佐に命じます。仲間であるニックたちとの合流地点であるブリガンガ川へと向かうタイラーとオヴィ。

しかし、先に待機していた3人の仲間が何者かに殺害され、川にはアミールの手先となっている現地警察が捜索を行なっていました。

謎の襲撃者に追われるタイラーは、その襲撃者がオヴィの目付であるサジュだと知りますが、問答無用で襲い掛かってくるサジュと現地警察から逃れるため盗んだ車でカーチェイスを行います。

サジュとの激しい戦いの後、サジュを撥ねたタイラーは車をわざと横転させることで追ってくるヘリから死を偽装。

追跡を一時的にかわしたタイラーとオヴィでしたが、夜にはアミールに偽装を気付かれてしまいます。

満身創痍となったタイラーは、ニックから4キロ先の新たな合流地点を指示されます。

しかし、シニアから送金がないことと、金の支払いを渋るためにサジュを送り込んだことを悟るニックはオヴィの救出作戦を取り止め、タイラーにオヴィを置いてくるように指示します。

過去のトラウマを抱えるタイラーはそれを良しとせず、何とかシニアに金を払わせるようにニックに指示するのでした。

重傷を負いながらも、目付としての責務を全う出来ず家族に危害が及ぶことを恐れるサジュは、オヴィを追う手を緩めようとしません。

少年兵に襲われ警察官たちにも取り囲まれ始めたタイラーは、現地のかつての傭兵仲間ギャスパーに連絡を取り保護を求めます。

車で駆けつけたギャスパーは2人を市内の家へと案内し、タイラーとオヴィは束の間の休息を取ることになりました。

ギャスパーによると市内はあらゆる橋と道が検問を行われており、騒動の収まった2日後に脱走しようと言う話でした。

オヴィに家族の話を聞かれるタイラーは自身にはかつて重病の息子がおり、その現実から逃れるようにアフガニスタンへと出征してる最中に息子が死んでしまったことをオヴィに吐露します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『タイラー・レイク -命の奪還-』ネタバレ・結末の記載がございます。『タイラー・レイク -命の奪還-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

どこかから帰ってきたギャスパーを問い詰めたタイラーは、ギャスパーがアミールと通じており、大金を狙いオヴィを殺そうとしていることを知ります。

ギャスパーと揉み合いになり劣勢になったタイラーを目にしたオヴィは、ギャスパーを射殺してしまいます。

翌朝、孤立無援の状況下でタイラーはサジュと連絡を取り対面。

サジュが自身の家族の命を掛けていること知り、タイラーもまたオヴィを家に帰すために命を掛けていることをサジュが悟り2人は協力することになります。

タイラーが敵を引きつけ、サジュがオヴィをニックに送り届ける計画をオヴィは信じ、3人は行動を始めます。タイラーが検問の警察を爆破し、騒動を起こしている間にサジュとオヴィは検問を突破。

しかし、合流地点付近の橋でサジュとオヴィは気付かれてしまい、アミールは増援を橋に送ります。

ニックも仲間を引き連れ橋の向かい側に到着し、橋を渡り切ればオヴィの保護に成功という段階に入ります。しかし、大量の兵隊に囲まれたサジュは大佐にライフルで狙撃され死亡。

陽動を行っていたタイラーも橋に到着しますが、大佐に撃たれ重傷を負ってしまいます。サジュが撃たれて以降、スナイパーを索敵していたニックが大佐をカウンタースナイプで射殺。

満身創痍のタイラーに駆け寄ったオヴィは、タイラーから1人で行くように諭され、タイラーは更なる陽動のため逆方向へと向かって行きました。

昨夜対峙し、タイラーが命を見逃した少年兵の1人に撃たれたタイラーは橋の下へと転落、その様子を見届けたオヴィは駆け寄ろうとしますがニックが急いでヘリコプターへと乗り込ませます。

川に沈んでいく中、タイラーは何度思い出そうとしても顔を思い出せなかった息子の顔をようやくしっかりと思い出すことが出来ました。

8ヶ月後、アミールの開くパーティでニックはアミールを殺害。再び学校へと通い始めることの出来たオヴィは、遠くで自分のことを見守っているタイラーのような男の存在に気が付くのでした。

映画『タイラー・レイク -命の奪還-』の感想と評価


Netflix映画「タイラー・レイク 命の奪還」
4月24日(金)より独占配信開始

本作『タイラー・レイク -命の奪還-』の一番の注目点は豪快なアクションシーンの数々です。

『ジョン・ウィック』(2015)以降ガンアクションは新たな局面を迎え、近接戦闘と銃を組み合わせた戦闘はスピーディかつスタイリッシュな動きが求められるようになりました。

『タイラー・レイク -命の奪還-』もそんなジョン・ウィックライクなアクションを踏襲しつつも、190cmもの巨体を持つクリス・ヘムズワースの肉体を活かした豪快さを加えることで、アクションに見ごたえを増すことに成功していました。

身近にある様々なものを使った機転の良さを魅せる戦い方から、時に敵を持ち上げ叩きつけたり突き落としたりするような豪快な戦い方まで。

「タイラー」という傭兵が、とてつもない人物であるということにアクションだけでも充分な説得力を持たせており、よりアクションに集中することが出来る本作。

少年オヴィを追う謎の男サジュとの死闘や激しいカーアクションなど、手に汗握る興奮しっぱなしの2時間でした。

まとめ


Netflix映画「タイラー・レイク 命の奪還」
4月24日(金)より独占配信開始

いかがでしたか。

麻薬王の息子を自分の命を捨ててでも守ろうとする傭兵タイラーに秘められた過去のトラウマ。

アクションだけでなく、なぜタイラーは戦おうとするのかが少しずつ明らかとされていくヒューマンドラマ性にも大注目の『タイラー・レイク -命の奪還-』は、映像配信サービスNETFLIXで独占配信中です。

関連記事

アクション映画

ネタバレ『キングスマン3:ファースト・エージェント』あらすじ感想結末と評価解説。諜報機関誕生の秘密を描いた人気シリーズの原点

世界を平和に導く、独立した諜報機関「キングスマン」は何故誕生したのか? 世界平和の為に秘密裏に戦う、政府からは独立した秘密諜報機関「キングスマン」。 この「キングスマン」の戦いを描いた、人気アクション …

アクション映画

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじネタバレと感想。潜水艦作品の新たな傑作!

ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作! 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『ザ・アウトロー』(2018)のジェラルド・バトラー主演の『ハンターキラー 潜航せよ』が、2019年4月 …

アクション映画

【ネタバレ解説】荒野のストレンジャー|あらすじ感想考察と結末評価。幽霊の正体はダンカン?善悪なき“自然”の化身がアメリカ“淀み”の時代を破壊する

クリント・イーストウッド初の西部劇“監督”作! 謎多き“流れ者”はいったい何者なのか? 俳優にして映画監督、クリント・イーストウッド。 数々の名作を手がけてきた彼が、監督デビュー作『恐怖のメロディ』( …

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー! テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ役に、「メイズ …

アクション映画

【ネタバレ】炎のデス・ポリス|あらすじ感想結末と評価解説。ジェラルド・バトラーを筆頭に四つ巴の戦いが巻き起こる

砂漠地帯の小さな警察署が一夜にして戦場と化すバイオレンス・アクション! ジョー・カーナハンが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのPG12指定のバイオレンス・アクション映画『炎のデス・ポリス』 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学