Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ロンドンバーニング』あらすじネタバレと感想。“英国版アウトレイジ”はクライムアクションでも紳士的なのか⁈

  • Writer :
  • 増田健

ロンドンを仕切る巨悪に、刑務所帰りの元ボクサーの男が挑む!

『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』に出演以降、様々な映画・ドラマに出演し、人気沸騰中の若手俳優サム・クラフリン。

その彼が愛する家族の為に巨悪との対決を余儀なくされる、服役を終えた元ボクサーの姿を熱く演じます。

オリンピック開催後のロンドンを舞台に展開するクライムアクション映画『ロンドン・バーニング』。2020年の東京オリンピックを控える日本にとって、この物語は他人事ではない!?

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の特集上映「WCC ワンダーナイト・シネマカーニバル2019」内のプログラム「MDGP モースト・デンジャラス・シネマグランプリ2019」上映作品です。

スポンサーリンク

映画『ロンドン・バーニング』の作品情報


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

【公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
The Corrupted

【監督】
ロン・スカルペッロ

【キャスト】
サム・クラフリン、ティモシー・スポール、ノエル・クラーク、デヴィッド・ヘイマン、ヒュー・ボネヴィル

【作品概要】
2012年に開催されたロンドンオリンピック。その誘致から開催後までに生まれた利権に群がる犯罪組織とその黒幕に、愛する家族のため立ち向かう事になった男の姿を描く、ハードボイルドな社会派犯罪映画。

主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』や「ハンガー・ゲーム」シリーズで世界的な人気を獲得した俳優サム・クラフリン。近年は『あと1センチの恋』や『世界一キライなあなたに』といった恋愛映画に出演し、多くの女性ファンを獲得している彼が、肉体を改造してアクションに挑みます。

共演は「ハリーポッター」シリーズの「ワームテール(ねずみ男)」ことピーター・ペティグリュー役を演じた名優ティモシー・スポールに、イギリスの大ヒットテレビドラマ『ダウントン・アビー』で「クローリー卿」ことロバート・クローリーを演じたヒュー・ボネヴィル。さらにSFテレビドラマ「ドクター・フー」シリーズのノエル・クラーク、70年代から活躍するベテラン俳優デヴィッド・ヘイマンなど、イギリスを代表する俳優が脇を固めます。

映画『ロンドン・バーニング』のあらすじとネタバレ


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

2002年、オリンピックの誘致活動が始まったロンドン。

不動産業者の顔を持つ裏社会のボスであるクリフォード・カレン(ティモシー・スポール)は、警察幹部アンソニー・ハモンド(ヒュー・ボネヴィル)から、オリンピック開催の際に買い上げられる土地を聞き出していました。

今からその土地を押さえることができれば、膨大な利益を得る事が可能です。カレンはその土地の買い上げに動きます。

その土地に作業場を持つ男イーモン・マクドナーの元を、部下と共に訪れたカレンは、言葉巧みに土地の売却を承諾させます。しかしイーモンに書類にサインさせると、カレンは彼を殺害。自殺したかのように偽装します。

カレン一味が去った後、作業場に現れた幼いリアムとショーンの兄弟は、父であるイーモンの遺体を見つけます。

2005年、招致活動の結果ロンドンでのオリンピック開催が決定すると、次々と関連施設が建設され、2012年にオリンピックが盛大に開催されます。

オリンピック後に景気が減退する中、関連施設跡地は再開発が計画され、それが新たな利権を生んでいきました。

そして、現在。強盗を働き服役していた元ボクサーのリアム・マクドナー(サム・クラフリン)は、出所の日を迎えていました。彼を迎えるのは弟のショーンです。

ショーンは兄を妻のグレース、息子のアーチーの元に送り届けます。ショーンはカレンが仕切る犯罪組織の下働きをしていました。

アーチーは父リアムとの再会を喜んでいましたが、グレースは現れたリアムがアーチーを混乱させる事を恐れていました。彼女はリアムが保護観察官との面会を済ませ、身を落ち着けるまで距離を置く事を提案します。

リアムもその提案を受け入れ、彼は弟のショーンの下に身を寄せます。そして保護観察官にも会いますが、重犯罪を犯したリアムを雇う職場はありませんでした。

もてあました時間をボクシング・ジムでのトレーニングで過ごすリアム。彼は弟と共に父の墓を訪れます。ショーンの中で父の記憶は薄れていましたが、リアムにとって幼い息子たちを残し自殺した父は、許し難い存在でした。

ロンドン・ニューハム地区の区長が開いたパーティーに不動産業の実業家として招かれたカレンは、オリンピック跡地に低所得者向けの住宅を建設する事を誇らしげにスピーチしていました。

その頃同じ地区の刑事ニール・ベケット(ノエル・クラーク)は同僚の女刑事ジェンマと共に、逃亡中の犯罪者ウォーレンを追っていました。

ウォーレンは学校に逃げ込み発砲。生徒2名が負傷し、混乱に乗じてウォーレンは逃亡します。ニューハム地区の治安は悪化していました。ベケットらの上司であるレイモンド警部(デヴィッド・ヘイマン)は部下を叱責します。

行方をくらましたウォーレンは、カレンの部下でした。組織はヘマをした彼を捕え、カレン自身が殺害します。彼は手下に、ロシア人犯罪組織の仕業に偽装しろと命じます。

カレンはつながりのあるハモンドに、ウォーレン殺害の偽装工作の協力を要請します。一方ハモンドは、警察のチャリティーイベントでのボクシング興行の手配を依頼します。

ボクシングジムを訪れたカレンは、リングで戦っていたリアムに目を付けます。カレンはリアムに当座の金を渡し、イベント内の試合に出場するよう求めます。リアムはその金を妻子に渡す事ができました。

リアムは息子アーチーから、どうして強盗をしたのかを訊ねられます。彼は「大切だと思った物が欲しかったから」「しかし愚かな行為の後、本当はそれより大事なものがあったと気付いた」と答えます。

同じ頃組織に呼び出されたリアムの弟ショーンは、ウォーレンの遺体を解体し始末する作業を手伝わされていました。

やがて警察はウォーレンの死体を発見します。拷問を加えられ、殺害後にバラバラされた死体から、ロシアの犯罪組織が好む手口という結論が下されました。

レイモンドはベケットに、ウォーレンの事件から手を引くよう命じます。しかしその指示には、何か裏があると感じたベケット。

警察のチャリティーパーティーでは、カレンは警察の良き協力者として紹介されます。カレンは自分の住宅建設事業が、低所得者の為になる事業だと強調します。そのパーティーのボクシング興行で、リアムは妻子が見守る中、見事な戦いぶりを見せます。それはカレンやハモンドを大いに満足させるものでした。

カレンはリアムに近寄ると、家族の存在こそ我々を強くすると語ります。そして彼の妻子が建設した住宅に優先的に住めるよう、裏から手を回すと約束します。

一方警察はウォーレン殺害犯として、ロシアの組織犯罪者ルコバを逮捕します。証拠のDNAが検出された事が理由ですが、煙草の密輸しか扱わないルコバが殺人を犯すとは、ベケットには信じられません。

ベケットに記者のナヤンが近づきます。彼も事件には裏があると睨んでいました。ナヤンはベケットに、10年前に内部の腐敗と戦った警官たちこと“影の軍団”が、犯罪組織と警察の癒着を暴く行動を起こし、多くの証拠を掴んだと語ります。

しかし“影の軍団”の告発はうやむやにされ、10年の間に彼らが集めた証拠も散逸したとも。

ベケットは事実確認のために拘留中のルコバと接触しようとすると、彼は留置所で自殺したと告げられます。ベケットには彼が口封じに殺されたとしか思えませんでした。

カレンは約束通り、リアムの妻子を新築の住居に入居させました。新たな生活の拠点を手にして、リアムと妻グレースとの距離も縮まります。リアムは息子の為にも、この場所で人生をやり直そうと語りますが、グレースは犯罪組織と関係のあるカレンに近づくことに危険を感じていました。

その頃ナヤンは、取材のためカレンの自宅を訪問していました。和やかな雰囲気は、ナヤンが「殺されたウォーレンはカレンの持つ会社の一員だった」と指摘したことで一変します。

警察とカレンの会社の癒着、ニューハム区長との関係をナヤンが問うと、カレンは彼を自宅から追い出します。帰ろうとするナヤンを背後から置物で殴り「余計な事に首を突っ込むと、家族の身が危ない」と脅すカレン。

レイモンドの指示に従わず、ベケットはウォーレン殺しの捜査を続行します。その行動は警察内部に敵を作ると、同僚のジェンマは心配していました。

2人はウォーレンの家を見張ります。そこにリアムとショーンの兄弟が現れます。

同じ組織に所属し、幼馴染でもあったウォーレンの死に、ショーンは耐えられず弔問に訪れたのです。しかしウォーレンの家族は、怒って彼を追い出します。その光景を見たベケットは、ショーンが事件解決の糸口になると考えます。

リアムもまた、弟がやっかい事に関わっていると悟ります。そして自身も暮らす弟宅を彼が調べると、隠された拳銃を発見します。

保護観察中の身で犯罪に関われば、リアムは刑務所に逆戻りです。車の中でリアムはショーンを責めますが、ショーンが組織から逃れる術はありませんでした。

争っていた兄弟は、自分たち尾行するベケットの車に気付きます。車内には運搬中の薬物があり、捕まる訳にはいけません。ベケットを撒く事に失敗した兄弟は、車を捨て別々に逃げ出します。

ベケットはショーンを追って捕えると、「逮捕しない代わりに密告者となってカレンの組織の動きを知らせろ」と命じます。ショーンは5000万ポンド以上の価値を持つ薬物が、船でロンドンに到着したとベケットに報告します。

ベケットはレイモンドに情報源を明かさず、ジェンマと共に船を捜索します。しかし巧みに隠された薬物を発見出来ず、捜査は空振りに終わります。

組織を裏切った結果、自分の身に危険が迫ると判断し、組織に収めるべき金をロッカーに隠すショーン。兄リアムに電話をかけると、自分の身に何かあればロッカーの中身を回収しろと伝えます。リアムは驚きますが、電話越しにショーンが、レイモンドとその部下に保護されたと知ります。

リアムはショーンがトラブルに巻き込まれたと察し、妻子に新しい住居を捨て実家に向かえと一方的に告げ、弟を助けに向かいます。

レイモンドは、保護したはずのショーンをカレンの部下に引き渡します。騙されたと気付いたショーンは、自分の運命を悟ります。

以下、『ロンドン・バーニング』のネタバレ・結末の記載がございます。『ロンドン・バーニング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

カレンの部下はショーンを銃で撃ちます。彼らは用意した穴に、まだ息のあるショーンを埋めるよう、レイモンドに強要します。犯罪組織と癒着していたレイモンドは、その指示に従うしかありませんでした。

リアムはショーンに言われたロッカーの中身を確認します。そこにはバックに収められた大金があり、彼は弟の運命を悟ります。

一方カレンの組織を追い続けていたベケットは、レイモンド直属の部下に呼び止められます。彼を薬物所持の容疑で逮捕するというのです。

自分が陥れられたと察したベケットは、同僚のジェンマを人質にし車で逃亡します。

カレンはショーンが死ぬ前に組織の金である約300万ポンドを隠していたと知ります。それを確認せず殺した部下を責めながらも、金は兄のリアムが持っているとにらみます。そのリアムは、急ぎ妻子の元に向かっていました。

ベケットに人質にされたジェンマは、彼が警察組織に潜む腐敗した一味を敵に回した結果、陥れられたのだと理解していました。彼女はベケットに全てを内務調査班に訴えるべきと告げますが、自身の手で悪を暴き、自らの潔白を証明するしかないと彼は言い残し、ジェンマのもとを去ります。

ベケットはテロ対策班に「薬物を積んだ問題の船には、密輸された爆薬が積まれている」と通報します。警察を超えてテロ対策班までもが動くとなると、調査完了までカレン一味は薬物を手に入れることが出来ません。

カレンは船から荷物を回収できる様、ハモンドに働きかけを依頼しますが、逆にハモンドはカレンの行動が注目を集め、区長は手を引く事を考慮していると伝えます。

そこでカレンは、区長のスキャンダル写真をチラつかせ、手を切ったらこれを表に出す事を示唆します。ハモンドにとって、カレンの存在は負担になりつつありました。

リアムは妻グレースと息子アーチーに、荷物をまとめ実家に逃れるよう指示していました。グレースは警察に相談すべきと訴えますが、リアムに警察は信用できません。

すると、ドアをノックする音が響きます。警戒しながら開くと、そこにはショーンを探しに現れたベケットの姿がありました。リアムとベケットは争いになりますが、ベケットはリアムから、弟はレイモンドに保護されたと聞かされます。

ベケットはレイモンドの行動を怪しみます。そして互いに追い詰められている2人は、協力して立ち向かうべきと判断します。

密輸した薬物が手に入らないカレンは、ハモンドや区長など警察や権力者に支払う金の工面に苦慮しますが、ハモンドはショーンが持ち逃げした金を回収し、必要な金を用意しろと求めます。

グレースの家を、警官を名乗りノックする者が現れますが、ベケットは相手が警官でないと確認します。現れたのはカレンが送り込んだ刺客でした。妻子に身を隠させると、リアムはベケットと共に抵抗します。

格闘の末、なんとか敵を倒した2人。ベケットは死の間際の刺客から、レイモンドとその部下だけでなく、警察幹部や区の権力者がカレンと内通していると聞かされます。リアムはカレンを殺そうと考えますが、ベケットから終身刑になるだけと説得されます。生き残るにはカレンと、彼と結託した連中の正体を暴かねばなりません。

妻子を逃がし、ベケットと共に行動する事を選ぶリアム。

そのころレイモンドは、ハモンドとあるビルの屋上で会っていました。定年間際にカレン一味と深く関わったレイモンドは、汚職に手を染めた事を後悔していました。その彼をハモンドは、屋上から落して殺害します。

リアムとベケットは、ナヤンに会います。ナヤンは過去をさかのぼって資料を調べ、カレンは古くから警察や市の幹部と癒着していた事実を突き止めていました。

その資料によって、リアムは父が持っていた土地が、オリンピック準備の開発に不可欠だったと知らされます。そしてカレンが父を自殺にみせかけ殺害し、土地を奪ったと悟ります。そしてその調査を担当したのは、若き日のレイモンド。全てはつながりました。

ナヤンはベケットから得た情報と合わせて報道に動きます。新たにナヤンから得た証拠をそろえて、内務調査班に提出すべくジェンマに連絡するベケット。

リアムとベケットはジェンマと落ち合います。しかしそこに内務調査班の姿はありません。すると2人乗りのバイクが現れ、ベケットを銃撃します。

リアムはバイクを追います。その隙に倒れたベケットの首を、ジェンマが押さえつけます。

ジェンマも汚職警官の一味でした。彼女は仲間にならないベケットの身を案じていましたが、汚職警官一味を裏切る意図もありませんでした。

ベケットを殺すと、次はバイクのレイモンドの部下を殺害し、口封じを図るジェンマ。そうとは知らぬリアムに、カレンから電話がかかってきます。それは妻子を人質にしたと脅すものでした。リアムはカレンの要求に従い、金を持って指定の場所へと向かいます。

そこにはカレンと部下が、グレースとアーチーを人質に待ちかまえていました。リアムは素直に金を渡す姿勢を見せ、妻と息子を解放しろと願います。

カレンはリアムに「かつて私は家族の存在は、私たちを強くすると言ったな」と語ります。「だが、同時に私たちを弱めるものだ」そう言ってカレンは、金と引き換えに2人を解放します。密かに部下に、3人とも殺せと指示しながら。

突然、銃声が鳴り響き、カレンの部下は倒されます。それは隠れて監視するジェンマが発砲したものでした。

リアムはカレンに、「自分は愛してくれた父を、勝手に自殺したものと信じ憎んで生きてきた」「そしてお前は今、父だけでなく弟も奪った」と告げます。

「2人は悪い選択をしただけだ」「利口なお前なら私を殺しても、決して終わりではないと判っているはずだ」と応えるカレン。

「俺が見たいのはお前の墓石だけだ」そう言い放ち、リアムはカレンを射殺します。その姿をジェンマはカメラで収めていました。

妻子と抱き合ったリアムは、現場から走り去る車に気付きます。

警察は一部の汚職警官がカレンの犯罪組織と結託していたと発表し、組織の浄化を約束していました。その一方、事情を知るカレンの妻は暗殺者により、ナヤンは事故を装って殺害されます。

そしてハモンドはパーティーの場で、カレンに変わる新たな人物を区長に紹介していました。

ジェンマはハモンドに、リアムとその家族をどうするか尋ねます。ハモンドは「心配ない、カレンの殺人を見逃してやっているから、何もしゃべらない」と答えます。

「それでも、彼が問題を起こすようなら…」と言い加えつつも。

リアムとグレースとアーチーの3人は、リアムの父と弟の墓を訪れます。その姿は、何者かによって撮影されていました。

スポンサーリンク

映画『ロンドン・バーニング』の感想と評価


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

「実話に基づく物語」による社会派クライム・アクション

公共事業が利権を生み、そこに犯罪組織が関与する見返りに、利益の一部が権力者の元へと流れていく。

マフィアや暴力団といった、犯罪組織が登場する映画にお馴染みの設定です。冒頭で“実話に基づく物語”と紹介されていますが、事実も映画の様に命が軽く扱われる出来事だったのでしょうか。

本作の脚本はニック・モアクロフト。映画の製作や脚本で活躍している人物で、『輝ける人生』2020年に公開予定の『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』など、心温まる作品などの脚本も手掛けています。

その一方で、実話を基にしたジョン・ランディス監督作品であり、サイモン・ペグとアンディ・サーキスが主演を務めた『バークアンドヘア』の脚本にも参加しています。

これは19世紀前半にイギリスで起きた「バークとヘア連続殺人事件」、解剖用の死体を医学校に売っていた2人の男が、死体の不足から殺人に手を染めた事件を映画化したものです。

この事件はその奇妙さゆえに当時から、親には子供のしつけに利用され、子供には童謡として歌い継がれるなど、イギリスの大衆文化に大きな影響を与えました。それをブラックコメディ映画として描いたのが『バークアンドヘア』です。

『ロンドン・バーニング』が実話ベースのオリジナル脚本作品であっても、『バークアンドヘア』同様、大いに改変されているものと信じています。

イケメン俳優サム・クラフリンの新たな一面


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

この映画の主人公であり、愛する家族の為に巨悪に挑むマッチョな男リアムを演じたのは、サム・クラフリン

今までイケメン俳優としてロマンチックな映画に出演していた彼が、一転ロンドンの犯罪地区に生きる男を熱演。ファンには必見の作品です。

アウトローでありながら家族思いのナイスガイ。でもナイスな性格ゆえに、状況に流されすぎる主人公でもあります。

エリザベス・バンクス監督作のリプート版『チャーリーズ・エンジェル』にも出演のサム・クラフリン。同作でも髭を蓄えた姿で登場します。

本作は俳優サム・クラフリンの“イメチェン”のはじまりとなる作品であり、これもファンには注目ポイントです。

まとめ


(C)Reliance Entertainment Productions Crime Ltd 2018

そして最後に、映画『ロンドン・バーニング』を「犯罪映画」としてより楽しむなら、影のある役を与えられた共演者たちに目を向けるべきでしょう。

これぞ「悪い親分」の見本であるティモシー・スポール。手の届かない悪党を演じたヒュー・ボネヴィル。善と悪の間で揺れ動くデヴィッド・ヘイマンと、まさに悪役演技の見本市、渋い演技が楽しめます

さらにその手下も加われば、悪い顔のオンパレード。本作では正義の熱血刑事を演じたノエル・クラークですが、手強いメンツがそろいで大苦戦です。

そういった意味では、本作は確かにイギリス版『アウトレイジ』です。ただし登場人物たちはヘタにガンを飛ばしたり、デカイ声で凄んだりはしません。そこは悪党とはいえ、やはりイギリス紳士なのです。




関連記事

アクション映画

映画『無限の住人』感想と結末ネタバレ!木村拓哉の演技評価は?

世界へ向けて放つ、“ぶった斬り”エンターテインメントがここに誕生! 累計発行部数750万部超の大人気同名マンガを原作とした映画『無限の住人』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『無 …

アクション映画

映画『リベンジ REVENGE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

砂漠地帯を舞台に、陵辱され捨てられたジェニファーの、男達への復讐劇を描く映画『REVENGE リベンジ』は2018年7月7日から公開中。 トロント映画祭で上映され、気絶者が続出したという映画『REVE …

アクション映画

『ゲット・アライブ』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2018にて

冴えない詐欺師チームVS極悪非道のギャング集団の崖っぷちな奴らが繰り広げる、暴走アクション・エンターテインメント! 映画『ゲット・アライブ』は、2018年1月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ …

アクション映画

激戦ハートオブファイト|動画無料視聴方法とあらすじネタバレの感想

現在U-NEXTにて特集が組まれている香港の名匠ダンテ・ラム監督。 これまでハードなアクションにへヴィーなストーリーや人物の過去を作り上げてきた彼ですが、なんと2015年に公開された作品は、熱血スポ根 …

アクション映画

映画『エンド・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。続編はアクションシーンがパワーアップ

マイク・バニング再び。 今度の舞台はロンドン。 急逝した英国首相の葬儀に集まる各国首脳。 それは世界を巻き込む壮大な陰謀の始まりでした。 世界へ復讐を果たそうとするテロリストの陰謀により再び窮地に陥る …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP