Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/04/24
Update

映画『ライブリポート』あらすじと感想レビュー。少女誘拐事件の捜索をリアルタイムで描く

  • Writer :
  • 松平光冬

警官とリポーターがコンビを組んで捜査!新感覚バディ・ムービー

リアルタイムで進行する誘拐事件、緊迫の64分を“視聴者”として生で体感

『ダークナイト』(2008)のアーロン・エッカート主演で贈る、緊迫のリアリティライブ・アクション映画『ライブリポート』は、2020年6月12日(金)より新宿バルト9ほか全国順次ロードショーです。

スポンサーリンク

映画『ライブリポート』の作品情報

(C)2019 LIVE MOVIE LLC

【日本公開】
2020年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Line of Duty

【脚本】
ジェレミー・ドライスデール

【監督】
スティーブン・C・ミラー

【製作】
マイルズ・ネステル、クレイグ・チャップマン、スキップ・ウィリアムソン、マーティン・スプロック、クリストファー・タフィン、ルネー・タブ、ティファニー・ストーン、スコット・ラステティ

【撮影】
ブランドン・コックス

【キャスト】
アーロン・エッカート、コートニー・イートン、ジェシカ・ルー、ベン・マッケンジー、ディナ・メイヤー、ジャンカルロ・エスポジート

【作品概要】
少女誘拐事件発生に伴い、犯人を追う警官と彼に密着する女性リポーターを描いた、サスペンスアクション。

過去のトラウマを抱えながら少女を捜索する警官ペニー役を、『ダークナイト』『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(2011)のアーロン・エッカート。

ひょんなことからペニーと行動を共にするリポーターのエイヴァ役を『キング・オブ・エジプト』(2016)のコートニー・イートンがそれぞれ演じます。

監督は、ブルース・ウィリス出演の『エクストラクション』(2016)や、シルヴェスター・スタローン主演の『大脱出2』(2018)など、多くのアクション映画を手がけてきたスティーブン・C・ミラーです。

映画『ライブリポート』のあらすじ

(C)2019 LIVE MOVIE LLC

何者かに少女が誘拐される事件が発生し、身代金を要求する容疑者の男を捕まえるべく、警察による大掛かりな張り込みが行われていました。

しかし、張り込みがバレたことで男は逃走。そこへ、街をパトロールしていた警察官のペニーが男と遭遇し、追跡の末に追い詰めます。

しかし、少女の居所を吐かせる前に、自身の身をかばうあまり射殺してしまいます。

銃を没収され、職務を解かれたペニーでしたが、男が持っていた携帯の動画メッセージで、少女の命があと64分しかないと知り、独断で動くことに。

一方、地元のニュース配信サイト「ザ・ピープル.com」のリポーターであるエイヴァは、街中で特ダネを探すうち、誘拐事件をキャッチ。

ペニーに、捜査に協力する条件として一緒に同行し、その様子を生配信させてほしいと頼みます。

やがて2人の動きを知ったテレビ局が、エイヴァの配信をニュース番組で流し始めたことで、事態は”拡散”されていきます――。

スポンサーリンク

オールドタイプな警官とニュース配信リポーターが誘拐事件に挑む

(C)2019 LIVE MOVIE LLC

事件を解決すべく、警察が相棒と一緒にコンビを組んで活躍する、いわゆる”バディ・ムービー”は、ジャンル映画の定番中の定番。

白人と黒人の刑事コンビによる『夜の大捜査線』(1967)、刑事と囚人が行動を共にする『48時間』(1982)、FBI捜査官と刑事の女性同士でコンビを組む『デンジャラス・バディ』(2014)。

変わりダネなところでは、人間とエイリアンの異人種刑事コンビが活躍する『ヒドゥン』(1987)などなど、挙げればキリがないほどです。

本作『ライブリポート』も、形式的にはバディ・ムービーといえますが、コンビを組むのが、警官とニュース配信サイトの女性リポーターという点に、目新しさがあります。

正義感が強すぎたがために過去にトラウマを抱えてしまい、メディアをも疑いの目で見る警官ペニー。かたや、SNSこそ真実を追求できる最適のメディアと信じるあまり、突撃取材を試みるリポーターのエイヴァ。

性別や年代や価値観は違えど、共にアグレッシブな性格を持つ両者が、誘拐された少女を探し出すために行動を共にします。

緊迫の64分を、観客も“視聴者”として体感

参考映像:『ライブリポート』海外版予告

誘拐された少女を救う猶予が64分しかないと知ったペニーとエイヴァは、必死で行方を追います。

本作が面白いのは、劇中の時間である64分間が、本作のランニングタイム(上映時間)とリンクしている点です。

エイヴァが撮影する映像はテレビでも生放送されているため、捜査の行方を全米の視聴者も観ています。

つまり、本作を観る方も視聴者の一人となり、ペニーたちと一緒にリアルタイムで少女を探す感覚を得ることができるのです。

ペニーの視点とエイヴァが持つカメラ視点。この双方の世界に織りなす、スリリングな映像に注目です。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 LIVE MOVIE LLC

SNSの普及により、誰でも手軽に情報を発信できるようになった現代。しかし、その情報が錯綜しすぎるあまり、思わぬ事態となることもあります。

本作『ライブリポート』でも、真犯人の思惑や、ペニーが抱えるトラウマの真相が明らかになっていくにつれ、物事の正誤の判断がつかなくなっていきます。

それでも、最初は水と油の関係だったペニーとエイヴァが、次第に互いの良さを認め合い、事件解決に向かっていきます。

社会正義とメディアの相互関係においても、新たな切り口を見せた一作となっています。

そして迎えるラスト2分間、あなたは衝撃の展開を目の当たりにすることでしょう。

映画『ライブリポート』は、2020年6月12日(金)より新宿バルト9ほか全国順次ロードショー

関連記事

アクション映画

映画TAXi5ダイヤモンドミッション|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も 

ヒットメーカーのリュック・ベッソンが放つ大ヒット・カーアクション・エンターテイメントが11年振りに復活。 一見、平凡なタクシーが一変、超絶レーシングマシンに変身すると、今度はイタリア人強盗団を追い、マ …

アクション映画

映画『暗黒街』あらすじと感想!ピッポ役キャスト(俳優)の紹介も

“この街は、人間の血と、涙と、性液で、腐敗している” 映画『暗黒街』は、イタリア映画界最高の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)で5部門にノミネート。 監督を務めたステフ …

アクション映画

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画! かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。 彼らはカン …

アクション映画

映画『ザ・フォーリナー復讐者』ネタバレあらすじと感想。結末を原作とは変えた救いのある物語に

ジャッキー・チェン×ピアース・ブロスナン共演。 戦慄のリベンジ・サスペンス。 愛する者を失った男が取った行動は、実行犯への復讐だった──。 娘を爆破テロで失った中国人のレストランオーナーが、事件の真相 …

アクション映画

映画『キングコング髑髏島の巨神』ネタバレ感想。2017版のラスト結末

2017年版のコングは次元が違う!!! 全編がクライマックスの怪獣映画『キングコング 髑髏島の巨神』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『キングコング 髑髏島の巨神』の作品情報映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP