Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ダーティファイター』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。オラウータン(クライド)の愛しさと滅法強いのストリートファイターの勇ましさ!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

長距離トラック運転手が巻き起こす喧嘩と恋を描いたアクションコメディ!

ジェームズ・ファーゴが監督を務めた、1978年製作のアメリカのアクションコメディ映画『ダーティファイター』。

アメリカ大陸を股にかける長距離トラック運転手が、全米各地の荒れくれ男たちを相手に喧嘩をしながら、1人の女性と恋に落ちていく姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

アメリカ縦断5,000㎞の喧嘩道を突っ走る百戦錬磨のストリートファイター、ファイロ・ベターの物語をクリント・イーストウッド主演で描いたアメリカのアクションコメディ映画『ダーティファイター』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ダーティファイター』の作品情報


(C) 1978 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1978年(アメリカ映画)

【脚本】
ジェレミー・ジョー・クロンズバーグ

【監督】
ジェームズ・ファーゴ

【キャスト】
クリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック、ジェフリー・ルイス、ルース・ゴードン、ビル・マッキーニー、ビヴァリー・ダンジェロ、ウォルター・バーンズ、ロイ・ジェンソン、ジョージ・チャンドラー、ジェームズ・マクイーチン、ウィリアム・オコンネル、ジョン・クエイド、ダン・ヴァディス、グレゴリー・ウォルコット、ハンク・ウォーデン

【作品概要】
『ダーティハリー3』(1976)のジェームズ・ファーゴが監督を務めた、アメリカのアクションコメディ作品です。

「ダーティハリー」シリーズや『アウトロー』(1976)、『運び屋』(2018)などに出演するクリント・イーストウッドが主演を務めています。

映画『ダーティファイター』のあらすじとネタバレ


(C) 1978 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

アメリカ大陸を股にかける長距離トラックの運転手ファイロ・ベドーは、喧嘩をやらせれば彼の右に出る者はいないほど強い、百戦錬磨のストリートファイターです。

その証拠に、仕事帰りに立ち寄った店で、ファイロが盗んだピーナツがきっかけで喧嘩を吹っ掛けてきた男にも、ストリートファイターで戦った男にもファイロは圧勝でした。

ファイロは、どこかで荒れくれ男たちと喧嘩しては勝ち、相棒のオービル・ボッグスと彼の母親ママ・ボッグス、そして雄のオラウータンのクライドが待つ家へ帰る日々を送っていました。

そんなある日、喧嘩に明け暮れた日々を送っていたファイロに転機が訪れます。それはストリートファイト後、いつものようにオービルと一緒に、馴染みのミュージックバー「パロミノ」に食事しに行った時のこと。

そこで初めてステージに立った歌姫リン・ホールジー・テイラーに、ファイロは一目で恋に落ちたのです。

しかしリンには、スカイラーという同棲している恋人がいました。翌日、ファイロはリンとキスできたものの、その先に進むことができなかった憂さ晴らしとも兼ねて、愛車に同乗するクライドをバカにしたチンピラ2人を懲らしめようとします。

チンピラ2人は貨物列車に飛び乗り逃走。ファイロはあと一歩のところで逃げられてしまいました。

その日の夜。ファイロは再びステージに立ったリンの元へ出向き、彼女の家まで車で送ります。

そこでファイロは、リンが彼女の故郷であるコロラド州デンバーでクラブをやりたいこと、とっくのとうにスカイラーには愛想を尽かしていること。

それでも別れないのは、クラブの開店資金7,000ドルをくれるとスカイラーが言ったからだということを、彼女の口から聞いて知りました。

それを聞いたファイロは、リンへの恋を突っ走ることに決め、彼女との距離を縮めていきました。

その第一歩として、ファイロはオービルにリンを紹介し、3人で食事をしに行きました。そこでファイロは、リンにちょっかいを出そうとしたチンピラ2人を完膚なきまでに叩きのめします。

しかし先日のチンピラ2人も、このチンピラたちも皆、暴走族「毒グモ(ブラック・ウィドー)」のメンバーでした。そのためリーダーのライアンは頭にきて、ファイロへの報復を決意します。

その日以降、ファイロは毎晩、リンをバーから彼女が住むトレーラーハウスまで車で送り迎えしていました。

そんなある日、ファイロがいつものようにリンを車で送っていると、後ろの車から執拗な嫌がらせを受けます。

それに腹を立てたファイロが、トレーラーハウス前に車を停め、後ろの車に乗るスカイラーを懲らしめようとしました。

しかしリンが必死に、「彼は拳銃も撃てない男なの、だからいじめないであげて。私が話をするから」と言って止めてきたのです。

これに対しファイロは、「彼に言ってやれ、“君は今後、俺の女になる”とな」と言い、ブラック・ウィドーのメンバーから奪った金を彼女に預け、その場を後にしました。

ところが翌日、ファイロがクライドを紹介しようと、リンの元を訪れましたが、彼女のトレーラーハウスがありません。

トレーラー・パークの管理人に話を聞いたところ、リンは今朝早く出立し、デンバーへ行ってしまったといいます。

念のため、ファイロはパロミノにも行ってみると、店員から手紙を渡されました。その手紙は、リンがファイロに宛てた手紙でした。

「ファイロ、お別れよ。ごめんなさい」………リンにフラれたショックで気が立っていたファイロは、自分がぶつかった男たちに殴りかかり、乱闘騒ぎを起こしてしまいます。

しかしファイロが殴った男は、ロス市警の警官パトナムと彼の相棒ハーブでした。店員から聞いて急いでその場から立ち去った後、ファイロはキャンピングカーに改造したトラックに乗り、クライドとオービルと一緒にリンを探す旅に出ました。

以下、『ダーティファイター』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダーティファイター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1978 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

その道中、休憩のために立ち寄った出店で、オービルは美人店員エコーに一目惚れし旅に加えます。

一方その頃、1人置き去りにされたママの元に、ファイロを捜すパトナムたちや、ファイロに恨みを抱くブラック・ウィドーが訪ねてきました。

庭で好き勝手暴れ、挙句の果てに家の柱を1本壊したブラック・ウィドーに、ママは激怒。ショットガンを使ってバイクを次々と破壊し追い払います。

その後、パトナムたちとブラック・ウィドーは、ファイロがリンを追ってデンバーへ向かったことを知りました。

それを知らないファイロたちは、道中で見つけた動物園へ夜中忍び込みます。何故ならクライドが、突如発情期を迎えたからです。

翌日。ロサンゼルスからニューメキシコ州サンタフェまで辿り着いたファイロたちは、旅費を稼ぐため、ストリートファイトをすることにしました。

オービルが見繕ったファイロの相手は、サンタフェで一番強く、背も高く凄く頑丈な男キンケイドです。

食肉加工場の冷蔵室で行われたストリートファイトの結果、ファイロは今まで戦ってきた男たちよりも強いキンケイドに苦戦を強いられましたが、何とかKO勝ちしました。

金を出し渋る見物客の食肉加工場で働く男たち。するとエコーが護身用の銃を発砲し、彼らを脅して金を出させます。

翌日。デンバーまでの道中、ファイロはオービルにクライドを預け、1人で近くの山道をランニングしていました。

するとそこへ、捜していたリンが車で偶然通りかかり、ファイロは声を掛けます。やっと会えたのが嬉しくて有頂天のファイロは、一晩リンとヨリを戻しました。

しかしリンは、スカイラーから7,000ドル横取りするチャンスを窺っている最中のため、ファイロとは明晩会う約束をして街へ戻りました。

そのまた翌日。ファイロたちが湖で釣りを楽しんでいると、ファイロを追ってきたパトナムたちが襲来。釣り人のフリをして襲撃するはずが、先陣をきったパトナムは大物を釣り上げることに夢中なあまり、ファイロに返り討ちにされてしまいます。

ハーブもまた、パトナムを捜すことに気を取られ、木の上にいたファイロに気づかず、返り討ちにされてしまいました。

その日の夜。ファイロはオービルたちと一緒に街へ行き、レストランで食事しながらリンが来るのを待っていましたが、いくら待っても彼女は現れませんでした。

翌日。コロラド州ジョージタウンへ到着後、ファイロたちはリンが運転する車を発見。ファイロは車から降り、ロサンゼルスに戻る前に、リンのヒモと化したスカイラーを一発ぶん殴ろうとします。

しかしファイロの呼びかけに聞かず、彼とすれ違うようにその場から去ってしまうリン。代わりにファイロの前に現れたのは、ここまで彼を追ってきたブラック・ウィドーでした。

それを見たオービルが、近くに停められていたゴミ収集車を使い、ライアンたちの大事なバイクを次々と収集していきます。

バイクが収集されているのに気づいたライアンが、慌ててそのことを部下たちに知らせました。

するとブラック・ウィドーのメンバーは、このままバイクが捨てられてしまうことを阻止するべく、皆ライアンを押し退けて一目散にファイロの前から退散。

ゴミ収集車から出てきたオービルを追いかける、ライアン以外のブラック・ウィドーのメンバー。そこへエコーがトラックを運転して現れ、オービルを拾って彼らへ向けて突進。

轢かれないように左右に避けるブラック・ウィドーのメンバーを尻目に、彼らと戦っていたファイロはオービルたちと合流し、ジョージタウンを後にしました。

ロサンゼルスまでの帰り道、ファイロはオービルたちと別行動をとり、1人リンの行方を捜していました。

そしてファイロは、酒場で歌っていたリンを発見。ステージを下りた彼女の後を追いかけると、彼女のそばには仲睦まじく寄り添う男の姿がありました。

男に席を外させ、リンはここまで追ってきたファイロと2人だけで話をします。「嫌な人ね、ここまで追ってくるなんて。あの晩だけでお別れのはずなのに」

「あの晩だけ?」「あんな気持ちになる日もあるのよ」「いつもか?」「ええ、相手構わずよ、楽しんだらそれでいいでしょ」

そう言って離れようとするリンを、ファイロは腕を掴んで引き寄せようとしますが、振り払われてしまいます。するとそこへ、スカイラーが登場。

「スカイラー、この男よ。私を追いかけてるバカ」「俺を撃った奴か?」「私があなたを追っ払うために撃たせた」

「さよならと言えばいいんじゃ…」「それで分かるあなたじゃないでしょ」「…彼(スカイラー)のためか?」

「今頃分かったの?なぜ私の前からさっさと消えないのよ、こっちまで迷惑だわ」「俺が馬鹿だったよ、君に体の関係以上の何かを求めた俺が」

するとリンは、「嫌いよ、憎いわ」と言いながら、ファイロの顔を引っ叩いたり殴ったりして怪我を負わせ、その場で泣き崩れてしまいました。

ファイロは黙ってそれを受け止め続け、無言のままリンたちの前から立ち去り、オービルたちと合流。オービルが見繕ってくれた今夜のストリートファイトの相手の元へ向かいます。

今晩の相手は、天下無敵のストリートファイトのチャンピオン、炭鉱夫タンク・マードック。彼は試合開始前から既にボロボロのファイロを見て、楽勝だとたかを括っていましたが、ファイロにボコボコにされてしまいます。

何度倒れても、ファイロとの実力差を身をもって味わってもなお、仲間の声援を受けて死に物狂いで向かってくるマードック。

そんな彼の姿を見て、何だか未来の自分を見ているような気分になったファイロは、わざと彼のパンチを顔面で受け止め、彼に勝ちを譲りました。

その後、ファイロたちは襲撃してきたパトナムたちとブラック・ウィドーが、それぞれ悲惨な姿で道路を走っているのを尻目に、晴れやかな顔でロサンゼルスへの帰路につきました。

スポンサーリンク

映画『ダーティファイター』の感想と評価

ファイロは、アメリカ大陸を股に掛ける長距離トラックの運転手である以前に、喧嘩が滅法強い男です。

そのためファイロは、オービルが見繕ってくれたストリートファイトの試合は、どれもKO勝ちで連戦連勝。まさに彼の右に出る者は1人もいません。

ファイロと、彼と戦う荒れくれ男たちが繰り広げるストリートファイトは、視点が代わる代わる変化していくのでとても臨場感があり、迫力も十分あって格好良いアクション場面です。

そして物語の後半、リンを追いかけるために始めたファイロの旅の途中、ファイロに恨みを持つ者が襲撃してきます。

丘釣りをするファイロの背後を、パトナムがとった時は、さすがに銃を持つ相手では太刀打ちできないのではないかと思いましたが、いつの間にか釣りに夢中になってしまうパトナム。

そんなパトナムと、パトナムを捜すあまり注意力散漫になってしまったハーブがドジを踏んでしまう場面は、ギャグ要素があって面白いです。

パトナムたちはもちろん、ブラック・ウィドーからの襲撃も見事撃退したファイロは、ロサンゼルスへ帰る途中、旅の最後を締めくくるストリートファイトに挑みます。

相手は天下無敵のストリートファイター、マードックでしたが、やはり全盛期とは違って老いによる体の衰えがあるせいか、マードックはファイロにボコボコにされてしまうのです。

そんな彼との戦いをずっと待ち望んでいたファイロが、華々しい勝利で旅を締めくくるのかと思いきや、彼はマードックに未来の自分の姿を重ね合わせたのでしょう。

ファイロはわざとパンチを食らい、本当は立ち上がれるのに立ち上がらず、マードックに勝たせてあげました。

ファイロの喧嘩の強さはもちろん、戦う相手を思いやる気持ち、そしてオラウータンのクライドへの親愛を持つファイロの姿に、男女問わず魅了されます

まとめ


(C) 1978 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

喧嘩が強い長距離トラックの運転手が、相棒とその恋人、そしてオラウータンと一緒に旅をする姿を描いたアメリカのアクションコメディ作品でした。

荒れくれ男相手だと負けなしの強さを誇るファイロですが、歌姫のリンと出会ってからは1人の恋する男でしかなく、自由気ままなリンに翻弄されていきます。

一度はリンと結ばれたファイロでしたが、リンは彼を愛していませんでした。正確には、一晩だけは愛していましたが、リンはファイロと恋人同士の関係になるつもりは最初からなかったのです。

そうまでしてリンが男を誘惑し、金を欲しているのは、全て恋人スカイラーのためでした。恋では一発KOだったファイロの姿は少し観ていて切ないです。

クリント・イーストウッド演じるファイロの強さはもちろん、彼と一緒に暮らしているオービルの母ママが、ファイロに恨みを持つブラック・ウィドーをショットガンで追い払った場面はとても衝撃的で面白いので、本作を鑑賞する際はぜひ見逃さないでください。

クリント・イーストウッドが喧嘩と恋に生きるトラック野郎を演じた、笑いあり涙ありのドタバタアクションコメディ映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

映画『居眠り磐音』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。松坂桃李が演じたニュー時代劇のヒロイズム

映画『居眠り磐音』は2019年5月17日(金)より全国公開! 「平成」の大ベストセラーが新たに「令和」を向かえ堂々の映画化。 切ないほど、強く、優しい“ニューヒーロー”坂崎磐音が活躍する映画『居眠り磐 …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのボス役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

韓国映画『エンドレス 繰り返される悪夢』感想と評価。ラスト結末は?

娘を交通事故から救うことができるのか!? 同じ時間をループしていることに気付いた外科医は、何度も何度も娘を助けようと試みるが…。 キム・ミョンミン主演のノンストップ無限ループアクション『エンドレス 繰 …

アクション映画

インディジョーンズ/最後の聖戦|ネタバレ結末あらすじとラスト感想考察。キャストのハリソンフォードが魅せる聖杯探索の冒険とアクション!

アクションアドベンチャー映画の金字塔「インディ・ジョーンズ」シリーズ第3作。 スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた、1989年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ/最 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学