Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/03/16
Update

映画『TAXi2』ネタバレあらすじと感想レビュー。カーアクションと壮絶なチェイスが見どころ!

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

2000年に公開された『TAXi2』、爆走タクシーがヤクザの陰謀に巻き込まれ、パリの街でカーチェイス

カーアクション・コメディーが中心のフランス映画『TAXi』の第2作め。前作同様、壮絶でスリリングな新感覚のカーアクションが繰り広げられます。

爆走タクシードライバーのダニエル、今度はヤクザの陰謀に巻き込まれ、誘拐された日本の防衛長官救出任務を手伝う羽目に!?

果たしてダニエルは親友、エミリアンと共に防衛長官を救うことができるのか? 長官と共にさらわれたエミリアンの恋人、ぺトラの運命は?

パリを舞台にしたプジョー・406と三菱・ランサーエボリューションⅣのデットヒートにも注目の『TAXi 2』をご紹介します!

スポンサーリンク

映画『TAXi2』の作品情報

(C) 2000 EUROPACORP – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION

【公開】
2000年(フランス映画)

【原題】
TAXi 2

【監督】
ジェラール・クラブジック

【キャスト】
サミー・ナセリ、フレデリック・ディフェンタール、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベイ、ベルナール・ファルシー

【作品概要】
大人気カーアクションシリーズの第2弾となる『TAXi 2』、脚本、製作は引き続き、リュック・ベッソンが務め、新たに監督をジェラール・クラブジックを起用、主要キャストも続投しています。

タクシー運転手、ダニエルがマルセイユ警察の面々と共に、誘拐されてしまった日本の防衛長官を救出するため奔走する姿を描きます。

映画『TAXi 2』のあらすじ


(C) 2000 EUROPACORP – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION

フランス、マルセイユ郊外でラリー選手権が開催されていました。

優勝を狙うジャン=ルイ・シュレッサーとアンリ・マーニュのペアは後ろから近づく車に気が付きます。

その車はライバルのラリーカーではなく、タクシーであることに二人は驚きます。

そのタクシー、プジョー・406のハンドルを握るダニエル・モラーレス(サミー・ナセリ)は産気づいた妊婦とその夫を乗せ病院へ急いでいました。

前を走るラリーカーを「観光客がチンタラ走っている」と評するダニエルはジャンとアンリの車をあっさり追い抜きます。

驚く観客を尻目に病院に到着したタクシーに医師が駆けより、妊婦の様子を確かめるとその場でお産させると言い出します。

この後、予定があると困り顔のダニエルですがどうすることもできず、早く生まれることを祈るだけ……。

そこにダニエルの恋人、リリー・ベルティノー(マリオン・コティヤール)から電話がかかります。

この日、リリーはダニエルを両親に紹介するつもりで自宅にダニエルを招いていました。

妊婦の喘ぎ声を、他の女と「お楽しみ中」と勘違いするリリーですが、やっと生まれた赤ん坊の泣き声で誤解は解け、ダニエルはリリーの家へ急ぎます。

その頃、マルセイユ警察の刑事、エミリアン・クタン=ケルバレーク(フレデリック・ディーファンタル)は27回目の運転免許の路上テストに合格していました。

しかし、教習車は本屋に突っ込んでいました。

路上テストの度に建物に突っ込むエミリアンにノイローゼを起こした試験官が厄介払いのために免許を交付していましたが、何はともあれエミリアンは念願の運転免許を手にします。

マルセイユ警察、署長のジベール(ベルナール・ファルシー)は間もなくマルセイユにやってくる日本の防衛長官の警護を任されていました。

ジベールはエミリアンを始め、全署員に警護に万全を期すように命じ、長官を出迎えに空港に向かいます。

リリーの家に到着したダニエルはリリーの両親と対面、リリーは両親にダニエルは医師の見習いだと説明、ダニエルもリリーに話を合わせ必死にごまかします。

軍人であり、将軍の地位にあるリリーの父、エドモンド(ジャン=クリストフ・ブ―ヴェ)はダニエルを疑いの目で見ていましたが、いざ食事を始めると、自身の武勇伝を語るのに余念が無くなります。

上機嫌で話をするエドモンドですが、突然なった電話に話を遮られます。エドモンドは間もなく到着する防衛長官の出迎えを忘れていました。

慌てて飛び出すエドモンドですが、家を出た瞬間に車はトレーラーと衝突。車は走行不能になってしまい、ダニエルは無傷だったエドモンドを送ることにします。

プジョーに乗り込むダニエルはスイッチ類を操作、変形するプジョーにエドモンドはいぶかしみますが、アクセルが踏み込まれるとそんなことを気にする余裕はありません。

ダニエルは見事なハンドルさばきで次々と車を抜き去り、空港まであと少しのところにやって来ました。

防衛長官を乗せた飛行機はすでに着陸しようとし、そのことをエドモンドから知らされたダニエルは近道をすると言います。

道を外れ、フェンスへ向かい加速するプジョーは傾斜を利用しジャンプ、車体の両脇からせり出した翼で滑空したプジョーは空港の滑走路に着陸、飛行機よりわずかに早く到着しました。

なんとか面目を保てたエドモンドはフランス国防大臣や警護のジベールやエミリアン、エミリアンの恋人で同じく刑事のぺトラらと防衛長官を出迎えます。

中でも流暢な日本語で出迎えたぺトラに防衛長官を始め皆が驚きました。その様子を遠くから監視する日本人の男たちの姿がありました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『TAXi 2』ネタバレ・結末の記載がございます。『TAXi 2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2000 EUROPACORP – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION

一方、ダニエルは飛行機から降りてきた客室乗務員の日本人女性と言葉を交わし、帰ろうとしたところをエミリアンに捕まります。

エミリアンはダニエルを気に入ったエドモンドから、防衛長官を歓迎するパーティーに招くように言われていたのです。

早く戻ってリリーと「お楽しみ」たいダニエルですが、エドモンドの機嫌を取るためパーティへ向かいます。

そのパーティでジベールはフランスが作った最新鋭護送車「コブラ」をお披露目。それを使って、ホテルへ向かう防衛長官を護送しようとします。

しかし、肝心なドライバーがいません。エドモンドはドライバーにダニエルを推薦し、ダニエルは嫌々ながら引き受けます。

丁度ジベールは防衛長官の印象をよくするために、偽の襲撃を計画中で、そのことをダニエルに伝えました。

出発したダニエルは、第一の襲撃をショーでも見るかのように心待ちしています。

その頃、エミリアンとぺトラは第二の襲撃の準備をしていました。

小型の無線受信機を装着しトイレへ入ったぺトラが、突然黒ずくめの集団に攫われました。

それに気がついたエミリアンは集団を追いかけます。同じ頃、コブラを襲撃者が襲い、防衛長官を連れ去ります。

始めは演出だと思ったダニエルですが、ジベールたちの慌てように襲撃者を追いかけます。

しかし、逃げられてしまい、エミリアンもまた集団を取り逃がしていました。

襲撃現場を調べるダニエルとエミリアン。タイヤ痕に残る魚の匂いから、襲撃者の隠れ家が港付近であること。

そしてマルセイユでは見慣れない三菱・ランサーエボリューションⅣが目撃されたこと。

これらから、犯人は日本人、なかでも防衛長官と敵対しているヤクザではないかと推理しました。

加えてぺトラは日本語が堪能なことから、通訳代わりに連れさられていたのでは?

こんな思いを胸に、港に向かったダニエルとエミリアンは隠れ家らしき倉庫を見つけましたが、すでにもぬけの殻でした。

そこへ現れたのは怪しい集団。倉庫に侵入してきた妖しい集団を追って、警察の特殊部隊が天井から降下しました。

その中に、何に感化されたのか忍者のいでたちをしたジベールがいました。特殊部隊に交じって降下しますが、ロープが結ばれておらず、全身を骨折する重傷を負います。

結局、集団はただのコソ泥でヤクザとは何の関係もありませんでしたので、ダニエルとエミリアンはジベールを病院へ連れていきます。

エミリアンはヤクザへの手がかりがなく、ぺトラやジベールがいないことを嘆きますが、ダニエルに励まされ立ち直ります。

ダニエルはヤクザが防衛長官を殺さずに連れ去ったのかと、疑問を口にします。その問いに答えたのは近くにいた看護師でした。

ダニエルがその看護師をよく見ると、空港で言葉を交わした日本人女性であることに気がつきました。

日本人女性の正体は防衛長官直属のSPで名前はユリ。彼女は日本から催眠術師が出国したことを2人に伝えます。

ヤクザの目的が防衛長官を操り、パリで会談するフランス大統領や政府高官を殺害させるつもりだと考えていました。

ダニエルとエミリアンはユリを連れ、パリに向かおうとしますが、すでにパリ行きの最後の飛行機は出発していました。

ダニエルはエドモンドに協力を依頼します。数時間後、パリ上空を飛行するフランス空軍の輸送機から、2人はプジョーと共に降下しました。

かつてのダニエルの仕事仲間からの情報でヤクザの隠れ家を見つけており、3人はそこへ向かいます。

エミリアンとユリは隠れ家に潜入し、防衛長官とぺトラを連れ出しました。

ダニエルはエミリアンとユリ、救出した防衛長官とぺトラをプジョーに乗せ、逃げ出しますが、ヤクザに見つかってしまいました。

ランエボで追いかけるヤクザからパリ中を逃げ回るダニエルですが、5人乗っているプジョーでは逃げ切れません。

ダニエルはエドモンドにポルト・ドフィーヌのトンネルを封鎖するように頼みます。

エドモンドは軍を動員し、戦車でトンネルの出口を封鎖。トンネルに入ったプジョーとランエボは、このままだと出口を封鎖する戦車に衝突してしまいます。

それでもアクセルを緩めないダニエルは、出口寸前で翼を広げ、戦車を飛び越えました。

後から追ってくるランエボは停車するしかなく、ヤクザたちはあえなくフランス軍に包囲され、捕まってしまいました。

こうして無事、ダニエルとエミリアンは防衛長官とぺトラを救出することができました。

一方、リリーはマルセイユでテレビを観ていました。そして、防衛長官と後からやってきた日本の総理大臣を歓迎するパレードの中継に映るプジョー・406の姿に驚きます。

その頃、ダニエルはパレードの真ん中で退屈そうにハンドルを握っていました。

スポンサーリンク

映画『TAXi 2』感想と評価

(C) 2000 EUROPACORP – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION

前作のヒットを受けて製作された本作『TAXi 2』はかなり弾けた作品になっています。

具体的な例を挙げると、本シリーズの目玉、カーアクションとド派手なチェイスに尽きます。クライマックスのカーチェイスの舞台は、マルセイユからパリに移して大激走。

一般車両の間を縫うように繰り広げられる逃走劇もさることながら、ダニエルたちとヤクザを追っていたパリ警察の大クラッシュの場面も見せ場の一つになっていました。

もう一つの見せ場は、ダニエルの駆るプジョーがエドモンドを乗せ、本当に「ぶっ飛んで」しまった場面。

「まさか」と思う反面、予想していなかった展開に驚かされました。

パリでのカーチェイスシーンのラストへの布石となっている演出も見事でした。

本作では、キャラクター達も前作に比べ、ぶっ飛んでいます。中でも特筆すべきは、ジベールではないでしょうか。

前作ではちょっと間抜けな役どころだった訳ですが、本作では最大の“おバカキャラ”として描かれています。

特にユニークなのは、おかしな“いで立ち”で、倉庫内に侵入してきたチンピラを捕まえようとする場面。

降下用のロープを切ってしまい、飛び降りて負傷するという結末に、どこから突っ込んでいいのか見ているこちらが悩むくらいでした。  

その他にも出てくるキャラクターに一癖も二癖もあり、「次は何をやらかすんだろう?」と、先が読めない展開に好奇心を煽られました。

そんな中で、冷静で的確な判断をしている主人公・ダニエルでさえ、一般人から到底理解できないスピード狂だというのが、皮肉に感じられる作品でした。

まとめ

本作、『TAXi 2』はモータースポーツが盛んなヨーロッパ、とりわけ、ラリーレースが根強い人気を誇るフランスならではの演出が多く見られ、モータースポーツファンを沸かせました。

中でも、ダニエルのプジョー・406とヤクザたちが乗る三菱・ランサーエボリューションⅣの対決に胸を躍らせた人は少なくないのではないでしょうか。

プジョーと三菱は奇しくも、世界ラリー選手権(WRC)のグループAで鎬を削りあいました。

また、『TAXi 2』が公開された2000年にプジョーが久しぶりにWRC優勝を果たすまで、日本勢がタイトルを独占した黄金時代が続いていただけに、本作での406とランエボⅣの対決は、車が主役である本作で、この「キャスティング」は意図的なものと感じます。

そんな、モータースポーツファンにとっても粋な計らいが『TAXi 2』が大ヒットした要因の一つになったのは間違いありません。

関連記事

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー! テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ役に、「メイズ …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の王騎役は大沢たかお。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

映画『クリミナル・アフェア魔警』動画無料視聴方法!ネタバレ感想

動画配信のU-NEXTでひっそり特集が組まれているダンテ・ラム監督。 これまで紹介してきた記事で一番ハードかつ哀愁が漂う作品は『コンシェンス 裏切りの炎』だと思っていたのですが、ここにきて新たな変化球 …

アクション映画

映画『ライリー・ノース』あらすじネタバレと感想。ペパーミントの意味とはママを怒らせると本当に怖いこと世に知らしめた

映画『ライリー・ノース 復讐の女神(原題:Peppermintペパーミント)」』は、数少ない女性主人公のキック・アス映画 幼い1人娘を目の前で殺害された母親の復讐を描いたアクション・ドラマです。 『デ …

アクション映画

映画『地獄の黙示録』最後の解説とネタバレあらすじ。特別完全版とファイナルカット版の違いを比較

映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』IMAX版は2020年2月28日から全国ロードショー フランシス・フォード・コッポラの名作映画『地獄の黙示録』。 そのストーリーの難解さとリアリズム溢れる映像美に …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP