Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/11/19
Update

『ファイブ・デビルズ』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの考察評価。タイムリープクイア映画の元ネタ“オマージュ”とキャラ解説にて深読みする!

  • Writer :
  • さくらきょうこ

『パリ13区』共同脚本のレア・ミシウス監督作『ファイブ・デビルズ』

人種や立場の異なるミレニアル世代の恋愛を描いた『パリ13区』(2021年)にはふたりの脚本家がいます。ひとりは『秘密の森の、その向こう』(2021年)の監督・脚本のセリーヌ・シアマ。そしてもうひとりがこの『ファイブ・デビルズ』のレア・ミシウス監督です。

ミシウスはこの映画で「継承」「魔力」「家族」について語っています。これはタイムリープをメインにしたSFでもあり、ホラーテイストもあり、親子関係や登場人物の恋愛についての秘密に迫る部分もある、まさにジャンルを超えた濃密な映画です。

スポンサーリンク

映画『ファイブ・デビルズ』の作品情報

(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【原題】
Les cinq diables

【監督】
レア・ミシウス

【キャスト】
アデル・エグザルコプロス、サリー・ドラメ、スワラ・エマティ、ムスタファ・ムベング、ダフネ・パタキア、パトリック・ブシテーほか

【作品概要】
フランスの山あいの町ファイブ・デビルズ。そこで両親と暮らす少女ヴィッキーは人並み外れたな嗅覚をもっており、ひそかに大好きな母の匂いをコレクションしています。

ある日叔母のジュリアがやってきたことをきっかけに、ヴィッキーは匂いを嗅ぐことでタイムリープできるようになります。何度も過去をのぞき見るうちに知ってしまった家族の秘密。そして彼らの運命の輪はどう転がっていくのでしょうか。

この映画、前半の主人公は少女ヴィッキーですが、タイムリープが可能になってからの後半はヴィッキーの母親ジョアンヌがメインのお話になります。

ジョアンヌを演じるのは『アデル、ブルーは熱い色』(2013)でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを監督や共演者とともに受賞したアデル・エグザルコプロスです。

前半の陰鬱な顔と、後半の高校生のころのはつらつとした笑顔とのギャップが大きく、また感情を爆発させるシーンなどさまざまな表情を見せてくれます。

映画『ファイブ・デビルズ』のあらすじとネタバレ

(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

燃え上がる炎を見つめながら若い女性たちが泣き叫んでいます。その中のひとりが振り向いてこちらを見ています。

少女ヴィッキーは自分のベッドで夢から覚めます。

スイミングクラブでインストラクターをしているヴィッキーの母ジョアンヌ。放課後ヴィッキーはそこでジョアンヌを待っていますが、顔半分がただれている同僚のナディーヌはちょっと怖い存在です。

ジョアンヌは仕事が終わると湖で泳ぐことを日課にしており、ヴィッキーにワセリンを塗ってもらうと20分で呼び戻すよう念を押して水に入っていきます。ヴィッキーは残ったワセリンの匂いを嗅ぎ、広口ビンに「ママ3」とシールを貼ります。

ヴィッキーの部屋には栗や松ぼっくりなどさまざまなものが広口ビンに入れられて置いてあります。

朝、消防士である父のジミーを見送ったあと、ヴィッキーはジョアンヌの車で学校へ向かいます。放課後、また湖で泳いだあとジョアンヌはヴィッキーに匂いのことをたずねます。

匂いを集めていると言い、目隠しをしても次々となんの匂いか言い当てるヴィッキーをジョアンヌは少し気味悪く感じます。その後買物のためジョアンヌが車を離れたとき、ヴィッキーは同級生たちにいじめられます。しかし親が戻ってくる前に彼らは姿を消し、ジョアンヌは気づきません。

その足でジョアンヌは実家へ向かい、父親にヴィッキーの嗅覚のことを話しますが夫に相談しろと言われてしまいます。しかし父親は不仲を察知し、ジョアンヌに友だちもいないか…と考え話題を変えるのでした。

その夜ジミーに妹のジュリアから、明日行くと電話がかかってきます。ジョアンヌは怒りますが、結局翌朝3人は並んでジュリアを出迎えます。

ジミーはヴィッキーが3羽のインコを飼っている客室にジュリアを案内し、ジュリアは年末にカードを送ってもらってうれしかったと話します。

ヴィッキーはジミーに、ジュリアはモルトウィスキーの匂いがすると告げ、叔母がいることを知らなかったと言うと会うのは10年ぶりだとジミーは答えます。

大人たちが階下で話している間にヴィッキーは客室に入り込み、勝手にジュリアの荷物を調べ始めます。濃い色の香水ビンが気になったヴィッキーはフタを開け匂いを嗅ぎ、驚いた表情を浮かべます。

そして、それを胸ポケットに忍ばせて自分の部屋に持ち帰ると、広口ビンにジュリアの服をハサミで四角く切り取って入れモルトウィスキーを注ぎます。

仕上げに先ほど盗んだ香水を入れて混ぜると「ジュリア」というシールを貼って完成です。改めてその匂いを嗅いだヴィッキーはその場で倒れてしまいます。

道路の上に倒れていたヴィッキーが起き上がると、楽しそうな女子高生の集団が通り過ぎます。

どうやらそれは若かりしころのジョアンヌやナディーヌたちでヴィッキーのことは目に入っていない様子。体操部員らしい彼女たちは体育館で練習していますが、そこへコーチが転校生を連れて入ってきます。パリから来たという優秀な体操選手、それが叔母のジュリアでした。

翌日。ヴィッキーは放課後、外でまたジュリアのビンの匂いを嗅いで倒れます。森の中の路上で目覚めたヴィッキーは仲良さそうに話すジミーとナディーヌを目撃し、少し離れたところではジョアンヌがジュリアをひざ枕しています。

そこに向ってヴィッキーが近づいていくと、ただひとり彼女のことが見えるジュリアは驚いて飛び上がり逃げていきます。

ある夜、ジュリアは暗いキッチンで酒を探しますが見つからず、あきらめて外に出ていきます。その様子をヴィッキーがこっそり見ていました。

ジョアンヌは職場でナディーヌから、ジュリアが来ているのかと問われごまかします。

ナディーヌは「勘弁してよね」と吐き捨てます。また父からは何度も着信が。一方ジミーも同僚から、ジュリアの帰郷がウワサになっていると忠告されます。裁判も済みいまはなんの問題もない、とジミーは妹を擁護します。

ヴィッキーが学校の外でまたタイムリープしようと準備していると、同級生たちに見つかってしまいます。

卵や石けんなどさまざまなビンを持っていたのでそれを気味悪がられ、押さえつけられたヴィッキーは卵を口に入れられてしまいます。「石けんも」と誰かがビンを開けたとたん、そこにいた全員が倒れてしまいました。

ジョアンヌが学校に迎えにくると、教師や同級生の親たちが待ち構えていました。子どもたちが倒れたのはヴィッキーがマフラーで首をしめたからだという話になっており、その髪型からヴィッキーが「トイレブラシ」と呼ばれていることを知ったジョアンヌは敵意をむき出しにします。

ヴィッキーを連れて帰ろうとするジョアンヌに同級生の母親は「血は争えない」と言い、ジョアンヌは「クソ女!」と返して去っていきます。

ヴィッキーがいじめられていることを知ったジョアンヌですが、父からの電話にヴィッキーが出てしまい渋々家に寄ることに。ジュリアが来ていることをとがめる父。ヴィッキーは彼がジュリアを「同性愛の放火魔」と呼ぶのを聞いてしまいます。

帰宅したヴィッキーは母の手伝いをせずスマホで「放火魔」を検索しています。夕食の準備をしているジョアンヌのもとにジュリアがやってきて、ワインを飲もうと誘いますが「うちは飲まない」と拒絶します。

「イヤなら出ていく」と悲しそうな顔をするジュリアにジョアンヌは、「タコ切って」と手伝いを頼みます。スマホでレシピを確認しながら慣れないタコ料理に挑戦するふたり。床に落ちてしまったタコにふたりは顔を見合わせて笑い、次第に親密な雰囲気になっていきます。

そのころヴィッキーはまたタイムリープをしていました。場所はジョアンヌの実家。テーブルの下で目覚めたヴィッキーは、そこでジュリアがジョアンヌの内股に手を這わせているのを見てしまいます。

テーブルの上でふたりはキスをしていました。部屋に入ってきた父親に警告されたジュリアは「帰る」といって家を出ます。追いかけてきたジョアンヌは「いっしょにマルセイユに行こう。発表会のあと出発しよう」と誘います。

父を捨てられるのかと問うジュリアに対し、一生ここで過ごす気はないと断言するジョアンヌ。そこでお気に入りのピアスが片方なくなっていることに気づき落ち込みますが、その後ふたりは抱き合って熱いキスを交わします。

ある日、ヴィッキーは庭でいろいろなものを大鍋で煮ています。複数の木の実や自分のおしっこ、そして拾ってきたカラスの死骸などです。ひどい臭いがするその液体をビンに入れ、ジュリアのベッドの下に置くとフタを開けて部屋を逃げ出します。

その夜ジュリアは、幼い自分が入浴中に見知らぬ少女(ヴィッキー)が立っているのを見て叫び声を上げるという夢を見て飛び起きます。かけつけたジミーは「この臭いはなんだ?」と怒り、その様子をヴィッキーは自分の部屋の扉の影から見ています。

翌朝、なに食わぬ顔で起きてきたヴィッキーにジョアンヌは説明を求め、今日は湖には連れて行かない、おじいちゃんの家に行くのよと言い放ちます。ふたりきりになったとき、ジュリアはヴィッキーに「全部わかってる。やめた方がいい」と忠告するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ファイブ・デビルズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ファイブ・デビルズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

この日、ジョアンヌはジュリアを連れて湖へやってきました。泳いで戻ってきたジョアンヌは「なぜ戻った?」とたずねます。ジュリアは「あの事件のこと怒ってる?」と聞き、ジョアンヌは「子どもを持ったこと、怒ってる?」と聞きます。

再びタイムリープしているヴィッキー。夜の森に車でやってきた4人。気分の悪くなったナディーヌをジミーは車外で介抱し、ジョアンヌとジュリアは後部座席でイチャイチャしています。そこに近づくヴィッキー。窓ガラスの外からのぞいているヴィッキーに気づきジュリアは叫びます。ジョアンヌはジュリアをなだめ、「ふたりでその子を追っ払おう」と勇気づけます。

祖父の家を抜け出したヴィッキーは湖へ向かいます。そして陰からこっそり、現在のジョアンヌとジュリアのことを見ていました。

ある日。とうとうナディーヌが職場で暴れ出します。「私の人生返してよ!」と怒鳴りながらプールサイドにあったジョアンヌとジミーの結婚写真の額を割り、ジョアンヌの顔にツバを吐きかけて出ていってしまいます。

その夜、町で唯一の社交場である店にやってきたヴィッキーたち。飲むペースが早く既に酔っ払ったジョアンヌにジミーもジュリアも困惑顔です。

店にいる町の人々も好奇と嫌悪の視線を向けてきます。そんな中、ジョアンヌはデュエットしよう、と強引にジュリアをステージに連れ出します。歌うのは『愛のかげり』。静まり返る店内でジョアンヌだけがご機嫌で歌い始めます。

そして1本しかないマイクをジュリアに渡して続きを歌わせ、次第にふたりは見つめ合い、笑顔で熱唱するように。まるで他の客などお構いなしにふたりは「今夜、あなたが必要」と歌い上げます。それを見ているジミーとヴィッキー。

帰宅するとヴィッキーは自分のベッドに身を投げ出します。なだめにやってきたジミーに「あの同性愛女!」とジュリアに対する怒りをぶつけ、「結婚しなかったら私はいなかった?」とたずねます。

寝室に戻ったジミーはジョアンヌに、ヴィッキーが傷ついたことや店にいた全員がふたりの関係に気づいただろうということを冷静に話します。

酔っているジョアンヌはそれに反発しあざ笑うと、「いつだって落ち着いて冷静で。そんな相手にキスしたいと思わない!」と言ってしまいます。怒ったジミーはジョアンヌを部屋から追い出し、慌てる彼女の謝罪も受け入れませんでした。

翌朝。1羽のインコが動かないと慌てるヴィッキーに、ジョアンヌは「もう死んでる」と説明します。「あのひとが殺した」とヴィッキーは言いますがジョアンヌは淡々と埋葬の準備をします。名前の書かれたきれいな箱に入れて庭に埋めるふたり。

そのときヴィッキーはジョアンヌに「私のこと、生まれるまえから好き?」と聞くのでした。

室内に戻るとジュリアの荷物がまとめられており、ヴィッキーは思わず喜びます。ジュリアに別れを言いジョアンヌの車で学校に向かうと、ヴィッキーはなかなか車からおりません。

そして、ポケットからなにかを取り出しジョアンヌに渡します。それは、彼女が高校生のときに失くしたあの片方のピアスでした。

そのころ家では、ビンからウィスキーを直接飲んで酔ったジュリアがヴィッキーの部屋を荒らしていました。

スイミングクラブにはジミーがジョアンヌに会いにやってきていますがまだ彼女は来ていません。対応したナディーヌはジミーをからかいますが、ふとしたはずみで過去を思い出したのかふたりは興奮した様子で奥のロッカールームへと入りそこで関係を持ってしまいます。

空き教室にひとりやってきたヴィッキーは、またそこでタイムリープをします。

着いたのは体操部のクリスマス発表会の日。見事な演技をする部員たちを見ながらもヴィッキーは不穏な動きを察知します。先に演技を終えたジュリアが体育館を抜け出したのであとを追うと、外に停めた車の前でジュリアが立っています。あとから合流する予定のジョアンヌを待っているようです。

体育館の外には大きなクリスマスツリーと複数のかがり火が設置されており、ツリーの先端からは建物に向って万国旗が渡されています。

そのとき、ジュリアはヴィッキーの姿を目にします。恐怖と怒りでその少女を撃退しようと思ったジュリアはとっさにかがり火を手に取ると、少女が隠れたクリスマスツリーの根元に火をつけます。

火はまたたく間にツリーを燃やし、万国旗を通じて体育館へと燃え移っていきます。ちょうど待ち合わせていたジョアンヌが外に出てきましたが、その光景に愕然とし皆を助けるため急いで中に戻っていきます。

ヴィッキーは間一髪そこから逃げて無事でしたが、中から逃げ出した体操部員たちの中にナディーヌの姿がありません。体育館は燃え盛る炎に包まれており、部員たちはナディーヌの名を呼んで泣き叫んでいます。

ジョアンヌは炎からゆっくりと視線を反対側に向け、そこにうずくまっているジュリアのことを見ています。逃げ遅れたナディーヌはひどいケガと火傷を負ってしまいました。

現在のジョアンヌ。ヴィッキーを送ったあと胸騒ぎのしたジョアンヌが自宅に戻ると既にジュリアの姿はなく、玄関に「ありがとう」というメモだけが残されていました。

一方タイムリープから戻ったヴィッキーは学校を飛び出し走り始めます。ジュリアを探していたジョアンヌの車に遭遇し乗りこむと、そのまま湖に向かうよう告げます。そのころジュリアはやはり湖にやってきていました。ヴィッキーの部屋から持ってきた「ママ1」のビンを開けながら入水していくジュリア…。

湖のほとりに倒れていたジュリアを発見しジョアンヌは無我夢中で走っていきます。低体温症になっているジュリアの服を脱がせ、ジョアンヌはヴィッキーとともにジュリアの体を温めながら救急車を呼びます。必死でジュリアを助けようとしているジョアンヌの姿を見てヴィッキーは「死なないで」とつぶやきます。

やがて救急車が到着し、ジミーと他の救急隊員が下りてきました。ジュリアを乗せるとジミーはジョアンヌに付き添うよう指示し、自分はヴィッキーと帰るから、と彼女を促します。

帰宅したジミーはリビングで音楽をかけてソファに座り込みます。そこにやってきたヴィッキーはやさしく父の体を抱きしめるのでした。

救急車の中ではようやくジュリアの意識が戻り、ふたりは微笑み合いそしてキスをします。

自宅ではジミーがヴィッキーを抱き上げ、音楽に合わせてダンスのように体を揺らしています。あたたかいその部屋の隅にはクリスマスツリーが飾られていますが、その横に見たことのない少女がジミーとヴィッキーをじっと見つめて立っているのでした。

スポンサーリンク

映画『ファイブ・デビルズ』の感想と評価


(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

ラストシーンの衝撃が冷めやらないところですが、この濃密な物語が96分におさまっているということにまず驚かされます。

この映画はデジタルではなくフィルムで撮影されていますが、監督そして共同脚本でもあるレア・ミシウスはあえてコストのかかるフィルムでこの作品を撮り、山あいの町や湖の質感を大事にしたといいます。

実際にはもっとたくさんのシーンを撮りながらもそれをどんどん引き算していき、説明しすぎない謎の多い物語として成立させています。そこが多くの考察が生まれる所以なのです。

散りばめられたオマージュ

監督自ら発言していますが、この映画にはいくつかの有名作品へのオマージュがみられます。

『シャイニング』

本作の序盤、タイトルまで部分は、スタンリー・キューブリック監督作品『シャイニング』(1980年)の冒頭シーンを模しています。家族を乗せた小さな車が山奥のホテルへ向って走る様を空撮している長いシーンは観るものを不安にさせましたが、それをなぞることによってこれから起こる不吉な出来事を予感させる効果を担っています。そして『シャイニング』と結びつけることで、このファイブ・デビルズという町の閉鎖性が想起されます

また子どもが超常的な能力を持っているということでもこの2作品は関連づけられます。ダニーの持つ「シャイニング」とヴィッキーの香りによるタイムリープ能力。ダニーは両親とは関係のない能力でしたが、本作のヴィッキーには血縁による影響がうかがわれます。

『アス』

ジョーダン・ピール監督の『アス』(2019年)へのオマージュも見受けられます。ジュリアがタクシーで町に戻ってくるシーンは、一度通り過ぎてからバックで下がってきます。3人並んで動かずにそれを迎える姿はちょっと異様で、表情などに『アス』の影響が感じられます。

ツイン・ピークス

デヴィッド・リンチ監督によるテレビシリーズ「ツイン・ピークス」は謎が謎を呼ぶ展開で人気を博しました。そもそも「ファイブ・デビルズ」という町の名前自体がツイン・ピークスを意識していますが、過激なナディーヌのキャラクター設定やちょっとした役で登場する人物のビジュアル、また黒魔術のようなヴィッキーの行動など、そのエキスが多く取り入れられています。

“ファイブ・デビルズ”のループ


(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

冒頭の、ポスタービジュアルにもなっている火事のシーンは後半の種明かしのシーンで再登場します。またシャイニングオマージュの空撮シーンですが、ラスト近くの救急車のシーンも同じような空撮が使われています。

このようにこの映画自体がループの構造をもっているのですが、そのループに注目して登場人物ごとに考察してみたいと思います。

ヴィッキー

両親の不仲をなんとなく感じている少女。同級生にいじめられていますが母に悟られないようにしています。匂いを集めることに執着しており大好きな母の香りがお気に入り。

しかし、母は父を愛していないことがわかり、しかもその妹と愛し合っていたという衝撃の事実を知り叔母を排除しようとします。自分のアイデンティティを賭けた戦いに結果的に破れた彼女は、恐らく父とふたりで今後を生きていくことになるのでしょう。

ジョアンヌ

ヴィッキーの母親。秘密の恋人ジュリアが放火犯として町を追われ、友だちの人生をめちゃくちゃにしてしまった負い目からその後鬱々とした人生を送っています。

職場はスイミングクラブ、趣味は湖で泳ぐこと。徹底して青い水の世界に暮らしている彼女ですが、それはジュリアへの燃える思いを消そうとする意識のメタファーです。

母としてヴィッキーを愛してはいるものの、ジュリアへの裏切りの証であるその存在に複雑な感情を持っており、さらに夫ジミーのことは愛してません。ではなぜ結婚したのか?もしかしたら、この町の呪縛から逃れるためにはこの方法しかなかったから、かもしれません。(ジュリアの項へ)

ジュリア

幼いジュリアは(その時点では見知らぬ子である)ヴィッキーの幻影に悩まされていました。

町を追われてから10年近く経ち、兄ジミーから送られてきたカードにはかつての恋人の幸せではなさそうな姿と、自分を悩ませた子どもが写っていました。それでジュリアは町へ戻ることを決意します。

なにかそこに突破口があるはずだ、と。うまくいく自信はなかったかもしれませんが、結果としてジュリアはジョアンヌの愛を取り戻したのです。恐らく高校時代に予定どおりふたりでマルセイユに行っていたら早々に破綻していたことでしょう。

ふたりが多くの犠牲の上に本当の愛を手に入れ、固く結ばれるためにこのファイブ・デビルズでの一連の出来事が必要だったように思えてなりません。

ジミー

報われないジョアンヌの夫ジミー。妹は放火犯として町を追い出され、そんな彼女を迎え入れようとしても町中から総スカンを食ってしまいます。妻からは愛されず、かつての恋人は火傷のせいで心が荒んでしまっています。

しかし、彼は努めて良い人なのです。まじめで穏やかで冷静。ではなぜ彼はジョアンヌと結婚したのでしょうか?ちなみに彼は消防士であり火を消すのが仕事です。

ジョアンヌの恋の炎を消す役割として登場したのでしょうか。本人の意識はそうだったかもしれません。また、加害者の兄としてナディーヌとは付き合えない、と彼女と別れたということも予測されます。

ジョアンヌやジュリアの項で述べた、ふたりがこの町を出ていくためのキーがこのジミーなのだと考えられないでしょうか。つまりジミーはジョアンヌのためというより妹ジュリアのために結婚し、ヴィッキーを誕生させたのです。

巡り巡ってその存在が今回の事件を引き起こし、その結果としてジュリアは愛するジョアンヌと町を出ていくのです。もちろんこれはジミーが意識してやっているのではなく、彼(ら)の血がそうさせたのではないかと思うのです。

ファイブ・デビルズのループについておぼろげながら道筋が見えてきました。次のラストの意味でご説明します。


(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

“ラスト”の意味


(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

その前に、まだナディーヌに触れていませんでした。この物語でいちばんの被害者はナディーヌです。顔に火傷を負い、恋人は友だちと結婚してしまったのですから。彼女にとっての悪魔は間違いなくジュリアです。

さて、ラストシーンで新たな女の子が出現しました。あれは一体だれなのか?映画を観た皆さんが気になるところでしょう。

いままでの考察を踏まえて導き出した答えは、ジミーとナディーヌの間に生まれた子というものです。

劇中でふたりは一度セックスしてしまいますが、そこで子どもができたとしても恐らく結婚(ジミーにとっては再婚)はしないでしょう。せまい町ですし、先ほど述べたようにジミーは加害者の兄なのです。

ナディーヌがシングルマザーとして子どもを育て、その子がいずれヴィッキーと同じように香りの能力に目覚めるのです。なぜならジミー、ジュリア、ヴィッキーと同じ血が流れているから

その子は自らの出自を知りたいと願い、タイムリープ能力を使ってそれを暴いていくのでしょう。今度はヴィッキーがジュリアの立場になるのです。それこそがこのファイブ・デビルズのループ、運命の輪なのです。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhone- Alpes Cinéma – Division

人間には匂いの相性がある、とどこかで聞いたことがあります。相性の良い匂いの人とは長続きする、とか、母の匂いが子どもに継承される、などなど。真偽のほどはわかりませんが、匂いを嗅ぐということに着目したミシウス監督のセンスに脱帽です。

考えてみると嗅覚は最も記憶に直結しているような気がします。例えば街の中ですれ違いざまに嗅いだ香水の匂いで昔の恋人を思い出すとか…。映画の中の匂いがどんなものなのか実際にはわかりませんが、すごく嗅いでみたいという欲求を喚起させられます。

本作はタイムリープものでありながら、観終わってみるとジョアンヌとジュリアのレズビアンカップルの愛の軌跡の映画だったなという感想です。SF、ホラー、ミステリー、恋愛、そして社会的な問題に至るまでを盛り込みながらも96分という尺に収まっているというのがいま思い返してもスゴイと脚本だと思います。

今回の考察はあくまで個人的な解釈なので、ほかにもいろいろな方の考察を読んでみてください。ジュリアの香水がどんな匂いなのか気にしながら、観たもの同士で内容について語り合いたい、そんな作品です。


関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウ役は新田真剣佑。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

『楽園』映画と原作小説との違いをネタバレ比較考察。誘拐事件の犯人解説も

疑う罪。信じる罪。 人は罪を犯し生きている。 「悪人」「怒り」、数々の作品が映画化されているベストセラー作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」を、『64ロクヨン』の瀬々敬久監督が映画化。 実際に起こった …

サスペンス映画

サイバーリベンジャーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年7月15日~8月18日まで開催される、新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」をご存知でしょうか。 その中から今回ご紹介する映画 …

サスペンス映画

『マスカレードホテル』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説!

ホテルに来る人々は、お客様という仮面を被っています。ホテルマンは決してその仮面を剥がそうと思ってはいけません。 東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード・ホテル」が、木村拓哉をはじめ豪華出演陣で遂に映 …

サスペンス映画

韓国映画『KCIA南山の部長たち』あらすじ感想と考察解説。イ・ビョンホンが実話の大統領暗殺事件を基に“実録サスペンス”に挑む!

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月22日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー 1979年に発生した、真相は今も謎に包まれたままである”パク・チョンヒ(朴正煕)大統領暗殺事件 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学