Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/11/25
Update

【ネタバレ】母性|映画あらすじ感想と結末の評価解説。ハコヅメ戸田恵梨香×永野芽郁が“母性”に呪われた母娘を演じる!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

母親と娘、それぞれの目線で語られる親子をつなぐ母性とは?

女子高生が自宅の庭で死亡する、ショッキングな事件が発生したことで語られる「ある出来事」を、母と娘それぞれの証言で構成されるミステリードラマ『母性』

同じ出来事が、母親のルミ子と娘の清佳、二人の目線を通して語られる内容なのですが、語り手が違えば伝え方も変わってくるという、なかなか面白い構成になっています。

タイトルにもなっている「“母性”とは一体何なのか?」を痛烈に問いかける、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『母性』の作品情報


(C)2022映画「母性」製作委員会

【公開】
2022年映画(日本映画)

【監督】
廣木隆一

【脚本】
堀泉杏

【キャスト】
戸田恵梨香、永野芽郁、三浦誠己、中村ゆり、山下リオ、高畑淳子、大地真央、吹越満、高橋侃、落井実結子

【作品概要】
ベストセラー作家で「告白」などの作品でも知られる、湊かなえの同名小説を映画化したミステリードラマ。

生粋の箱入り娘であるルミ子を、映画『デスノート』でデビューして以降「SPEC 警視庁公安部公安五課 未詳事件特別対策係事件簿」シリーズなど、数々の映像作品で活躍している戸田恵梨香が演じています。娘の清佳を演じる永野芽郁は、映画『俺物語!!』(2015)でヒロイン役に抜擢されて以降、注目されている若手女優です。

ルミ子の夫になる哲史を三浦誠己が演じる他、高畑淳子や大地真央など、実力派の俳優が出演する本作を監督したのは、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017)の廣木隆一。

映画『母性』のあらすじとネタバレ


(C)2022映画「母性」製作委員会

女子高生が自宅で自殺するという事件が発生。母親が発見者であることから、事件は話題になります。

教会の懺悔室に訪れたルミ子は、神父に娘とのことを話し始めます。

母親から深い愛情を受けて育てられたルミ子は、絵画教室をキッカケに、田所哲史と出会います。

ルミ子は当初、哲史の絵が嫌いでしたが、最愛の母親が哲史の絵を褒めたことから、哲史と交際を始めます。

3回目のデートでプロポーズを受けたルミ子は、哲史の両親と会いますが、哲史の母親はルミ子に冷たい態度を取ります。

これまで、大人に嫌われたことがなかったルミ子はショックを受けますが、ルミ子の母親は「あなたは太陽なのよ」と、ルミ子を励まします。

さらに、哲史の幼馴染である仁美から、ルミ子は結婚に関して反対されます。

ルミ子は哲史に「私とどんな家庭が作りたい?」と聞いた際、哲史から「明るい家庭」と答えが返ってきたことで「母親と同じ価値観」であると確信し、ルミ子は哲史との結婚を決意します。

それから、ルミ子と哲史は森の中にある一軒家で暮らすようになります。

ルミ子がどんなに料理や家事を頑張っても、哲史は褒めてくれません。

ですが母親は褒めてくれるため、ルミ子はさらに頑張るようになります。

ある日、急な吐き気に襲われたルミ子は、自身が妊娠していることを知ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『母性』ネタバレ・結末の記載がございます。『母性』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022映画「母性」製作委員会

娘の清佳が誕生し、ルミ子は「人の気持ちが分かる子ども」に育てようとします。清佳が礼儀正しく育ったことで、哲史の母親もルミ子を褒めてくれます。

清佳の誕生日、ルミ子の母親が「鳥の刺繍」の入ったバッグをプレゼントしようとしたところ、清佳は「キティちゃんのバッグ」を希望します。

「母の気持ちを踏みにじった」と感じ、怒りを覚えたルミ子は、清佳に「『鳥の刺繍のカバン』がほしいと言いなさい」と迫ります。

そしてある台風の夜、ルミ子の母親が宿泊し、清佳と同じ部屋で眠ることになります。そこへ、台風で倒れた大木が窓ガラスを突き破って、部屋の中の箪笥を倒します。

倒れた箪笥から清佳を守ったルミ子の母親ですが、駆けつけたルミ子は、清佳ではなく母親を助けようとします。

母親から「清佳は宝物」と説得されたルミ子は、台風の影響でろうそくが倒れ、炎が燃え広がった家から清佳を助け出します。

それから10数年の月日が経過し、清佳は高校生になっていました。

ルミ子は実家を仁美に貸し出し、哲史の実家に住むことになります。

母親を失ったルミ子は、哲史の母親の「良い娘」になろうと必死でした。

そんな中、哲史の妹の律子が、結婚を考えるようになりますが、結婚相手の胡散臭さから、哲史と母親に反対されてしまいます。

律子が変な考えを起こさないように、清佳は律子を見張るように命じられます。

ですが律子からお願いをされた清佳は、律子に同情してしまい、律子を家の外に逃がします。そして、律子はそのまま駆け落ちをしてしまいます。

律子を失い、打ちひしがれ狂う哲史の母親。

清佳は哲史の母親を、老人ホームに入れることを提案しますが、ルミ子はその言葉に激怒します。

次の日、清佳に強く当たったことを後悔したルミ子は、清佳を優しく受け入れることを決意していました。ですが、清佳がなかなか帰って来ません。

夜遅く帰って来た清佳を、ルミ子は出迎えますが、清佳は震えた様子で立っており、なかなか家に入ろうとしません。

清佳は学校帰りに、偶然街で見かけた哲史の後をつけ、仁美との不倫現場を目撃します。

清佳は哲史を責めますが、仁美から「あなたの祖母は、あなたを守る為に自殺した。ルミ子は今も引きずっている」と聞かされます。

そのことを聞いたルミ子は、清佳を抱きしめ「愛している」と伝えますが、実際は清佳の首を強く締めていました。

それから数時間後、首を吊って意識不明になった清佳が発見されます。

病院に運ばれた清佳は意識を取り戻し、久しぶりにルミ子から「清佳」という名を呼ばれます。

それから成長した清佳は教師となり、自宅で首吊り自殺を試みた女子高生のニュースを、同僚と語り合っていました。

清佳は「女には2種類いる」「娘か母親か」「母性は備わっているのではなく、経験で身に着ける感覚ではないか?」と語ります。

同僚との食事から帰る途中、清佳はルミ子に電話をし、自分が妊娠したことを伝えます。

認知症が進行した哲史の母親の介護を続ける中で「良い娘」となったルミ子は、清佳の妊娠を喜びます。

スポンサーリンク

映画『母性』感想と評価


(C)2022映画「母性」製作委員会

ある事件を通して、母親と娘、2人の目線で真相が語られる映画『母性』

本作は、前半と後半で大きく雰囲気が変わっています

まず前半では、20代のルミ子が哲史と出会い、結婚し清佳を出産、育てるまでが描かれています。

愛情豊かな母親に育てられたルミ子は、究極の箱入り娘という感じなのですが、ルミ子の母親を演じる大地真央の存在感が凄く、上品すぎて生活感を一切感じさせない、聖母のような母親像を作り上げています

更に、絵画教室を通じて出会う哲史ですが、無口でミステリアスな雰囲気を持っており、カッコいいのですが、どこか現実離れした空気を纏っています。

結婚後も、ルミ子と哲史が住む住居「夢の家」が森の中にあるなど、前半パートは、どこかメルヘンチックで、現実感の無い雰囲気が特徴的です。

娘の清佳が産まれて以降も、ルミ子の愛情は母親に向けられており、母親に言われて仕方なく清佳を可愛がっているようにも見えます。

前半パートは、母親になったルミ子と幼少期の清佳、2つの目線で語られているのですが、何よりも母親の愛を重視しているルミ子に、哲史は早くも愛想を尽かしているようで、清佳目線での夫婦は完全に冷め切っています

前半パートは、ルミ子の最愛の母親の死と「夢の家」の崩壊で終了し、後半パートから哲史の実家へと舞台が移ります

哲史の母親で、ルミ子の義母を演じる高畑淳子が、ルミ子の母親とは正反対の口うるさい農家の姑を演じており、ここのギャップも注目です。

また、前半では無口でミステリアスな雰囲気だった哲史は、実家に戻って以降は肩身の狭さからか、何も喋らなくなり、同じ無口でも「ミステリアス」というより、ただの「頼りない夫」として描かれています。

メルヘンチックだった前半と打って変わり、後半は田舎で姑にいびられるという、やたら現実的な雰囲気に変わっていきますが、ここでもルミ子は「良い娘」として認められることに必死で、清佳のことを考えようとはしていません。更に哲史の浮気も重なり、ついに清佳は首吊り自殺を図ります

本作の冒頭は首吊り自殺をした、女子高生の場面から始まるのですが、「この女子高生が清佳と思わせておいて、実は別人」という仕掛けがされています。

清佳は命を取り留め、その後教師になっていました。冒頭の女子高生の首吊り事件は、同じ経験を持つ清佳が、母親との記憶を回想するキッカケになっています。

清佳は成長することで両親を受け入れ、ルミ子も母親らしくなっています。清佳も新たな命を授かって「ハッピーエンド」のように見えますが、気になる点がいくつもあります

まず、大人になった清佳は「真面目過ぎて遊び心がない」性格で、居酒屋で隣の席で飲んでいた客に「串を入れる筒があるのに、なんでジョッキに串をいれるんですか?衛生的にどうなんですか?」と聞き、不快な思いをさせています。

高校時代から清佳の「遊び心のなさ」は問題となっており、クラスでおちょくられていた女子を助けたように見えて、実は清佳が一番嫌がられていたという場面があります。

しかし、ルミ子に学校でのことを話す時は「クラスの女子を助けた」としか言っていません。つまり清佳もルミ子と同様に、自分に都合の良いように現実を認識する部分があるということです。

また、妊娠した清佳にルミ子がかけた言葉は、完全に母親の受け売りです。ルミ子の中に愛する母親が今も残っていることは確実で、ルミ子は清佳への母性本能が芽生えたというより、母親と同じ存在になろうとしているだけのように見えます。

母親になる清佳も、遊び心のない性格という問題を抱えており、本当に母性本能に目覚め「良い母親」になれるのか疑問が残ります

などなど、映画『母性』は一見爽やかですが、何かモヤモヤするエンディングが印象的です。

まとめ


(C)2022映画「母性」製作委員会

「母性本能」をテーマにした本作は、メインの登場人物は全員強い女性です。男性の登場人物もいますが、全員が影が薄く、特に哲史は最後には、母親からも忘れられている程です。

子供が産まれることで、女性は娘から母親に成長し、その中で備わるのが「母性本能」と、本作では語られていますが、男性は成長しないんですよね。

「父性本能」という言葉も一応ありますが、あまり一般的には聞きません。それほど、男性は成長しないということです。

そう考えると母と娘の関係性は、男性には全く理解できない部分で、だからこその怖さがあるのかもしれません。

映画『母性』は、見事な2部構成に加え物語内の仕掛け、そしていろいろ解釈できそうな場面と、見応えのある作品に仕上がっています

母娘だけでなく、誰かに依存する「依存体質」の人はどこにでもいますので、そういう目線で見ても面白いのではないでしょうか?




関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ罪の声】実際の事件とキツネ目の男など犯人の人物関係を解説。望はなぜ現れなかったかの理由も

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショー公開! 「戦後最大の未解決事件」「日本初の劇場型犯罪」と称された実在の事件を基に、元新聞記者である塩田武士が執筆・発表した同名ベストセラ …

サスペンス映画

映画『めまい』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ヒッチコック代表作にして名作傑作の頂点】

アルフレッド・ヒッチコック監督は、サスペンス映画の神様と呼ばれた巨匠。しかし、『めまい』を観たら“ヘンタイ映画の神様”、もう、そう呼ぶしかない極めてエロスに満ちた作品。 『めまい』を観たこのとのない、 …

サスペンス映画

【映画ネタバレ】キューブCUBE日本版|感想考察と結末評価。菅田将暉“継続”と黒幕は元ネタ洋画と違うラストが告げる

死の罠が張り巡らされる立方体の迷宮から脱出できるのか!? さまざまな映像技術を駆使したことで、低予算ながらも爆発的ヒットを記録したヴィンチェンゾ・ナタリ監督制作のカナダ映画『CUBE』(1997)。 …

サスペンス映画

Netflix映画『キングのメッセージ』ネタバレあらすじと感想考察。チャドウィック・ボーズマンが挑んだクライムサスペンス

チャドウィック・ボーズマン主演のクライム・サスペンス!妹の行方を追う、兄の姿を熱演! Netflix映画『キングのメッセージ』は、2020年8月28日に死去したチャドウィック・ボーズマンが主演するクラ …

サスペンス映画

『蜘蛛の巣を払う女』ネタバレ感想レビューと結末解説。双子の姉妹カミラの存在と罠とは⁈

天才ハッカー、リスベットの活躍を描く、世界的なベストセラーを誇るミステリー小説「ミレニアム」シリーズを映画化した『蜘蛛の巣を払う女』。 2011年に公開された『ドラゴン・タトゥーの女』の続編にあたりま …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学