Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/07/01
Update

【映画プレゼント応募】『ドキュメンタリー沖縄戦』劇場パンフレットを2名様に!上映公開は7月25日より新宿K’s cinemaにて

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より公開。

2019年12月9日、10日に沖縄での完成披露上映会には1000人を超える県民が来場した映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』がついに劇場公開となります。

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるほか、大阪・第七藝術劇場、愛知・名古屋シネマテーク、京都シネマなどで全国順次公開されます。

沖縄戦当時を知る体験者、専門家の証言を中心に、米軍が撮影した記録フィルムを交え紹介した本作は、戦争の知られざる真実を暴き出しました。

劇場公開を記念し、本作のパンフレットを2名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』とは?

本作は、『アメリカが恐れた男 その名は瀬長カメジロー』『沖縄スパイ戦史』『主戦場』に続く、戦争ドキュメンタリー作品の傑作であり、知られざる沖縄戦の決定版です。

日本で唯一の地上戦が行われた沖縄戦。それを描いた映画やドラマは少なく、学校の授業でも駆け足で終わってしまいます。

そのため多くの日本人は沖縄戦をほとんど知りません。

そこには子ども達には伝えられない凄惨と絶望。そして禁断の背景があるではないか?

地獄絵が展開された当時を知る体験者、専門家の証言を中心に、米軍が撮影した記録フィルムを交え紹介。上陸作戦から、戦闘終了までを描きます。

監督は、原発事故の悲劇を描いた劇映画『朝日のあたる家』(山本太郎出演)で話題となった太田隆文監督

本作で初の長編ドキュメンタリーに挑戦し、原発事故に続き、沖縄戦の悲しみを描きます。

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』の作品情報

(C)浄土真宗本願寺派(西本願寺) 青空映画舎

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
太田隆文

【ナレーション】
宝田明、斉藤とも子

【出演】
上江洲安昌、知花治雄、上原美智子、照屋勉、長浜ヨシ、川満 彰、 比嘉キヨ、佐喜眞道夫、真栄田悦子、座間味昌茂、松田敬子、島袋安子、山内フジ、瑞慶覧長方、平良啓子、吉浜忍、平良次子、吉川嘉勝、知花昌一

【声の出演】
挧野幸知、嵯峨崇司、水津亜子

スポンサーリンク

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』のあらすじ

負け続けていた日本軍は 本土決戦準備の時間稼ぎのため、沖縄を捨て石にしました。十分な兵力と武器も送らず、米軍50万8千人に対して、日本軍は11万6400人。「1人が5人殺せば勝てる!」と精神論で戦わせたんです。

さらに足りない兵を補充するため、沖縄県民の14歳から70歳まで、徴兵されていない女性、子ども、老人をも徴用。戦闘協力を強制。

結果、全戦没者20万656人の内、沖縄県出身者は12万2282人。当時の人口で言えば3人に1人が死んだことになりました。さらには、軍の強制による集団自決が行われ、死に切れない子どもを親が自ら手を下し殺したんです。

当時を知る体験者、専門家の証言を中心に、米軍が撮影した記録フィルムを交、上陸作戦から、戦闘終了までを描きます。

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』のパンフレットプレゼント

画像:『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』のパンフレット

『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』の公開を記念して、劇場用パンフレットを2名様にプレゼントいたします。

パンフレットプレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年7月18日(土)PM23:59まで

【当選者数】
2名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

本作の公開に向けて、太田隆文監督は以下のようにコメントしています。  

沖縄住民の安全、命の危険性を顧みない戦闘。それどころか住民に犠牲を強いる軍。負け続きなのに大本営は事実を国民に伝えない。そこに現在のコロナ禍もダブる。政府は国民に自粛や犠牲を強いながら、後手後手の対策。原発事故も、コロナ感染対策も、そして沖縄戦も全く同じ構図。そんな沖縄戦を見つめることで、様々なことが見えてくる。

今の日本に繋がる、忘れてはならない戦争の記憶に、ぜひ触れてみてください。

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より新宿K’s cinemaにて、ほか大阪・第七藝術劇場、愛知・名古屋シネマテーク、京都シネマなどで全国順次公開です。

パンフレットプレゼントの応募締め切りは2020年7月18日(土)までとなっております。ご応募お待ちしております。


関連記事

プレゼント応募

『ひつじのショーン UFOフィーバー!』DVD発売記念プレゼント。抽選で2名様に【スペシャルブック】を進呈。発売日スルーは6月17日!

劇場大ヒット! あの「ひつじのショーン」をおうちでも。 2019年12月に劇場公開された、世界中で熱狂的な支持を集める大人気シリーズ「ひつじのショーン」の劇場長編映画第2弾『ひつじのショーン UFOフ …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー作品『血筋』10名様ご招待。2月21日渋谷・光塾にて

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品『血筋』試写会ご招待。 とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「いま」。 音信不通だった父親と18年ぶりに再会した青年が知る、切っても切 …

プレゼント応募

【映画上映会プレゼント】『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督と一緒に見て語る会《開催中止のお知らせ》

『オーファンズ・ブルース』を「工藤梨穂監督と一緒に見て語るCinemarcheオフ会」ご招待。 2020年3月22日(日)に開催を予定しておりました、『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督と一緒に見て …

プレゼント応募

【映画感想レビュー募集】2019年劇場公開された新作映画の解説を書いてプレゼントをゲット!

Cinemarcheにあなたの好きな映画の感想をお寄せください。 日頃から映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」をご利用いただき、ありがとうございます。 Cin …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『おろかもの』キャストのサイン入りプレスシートを抽選で3名様に進呈!

映画『おろかもの』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて上映。 若手映画監督の登竜門田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む史上初の最多5冠を受賞したほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭201 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学