Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/10
Update

ジェシー・バックリー映画『ワイルド・ローズ』あらすじとキャスト。日本公開日は6月26日(金)と決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

賞レースを賑わす話題作、日本公開決定。
新星ジェシー・バックリーが魅せる圧巻の歌唱力!

2018年トロント国際映画祭のプレミア上映で好評を博し、新進気鋭の女優、ジェシー・バックリーがその歌声を披露した『WILD ROSE』。

『WILD ROSE』改め『ワイルド・ローズ』の邦題にて、2020年6月26日(金)より全国公開することが決定いたしました。

また、解禁となった場面写真では、刑務所から出所したローズ(ジェシー・バックリー)が拳を高らかに掲げ熱唱する姿が切り取られ、魂を震わす歌声が聞こえてくるかのよう。

仮釈放の厳しい規則から解放され、更にはカントリー歌手になるという夢に一歩近付く本シーンの彼女からは、夢への希望と情熱が溢れ出しています。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・ローズ』について

参考:Wild Rose Movieの公式ツイッターアカウント

本作は、カントリー歌手を目指すローズ=リン・ハーランが、夢と現実、そして家族の狭間でもがき苦しむも、その卓越した歌唱力と型破りなカリスマ性で一歩ずつ夢に近付いていく様を、ジェシー・バックリーが圧巻の歌唱力で力強く表現しました。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞インディペンデント映画トップ10に選出され、主演のジェシー・バックリーは本年度英国アカデミー賞(BAFTA)の主演女優賞にノミネート、そして主題歌「Glasgow」が本年度アカデミー賞主題歌賞のショートリストに選出、そして放送映画批評家協会賞の主題歌賞にもノミネートされるなど賞レースを賑わせています。

日本時間1月13日(月・祝)夜に発表されるアカデミー賞へのノミネートも期待されています。

監督は、ドラマ『戦争と平和』(2016)で2017年英国アカデミー賞テレビ部門で6部門ノミネートされ、プロダクションデザイン賞を受賞、近年ではエディ・レッドメイン主演『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』(2019)の監督を務めたトム・ハーパーです。

映画『ワイルド・ローズ』のキャスト紹介

参考動画:主題歌「Glasgow」を歌うジェシー・バックリー

主人公のローズを演じたジェシー・バックリーは、2017年に英国アカデミー(BAFTA)賞のブレイクスルー・ブリッツ(有望な新人)に選ばれ、2018年英国インディペンデント映画賞最優秀新人賞を受賞した新進気鋭の注目女優。

彼女の演技力が認められたドラマ『戦争と平和』(2016)を手掛けたトム・ハーパーが彼女の才能を買い、再び本作で組むことになりました。

レニー・ゼルウィガーが2020年度ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した『ジュディ 虹の彼方に』(2019)では、助演に大抜擢。その他、同ゴールデングローブ賞で作品賞・助演男優賞を受賞したドラマ『チェルノブイリ』(2019)、ロバート・ダウニー・Jr.主演『ドクター・ドリトル』(2020)にも起用されるなど、続々と話題作に出演中です。

母親役には『リトル・ダンサー』(2000)でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、英アカデミー賞(BAFTA)では助演女優賞を受賞し、『マンマ・ミーア!』(2008)や「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~2011)など数々の大作に出演してきたベテラン女優ジュリー・ウォルターズ

ローズに手を差し伸べる資産家のスザンナ役に『ホテル・ルワンダ』(2004)でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、『プーと大人になった僕』(2018)ではカンガ役を演じた実力派ソフィー・オコネドーなど、豪華キャスト陣が顔を揃えています。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・ローズ』の作品情報

(C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
WILD ROSE

【監督】
トム・ハーパー

【脚本】
ニコール・テイラー

【字幕翻訳】
中沢志乃

【キャスト】
ジェシー・バックリー 、ソフィー・オコネドー、ジュリー・ウォルターズ

映画『ワイルド・ローズ』のあらすじ

溢れる才能とカリスマ性、大胆さを持つローズ=リン・ハーランは、グラスゴーを出てカントリー歌手になることを夢見ていました。

ですが、刑務所から出たばかりで、二人の子どもを抱えるシングルマザーの彼女にとって、夢の舞台はあまりにも遠い場所です。

家政婦として資産家のスザンナの家で働き始めるローズ。

彼女の歌を聞いたスザンナは、その才能に感銘を受け、彼女を応援することに。

夢に近づくチャンスが到来し、彼女は家族とスターへの道の間で選択を迫られるのでした。

果たして、ローズは夢の舞台へ辿り着けるんでしょうか…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

トム・ハーパー監督はジェシー・バックリーについて、以下のようにコメントしています。

「彼女(ジェシー)は並外れた女優であるだけでなく、並外れた歌の才能がある。これ以上の適役はいない!」

監督が認めたジェシー・バックリーの演技力と歌声のパワーに是非ご期待ください。

映画『ワイルド・ローズ』は、2020年6月26日(金)より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

インディーズ映画★考察応援ラジオ【シネマストリーマー】配信。女優こんじゅりをMCに自主映画監督とシネマトーク!

ポッドキャスト番組「こんじゅりのシネマストリーマー」が9月よりスタート! cinemastreamer シネマストリーマー 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」は、インディペンデント映 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの大櫛加代役は水川あさみ【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より新宿ピカデリーほかにて公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 …

新作映画ニュース

映画『夕霧花園』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。阿部寛出演のマレーシアのラブストーリーが劇場公開決定

愛した男はスパイなのか。 マレーシア出身リー・シンジエ主演、そして日本の阿部寛出演。 第15回大阪アジアン映画祭のオープニングを飾り、上映後には拍手が鳴り響いた話題のマレーシア映画『夕霧花園』(ゆうぎ …

新作映画ニュース

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』日本公開決定!人生と音楽を捉えたドキュメンタリー

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年記念 “ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、エヴァンスの「時間をかけた自殺」とも言われた51年の人生と音楽を捉えたドキュメンタリ …

新作映画ニュース

草彅剛がミッドナイトスワンで主演男優賞!映画出演と結婚を経てのブルーリボン賞と作品への想い語る

『ミッドナイトスワン』草彅剛、ブルーリボン賞にて初の主演男優賞! 俳優・草彅剛の主演映画『ミッドナイトスワン』。トランスジェンダーとして心と体の葛藤を抱えつつ生きる主人公と、親の愛を知ることなく育つも …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学