Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/13
Update

岡山天音映画『踊ってミタ』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月7日に決定した飯塚俊光監督作の上映リポート!

  • Writer :
  • 大塚まき

“踊り”を通して夢をとりもどしていく
観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー

ユーモア溢れるヒューマン・ダンスムービーに思わず踊ってみたくなるかも!?

映画『踊ってミタ』が2020年3月7日より新宿シネマカリテほかで全国劇場公開が決定しました。


ⓒ2020「踊ってミタ」製作委員会

また、公開に先立ち2019年11月9日(土)に群馬県中之条町の伊参スタジオ映画祭にてプレミア上映が行われ、出演者の岡山天音、加藤小夏、監督の飯塚俊光が参加しました。

本作の見どころとあわせまして、イベントの模様もお届けします。

スポンサーリンク

映画『踊ってミタ』について

参考:映画『踊ってミタ』公式ツイッター

監督を務めた飯塚俊光は、『独裁者、古賀。』(2012)がシナリオ大賞を受賞し、同作の映画が福岡インディペンデント映画祭2014、PFFアワード2014、第8回田辺・弁慶映画祭など様々な映画祭で高く評価され、劇場公開デビュー。田辺・弁慶映画祭10回記念映画として上映された『ポエトリーエンジェル』(2017)などを手掛けています。

主演は、『ポエトリーエンジェル』に続き飯塚作品では3度目の主演になる、岡山天音

共演には、「仮面ライダー」シリーズの2作品で主演を務めた中村優一が参戦し、飯塚作品に新しい魅力を注いでいます。

また、ミュージックビデオ・映画・TVコマーシャルなどで活躍するクリエーターの古賀学が制作スタッフとして参加しているのも注目です。

本作『踊ってミタ』は、東京でトップクリエイターになる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となった主人公・三田が、町の活性化のため“踊り”によるPR映像を制作することからはじまります。

つながりの薄かった人間たちと“踊り”を通じて夢をとり戻してゆく姿を描き、観るものを熱くすること間違いなしのヒューマン・ダンスムービーとして誕生しました。

伊参スタジオ映画祭でのプレミア上映イベントリポート


ⓒ2020「踊ってミタ」製作委員会

このたび、公開に先立ち11月9日(土)に、群馬県中之条町の伊参スタジオ公園で行われた伊参スタジオ映画祭にて、映画『踊ってミタ』プレミア上映が行われました。

上映後のトークショーに出演者の岡山天音、加藤小夏、監督の飯塚俊光が登壇

本作は中之条の町役場で撮影を行うなど、飯塚監督作品には何かと縁がある伊参スタジオ映画祭での初上映となり、トークショーは、初上映を観るために訪れたファン200名が見守る和やかな空気の中で進行しました。

映画製作の経緯

今回ダンスをテーマにした映画を製作する経緯についてきかれた飯塚監督は「ダンスをテーマというより、自分が注目しているインターネットの世界で活躍しているクリエイターたちと、TVやCMの世界で活躍している岡山さんや加藤さんのような方を1つにつなげられたら面白いものができるのではないかと考えていた。そして、それが成立できるのは映画しかないと思ったことがきっかけでした」と語りました。

ダンスシーンについて

ダンスシーンが多かった現場についての質問がキャストにふられると、『チキンズダイナマイト』、『ポエトリーエンジェル』に続き飯塚作品では3度目の主演で、監督とは気心知れた仲である岡山は「ポエトリーの時は詩のボクシング、今回はダンスということで、また芝居以外のことで負荷をかけられるんだなと思いまいした(笑)」と話すと場内は暖かい笑いで包まれました。

また、「ただ、普段あまりない状況で新たな高いハードルに挑むことができました」と撮影を振り返りました。

本作でヒロインを務め映画本格初出演となる加藤小夏は「ダンス経験はあるので、覚えることに問題はなかったですが、振り付けを反転して覚えてしまった曲があって、それがなかなか抜け切れなくて大変でした」と撮影中の苦労を語りました。

最後に設けられた出演者への質問コーナーでは、来場したお客様からの質問に終了時間ぎりぎりまで真摯に対応し、熱気に包まれトークショーは終了しました。

スポンサーリンク

映画『踊ってミタ』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
飯塚俊光

【キャスト】
岡山天音、加藤小夏、武田玲奈、中村優一、横田真悠、ルー大柴、川原瑛都、えんどぅ、西村瑞樹、松浦祐也、ふせえり、早出明弘、森田想、白石優愛、小牧那凪、ゆってぃ、冨樫真、BOB、りりり、霜月めあ、大鳥こはく(角元明日香)、やついいちろう、山本匠馬、味岡ちえり、中島ひろ子

【作品概要】
監督は『独裁者、古賀』(2012年)でシナリオ大賞を受賞、『ポエトリー・エンジェル』(2017年)の飯塚俊光が務めました。

音楽は40mP、振付にはめろちん、CGクリエイターとして天野清之といったメンバーが集結。

本作品は、伊参スタジオ映画祭にてプレミア上映されました。

映画『踊ってミタ』のあらすじ

東京で意識高い系の映像作家になる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となるが、夢を諦め切れずにいる主人公・三田。

そんな彼の元に、2週間で町を活性化しろとの町長から命が下りました。

しかし、観光名所も何もない町で画期的な案があるはずもなく、苦肉の策で町民参加の「踊り」によるPR映像を制作することになり、そこから三田の悪戦苦闘の日々が始まります…。

スポンサーリンク

まとめ


ⓒ2020「踊ってミタ」製作委員会

主人公・三田が一度は町に見切りをつけたものの、それでも町や人にそれぞれの思いを抱き、つながりの薄かった人間たちが、“踊り”を通じて一歩踏み出していく姿が映し出されています。

人との触れ合い、自身と向き合うことで生きる活気や絆、そして夢をとり戻してゆく姿に胸を熱くさせられるはず!

映画『踊ってミタ』は2020年3月7日より新宿シネマカリテほかで全国劇場ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの占いの易者役は戸田恵子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『きみの瞳が問いかけている』あらすじ結末をネタバレ予想。予告動画と韓国元ネタから解説!

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。 不慮の事故で、視力と家族を失った女性と、罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた男性。 そんなふたりが出会い …

新作映画ニュース

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』日本版最新予告編の解禁とともに新たな声優キャスト発表!

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日より全国ロードショー! 全米公開初登場1位を獲得し、各メディアから“スパイダーマン映画史上最高傑作!”と空前の大絶賛を受けた『スパ …

新作映画ニュース

映画『わたしはダフネ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/。娘と父親の旅を描く感動作の予告編紹介!

第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門 国際批評家連盟賞受賞! 監督が SNS で見出した主演カロリーナに拍手喝采!! 最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけ …

新作映画ニュース

少女時代ユナ映画『EXIT』あらすじとキャスト。韓国ヒット作の公開日が11月22日に決定!

今夏、韓国で940万人以上動員した大ヒットサバイバル・パニック映画! 韓国にて韓国で、2019年7月31日に公開され、あの『ライオン・キング』を抑え初登場第1位を記録、940万人以上を動員し、現在も大 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学